不動産登記(所有権移転登記)が得意なおすすめの司法書士を比較、一括見積もりするなら「比較ビズ」

司法書士

不動産登記(所有権移転登記申請)
一括見積もりで比較して探す

不動産登記(所有権移転登記)が得意な司法書士を一覧から比較・一括見積もりできます。不動産を購入した時や相続した時に登記が必要になりますが、自分で行おうとするとかなりの時間と労力が必要になります。この時間と労力を考えれば、司法書士に不動産登記申請を依頼した方が良いでしょう。依頼する際は、費用の安さ、対応のスピード感などを比較して、ご自身に合った司法書士を見つけましょう。相談しやすい雰囲気の先生であれば、不動産に関する不明点も色々と相談できることかと思います。不動産の登記は人生において数少ない出来事なので、安さだけで選ばないようにしましょう。

司法書士

不動産登記(所有権移転登記)の申請手続きについて

不動産登記とは、土地や建物に物理的な状況・権利関係に変化が生じた際、その旨を、法務局が管理する登記簿に記録・反映にして社会に公示することです。法務局に提出するための書類作成、当事者の意思確認・本人確認、手続き代行が前提でのアドバイスなど、司法書士が対応いたします。登記関連、少額訴訟代理、相続人調査など幅広くご相談いただけます。是非、お問合せください。

不動産登記(所有権移転登記)が得意な司法書士探しで、こんな悩みはありませんか?

  • 不動産登記申請ってどうやったらいいの?
  • 急ぎで不動産登記手続きを行ってほしい
  • 不動産登記申請を司法書士に丸投げしたい
  • 所有権移転登記申請って誰に依頼したらいいの?
  • 不動産を相続したが何をしたらいいかわからない
  • 不動産登記をやろうと思ったがよくわからなかった

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不動産登記(所有権移転登記)が得意な司法書士を一覧から比較して探す

不動産登記(所有権移転登記申請)をお考えの方へ!不動産登記(所有権移転登記)が得意な司法書士を一覧から得意業務や得意業界、費用や実績など様々な条件で比較して絞り込むことができます。一社一社直接お問い合せをしたり、選択した企業にまとめてお問い合せをすることができ、完全無料でご利用頂くことができます。

35件中1〜10件を表示中
不動産登記の料金例.(円)
対応関連業務
事務所特色
開業年.(年)
得意業界

不動産登記(所有権移転登記)が得意な司法書士に関連するカテゴリ

不動産登記(35)法人・商業登記(184)その他登記(3)相続人調査(4)供託・筆界特定少額訴訟手続き代行
商品名・会社名 評価点数 関連コンテンツ 不動産登記の料金例.(円)対応関連業務事務所特色開業年.(年)得意業界 お問い合わせ
実績順  人気順  価格順 
司法書士眞砂事務所

至急のご相談可能です。価格も柔軟に対応致します。

不動産の売買決済、相続、贈与、担保抹消、住所変更、他

司法書士眞砂事務所
東京都渋谷区神宮前五丁目26番1号
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 夜間、土日祝日も対応可能
  • 資料が手元にない段階での概算費用のお伝え可能
  • 費用面も柔軟に対応可能
  • 相続・事業承継支援
  • 不動産売買支援
  • 融通が利く
  • 休日対応可
  • 夜間対応可
  • 2012年
  • 不動産業
岩本司法書士事務所

不動産登記

不動産事務経験約30年,司法書士法人でのノウハウをベースにしながら,ITとオンラインをフル活用して,不動産登記をより適正・迅速にそして安価にします。

岩本司法書士事務所
大阪府泉佐野市泉ケ丘2-8-20
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 在宅で固定費を徹底的に削減し格安報酬で対応
  • リモート・オンライン活用で遠方の物件・お客様に対応
  • 在宅で土日祝日も24時間迅速に対応
  • 相続・事業承継支援
  • 融資支援
  • 不動産売買支援
  • 価格重視
  • 休日対応可
  • 遠方対応可
  • 2017年
  • 金融・保険業
  • 不動産業
  • 官公庁
東京青山司法書士事務所

良心的価格で的確な不動産登記

お客様の立場に立って、不動産仲介業者や金融機関と連携し、円滑、柔軟で的確な不動産登記手続きを行います。

東京青山司法書士事務所
東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル402号
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 柔軟でスピーディーに対応
  • 安心で的確な手続き
  • 料金もリーズナブル
  • 相続・事業承継支援
  • 融資支援
  • 不動産売買支援
  • 価格重視
  • 実績が豊富
  • 複数資格所持
  • 全般
司法書士スタンダード

住宅購入による名義変更3.8万円〜|相続による名義変更3.8万円〜

不動産登記のプロフェッショナルである司法書士が、適切で格安にご依頼者様をサポートします。

司法書士スタンダード
大阪府豊中市本町一丁目3番19号 長尾第一ビル3F-A-2
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 不動産登記の経験豊かな司法書士が対応
  • 個人・法人を問わず丁寧にサポート
  • 土日祝も対応しておりますので安心で便利
  • 相続・事業承継支援
  • 融資支援
  • 不動産売買支援
  • 融通が利く
  • 価格重視
  • 休日対応可
  • 金融・保険業
  • 不動産業
  • 官公庁
町田・横浜FP司法書士事務所

不動産登記

単なる手続き屋ではなく、安心・安全・確実に不動産登記申請を行います。

町田・横浜FP司法書士事務所
東京都町田市2-1-8 FDビル2階
実績 ☆
人気 ☆
価格 55000円
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
おすすめ
  • 土日祝日も臨機応変に対応
  • 難しい事案も得意
  • フットワークが軽い
  • 55000円
  • 相続・事業承継支援
  • 不動産売買支援
  • 融通が利く
  • アイデア重視
  • フランク
  • 2015年
  • 不動産業
作野司法書士事務所

不動産登記手続全般に臨機応変に対応

ご依頼人様のニーズが何か、という観点から対応いたします。

作野司法書士事務所
東京都千代田区九段北一丁目5番5号東建ニューハイツ102
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
おすすめ
  • 登記業務の経験が豊富
  • フットワークは軽く、レスポンスも早く
  • 事前にご相談いただければ夜間、土日祝でも対応可
  • 相続・事業承継支援
  • 融資支援
  • 不動産売買支援
  • こまめな対応
  • 対応が早い
  • 夜間対応可
  • 官公庁
  • その他
野口行政書士事務所

司法書士と行政書士のタッグで不動産登記依頼主のニーズに応えます。

2つの資格専門業が組むことで、見えない箇所や総合的な見地でのアドバイスができます。

野口行政書士事務所
東京都八王子市館町651-1 センターコア高尾 102
実績 ☆
人気 ☆
価格 100000円
おすすめ
  • スペシャリスト同士の共同作業で安心
  • 登記のみでなく付随業務もカバー可能
  • 幅広い業務をもつ行政書士が受任することで、今後多くアフターフォローできる
  • 100000円
  • 相続・事業承継支援
  • 不動産売買支援
  • 不動産賃貸支援
  • こまめな対応
  • アイデア重視
  • 複数資格所持
  • 2019年
  • 不動産業
  • 飲食業
  • 官公庁
明成法務司法書士事務所
埼玉県新座市東北 2丁目30番16号細田ビル4階
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 法律相談を気軽にできる事務所
  • 代表者がセミナー実績豊富
  • お客様にとって最適なサービスを提供
  • 相続・事業承継支援
  • 不動産売買支援
  • 不動産賃貸支援
  • ノウハウが充実
  • 2009年
  • 全般
池末司法書士事務所

不動産登記・遺言(売買・相続)

不動産登記・遺言(売買・相続)

池末司法書士事務所
群馬県桐生市相生町2-371-1 アゴラ21 2F
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
  • 相続・事業承継支援
  • 実績が豊富
  • 商業
  • 不動産業
  • その他
亀田司法書士事務所

相続登記に係わる疑問点について

初めての方にもわかりやすいよう、簡潔にまとめました

亀田司法書士事務所
埼玉県越谷市南越谷1丁目12番地11 イーストサンビル2-4階
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
  • 相続・事業承継支援
  • 不動産売買支援
  • 不動産賃貸支援
  • ノウハウが充実
  • 1990年
  • 金融・保険業
  • 不動産業
  • サービス業

不動産登記(所有権移転登記)が得意な司法書士を都道府県から探す

不動産登記とは

不動産を取得した時や相続が発生して不動産の名義変更などがあった時には、不動産の登記が必要になります。それぞれの場合で手続きは多少の異なりはありますが、基本的には司法書士無しでは法務局に自分が出向いて登記をするのは大変です。そもそも不動産の登記とはどのようなことを言うのでしょうか。不動産登記は、不動産(土地及び建物)の現況と権利関係を示す公的書類である登記簿に登記することを指します。持ち主が誰なのか、どれくらいの大きさや内容の土地建物なのか、といったところです。

不動産登記は、民法・不動産登記法により管理されています。登記簿は現在すべてコンピュータ管理をされており、表題部と権利部に分かれています。権利部は、所有権に関する登記を行う甲と、所有権以外の権利に関する登記を行う乙に分かれています。なかなか素人が申請するには時間も手間もかかるお役所の書類となっているため、司法書士が変わりに手続きをすることが多いのです。

自宅を購入したりした方には覚えがあるかもしれませんが、金融機関でローンを組んでマイホームを買う際には、金融機関や紹介した不動産会社がお抱えの司法書士が必ずいます。取引や決済の日に応じて司法書士が立ち会って書類を作成する準備をします。

不動産の売買契約の場合、購入物件の重要事項説明や、銀行決済の日などいろいろな取り決めが必要になってきます。宅地建物取引主任者が、内容を記載した書面に記名押印し、その書面を交付した上で、口頭で説明を行う(資格を持つ不動産屋さんが兼任して行うことが普通です)ことが定められており、これが終わるといよいよ受け渡し決済日などが設けられ司法書士が「この人の家になります」という届け出を法務省に出すのが不動産登記です。

登記にもいろいろな種類があります。

1. 相続又は法人の合併による権利の移転の登記(法63条2項)
2. 不動産(土地建物)購入による登記
3.確定判決による登記(法63条1項)
4. 所有権保存登記(法74条)及びその抹消登記(法77条)
5.登記名義人表示変更・更正登記(法64条1項)
6.抵当証券が発行されている抵当権についての債務者の表示変更・更正登記(64条2項)
7.信託登記の一部(法98条3項、法100条)

ケースによりさまざまなので、専門家である司法書士に依頼するのは心強いモノです。

不動産登記を司法書士へ委託する流れ

司法書士に不動産登記を依頼する場合の手順を簡単にまとめました。
一般的には以下のような流れで司法書士が代行してくれます。

  • 申請書作成、必要書類を準備しよう

    不動産登記の申請をするために、必要書類をチェックしていきましょう。ここでは一般的な不動産売買の流れを例にとります。 不動産の売買をする際には所有移転登記をします。法務省に必要な書類を入手して作成します。

  • 申告書を提出

    申請書に必要事項を記入し、居住地域の管轄の登記所へ申請します。ご自身の居住地の管轄の登記所は法務局で確認をしてください。

  • 登記官が書類を審査

    窓口で申請書を受理、登記官が申請書に受付年月日、受付番号を入れてくれます。登記の申請があった土地または建物の登記記録事項を確認し、「申請書の内容が法律に沿っているか」、「登記記録事項との一致」、書類の不備の有無」などのチェックが行われます。

  • 権利証が発行

    申請に不備がないことが確認されると、登記記録などに必要事項が記入され、権利証が発行されます。権利証は不動産を購入した人に手渡されます。番号でコンピューター管理をしていますが、なくさない様にしてください。もし不備があったら、司法書士に依頼すれば問題なく出来ますが、ご自身でトライした際に不備があった場合には、法務局に行って補正しなければなりません。これがなされないと、登記申請が却下されることになりますので注意しましょう。

不動産登記に強い司法書士の選び方

  • 相続や売買いずれにも強い司法書士を選ぶ

    不動産の名義変更は相続や不動産売買取引に必ず発生します。手早く時間通りにやってくれる司法書士が一番です。それぞれには出来るだけ早く作ったほうが良いという期限が出てきます。たとえばローンを組むなら決済日からの期限はあるでしょうし、相続なら税金を納める期限があります。特に相続の場合は、複雑な名義変更が出てくることもあります。たとえば相続する前の代からの相続名義変更がなされてなかった場合などは、さかのぼって手続きしなければなりません。このようなケースにも柔軟に対応できる司法書士が良いでしょう。

  • 会社の不動産などの場合も司法書士が味方に

    会社が親族経営で合ったりする場合でも、不動産をやりくりして土地建物の名義変更などをすることもあるでしょう。不動産所有者住所・氏名変更、住所移転や氏名変更等などから所有権登記名義人住所・氏名変更登記が必要になりますので、こちらも業務をしながらではかなり大変です。このあたりにも司法書士は精通していますので味方になってもらえるはずです。商業登記も含めて会社の登記についても任せられる司法書士が良いですね。

  • 親身になってきちんと話を聞いてもらえる

    今や多くの司法書士が存在しますが、強みがどこであるのかなど、ホームページや面談の際に確認をしましょう。不動産登記が得意な司法書士もいますし、債務整理が得意な司法書士もいます。実績や口コミを参考に、ここなら大丈夫そうだというフットワークの軽い司法書士を選んでください。

司法書士に不動産登記を依頼する場合の料金相場

基本的に司法書士が業務を行ったときに受ける報酬については、各司法書士が自由に定めるとされています。自由といっても司法書士の報酬は、その額や算定方法・諸費用をきちんと依頼者に説明できることが司法書士連合会では原則になっていて、意味の解らない法外な報酬を請求することは許されていません。納得のいくまできちんと金額も説明してくれる司法書士が良い専門家です。

司法書士事務所によって料金は様々ですが、一般的な例として初回相談(30分)を無料〜5千円 、不動産物件金額による税金の実費(登録免許税)と、不動産登記代行手数料5-15万円がかかります。

登録免許税は2000万〜3000万の物件なら30-40万円くらいかかります。交通費などもかかりますので、一度見積もりをきちんとだしてもらってから依頼するかどうかを決めたほうが良いでしょう。物件の金額によって代行する金額も変わってきます。また多くの案件を他にも依頼する場合には、お抱えの司法書士としてセットで受けてもらえる場合もあります。

不動産登記のよくある質問

  • 不動産登記は自分でできますか

    やってできないことはないと思いますが、手続きは複雑で書類の準備には時間がかかります。不備があったことや時間的なことを考えると一回で終えることができる司法書士に依頼するほうが確実です。特に相続などの場合、相続税や相続をするか放棄するかなどの期限がありますのでスムーズに済むにこしたことはありません。

  • 中小企業ですが弁護士より司法書士の方が依頼しやすいですか

    案件によりますが、司法書士の方が細かい点などリーズナブルに案件ごとに取り組んでもらえるので弁護士よりも中小企業のサポートはしやすいかもしれません。また、街の司法書士であれば地域性の特徴も解っているのでなお相談しやすいでしょう。

  • どうやって司法書士の先生を見つければよいですか

    まず、近場でしてほしい案件(不動産登記など)に強い司法書士をネットなどを使って探してみましょう。次に評判や実績、司法書士の履歴を見て一度相談してみた上で、司法書士が信頼できそうだ、と思ったら提案をしてもらうとよいでしょう。企業の特徴によって強い分野の司法書士もさまざまに存在します。遠慮なくなんでも相談できる雰囲気ならいいですね。

  • 中小企業の退職金共済とは何ですか

    一部を国が負担することが出来る退職金の基金で厚生労働省が管轄になっています。事業主と独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部が契約を結んで、退職者に退職金が支払われます。 掛け金は全額事業主の負担となります。この制度があれば、小規模な会社でも毎月の一定額を会社が積み立てをして、退職時に社員が受け取ることが可能となっています。

不動産登記(所有権移転登記)の申請手続きのまとめ記事

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら