SNSコンサルティングとは?メリットや費用などを解説

更新日:2021年11月26日 発注カテゴリ: 経営コンサルタント
株式会社C story maker
監修者
代表取締役 萬関 良輔
SNSコンサルティングとは?メリットや費用などを解説

今の時代は会社やブランド、商品の認知度アップや集客や販促をしたいなら、SNSを活用すべきという話はご存知かと思います。 もっとも、具体的にどうすれば良いかわからず困っていませんか。 登録して投稿してみたけれど何も変わらないとお困りなら、SNSコンサルティングを利用するのも一つの方法です。 ここではSNSコンサルティングでできることや気を付けたいことをご紹介します。

SNSマーケティングが欠かせない時代に

今の時代、宣伝や広告の成果をあげることや企業の戦略を達成する際に、コーポレートサイトやECサイトだけでは十分ではありません。 会社やブランド、商品の認知度アップをはじめ、集客や販促のために、SNSの活用が欠かせない時代になっています。

インターネットが普及し、SNSという誰もが気軽に情報の発信や拡散ができる時代になり、誰もが有能な営業マンとなってくれます。 企業やお店としては、いかにネットユーザーを味方につけ、自社やブランド、商品やサービスのファンを増やして拡散効果を上げていくかを考えることが大切です。

活用法は理解していますか

SNSの企業や店舗の公式アカウントはすぐに取得でき、低コストなことから、とりあえず登録して、投稿してみたという経営者や担当者も多いことでしょう。もっとも、具体的にどうすれば良いのか、方法がわからず困っていませんか。

登録してみたものの、何を投稿すべきかわからない、頑張って投稿してみたけれど反応が得られない方もいれば、寄せられたコメントなどに対して、どう対応すれば良いのかわからない方もいるかもしれません。

個人的にSNSを利用している人でも、企業やお店のアカウントでは、相手はお客様だと思うと、言葉遣いや発信する文章にも気を遣い、悩むものです。

SNSコンサルティングの必要性

何をどう発信すれば良いのかわからない、ユーザーやフォロワーとどう接していけば良いのかわからず、迷われている方は多いはずです。 中には、「公式アカウントを開設しました。よろしくお願いします。」の投稿を1回しただけで、何ヶ月も放置状態になっているケースも散見されます。

登録して投稿してみたけれど何も変わらない、フォロワーが付かない、無関係のコメントばかり寄せられるとお困りなら、SNSコンサルティングを利用してみましょう。 せっかく低コストで簡単に始められるマーケティングツールがあるのに、適切な方法を知らずに手をこまねいていては、もったいありません。

SNSコンサルティングを利用するメリット

もちろん、コンサルティングを受けるには費用も発生します。 費用を払ってでも利用するメリットはどこにあるのか見ていきましょう。

自社のマーケティングにマッチするSNSや活用法がわかる

SNSといっても、さまざまなものがあります。 代表的なものとしてTwitter、Facebook、Instagram、YouTube、LINEがあります。

やみくもに登録したり、「今はインスタが流行っているらしい」と特定の1つに登録したり、すべて連動するツールを導入して人気のSNSに一度に投稿しているケースもあるかもしれません。 ですが、業種や業態、地域やターゲット層、販売する商品や提供するサービスによっても、適切なSNSは異なってきます。

SNSによって利用しているユーザーの層に違いがあり、写真メインか詳しい文章を付けるべきか、短文でちょこちょこ配信するのがおすすめかなど、投稿内容にも違いがあります。 自社の戦略やターゲット層や地域、実店舗かオンラインショップか、マルチチャネル化などにより、コンサルティングを通じて適切なSNSを提案してもらいましょう。

最新のノウハウが手に入る

SNSを利用したマーケティングには、どのようなイメージをお持ちですか。 頻繁に投稿する、写真をアップする、「いいね!」してもらう、フォロワーを増やす、セール情報やキャンペーン情報を流すなどすれば、来店してもらえる、商品がどんどん売れるようになると思い込んでいませんか。

投稿の仕方やタイミングにも工夫が必要ですし、ハッシュタグの利用なども欠かせません。 「いいね!」をもらうことやフォロワーを付けるのもそう簡単にはいきません。

さらに一方的に情報を配信するだけでなく、「いいね!」をくれた人をフォローしたり、コメントに返信したり、自社のお店や商品、サービスを紹介してくれた人を自分のアカウントで紹介してみたり、とさまざまなノウハウが必要です。

SNS活用によるマーケティング法も、どんどん変化し、進化していっているため、乗り遅れないためにもコンサルティングを通じて最新ノウハウを手に入れましょう。

運用のサポートが受けられる

「こうしたほうがいい」「こうすべき」といろいろな提案を受けたり、アドバイスを受けたりしても、実際にチャレンジすると思うようにいかないことや成果が上がってこないこともあります。

インプットして終わりではなく、アウトプットのサポートもしてくれると安心です。 企業ごとに異なるSNSマーケティングの目的や目標が達成できるまでサポートが受けられるコンサルティング会社を探し、ノウハウを実践して、自らの方法として習得できるまでフォローしてもらいましょう。

PDCAサイクルが回せるようになる

SNSを始めてもなんら成果が現れないという方も、コンサルティングを受けることで目標に定めた成果へと導くことが期待できます。 集客アップ、売上アップ、客単価アップなど、期待していた成果が出せるなら、費用をかけてもコンサルティングの利用価値があるでしょう。

もっとも、SNSは日々多くの人が利用し、トレンドが変わり、新たな流れが生まれるなど進化し続けています。 一度、良い成果が出ても、ずっと続くとは限りません。

日々、アクセス解析やコンバージョン率などの評価を行い、改善や工夫をしながら、成果を出し、伸ばし続けることが大切です。 SNSコンサルタントによるフォローアップを受けることにより、成果を出して分析して改善できるPDCAサイクルが回せるようになります。

SNSコンサルティングの手順

では、実際に相談した場合、どのような手順でコンサルティングがなされるのか見ていきましょう。

課題の明確化

いきなり、SNSの使い方を教えることや投稿を始めるのではありません。 まずは企業やお店ごとの課題を明確化し、それを解決する手段としてSNSを使う目的を明確化します。すでに運用している場合には、なぜ求めている成果が上がっていないのか現状分析を行い、原因を明らかにすることが可能です。

戦略の提案

抱えている課題や問題を解決し、目的を達成するために、どのSNSを利用すれば良いのか、どんな投稿をどんなタイミングで行えば良いのか、ユーザーやフォロワーとの接し方など、具体的な戦略の提案が受けられます。 クライアントごとに合わせた個別の戦略であるため、他社と差別化して成果を出していくことが可能です。

最終的な目標達成のためのKPIの設定を行い、成果が出ていくかの検証も行えるため、PDCAサイクルが回しやすくなります。

構築支援

アカウントの開設をはじめ、すでに用意している場合も、プロフィールの設定やアイコンの設定など、見た目から中身まで、戦略にもとづき、それぞれのカラーや個性を出したアカウントへと仕上げてくれます。

また、写真撮影のコツの伝授や必要な撮影ツールの準備、画像や動画の編集方法まで教えてもらえるコンサルティング会社だと、なお安心です。

運用のサポート

日々の情報配信の仕方やフォロワーへの対応の仕方などで悩んだときにフォローしてもらえることや日々の成果を検証しながら改善案を出してくれるなど、運用のサポートも受けられます。

SNS広告のコンサルティング

SNSコンサルタントは、自社での公式アカウント開設や運用だけでなく、SNSマーケティングにおけるあらゆる方法のアドバイスや運用サポートが可能です。 たとえば、公式アカウントの運用に連動させて、ターゲット層に合わせたSNS広告を出す、ターゲットを絞ったDMを出すなどの提案や運用サポートもできます。

UGCの活用

UGCはUser Generated Contentの略で、SNSユーザーやフォロワーの投稿を活用して宣伝、広告が行える、今注目の手法です。自社のアカウントからの配信ではどうしても企業目線となり、商品やサービスを売りたいという気持ちが前面に出てしまい、引かれてしまうこともあります。

これに対して、実際にお店に訪れた人が料理の写真をアップしてくれた場合や利用した商品の感想や使い方などをアップしてくれると、親近感や納得感が高まり、自分も行ってみたい、使ってみたいという効果が高まります。

そのためには、キーワード検索やハッシュタグ検索を通じて、自社のお店や商品、サービスについて発信してくれた人を見つける努力も必要です。 本業が忙しく、そんな手間が取れないというとき、別途費用などを払うことで代わりに検索してくれるケースもあります。また、UGCを増やすためのキャンペーンの考案なども受けられます。

インフルエンサーの紹介

UGCの最たるものが、フォロワーが多く人気のインフルエンサーに、自社や商品、サービスなどを紹介してもらうことです。 影響力が大きく、そのインフルエンサーのファンがお店を訪れてくれることや商品を買ってくれるなど大きな成果が期待できます。

もっとも、SNSを運用する企業やお店にとって、誰がインフルエンサーなのか、自社の商品やサービスに適したインフルエンサーは誰なのかはわかりにくいものです。 そこで、業界の専門家であるSNSコンサルタントに、最適なインフルエンサーを紹介してもらうとともに、依頼をしてもらうなど、お膳立てから実行までサポートしてもらえます。

SNSコンサルティング会社の選び方

では、どのようなコンサルティング会社を選べば良いのでしょうか。SNSに関連しそうなIT企業やホームページ制作会社がコンサルティングサービスを提供している場合もあれば、ITコンサルタント会社、Webコンサルティング会社といった名称で活動している企業もあります。

一方、経営コンサルタントや会計コンサルタントのように、個人として活動している方も少なくありません。法人であれ、個人であれ、SNSマーケティングにおける実績があるコンサルタントに相談することが大切です。

成果が出ている実績があるか

宣伝文句やホームページのかっこよさ、充実度に惑わされるのではなく、実際に成果を出してきたのかを確認しましょう。 ホームページに事例紹介や実績紹介があれば、しっかりチェックします。

ただし、これまでの請負実績○件、平均改善率○%、顧客満足度○%といった数字を並べただけの実績はそのまま信じないようにしましょう。実績の確認には、実際の企業名や店舗名を出した実例集や顔写真付きのインタビュー記事などを確認できるのがベストです。

ただ、コンサルティング会社のホームページ内で確認するのではなく、紹介されている事例の実際のアカウントにもアクセスして確認をしましょう。 閉店することや閉鎖されることなく、継続的に運用されているか、どのような運用をしているのか、フォロワー数はどのくらいか、ユーザーやフォロワーとの活発な交流が図られているかなどをチェックしてください。

経営者の立場やお店の責任者として、お店の繁盛具合や集客状況などもチェックし、任せて安心と思えることが大切です。

KPIを設定してコンサルしてくれるか

コンサルティングを受けて、目標を立て運用していく過程において、どのような指標で成果の検証をしていくのかも相談をする前に確認していきましょう。 中にはアドバイスして終わりというケースもあります。

しっかりと目標を立て、それを達成するまでサポートしてくれるところが安心です。 しかも、成果の検証をわかりやすい客観的な指標であるKPIを設定して確認してくれるところがベストです。

KPIとは

KPIなんて聞いたこともない難しい専門用語で管理されても困ると、思わないようにしましょう。 理解すれば、わかりやすく、確認しやすい指標です。

KPIとはKey Performance Indicatorの頭文字を取ったものであり、日本語に訳すと重要業績評価指標となります。 目標を達成するまでのプロセスを具体化し、達成度合いを数値化して把握できるようにした指標です。

目標達成までの具体的なスケジュールや数値を決めることを、KPIを設定すると言い、KPIをもとに検証をしてくれるコンサルタントなら、成果が出せているかもわかりやすく、コンサルタントの評価もしやすいです。

成果確認のためのKPIの重要性

SNSマーケティングにおけるKPIの指標としては、「いいね!」の数やフォロワーの数、投稿の閲覧数やシェアやリツイートの数などが挙げられます。 確認できた過去の実績において、どのようなKPIを設定し、どういった成果が得られたのかを確認しましょう。

「私のノウハウに基づいて運用すれば、売上が倍増する」と豪語し、運用開始後の分析や検証などを疎かにすることや各SNSのビジネスアカウントなら簡単にチェックできるアクセスデータなどの数値を毎週送りつけてくるだけ、インプレッション数、コンバージョン率などの用語と各データだけが掲載された表をレポートとして添付してくるだけといった、コンサルタントやコンサルティング会社では、思うような成果に結びつかないおそれがあります。

クライアントにとってもわかりやすい指標や報告が大切

せっかく費用を支払ってコンサルティングを受けるのですから、目標とする成果が出せないと意味がありません。

コンサルティングを受けたクライアントにとってもわかりやすい指標を提示し、わかりやすい報告書で細かく分析してくれ、目標達成に向けた改善点などを提案してくれるコンサルタントとの出会いが大切です。

高いコンサルティング料を取ったうえに、コンサルティングだけして、後はフォローなし、成果の検証もしてくれないようなところは避けましょう。

気になるコンサルティング費用

気になるコンサルティング費用は、アドバイスや提案、成果の検証のみなのか、投稿の代行や運用代行など丸投げするのかによっても異なってきます。 基本的なコンサルティングだけなら、5万円〜10万円程度が相場となり、運用代行も依頼すると15万円〜50万円と相場も高めになります。

もっとも、日々の投稿などもすべてお願いするため、人材を1人雇っているのと変わらず、さらに専門性や成果検証やアドバイスも受けられるとすれば、異常に高いわけではありません。

まとめ

自社でSNSを運用するのが難しい場合はSNSコンサルティングに頼むのも一つの手段です。メリットもありますが、もちろんデメリットもありますので、しっかりと把握して検討しましょう。

監修者の一言

本記事にも書かれているように、コンサルティングを依頼する上で最も重要な2つもポイントは、「実績があるか」「KPIを設定した運用をしてもらえるか」です。

実績については、コンサルティングという仕事の性質上すべてを開示することは基本的に難しくとも、何をしたのか、目的は何だったのか、結果はどうだったのかという点において齟齬がないかを確認することが重要でしょう。

そして、成果を上げるうえで「明確に成果が出ているのかどうか」を判断する基準として依頼前後での変化、そして成果について図るべき基準(KPI)の設定がされているかが非常に重要になります。

物をお金で買うということではないので、価値がわからないこともあると思いますので迷った際には「自社の平均給与より高いか低いか」でご判断いただくのが良いかと思います。

あくまでコンサルティングは人材ビジネスに近いものとなります。専門知識を持った人材を「いくらで雇えるのか」という観点で見て頂き、平均給与より高い場合は、自社の人材と比べて能力が高いのか、そしてコミュニケーションは良好なのかを図って頂くのがよろしいでしょう。

コンサルタント1人当たりの金額を見て頂き、あまりにも高い金額を要求する会社は特別なノウハウや商品がない限り、注意してご検討頂くことをお勧めします。

株式会社C story maker
代表取締役 萬関 良輔
監修者

マーケティングコンサルティングとして、上場企業から地方中小企業まで延べ100社以上のご支援を経験。戦略設計から実行、人材育成まで会社において事業面を全てご支援範囲としている。WEBマーケティングにおいても、WEB広告及び制作関連も全て対応。過去実績:集客改善PJ(WEBマーケ改善率 110%〜160%)、マーケティング人材育成PJ(人材育成後、集客が2.5倍改善)

経営コンサルタントを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

経営コンサルタントの案件一覧

経営コンサルタントのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営17年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す