グローバル戦略とは?目的・メリットをまとめてみた

更新日:2018年11月20日 発注カテゴリ: 海外進出コンサルタント
グローバル戦略とは?目的・メリットをまとめてみた

グローバル化が進む現代において国内市場だけでなく海外市場の獲得を考えている企業も増えてきていると思います。ですが、その販売戦略などを独自に考えることは至難の業です。なのでコンサルタントなどに相談することは必須だと思います。ですが相談する前にある位程度の知識を得ておいて損はないと思います。そこで今回、グローバル戦略について目的やメリットをまとめてみました。ぜひご一読いただき、海外進出の手助けになれば幸いです。

グローバル戦略とは?

グローバル戦略とは、国内だけでなく海外にも視野を向けビジネスを展開していくための戦略のことです。

世界を一つの市場ととらえ、世界の国々にある共通した需要に意識を向け、より多くの顧客にサービスや商品を提供しようと考えることがグローバル戦略です。

国内向けのビジネスの場合、生産や販売拠点は国内にあるケースが多いですが、グローバル戦略の場合、より効率的に生産や販売が行える拠点を国内外でもっとも適した立地に置くことになります。グローバル戦略を取ることで、より多くの顧客に目を向けることができるようになるため、規模の経済をより活かしやすいという側面もあります。

グローバル戦略の重要性

現在の日本は少子高齢化などにより、人口減少が進んでいる状態です。そのため、多くの市場は先細っていく可能性があり、国内だけに目を向けていると、ビジネスチャンスが限定されてしまうという現状があります。ですが、世界全体でみると人口は現在も増え続けており、それはとりもなおさず、新たな市場が誕生したり、市場規模が拡大しているということを意味します。

グローバル戦略を取ることで、世界という巨大な市場に目を向けて、大きなビジネスチャンスを獲得できる可能性があります。グローバル戦略は、言語や習慣など異なる国でビジネスを展開することになるため、国内だけでビジネスを行う場合と比べて、難しい部分も少なくありません。

ですが、自社の扱っている商品やサービス、持っている強みなどが、グローバル展開した場合でも、大いに活かすことができると判断される場合、世界という巨大市場に視点を移してビジネスを展開していくことは、一つの有望な選択肢と言えるでしょう。

グローバル戦略の目的・メリット

グローバル化のメリットは様々ですが、国内の市場だけでなく、海外の巨大なマーケットも視野に入れてビジネスを展開できる可能性があるという点が大きいです。

より多くの顧客がいる国や地域でビジネスを展開すれば、大規模の経済の効果をより得やすくなります。日本の社会の人口動態を考えると、国内のマーケットだけに依存しているのは、業種によっては危険です。対象とすることができる市場の規模が、一気に大きくなるという点が、グローバル化の最大のメリットと言えるでしょう。

また、販売目的だけでなく、生産拠点を海外に移す形でのグローバル化にもメリットがあります。生産コストが安い国に生産拠点を移し、商品を国内や海外に販売することで、コスト削減のメリットを得ることが可能になります。

グローバル戦略の選び方

グローバル戦略を展開していく上で、独力ですべてを進めていくのは非常に困難です。グローバル戦略を行う上で、現地や海外の事情に精通した金融機関や監査法人、ファンド、コンサルティングファームなど、必要に応じて力を借りるべきでしょう。

その場合、進出を予定している地域に拠点がある企業かどうかというのは非常に重要です。現地に拠点があるということは、その地域での事情や商習慣にある程度精通しているということですので、助けを借りる場合の最低限の条件ということもできます。初めての海外進出の場合、不明な点が多数存在するはずですので、ワンストップサービスを行っているようなコンサルティング会社を利用する選択肢もあります。

グローバルにビジネスを展開する場合、どのような地域に進出するかが重要ですが、それと同じくらい、どのような会社の力を借りるかという部分も重要ですので、しっかりと検討を重ねたいものです。

グローバル戦略の流れ

グローバル戦略を行う場合、大まかな流れが存在します。はじめに、海外進出を行う目的を明確にし、自社の現状について分析する必要があります。海外進出によってどの程度の売り上げを、どの程度の期間で達成するのかについて、目標を設定します。

次に進出を考えている地域の調査を国内で行います。商習慣や法規制、顧客の志向など、国内で可能な限りの情報収集を行うことになります。情報収集が終わったら、今後の海外展開について暫定的な戦略を構築することになります。

その後、本格的に進出を検討する国において、現地調査を行います。現地での調査を行った後、本格的なビジネス展開の戦略を立てていくことになります。本格的なビジネス戦略が決まれば、現地法人を設立したり、現地でのビジネスパートナーと交渉や契約などをしていくことになります。その後に、現地で生産や販売が始まり、グローバルなビジネス展開の第一歩がスタートすることになります。

まとめ

グローバル戦略は、先行きが思わしくない国内の市場だけでなく、地球規模の巨大市場にまで視野を広げることができるという点で、ビジネスチャンスが大きく広がるというメリットがあります。ですが、グローバル展開のためには多大なコストと労力がかかり、政治や経済変動などによるリスクも大きく、マイナスの部分も無視できません。

ですので、海外でのビジネス展開がデメリットを上回るメリットを自社にもたらすのかどうか、その点を慎重に検討したうえで、進めていく必要があると言えるでしょう。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

海外進出コンサルタントの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら