司法書士を一括見積もり、比較して探すなら「比較ビズ」

司法書士
一括見積もりで比較して探す

司法書士とは公的文書、代行のスペシャリストです。弁護士と異なりますが、簡易裁判所などでは認定の司法書士であれば弁護士の代行業務を行うこともできます。また債務整理や相続手続き、会社設立などでは書類の作成から手続きまで行うことが可能です。司法書士によっては得意分野と不得意分野があり、さまざまな業務に広く対応できることも多いです。司法書士の主な仕事の内容は不動産登記や法人登記といった登記関連、相続、債務整理、少額訴訟代理といった業務です。

司法書士
完全無料
比較ビズの3つのポイント

司法書士の分野の一覧

  • 不動産登記とは、土地や建物に物理的な状況・権利関係に変化が生じた際、その旨を、法務局が管理する登記簿に記録・反映にして社会に公示することです。法務局に提出するための書類作成、当事者の意思確認・本人確認、手続き …

  • 商業登記は、慣れない人には複雑かつ煩雑な申請業務となります。特に自分で行うとなると、登記の仕方などを多少なりとも勉強しなくてはなりません。その時間を、その手間を、本業に費やすほうが効率的です。新規事業スタート …

  • 登記とは、権利関係などをあきらかにするため、法務局に備える登記簿に記載することをいいます。自分で登記することも、勿論できますが、非常に労力と時間が掛かります。比較ビズでは、専門的な知識を持ち・有国家資格者であ …

  • 遺言書がない場合、たとえ身内の中では家族関係が明らかであったとしても、第三者からみれば家族関係を証明するために戸籍が必要になります。銀行や法務局、証券会社などに提出する、「誰が相続人になるのか」確定に必要な書 …

  • 「家賃の金額に争いがあって家賃を家主が受け取らない」、「隣人が自分の土地のに勝手にブロックを造り始めた」、そんな場合は司法書士に相談しましょう。供託とは、家賃を家主が受け取らない場合に家賃を供託所に預けて債務 …

  • 「10万円の交通事故の修理代を相手が支払ってくれない」「30万円を知人に貸したが返してもらえない」でも弁護士へ依頼するほどではないとお考えの方、司法書士にご相談ください。少額訴訟は通常の訴訟と異なり、簡易的で迅速 …

司法書士を都道府県から探す

司法書士を一部ご紹介

比較ビズに掲載されている司法書士を一部ご紹介

  • 関西あおぞら合同事務所

    関西あおぞら合同事務所
    関西あおぞら合同事務所は、H15年に法務コンサルタント・行政書士・司法書士の合同事務所として開業。 「関西あおぞら」には、「私どもがお手伝いさせていただく皆さまが、関西の青空のもと、自由に活き活きと仕事・生活ができるようお手伝いしたい」、 …

    大阪府大東市住道2丁目7-13-201

  • SBC司法書士事務所

    SBC司法書士事務所
    大阪市北区の司法書士事務所です。 不動産登記・商業登記をメインにサービスを提供しております。 弊社のモットーは「SPEED!SPEED!SPEED!」です。複雑な案件でもスピード対応いたします。お急ぎのご依頼やご相談がございましたら、弊社までお問い合わせ …

    大阪府大阪市北区太融寺町3番24号 日本生命梅田ビル2階

司法書士のクチコミ紹介

司法書士でお問い合せをして、ご契約された人達のクチコミをご紹介

司法書士について

皆さんがマイホームを購入したなどの時には、銀行でローンを組んだ際などに司法書士が来てくれたよという事があるはずです。既に経験済の人もいるでしょう。不動産の登記などは特殊な手続きがあるので、自分であれこれやると時間や手間もかかります。法務局へ代行申請してくれる司法書士さんがいるととても便利です。では、その他についても司法書士の仕事や内容についてみていくことにしましょう。これらの登記業務は不動産登記だけでなく、会社設立の法人登記なども代行が出来るのが司法書士です。

司法書士の仕事内容・独占業務

司法書士は裁判所や検察庁、法務局、公証役場に書類を作成し、提出したり相続財産の管理や手続きをしたりします。また企業の中では会社の重要事項が変更になると、登記に反映させなければなりません。その手続きも司法書士が行ってくれるのです。さらに、認定を受けた認定司法書士なら簡易裁判所で審理される140万円以下の事件について弁護士と同じ業務を行うことも可能です。依頼主の代理人となって交渉や調停を行ったり、訴訟の代理人になれるのです。

  • 1.不動産登記や商業登記などの登記業務
  • 2.企業法務、相続、債務整理の書類作成業務
  • 3.簡易裁判所で審理される140万円以下の代理

不動産登記や商業登記は司法書士の独占業務です。司法書士は、遺言書や相続関係の書類手続き、離婚協議書、内容証明書や契約書なども行います。この業務は行政書士とも通ずるところがあります。

司法書士の実情・年収

行政書士も司法書士もあまり年収は変わらないとされていますが、その人のビジネスの範囲によって大きく変わります。400-600万の場合もあれば、1千万を超すこともあるかもしれません。司法書士の場合は、独立開業している場合と勤務する場合で違います。独立の場合は幅広くできますので収入を増やそうと思えばできますが、勤務の場合はサラリーマンと同様の扱いになります。

また独立開業でも1千万を超える人はそうそういません。司法書士事務所も競合が多いですし、ネットの戦略なども必要になってくるのが最近の傾向だからです。ちょっと知っている人はインターネットを使って個人でも申請してしまうため、専門性や価格、利便性をクライアントも比較する様になっているのです。

良い司法書士の特徴

通常の司法書士業務はもちろんのこと、得意な分野の特徴を持っている司法書士は心強い点が多いでしょう。また近年のIT化に伴って登記又は供託に関する手続についてもパソコンやネット、コンピュータに強い司法書士が重宝されることは間違いありません。また敷居が高いのが法律関係ですが、気さくですぐに何でも相談できるというような雰囲気の司法書士が今は求められていることでしょう。

法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類の作成や、登記又は供託に関する審査請求の手続の代理、地方法務局に提供する書類の作成は司法書士しかできない、資格者以外は取れない業務でもあります。このあたり経験値のある司法書士なら広範囲に得意分野がありつつも、さまざまに相談できる、庶民的な司法書士を顧問にしておく、常に相談するような体制を持っておくとよいかもしれません。

司法書士のよくある質問

司法書士事務所はどのような仕事を扱っていますか?

登記手続き全般、(不動産登記、商業登記、法人登記、船舶登記、債権譲渡登記など)これらの登記書類を法務局等への書類を提出、売買契約書、定款等申出手続書類、帰化申請手続書類、なども扱います。行政書士と範囲がかぶる部分も多くなりますが、申請や代行までできるのでワンストップにて案件によっては扱えます。

法廷代理ができる司法書士はどのような人ですか

法務大臣の認定をうけた司法書士は、価額が140万円以下のものに関して簡易裁判所で訴訟代理を行えます。筆界特定手続の代理をする場合に関しては対象土地の評価額の合計が5600万円以内とされています。簡易裁判所における民事訴訟手続の代理、支払督促手続の代理、民事調停手続の代理、少額訴訟債権執行手続の代理などです。もちろん書類の作成から全て代行が可能です。

相続でもめそうなので司法書士に相談したいのですが可能でしょうか?

可能です。各種書類の手続きから相続人が不明な場合の調査など、細かい点まで対応してもらえることも多いですので気軽に相談してください。また相続はあとあともめることにならないよう、相続税のアドバイスもしてくれることが多いです。

司法書士を探すなら

比較ビズでは司法書士を 不動産登記商業・法人登記その他登記相続人調査・確定供託・筆界特定少額訴訟代理 、 など様々な分野から絞り込んで、比較・一括見積もりをして探すことができます。司法書士を探すなら日本最大級のビジネスマッチングサイト「比較ビズ」で。

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営11年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら