企業アカウントのTwitterの運用方法とは?5つのコツや注意点を解説!

最終更新日:2023年12月07日
株式会社C story maker
監修者
代表取締役 萬関 良輔
企業アカウントのTwitterの運用方法とは?5つのコツや注意点を解説!
この記事で解決できるお悩み
  • 企業がTwitterでアカウントを運用する理由とは?
  • 企業アカウントのTwitter運用方法は?
  • 企業アカウントでTwitterを運用するメリットは?

Twitterの企業アカウントの効果的な運用方法を理解することで、自社のブランディングやファン獲得に非常に役立ちます。

この記事では、Twitterで企業アカウントを運用して自社のファンを増やしたい広報担当者に向けて、企業アカウントの運用方法を紹介します。本記事を読むことで、Twitterを運用するコツが理解でき、効果的なブランディングが可能です。

企業アカウントでTwitterを運用するメリットや注意点、運用するコツなども紹介するため、ぜひ参考にしてください。

マーケティング・営業戦略の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 市場分析のやり方がわからない
  • 成果を上げる戦略が立てられない
  • 具体的な実行計画が組めない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の経営コンサルタントに一括で見積もりができ、相場感や各専門家の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

マーケティング・営業戦略に対応できる業者を一覧から探す

企業がTwitterアカウントを運用する理由

pixta_76427388_M

企業がTwitterアカウントを運用する理由は、莫大な広告費をかけずに、自社の商品を認知してもらえるためです。

ミレニアル世代と呼ばれる、1981年〜1996年に生まれた世代があります。この世代は、消費の中心世代です。オンラインショッピングやSNSの活用が一般的になっており、ネットを使ってさまざまな商品を手軽に購入します。

調査によると、25歳〜39歳の男性で23%、女性で21%がSNSで話題になったものをよく買うと答えています。消費の中心となるミレニアル世代の興味が湧くようなTwitter運用をすることで、Twitterでも自社商品が売れるでしょう。

企業アカウントの戦略的なTwitter運用方法

pixta_69885970_M

Twitterの運用方法はいくつかのステップを踏んで、段階を追って進めていく必要があります。ここでは、企業アカウントの戦略的なTwitter運用方法を4つにわけて紹介します。

  1. 企業アカウントを作る目的を決める
  2. 運用方針を決める
  3. KPIを設定する
  4. 企業アカウントの運用マニュアルを作成する

それぞれ解説します。

1. 企業アカウントを作る目的を決める

効果的にTwitterを運用するためには、まずアカウントを作る目的を明確に設定しましょう。

目的に合わせた投稿を行うことで、適切なターゲット層への訴求が可能になり、効果的なマーケティングが可能です。

たとえば、ある企業が新製品の販売促進を目的にアカウントを運用すると仮定します。アカウントでは新製品に関する情報や、使い方の紹介、リアルタイムのユーザー体験を投稿することで、ターゲット層に新製品の価値を伝えられます。

企業アカウントのTwitter運用において、最初に目的をはっきりと定めることが成功への鍵となるでしょう。

2. 運用方針を決める

企業アカウントの目的を決めたあとは、アカウントの運用方針を決めましょう。

運用方針を明確にすることで、投稿の方向性やフォロワーへのアプローチが整理され、企業のブランディングやターゲット層への影響力が向上します。運用方針に従って投稿を行うことで、効果的なコンテンツマーケティングの実現が可能です。

企業がTwitterを活用してエコロジーに関する情報発信を行う場合の運用方針として以下のものが挙げられます。

  • 環境保護活動への取り組みの紹介
  • 環境にやさしい製品やサービスの紹介
  • 関連ニュースやイベント情報のシェア

運用方針に基づいて投稿を行うことで、環境に興味があるユーザーにアピールし、フォロワー数やエンゲージメントを増やせます。

3. KPIを設定する

企業がTwitterアカウントを運用するときには、KPIが必要です。KPIとは「Key Performance Indicators」の頭文字をとったもので「重要業績評価指標」のことです。

Twitterの場合、KPIの例として以下のものが挙げられます。

  • フォロワー数
  • いいねの数
  • リツイート数

KPIの設定は、目的に合致するものを選択しましょう。

企業アカウントを作ってフォロワーを増やしたいのであれば、フォロワー数の他にもツイート数やインプレッション数などが考えられます。

一方、自社ブランドの周知徹底を図ろうと思っているのであれば、ツイートクリック数やコメント数などをKPIとして設定します。

自分たちの設定した目的を達成するための指標になるものをKPIとして設定しましょう。

4. 企業アカウントの運用マニュアルを作成する

Twitterの企業アカウントを効果的に運用するためには、運用マニュアルを作成することが重要です。

運用マニュアルを作成することで、投稿のルールや方針が明確になり、Twitter運用の担当者が変わっても発信内容や投稿内容・口調にズレが生じなくなります。

企業アカウントの運用マニュアルには以下のものを明記しましょう。

  • 投稿頻度
  • 投稿日時
  • ハッシュタグの使用ルール
  • 画像や動画の品質基準

運用マニュアルに従って投稿を行うことで、企業アカウントの運用の質を保ちつつ、効果的なTwitter運用が可能です。

企業アカウントのTwitter運用において、運用マニュアルを作成することが一貫性のある投稿や情報共有の効率化につながる重要なステップとなります。

企業アカウントでTwitterを運用するメリット5選

pixta_71935431_M

企業アカウントを作り、情報発信をすることで大きな宣伝効果が見込めます。ここでは、企業アカウントでTwitterを運用するメリットを5つ紹介します。

  • 企業のブランディングができる
  • 顧客とコミュニケーションが取れる
  • 固定客を増やせる
  • 販促ツールに活用できる
  • バズる可能性がある

それぞれ解説します。

1. 企業のブランディングができる

自社の企業アカウントを作ってTwitterで積極的に情報発信を行うと、会社やブランドの認知度がアップします。

企業や取り扱っている商品に関する情報を発信することで、見ている人にどのような会社なのか、どのような商品を販売しているかが伝わるでしょう。

Twitterでは、会社のURLや商品のURLを貼り付けられます。自社ホームページのURLを入力することで、サイトへのアクセス数を増やせる可能性が高いです。

2. 顧客とコミュニケーションが取れる

Twitterは、ユーザーからのコメントという形で双方向のコミュニケーションができることが強みです。

リアルタイムで自社商品がどのように広がっているか、ユーザーのリアクションはどうかなどがつぶやきによってわかります。商品を購入した人のなかには、使ってみた感想をTwitterに投稿している場合も少なくありません。

商品をより多く売るためにどのような部分を改善すればいいのか、すぐにチェックできる点もメリットです。

3. 固定客を増やせる

Twitterはユーザーとコミュニケーションが取れるため、ユーザーとの間で信頼関係が構築しやすい点がメリットです。

ユーザーから商品に関する問い合わせがあれば、速やかに返答すると安心感につながります。

商品に不備があり、クレームがTwitterを通じて入ってくることもあるでしょう。ユーザーに対して、ていねいに対応することでユーザーの納得感を得やすく、イメージダウンを最小限に食い止められます。

ユーザーと密にコミュニケーションをとることで、信頼関係が構築でき、固定客の獲得・売上増加につながる可能性も見込めるでしょう。

4. 販促ツールに活用できる

Twitterにはリツイートと呼ばれるシェア機能がついており、販促との相性が非常にいいです。

たとえば、Twitterを介したキャンペーンを行う際、ユーザーにリツイートをお願いして、情報を拡散してもらいます。ユーザーがリツイートすることで、自社のキャンペーン情報がより広く拡散され、多くの人に認知してもらえるでしょう。

販促方法には、ワンタップでキャンペーンに参加できる手法や商品をTwitterに投稿してもらう方法などのアプローチが考えられます。

テレビや新聞などで広告を出すには、宣伝コストをかける必要があります。SNSの場合、低コストで広く拡散できる可能性がある点は魅力的です。

5. バズる可能性がある

SNSやインターネット上で話題となり、多くの人から注目されることを「バズる」といいます。Twitterの場合、バズリやすいのもメリットの1つです。

自社商品をTwitterで見た人が興味を持ってリツイートしたとします。リツイートを見た人がさらにリツイートすることで、雪だるま式に情報が広がっていきます。

Twitterで話題になると、テレビの報道番組で取り上げられる可能性もあるため、商品やブランドの認知度が上がっていく可能性が高いです。

企業アカウントでTwitterを運用する際の3つの注意点

pixta_86271256_M

企業アカウントを作ってtwitterで発信することで認知力が向上するのは大きな魅力です。しかし、気をつけるべきポイントもあります。

ここでは、企業アカウントでTwitterを運用する際の注意点を3つ紹介します。

  • 炎上するリスクがある
  • 運用担当者の負担が大きい
  • 複数のSNS活用は難しい

それぞれ解説します。

1. 炎上するリスクがある

企業アカウントでTwitterを運用する際には、炎上するリスクを十分に考慮する必要があります。

炎上は企業のブランドイメージを損なうだけではなく、会社の売上にも悪影響を与えます。投稿の内容や対応方法に注意を払って、炎上を未然に防ぐことが重要です。

炎上を防ぐために、企業アカウントは以下のような対策を取りましょう。

  • 投稿する前に内容をチェックし、不適切な表現や誤解を招く可能性のある言葉を避ける
  • ネガティブなコメントがあった場合には、適切な対応を行い、信頼回復に努める
  • 社内で情報共有を行い、運用マニュアルに炎上対策を明記する

企業アカウントでTwitterを運用する際には、炎上リスクを軽減するために、社内でマニュアルを作り、未然に防ぐ対策を実施することが大切です。

2. 運用担当者の負担が大きい

Twitterを使って企業の宣伝効果を出すためには、頻繁に投稿する必要があります。投稿のネタ探しをしなければならず、これまでの投稿の効果分析や検証など、運用担当者はさまざまな業務をこなす必要があります。

効果的な運用のためには、専任でTwitterを担当する人を配置するのがおすすめです。他の仕事と兼任となると、大きな負担がかかってしまうおそれがあるでしょう。

専任でTwitterを担当する人の側にも、サブ担当を配置し、担当者が何かあったときに動ける人材を育てておくことも大切です。

3. 複数のSNS活用は難しい

企業アカウントでTwitterを運用する際、他のSNSと同時に運用することは管理や労力の面で難しい場合があるでしょう。

各SNSごとに投稿方法やコンテンツのスタイルが異なるため、特性を最大限に活かすためには、個別に戦略を立てる必要があります。

両方の違いに対応するためには、投稿内容や画像の編集、それぞれのプラットフォームでの反応のチェックなど、多くの作業が必要になります。

企業アカウントでTwitterを運用する際には、他のSNSに適した運用方法が必要となるため、それぞれ担当者を配置する対策が必要です。

企業アカウントを運用する際のコツ5選

pixta_81747214_M

企業アカウントを運用するメリットや注意点を解説しました。しかし、メリットや注意点を理解するだけでは、Twitter運用はうまくいきません。

ここでは、企業アカウントを運用する際のコツを5つ紹介します。

  • ツイート内容を分析する
  • 自社の企業アカウントの現状を把握する
  • 発信内容の見直しをする
  • プレゼント企画をする
  • 成功している企業アカウントを分析する

それぞれ解説します。

1. ツイートの内容を分析する

企業アカウントを運用するときには、ツイート内容の分析が欠かせません。

ツイート内容を分析することで、どのような投稿がフォロワーに受け入れられているか、どのような投稿が反響を呼んでいるかを把握できます。効果的なコンテンツ戦略を立てられ、企業アカウントの運用効果を高められます。

ツイート内容の分析方法は以下のとおりです。

  • リツイートやいいねの数を確認して、どの投稿が多くの反応を得ているかを調べる
  • ツイートのエンゲージメント率を計算し、投稿ごとの反応率を比較する
  • ツイートのキーワードを分析して、どのような言葉が注目されているかを把握する

企業アカウント運用において、ツイート内容の分析は効果的な戦略策定に役立ち、運用効果を向上させられるでしょう。

2. 自社の企業アカウントの現状を把握する

企業アカウントを運用する際には、まず自社のアカウントの現状を正確に把握することが大切です。

自社の企業アカウントの現状を把握することで、過去の投稿の効果やフォロワーの状況を理解し、今後の運用方針や改善点を明確にできます。企業アカウントの運用効果を最大限に引き出すことが可能です。

自社の企業アカウントの現状を把握するために、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 過去の投稿のリツイートやいいねの数
  • 反響を呼んでいるツイートの内容
  • フォロワー数の増減の推移

自社の企業アカウントの現状を理解することで、投稿内容のどの部分を改善するべきか理解できます。

3. 発信内容の見直しをする

企業アカウントを運用する際、定期的に発信内容の見直しを行うことが重要です。

発信内容の見直しを行うことで、投稿内容の品質を保ち、フォロワーの関心を維持できます。市場やターゲット層の変化に対応し、適切な情報の提供が可能です。

発信内容の見直しでは、過去の投稿を分析して、反応の良かった投稿や悪かった投稿を特定し、改善を行います。

次に、競合他社のアカウントを調査し、どのようなコンテンツを提供しているかを理解し、新しい情報やトレンドに適応した投稿を行いましょう。

企業アカウントを運用するうえで、発信内容の見直しは、投稿の質を高め、ターゲット層との関係を強化するために欠かせないプロセスです。

4. プレゼント企画をする

企業アカウントの認知度を上げるためには、プレゼント企画の実施が有効です。

プレゼント企画を行うことで、フォロワーの関心を引き付け、アカウントの認知度を高められます。さらに、フォロワーとのコミュニケーションを促し、ブランドのイメージ向上につながります。

プレゼント企画の主な方法は以下のとおりです。

  • フォロワーに対して、自社の商品やサービスを無料で提供するキャンペーンを実施する
  • フォロワーによるリツイートやコメントを条件に、抽選でプレゼントを贈る企画を行う
  • 特定のハッシュタグをつけて投稿することで、プレゼント応募ができるイベントを開催する

企業アカウント運用においてプレゼント企画は、フォロワーの関心を喚起し、ブランド認知度を高める有効な手段であるといえるでしょう。

5. 成功している企業アカウントを分析する

企業アカウントの運用を円滑に進めるためには、成功している他の企業アカウントの分析が必要です。

成功している企業のアカウントは、自社商品の情報を発信するだけではなく、フォロワーが興味を持ちそうなトレンドも積極的に取り入れています。

たとえば、美容・健康食品の会社で、Twitterの運用が成功しているアカウントを分析してみましょう。セール情報の発信や美容や健康に関する最新の情報、トレンドを紹介する投稿を定期的に行っているアカウントが多数存在します。

成功している企業アカウントを見ることで、アカウントに足りないものやマーケティングの動線を確認でき、自社の運営の参考になります。

企業アカウントを運用する際の参考事例を紹介

pixta_73138703_M (1)

Twitterを効果的に運用するためには、成功しているところのやり方を参考にすることは重要です。ここでは、企業アカウントを運用する際の参考事例を3つ紹介します。

  • ローソン
  • シャープ
  • スターバックス

それぞれ特徴を解説します。

1. ローソン

大手コンビニとして知られているローソンは、Twitterの企業アカウントを利用して成功した事例の1つです。

ローソンのTwitterの特徴として「あきこさん」を有効活用しています。あきこさんとはローソンのマスコットキャラクターで、彼女がTwitterを使ってメッセージを発信する手法がとられています。

マスコットキャラクターを利用することで企業が発信するアカウントのイメージが薄まり、親しみやすさが出るでしょう。消費者も「ちょっと見てみようか」という気持ちになり、情報がより伝わりやすくなります。

実際、2022年4月の段階でフォロワー数は約770万人で、企業アカウントの中でも屈指の多さです。

2. シャープ

家電メーカーのシャープもTwitterをうまく活用している企業の1つです。SNSの運用担当者がメディアからの取材を多数受けており、SNS運用のプロとして認知されています。

シャープの企業アカウントを見てみると、消費者と手軽にコミュニケーションできることに重きを置いており、Twitterを介してユーザーとの信頼関係が構築できているでしょう。

シャープの企業アカウントの特徴は、他社の企業アカウントと積極的に交流している点です。企業の壁を超えて交流しているアカウントはなかなかないため、ユーザーも「面白いことをしているな」と好意的に受け止めます。

3. スターバックス

スターバックスは、世界的に人気なコーヒーショップです。スターバックスのTwitterアカウントは、約700万人フォロワーがいますが、大きな炎上を起こしたことがないため、他の企業も参考にするべき点でしょう。

スターバックスはサードプレイスと呼ばれる、顧客にとってリラックスできる場所の提供を目指しています。Twitterでも、くつろげる椅子やソファなどを投稿し、リラックス空間をアピールしています。

スターバックスの商品を購入することで、ゆっくりリラックスできる時間が得られる点をうまく伝えています。自社の強みやメリットを押し出したいときに、参考となるアカウントです。

まとめ

企業アカウントの運用方法や運用するメリット、注意点などを解説しました。

SNSを使って企業も積極的に情報発信することが当たり前になっています。やみくもにSNSで情報発信しても、ただの独りよがりなツイートになってしまい、宣伝効果は期待できません。

自社でTwitter運用することが難しいという中小企業もあるでしょう。その場合は代行業者を利用することがおすすめです。

比較ビズは、多数の代行業者の中から自社にぴったりの業者を探せる無料の比較サイトです。2分ほどの簡単な情報入力で、多数の代行業者を比較できます。Twitter運用で悩んでいる場合は、ぜひ1度比較ビズを利用してください。

監修者の一言

SNSでの周知、集客は今の企業活動において切っても切り離せない集客手段の一つとなっております。多くのユーザーが回遊するSNSでの発信によって、より多くの方へ自社のサービスや商品を知って頂く機会を十分に増やす方法となります。

その一つとしてTwitterは記事内にも記載があるように、圧倒的な拡散力がある為、発信した内容が自分たちの想像もつかない人たちへと届けられる「リーチ力」が非常に強いSNSの代表格と言っていいでしょう。有効的に使うことで自社の発信を多くの方に知って頂き、集客手段として非常に効果を発揮する力があると同時に、注意しなければならないことも多くあります。

自分たちの発信が、人の捉え方では悪く見えてしまう場合もあり炎上リスクがあります。一度炎上をしてしまうとSNS上に限らずリアルでのブランディングに大きく傷がつく可能性がありますので、その点を十分に気を付けて運用して頂ければと思います。またSNSでの発信には「軸」が重要であり、自分たちが何を発信して誰に見てもらいたいのかという狙いを必ずもって実施することが良いでしょう。

情報過多な時代において、「自分に関係のある情報かどうか」という視点がユーザーにとって重要であり、情報取得者のユーザーは目が肥えております。顧客像を明確にしたうえでの運用をすることで、より多くの集客獲得ができる手段にして頂くことをお勧めいたします。

株式会社C story maker
代表取締役 萬関 良輔
監修者

マーケティングコンサルティングとして、上場企業から地方中小企業まで延べ100社以上のご支援を経験。戦略設計から実行、人材育成まで会社において事業面を全てご支援範囲としている。WEBマーケティングにおいても、WEB広告及び制作関連も全て対応。過去実績:集客改善PJ(WEBマーケ改善率 110%〜160%)、マーケティング人材育成PJ(人材育成後、集客が2.5倍改善)

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
マーケティング・営業戦略の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 市場分析のやり方がわからない
  • 成果を上げる戦略が立てられない
  • 具体的な実行計画が組めない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の経営コンサルタントに一括で見積もりができ、相場感や各専門家の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

マーケティング・営業戦略に対応できる業者を一覧から探す