人事制度コンサルティングは活用すべき?メリット・費用・選び方・おすすめ会社を紹介!

更新日:2021年07月09日 発注カテゴリ: 人事・評価制度構築
人事制度コンサルティングは活用すべき?メリット・費用・選び方・おすすめ会社を紹介!

人事制度を構築・改善するのにコンサルティングを活用すべき?従業員が増えてきたため人事制度を整備したい、あるいは現行の人事制度がうまく機能していないため改善したい、しかしどうしたいいかわからないという企業経営者の方は多いかもしれません。コンサルタントがなにをしてくれるのか?どのくらいの費用がかかるのか?人事制度コンサルティングを利用したことがなければわからないから。企業に応じて最適な形が異なる人事制度は構築・改善が難しいからです。そこで本記事では、活用のメリット、費用相場、サービス内容を含む人事制度コンサルティングの基本を解説!適切な人事制度コンサルティング会社の選び方、おすすめの会社も紹介していきます。

人事制度コンサルティングとは

人事制度コンサルティングとは、人事制度の構築・改善に向けた制度設計サポート、人事制度の運用サポートを提供するコンサルティングサービスのことです。

決定を下すのはあくまでもクライアント企業ですが、人事制度コンサルタントが専門的な立場から具体的にアドバイスしてくれます。もちろん、人事制度コンサルティングは従業員の給与・待遇を決めるためだけのアドバイスではありません。

人事制度の大きな目的である「ミッション・ビジョンの共有と実現」「エンゲージメント・モチベーションを高めて従業員の成長を促す」「給与・待遇の決定」を満たすため、専門的な知識・ノウハウを提供して制度構築をサポートする業務が人事制度コンサルティングなのです。

人事制度の仕組みをおさらい

それでは、大きな3つの目的を満たす人事制度とはどのようなものなのか?まずは、基本として知っておきたい人事制度の仕組みをおさらいしておきましょう。人事制度は下図のように、3つの目的を達成させるための「3つの制度」、制度で評価するための「3つの評価項目」があります。

人事制度を構成する3つの制度

人事制度構成する「評価制度」「等級制度」「報酬制度」の各制度は、以下のような役割があり、それぞれは独立した制度ではなく密接に関連しています。

制度 概要
評価制度 従業員の成果・パフォーマンス・能力・貢献度をある一定の基準で評価する
等級制度 評価・能力に応じて、従業員一人ひとりに役割・職務・権限の異なる等級を与える
報酬制度 評価・能力に応じて、従業員一人ひとりの報酬額を決定する

人事制度の3つの評価項目

人事制度で密接に連携する「評価制度」「等級制度」「報酬制度」を機能させるためには、従業員一人ひとりを一定の基準で評価するための評価項目が必要です。それが「業績評価」「能力評価」「情意評価」です。

評価項目 概要
業績評価 課せられた目標に対する達成度を評価する。一般的には達成率を数値化して評価する定量評価が採用される
能力評価 知識・スキル・資格など、従業一人ひとりの持つ能力を基準にした評価項目
情意評価 仕事に対する意欲・行動、勤務態度など、定量化できない従業員の行動を定性的な基準で評価する

それぞれの評価項目は、「目標管理制度(MBO)」「360°評価」「バリュー評価」など、企業ポリシーによってさまざまな評価方法が採用されます。

人事制度コンサルティング会社のサポート:人事制度設計

このように、密接に関連する3つの制度、3つの評価項目で成り立つ人事制度を整備・構築・運用していくためのサポートが人事制度コンサルティングです。そのサポート内容は、大きく「人事制度設計」および「人事制度運用」に分類できます。まずは、人事制度設計に関するコンサルティング内容を具体的に解説していきましょう。

現状の確認・課題の抽出

人事制度を設計するための最初のステップは、制度を適切に構築するための現状確認と課題の抽出です。クライアント企業の経営者はもちろん、人事担当者、各部署のマネージャー、従業員も対象にヒアリング、アンケートを実施します。幅広く現場の声を集めたうえで、現状の人事制度にどのような課題があるのかをあぶり出していきます。

人事制度の方針策定

明らかになった課題を踏まえ、人事制度の方針・ポリシーを策定していくのが次のコンサルティングステップです。クライアント企業のビジョン、経営戦略、人材活用戦略との整合性を取りながら、人事制度の方向性を策定していきます。

人事制度の構築

人事制度の方針・ポリシーに従って、課題解決に最適な人事制度を構築していくステップです。コンサルタントからは課題解決に最適な人事制度のフォーマットが提案されますが、最終的に決定を下すのはあくまでもクライアント企業です。

このステップで、どのような評価方法を採用するのか?採用した評価方法の基準をどのように設定するのか?具体的な評価方法・評価基準も含めて人事制度を構築していきます。現状確認から人事制度構築までの設計フェーズは、おおよそ半年程度の期間を要するのが一般的です。

人事制度コンサルティング会社のサポート:人事制度運用

アドバイス・サポートが業務の中心である人事制度コンサルティングは、課題の抽出サポートのみ、設計も含めた人事制度構築など、設計サポートに特化したサービスを提供する会社もあります。

ただし、多くの人事制度コンサルティング会社は、設計後の人事制度運用までトータルサポートする場合がほとんどです。以下からは、人事制度運用に関するコンサルティング内容を具体的に解説していきます。

人事制度の導入支援

設計・構築された人事制度をスムーズに導入するための導入支援ステップです。運用マニュアル・手順書の作成などを依頼できるほか、評価者の教育支援や従業員の研修を提供する人事制度コンサルティング会社もあります。

項目 概要
評価者研修 公平性・正当性の高い評価業務が遂行できるように評価者を教育
目標設定研修 従業員一人ひとりに適切な目標を課せるように評価者を教育
人事制度研修 人事制度への理解を深め、透明性を担保する評価者・従業員向けの研修

人事制度の運用サポート・改善

導入された人事制度が最初から完璧だということはあり得ません。人事制度をスムーズに運営していくためのサポートはもちろん、運営していくなかで浮上する課題を精査し、改善していくのも人事制度コンサルティングの領域です。

評価者・従業員を含む現場のフォロー、そこから浮上した課題を人事担当者と共有・改善していく運用改善フォローなどを実施することが一般的です。人事制度コンサルティング会社によっては、このステップをオプションメニューとしている場合もあります。

人事制度コンサルティングを活用するメリットとは?

それでは、人事制度を構築・改善するにあたって、コンサルティングサービスを活用するメリットとはなんでしょうか?さまざまなメリットが考えられますが、本記事ではもっとも利益が大きいと考えられる3つに絞って紹介していきます。

バランスの取れた人事制度を構築できる

上述したように、人事制度は「評価制度」「等級制度」「報酬制度」の3つの制度が密接に関連しています。評価制度がずさんなままでは、等級・報酬の正当性が担保できません。公平性のある評価制度を設計しても、それが正当に等級・報酬に反映されなければ意味がなくなってしまいます。

専門的な知識を持つコンサルタントから、適切な提案の得られる人事制度コンサルティングを活用すれば、3つの制度のバランスが取れた運用しやすい機能的な人事制度を構築できます。これは、専門知識・ノウハウを持たない一般的な企業にとっては、非常に困難な作業です。

人事制度を効率的に構築できる

従業員の意見も反映させながら、スクラップ&ビルドで試行錯誤しながら自社で人事制度を整備していくという方法もあります。しかし、これでは制度が整うまでに非常に長い期間を要してしまうのはもちろん、必ずしも満足度の高い制度が整備できるという確証もありません。

人事制度コンサルティングを活用すれば、試行錯誤の期間を最小限に抑えながら、満足度の高い人事制度を効率的に構築できます。人事制度の構築・改善を自社で実施すれば、人事担当者へも大きな負荷がかかります。人事制度コンサルティングの活用は、こうした人事担当者の負担も軽減できるのです。

人事制度のノウハウ・知識を吸収できる

人事制度は年功序列主義から成果主義へのシフトが進んでいますが、評価方法は数値の定量評価だけではなく、業務プロセスの定量評価も加味する方向へと変遷を続けています。

つまり、人事制度は一度構築したら終わりではなく、時代の流れとともに評価方法や評価基準も見直していく必要があります。

人事制度コンサルティングを活用すれば、制度構築・改善の過程で、人事制度をどのように運用・改善していけばいいのか?基本的な考え方やノウハウを吸収できる大きなメリットがあります。

ただし、経営者・人事担当者が「コンサルタントを最大限活用する」という意識を持つことが重要です。任せきりにしていたのでは、ノウハウも知識も自社のものにできません。

人事制度コンサルティングの費用相場

そうなると気になるのが、人事制度コンサルティングにかかる費用相場です。コンサルティング費用は、クライアント企業の規模や依頼の範囲、アドバイスの程度によって変動するほか、コンサルティング会社によっても異なります。

ただし、一般的にはクライアント企業の従業員数が多ければ、それだけ費用は高額になる傾向があります。これは従業員が多ければ等級・職種が増えること、評価方法が複雑化するからです。

従業員数30名以下であれば半年で60万円から、1年で120万円から、100名以上の企業なら120万円〜・240万円〜、200名以上の企業なら180万円〜・360万円〜というのが相場観だといえるでしょう。

従業員数 半年契約 1年契約
30名以下 60万円〜 120万円〜
100名〜 120万円〜 240万円〜
200名〜 180万円〜 360万円〜

おすすめの人事制度コンサルティング会社5選

人事制度コンサルティング会社によっては、報酬が年間400万円以上という場合もありますが、従業員1名を雇用することを考えれば、意外にリーズナブルにコンサルタントの知識・ノウハウを活用できることがわかります。

では、どんな会社があるのか?会社選定の参考になるよう、以下からはおすすめの人事制度コンサルティング会社を厳選して紹介していきます。

株式会社パーソル総合研究所

株式会社パーソル総合研究所は、市場調査・研究のシンクタンク事業をコアに、コンサルティング、人材開発・教育支援、タレントマネジメント事業を展開する企業です。

パーソルホールディングスの一員である同社は、グループ企業のリソースを活用した提案力に優れるだけでなく、数値に裏付けされた信頼感を兼ね備えているのが強みです。人材の育成、活用、最適配置、組織構築など、ヒトのコンサルティングを得意としています。

日本最大級の報酬データベースを活用することで、競争力の高いオーダーメイドの人事制度を設計できることも同社の特徴です。また、人事制度が制度2割、運用8割であることを前提とする同社では、経営戦略・人事戦略の策定から運用プラン策定・フォローまで、一気通貫でサポートすることを可能としています。

https://rc.persol-group.co.jp

株式会社リンクアンドモチベーション

株式会社リンクアンドモチベーションは、経営学・社会システム論・行動経済学・心理学の成果をもとにする「モチベーションエンジニアリング」を活用した、独自の方法論によるコンサルティングサービスを提供する企業です。

人事制度をはじめとした組織開発のほか、人材開発、人材採用、組織を含むトータルソリューションも提供しています。グローバルを対象にした人事コンサルテーションも可能です。

同社の人事制度コンサルティングは、事業戦略に紐づいた一貫性のある「戦略性」、成功事例を参考にしながらも、クライアントに最適化された「差別性」、ワンストップでの制度づくり・運用を重視した「実効性」が特徴です。専門性、客観性の高い価値ある人事制度の提案が期待できるコンサルティングファームです。

https://solution.lmi.ne.jp

株式会社 日本能率協会コンサルティング(JMAC)

株式会社 日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、前身である日本能率協会(JMA)が創立された1942年から、経営コンサルティングを基幹業務としてきた業界のパイオニアです。

同社が目指したのは日本だけで通用するノウハウではなく、普遍的に通用するユニバーサルなノウハウ。さまざまな業種の企業に携わるプロジェクト数は年間2,700件以上、日本のトップ100社のうち71社が利用する実績を誇ります。

「経営課題の実現を後押しするもの」が人事制度だと位置付ける同社のコンサルティングは、ありきたりなコンセプト・手法を取り入れるのではなく、議論を重ねながらオーダーメイドで最適化されていくことが特徴です。課題の抽出・人事制度の設計はもちろん、制度の定着・浸透を含む運用フェーズまでワンストップで対応できます。

https://www.jmac.co.jp

株式会社ブレインパートナー

株式会社ブレインパートナーは、2000年に東京都渋谷区で設立された、経営コンサルティングファームです。人事制度構築をはじめとした「人事機能強化」、経営幹部も含む「人材育成」、「経営力強化」「営業力強化」など、中小企業・店舗から大企業まで、組織・経営に関する幅広いコンサルティングメニューが用意されています。

クライアントの抱える人事の課題を解決するため、人事表制度とともに目標管理制度の仕組みづくりに力を入れているのが同社の特徴です。人事制度設計、人事制度リニューアル、人事課題解決など、目的に応じた多彩なメニューが用意されているのもポイントです。自社のどこに課題があるのか?を明らかにする、人事制度診断サービスも利用できます。

https://www.jinjihyouka.com

フォー・ノーツ株式会社

フォー・ノーツ株式会社は、2008年に東京都港区で設立された「株式会社フル・オフ・タイム」を前身にする、評価基準・人事コンサルティングを得意とするコンサルティングファームです。

人事制度の構築・運用はもちろん、人事担当者の育成コンサルティングなども提供。これまでに300社以上にコンサルテーションを提供してきた実績を誇ります。同社代表が著した書籍「評価基準」が増刷を重ねているなど、普遍的・汎用的に活用できる理論を有していることが強みです。

人事の全体像を捉え、現実の運用を想定しながら、効果の上がる人事制度の構築をサポートしてくれます。ベンチャー企業・中小企業の人事制度構築を得意としているのもポイントです。

https://www.fournotes.co.jp

人事制度コンサルティング会社の選び方

本記事で紹介した人事制度コンサルティング会社はほんの一部です。一般的な経営コンサルティングファームであれば、ほとんどの会社が人事制度の構築・運用をサポートしてくれるでしょう。では、多数が存在するなかから、自社に最適な1社を選ぶにはどうすべきか?以下からは、人事制度コンサルティング会社選定のポイントを紹介していきます。

豊富な実績・ノウハウがあるか

自社に最適化された人事制度を構築するには、数々の成功事例・失敗事例を活かし、発展させていく柔軟性・ノウハウが必要です。

つまり、人事制度コンサルティング会社を選定する最初のポイントは、これまでに豊富な実績を積み重ねてきているか?個々のクライアントに方法論を最適化させるノウハウを持つか?です。

多くのコンサルティングファームはWebサイトで実績を公開していますが、そうでなければ直接問い合わせるなどして確認しておくべきでしょう。

得意分野・サービス内容

そもそもコンサルタントとは「専門分野に特化した知識・スキル」を持つ人のことです。ある一定の共通性を持つ人事制度といえども、業界・業種・業態に応じて適切なあり方は異なります。

つまり、2つめのポイントは、人事制度コンサルティング会社が得意としている分野を見極めることです。

同時に確認しておきたいのがサービス内容です。設計から運用まで、人事制度をトータルサポートして欲しいのに設計のみしか対応してくれない、自力で運用したいのに一気通貫のメニューしかない、といったケースも考えられるからです。

コンサルタントとの相性

意外に重要なのが、人事制度コンサルタントとの相性です。自社のビジョンや戦略に理解を示してくれるか?率直な意見交換ができる相手なのか?など、顧客を第一にしたサポートのできるコンサルタントなのかを見極めていくことがポイントです。

実際、自身の方法論だけを一方的に押し付けてくるコンサルタントも少なくありません。お互いの意見交換が難しければ、自社に最適化された人事制度を構築するのは難しいといわざるを得ません。逆に、顧客の言いなりになってしまうのも考えものです。イエスマンに徹した提案しかできないのでは、コンサルタントを起用する意味がありません。

まとめ

本記事では、活用のメリット、費用相場、サービス内容を含む人事制度コンサルティングの基本を解説するとともに、適切な人事制度コンサルティング会社の選び方、おすすめの会社も紹介してきました。リソースの少ない中小企業にこそ、ビジョン・戦略を反映できる人事制度は重要です。そのために有効なのが人事制度コンサルティングの活用なのです。

しかし、人事制度コンサルティング会社の選定は簡単ではありません。候補先を選ぶことすら迷ってしまうことがあるでしょう。そんなとき「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良な人事制度コンサルティング会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイント。人事制度コンサルティング会社の選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

人事・評価制度構築を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

人事・評価制度構築の案件一覧

人事・評価制度構築のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す