インフルエンサーマーケティングの費用相場【中小企業のPR担当必読】

更新日:2020年03月25日 発注カテゴリ: マーケティング・営業戦略
インフルエンサーマーケティングの費用相場【中小企業のPR担当必読】

SNS上で影響力のあるインフルエンサーを活用したPR方法は今流行のマーケティング手法の一つです。一般的な広告よりユーザーに商品の魅力を届けやすい特徴があります。今回はインフルエンサーマーケティングに興味がある方に向けて、マーケティング手法の種類やコスト、意外な盲点などについて詳しく解説していきましょう。

関連する記事

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、YouTubeやインスタグラムなど、SNSで情報を発信していて多くのフォロワーを持っている人にマーケティング活動を協力してもらうというタイプの宣伝方法です。

インフルエンサーにはいろいろなタイプがありますが、多くの人に影響力を持っている人ならセレブや芸能人でなくてもインフルエンサーはたくさんいます。もしもたくさんのフォロワーを持っている人が、自社の商品を実際に使ってみて「こんなところが使いやすい!」なんてPRをしてくれたなら、たくさんの人が「自分も使ってみようかな」という気持ちになって商品購入につながる可能性が高くなるでしょう。それが、インフルエンサーマーケティングの目的です。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングのメリットについて解説していきます。新しい宣伝方法であるインフルエンサーマーケティングについて理解するためにも、以下に解説するメリットを把握しておきましょう。

狙ったターゲットにPRできる

インフルエンサーによってフォロワーの年齢・性別が異なり、支持される層が違います。メイク動画をアップしているインフルエンサーであれば、若い女性のフォロワーが多いでしょう。ターゲットユーザーがフォロワーに多いインフルエンサーを起用することで、的確にアプローチをすることができます

広告ブロックされない

ネット広告に嫌悪感を持つユーザーは多く、広告を消す「アドブロック機能」を利用しているユーザーは増えています。インフルエンサーに商品を紹介してもらえれば、ユーザーはインフルエンサーを信用しているので、ネット広告などと比べ、ユーザーに商品を見てもらえる可能性が高いです。

広告費用を安くできる

インフルエンサーに商品紹介を依頼する場合の発注金額は、タレントを起用したTVCMなどと比べ、費用を抑えることができます。インフルエンサーは女優やタレントとは違い、フォロワー数×1フォロワーの単価で見積もりが可能だからです。

イメージアップに繋げられる

商品のPRだけでなく、企業のイメージアップができるのもメリットです。定期的に自社の商品を紹介してもらい、企業PRも盛り込むことで、ユーザーにブランドイメージを認知してもらい、イメージアップに繋げることができます。

インフルエンサーマーケティングのデメリット

次にデメリットについて解説していきます。メリットの多いインフエンサーマーケティングですが、デメリットもあるので、メリットと合わせて理解しましょう。

企業イメージが下がってしまうことも

インフルエンサーの投稿内容によって、企業イメージが下がってしまう可能性を考慮しましょう。たとえば、動画の内容が不適切だったり、ステルスマーケティングのような動画などは、炎上する可能性が高いです。

炎上してしまうと、企業のイメージが下がってしまいます。依頼時に、インフルエンサーに全て委ねるのではなく、適切な指示出しが必要です。

購入するかどうかはユーザー次第

狙ったユーザーに適切なアプローチができたとしても、商品購入に繋がるわけではありません。欲しいと思っても実際に購入には至らないケースもあります。その商品を購入するかどうかはユーザー次第なので、宣伝効果が出ない場合も考慮しましょう

定期的に何度も宣伝する必要がある

インフルエンサーを使った商品PRは、単発の投稿だと効果が薄いです。ユーザーがその場で購入したいと思わない限り、1回だけ見てもすぐに忘れてしまうからです。何度も定期的に商品を宣伝しなければ、購入に繋げられません

媒体別で見るインフルエンサーマーケティングの特徴

インフルエンサーが商品をPRする場として代表的なSNSが、Instagram、YouTube、Twitterです。それぞれ特徴が違うので、マーケティングの戦略も変わってきます。SNSそれぞれの特徴と、向いている商品を解説していきましょう。

Instagram

Instagramの利用者は、10~30代女性が最も多いです。ですので、PRする商品は、ファッション、美容、グルメなど、若い女性に刺さるジャンルを狙うといいでしょう。

また、Instagramは投稿にリンクを貼れないのが特徴です。そのためユーザーに購入を訴求するよりも、ブランドの認知を目的としたインフルエンサーマーケティングが主流で行われています。

YouTube

YouTubeは商品をプロモーションするのに最適です。実際に商品やサービスを使う様子を撮影したり、感想を話したりと、動画を効果的に使ってPRができます。

また、動画の概要欄に商品購入ページのリンクを貼り付けることができるので、動画を見て、興味を持ったユーザーはすぐにECサイトの商品購入ページを確認可能です。

Twitter

TwitterはSNSの中で1番拡散力があるのが特徴です。その拡散力を活かして、イベントやキャンペーンの告知に向いています。また、商品のリンクを貼ることができるので、商品PRにも向いています。

インフルエンサーマーケティングの方法

インフルエンサーマーケティングには、3つの代表的な方法があります。それぞれ解説していきましょう。

(1)企業がインフルエンサーに商品をプレゼント

企業が、インフルエンサーにPRして欲しい商品を贈り、実際に使う様子や感想をSNSに投稿してもらう方法があります。YouTuberの多くがこの方法で商品を紹介しています。

(2)インフルエンサーが実際に商品を購入

2つ目は、インフルエンサーが実勢に商品を購入して、それを使った感想をSNSに投稿してもらう方法です。YouTuberなどが動画の中で「これを今日買いました!」と言って、金額も含めて商品紹介をしている場合、インフルエンサーマーケティングの可能性が高いです。

(3)インフルエンサーがSNSで宣伝

3つ目は、インフルエンサーが自身のSNSで、アプリやイベント、キャンペーンなどを宣伝してくれるというものです。商品ではなく、無形のサービスの場合が多いです。インフルエンサー側からすれば、投稿するだけなので作業の手間が掛からないマーケティング方法となります。

フォロワー数によって変わる費用相場

インフルエンサーマーケティングの費用は、依頼するインフルエンサーがどのぐらいの影響力を持っているかによって異なります。その「影響力」を計算する要素となるのが、フォロワー数です

1フォロワーあたり3〜8円が料金相場

インフルエンサーマーケティングでは、1フォロワー数の単価と、そのインフルエンサーが持っているフォロワー数によってマーケティングの発注費用が決まります。1フォロワー数の単価については、1フォロワーあたり3〜8円が料金相場になります。り、フォロワーを1万人持っているインフルエンサーにマーケティング依頼をするなら、3万円〜8万円の費用がかかる計算です。

「いいね」の数に応じて料金を支払うケースも

しかし、インフルエンサーの中には、フォロワーが何百万人という規模の人もいます。その規模になると1フォロワーあたりの単価が3円だったとしても発注料金が何千万〜と大金になってしまいます。

このようなケースでは、異なる料金システムで依頼しましょう。たとえば、フォロワー数に関係なく、定額の報酬を支払うシステムや、SNSの「いいね」の数に応じて報酬を支払うシステムもあります。

インフルエンサーマーケティングの依頼先の種類

インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーに直接依頼するケースもあれば、代理店へ依頼してインフルエンサーを紹介してもらうケースもあります。それぞれ特徴を解説します。

直接依頼する場合

直接、インフルエンサーに依頼する場合、発注費用は直接交渉して決めるため、代理店を通すよりもリーズナブルに抑えられます。しかし、商品PRしてもらいたいインフルエンサーを選び間違えると、せっかく商品宣伝をしてもらってもフォロワーからの反応が薄くなってしまうので注意しなければいけません。

代理店依頼する場合

一方、代理店に依頼する場合は、PRしたい商品やサービスのマーケティングに相応しいインフルエンサーを紹介してくれるため、より高い宣伝効果が期待できるメリットがあります。ただし、代理店に支払う仲介料が発生するため、インフルエンサーマーケティングにかかる料金は割高になるため注意しましょう。

代表的なインフルエンサーマーケティングの代理店

代表的なインフルエンサーマーケティングの代理店を2社を紹介します。「インフルエンサーマーケティングに興味はあるが、SNSに関する知識が疎い」といった企業はこの2社の代理店で依頼すると良いかもしれません。

SPIRIT

概要

国内最大のインフルエンサープラットフォームです。抱えているインフルエンサーは20,000人以上で、全国各地、様々なジャンルのインフルエンサーを活用できます。

特徴

SPIRITの特徴は、公募型のプラットフォームである点です。SPIRIT上で案件を掲載してインフルエンサーの募集ができます。応募してきたインフルエンサーから商品PRを任せたい一人を選考できるので、商品の思いや意欲があるインフルエンサーを集めることが可能です。

費用

初回登録料や月額固定費用のコストは一切かかりません。【インフルエンサーへの報酬+ディレクションフィー×募集人数+プラットフォーム利用料】が費用体系になります。

Invision

概要

マイクロインフルエンサー、マクロ/メガインフルエンサーを多数抱えており、商品に合わせて適切なインフルエンサーを提案してくれます

特徴

フォロワー最低単価が1円で依頼可能。業界最安値の料金単価が特徴です。他に、プランナー歴が長い、インフルエンサーマーケティングに精通しているスタッフが宣伝効果を最大化するためにコンサルティングをしてくれます。

費用

初回に限り、3万円で依頼ができます。最低運用価格は2万円〜です。フォロワー最低単価は1円で、業界最安値で依頼できます。

マーケティング費用の内訳

インフルエンサーマーケティングを代理店に依頼すると、具体的にどんな風にマーケティングをするのかという細かい点についてもサポートしてもらうことができます。費用が割高になってしまうのはそのためなのですが、より効果的なPRができるため、初めてインフルエンサーマーケティングに挑戦するなら、代理店のサービスを利用しても良いでしょう

見積りを取り寄せると、かかる費用にはいくつかの項目があり、細かい部分にも費用が発生していることが分かります。たとえば、どのインフルエンサーにPRをしてもらうかを決めるキャスティング費用がありますし、企画を考えるディレクション費用も発生することも。さらには、インフルエンサーがPRの画像や動画を投稿する際に必要となる制作費用や人件費に関しても、発注側が負担することになるため、この部分にも費用がかかってきます。

また、依頼側がSNSの運営を行っていない場合などには、インフルエンサーに代行してもらうことができます。その際には、マネージメント費用というものが掛かることが多いようです。ただし、SNSの運営については、代行してくれるサービスがあります。定期的にSNSを使ったインフルエンサーマーケティングをするのなら、そうしたサービスを利用するという方法も良いでしょう。代行サービスにかかる費用は提供会社によって異なり、月額10万円以下で依頼できるところもあれば、月額50万円がかかる会社もあります。

インフルエンサーの選び方

ここではインフルエンサーを選び上で大切になる3つのポイントを解説しましょう。インフルエンサー選びを間違えてしまうと、せっかくかけた広告費がムダになる恐れがあります。効果的に自社の商品やサービスをPRしたい方は必読です。

(1)「マイクロインフルエンサー」と「マクロ/メガインフルエンサー」

インフルエンサーは、フォロワーの規模で「マイクロインフルエンサー」と「マクロ/メガインフルエンサー」に分けることができます。PRしたい商品でこれらを使い分けることが大切です。以下にそれぞれの性質を解説します。

マイクロインフルエンサー

マイクロインフルエンサーとは、フォロワー数が1万〜数万人のインフルエンサーを指します。いいね!やコメント率が高い傾向にあり、フォロワーとの距離が近いのが特徴です。マイクロインフルエンサーは、マクロ/メガインフルエンサーと比べ、影響力は劣りますが、ユーザーの行動を促す点で優れています

マクロ/メガインフルエンサー

マクロ/メガインフルエンサーは、フォロワー数が数十万〜数百万のインフルエンサーを指します。数十万規模のフォロワーを抱えている彼らの影響力は絶大です。インフルエンサー自身にブランド力があるので、有名インフルエンサーが勧めている商品として売り出すことができます。マクロ/メガインフルエンサーの起用は、認知拡大やブランディング力アップに効果的です

(2)フォロワーが、自社商材と合っているか

起用するインフルエンサーのフォロワーの属性(性別、年代、ニーズ)が自社商材とマッチしている必要があります。自社商材のターゲットとインフルエンサーのフォロワー属性が違うと、PR効果は期待できません。

フォロワーの多くが男性の女性YouTuberをコスメの商品PRに起用しても、宣伝効果はほぼないでしょう。そのため、フォロワー属性を事前に調査する必要があります

(3)いいね!を金銭で購入しているインフルエンサーは選ばない

インフルエンサーの中には、フォロワーやいいね!を金銭で購入しているユーザーがいます。そのようなインフルエンサーを起用してしまうと、フォロワーのほとんどが、ロボットが自動的に作ったアカウントなので、商品のPR効果がありません。ツールを使えばフォロワーやいいね!を金銭で買っているかが判別できますので、依頼前に必ず確認しましょう。

インフルエンサーマーケティングの費用対効果

インフルエンサーマーケティングでは、影響力のあるインフルエンサーが商品を紹介するという形でPRを行うマーケティング方法です。たくさんのフォロワーがいる人なら、大きな宣伝効果が期待できますが、フォロワーのタイプによっては期待しているほどの費用対効果が得られない可能性はあります。この点は、インフルエンサーマーケティングのリスクと言えるでしょう。

リスクを最小限に抑えるためには、インフルエンサー選びと代理店選びを慎重に行い、ただ影響力が高いというだけではなく、宣伝したい商品に興味を持ってくれそうなフォロワーがたくさんいるインフルエンサーへ依頼するということが必要です

まとめ

インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーが抱えているフォロワー数によってかかる費用が異なります。1フォロワーあたりの単価は3円〜8円程度が相場ですが、代理店へ依頼する際には、その他に仲介料などがかかるため、総額は割高になることが多いです。

また、フォロワー数の多いインフルエンサーに商品やサービスをPRした場合でも必ずしも宣伝効果が得られるとは限りません。インフルエンサーのフォロワーがPRしたいターゲット層と一致しているかしっかりと見極めた上で決めると良いでしょう

マーケティング・営業戦略を一括見積もりで発注先を楽に探す

マーケティング・営業戦略の案件一覧

マーケティング・営業戦略のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

マーケティング・営業戦略に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

マーケティング・営業戦略の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら