「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで
司法書士

司法書士を比較・見積もりする

司法書士について

司法書士とは公的文書、代行のスペシャリストです。弁護士と異なりますが、簡易裁判所などでは認定の司法書士であれば弁護士の代行業務を行うこともできます。また債務整理や相続手続き、会社設立などでは書類の作成から手続きまで行うことが可能です。司法書士によっては得意分野と不得意分野があり、さまざまな業務に広く対応できることも多いです。司法書士の主な仕事の内容は不動産登記や法人登記といった登記関連、相続、債務整理、少額訴訟代理といった業務です。

見積もり発注案件、続々発生中!一覧を見る
受注希望の方へ

お仕事を受けたい方・比較ビズに掲載したい方は資料請求を。

都道府県から探す

司法書士を日本全国から検索できます。

司法書士事務所の一覧

  • 麻布霞町司法書士行政書士事務所

    オススメ企業
    伊藤 美和
    東京都港区三田3-4-3 RIPL9 THAオフィス田町三田3階10号
    特徴
    • 確かな実績
    • ワンストップで解決する豊富な人脈
    • 困難な業務も解決に導く
  • 山本司法書士・税理士事務所

    山本 公一
    大阪府大阪市淀川区西中島6-8-8-403号
  • 春日部司法書士事務所

    鳥居誠 白石拓麻
    埼玉県春日部市中央39378
    特徴
    • お客様に最適な遺言書や家族信託の作成を支援
    • 不動産・預貯金・株式などの相続手続きを代行
    • 初回相談無料・営業時間外も対応
  • 司法書士眞砂事務所

    眞砂 健太郎
    東京都渋谷区円山町5番5号Navi渋谷V3階
    特徴
    • 親切な対応
    • 即日対応(営業時間外・休日対応可)
    • 柔軟性がある(ご依頼の仕方や費用面について)
  • 司法書士中村事務所

    中村 貴志
    東京都杉並区高円寺南四丁目24番12-307号
    特徴
    • 適正な費用
    • 土日・祝日も対応
    • 受任から納品までスムーズ対応
  • オアシス司法書士事務所・行政書士事務所

    司法書士・行政書士 廣澤 真太郎
    神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東4-19-1メゾン・ド・ヴェール205
    特徴
    • 出張事前見積もり実施中・柔軟かつスピーディな対応
    • リーズナブルかつ充実のアフターフォロー
    • 敷居の低い丁寧で親切な対応
  • 司法書士法人行政書士法人鴨宮パートナーズ

    鴨宮 英世
    東京都目黒区五本木3-17-7 五本木HKビル
    特徴
    • 創業30年の安心と信頼
    • 累計登記件数10万件超、相続案件数15000件超の圧倒的な実績
    • 相続部門をはじめ
  • 司法書士法人やはば法務事務所

    大城 将
    東京都千代田区岩本町一丁目3番1号 神田ビジネスセンター3F
    特徴
    • 良心的な価格で確かな実績を持つ資格者による安心安全なサポート
    • きめ細やかな業務とお客さまのことを第一に考えた誠実な仕事
    • 必要に応じて他士業と連携しノンストップの業務提供
  • 司法書士スタンダード

    小安 実
    大阪府豊中市本町一丁目3番19号 長尾第一ビル3F-A-2
    特徴
    • 地域最安水準で登記費用が安い
    • 豊中駅から徒歩3分の司法書士事務所
    • アフターフォローも充実で安心です
  • はがくれ司法書士事務所

    尾花 健介
    大阪府枚方市三矢町1-11シャルム枚方1階11号
    特徴
    • 「プライバシーを厳守」秘密の漏洩なし
    • 初回相談は無料
    • わかりやすく丁寧な提案
新着企業
もっと見る閉じる
新着のクチコミ
もっと見る閉じる
発注業務に役立つ記事を配信中

司法書士に関連するまとめ記事

初めて司法書士へ発注する方へ

司法書士への発注ガイド

司法書士とは

皆さんがマイホームを購入したなどの時には、銀行でローンを組んだ際などに司法書士が来てくれたよという事があるはずです。既に経験済の人もいるでしょう。不動産の登記などは特殊な手続きがあるので、自分であれこれやると時間や手間もかかります。法務局へ代行申請してくれる司法書士さんがいるととても便利です。では、その他についても司法書士の仕事や内容についてみていくことにしましょう。これらの登記業務は不動産登記だけでなく、会社設立の法人登記なども代行が出来るのが司法書士です。

司法書士の仕事内容・独占業務

司法書士は裁判所や検察庁、法務局、公証役場に書類を作成し、提出したり相続財産の管理や手続きをしたりします。また企業の中では会社の重要事項が変更になると、登記に反映させなければなりません。その手続きも司法書士が行ってくれるのです。さらに、認定を受けた認定司法書士なら簡易裁判所で審理される140万円以下の事件について弁護士と同じ業務を行うことも可能です。依頼主の代理人となって交渉や調停を行ったり、訴訟の代理人になれるのです。

  • 1.不動産登記や商業登記などの登記業務
  • 2.企業法務、相続、債務整理の書類作成業務
  • 3.簡易裁判所で審理される140万円以下の代理

不動産登記や商業登記は司法書士の独占業務です。司法書士は、遺言書や相続関係の書類手続き、離婚協議書、内容証明書や契約書なども行います。この業務は行政書士とも通ずるところがあります。

司法書士の実情・年収

行政書士も司法書士もあまり年収は変わらないとされていますが、その人のビジネスの範囲によって大きく変わります。400-600万の場合もあれば、1千万を超すこともあるかもしれません。司法書士の場合は、独立開業している場合と勤務する場合で違います。独立の場合は幅広くできますので収入を増やそうと思えばできますが、勤務の場合はサラリーマンと同様の扱いになります。

また独立開業でも1千万を超える人はそうそういません。司法書士事務所も競合が多いですし、ネットの戦略なども必要になってくるのが最近の傾向だからです。ちょっと知っている人はインターネットを使って個人でも申請してしまうため、専門性や価格、利便性をクライアントも比較する様になっているのです。

良い司法書士の特徴

通常の司法書士業務はもちろんのこと、得意な分野の特徴を持っている司法書士は心強い点が多いでしょう。また近年のIT化に伴って登記又は供託に関する手続についてもパソコンやネット、コンピュータに強い司法書士が重宝されることは間違いありません。また敷居が高いのが法律関係ですが、気さくですぐに何でも相談できるというような雰囲気の司法書士が今は求められていることでしょう。

法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類の作成や、登記又は供託に関する審査請求の手続の代理、地方法務局に提供する書類の作成は司法書士しかできない、資格者以外は取れない業務でもあります。このあたり経験値のある司法書士なら広範囲に得意分野がありつつも、さまざまに相談できる、庶民的な司法書士を顧問にしておく、常に相談するような体制を持っておくとよいかもしれません。

司法書士のよくある質問

司法書士事務所はどのような仕事を扱っていますか?

登記手続き全般、(不動産登記、商業登記、法人登記、船舶登記、債権譲渡登記など)これらの登記書類を法務局等への書類を提出、売買契約書、定款等申出手続書類、帰化申請手続書類、なども扱います。行政書士と範囲がかぶる部分も多くなりますが、申請や代行までできるのでワンストップにて案件によっては扱えます。

法廷代理ができる司法書士はどのような人ですか

法務大臣の認定をうけた司法書士は、価額が140万円以下のものに関して簡易裁判所で訴訟代理を行えます。筆界特定手続の代理をする場合に関しては対象土地の評価額の合計が5600万円以内とされています。簡易裁判所における民事訴訟手続の代理、支払督促手続の代理、民事調停手続の代理、少額訴訟債権執行手続の代理などです。もちろん書類の作成から全て代行が可能です。