経営戦略・事業計画書策定の料金相場と、経営コンサルタントの選び方のポイント「比較ビズ」

経営戦略・事業計画書策定の料金相場と、経営コンサルタントの選び方のポイント

経営戦略・事業計画書策定の相場情報をまとめました。経営コンサルタントに依頼した際の費用を知りたい、現在契約中の経営コンサルタントの費用が適正か知りたい、という方は必見です。また無料で多くのに見積もりを取ることで、より正確な料金体系を把握することができます。

経営・事業計画策定とは、長期(10年程度)、中期(3〜5年)、短期又は単年度(1年)と期間で区分しながら、将来の経営ビジョンや事業ビジョンを策定し、商品やサービス毎の目標売上高を設定しその活動を計画する売上計画、人材の採用や人件費などについて計画する人員計画、予測損益計算書、予測貸借対照表、予測キャッシフロー計算書、予測資金繰り表などの予測財務諸表を作成して計画する財務計画などの計画を立てます。

経営・事業計画は、実行を伴ってこそはじめて価値を持つものなので、自社にあった実現可能性の高い計画を立てなくてはなりません。

経営・事業計画策定のメリットとして、経営者の考えをまとめて形にする事で、理念が明確になり経営幹部や社員に対して明示する事ができます。 また経営計画書を作成し、今後のビジョンや数値目標を明確にしていると金融機関に好印象を与える事ができ、融資を受けやすくなるというメリットもあります。

ご契約

内容や料金など双方合意により契約となります。

現状分析

社長様のヒアリングや過去の決算書などを参考に御社の現状分析を行います。

経営計画書作成

現状分析を行ったうえで、経営理念や経営目標を明確にしてから、中長期の数値計画、行動計画、短期の数値計画、行動計画を作成していきます。

コンサルタントを選ぶには、これらのポイントが重要になってきます。

資格を有しているか

経営コンサルタントになるための特別な資格は日本にありませんが、経営コンサルタントに役立つ資格を持っているという事はそれだけ知識が豊富という事の証明になります。
(経営士、中小企業診断士、MBA…)

経験

コンサルタントの経験も非常に重要です。 これまでそのコンサルタントがどんな会社や業界を担当してきたかという事やどのような成功事例があるかという事はコンサルタントを選ぶ際に参考になります。

相性

他の項目と比較して軽視されがちですが、長期的にお付き合いをしていく上でコンサルタントとの相性は非常に重要です。 条件が合っていても相性が悪くては長期的なお付き合いは望めません。 会社の明暗を分ける経営に関する事なので相性の合うコンサルタントという事も重要なポイントになってきます。

以下の料金相場はすべて、予測損益計算書、予測貸借対照表、予測キャッシフロー計算書、予測資金繰り表を作成した場合のものとします。

計画年数 料金
1ヵ年 5万円〜
3ヵ年 15万円〜
5ヵ年 20万円〜

※計画年数、年間売上規模や従業員数等の会社規模の違いにより相場は異なります。
また、金融機関への融資申請金額により異なる料金体系を設定している場合もあります。

小売業

銀行融資を考えており融資について調べていたところ、経営計画書が大切という事を知りました。 これまで経営計画書がなかったので、簡単作成サイトみたいなのもあり少し考えましたが、会社経営に関わる事なので良い機会だと思い今回先生に作成をお願いしました。 最終的にとても素晴らしい経営計画書を作成していただき、見事融資を受ける事もでき良かったです。

サービス業

これまで毎月売上高目標など数字の目標を立てやってきたつもりでしたが、目標通りになかなか実行できない状況が続いており、初めて経営コンサルの先生に経営相談をしてみました。 まず経営計画についてのご指摘をいただき、これまで目標通りに進まなかった理由が解りました。 経営計画書は、金融機関へ融資申請の際にも役立つという事を教えていただき経営計画策定を依頼しました。

必要事項に入力するだけですぐに終わる、簡単2分の無料一括問い合わせができます。 御社の条件にピッタリの経営コンサルタントが見つかり、これでどの経営コンサルタントにしようか迷うこともありません!

経営コンサルタントの相場情報

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら