「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

SFAの費用相場はどれくらい?おすすめSFAや選ぶポイントも紹介

最終更新日:2023年01月24日
 株式会社ラテラルリンク
監修者
代表取締役 岩井昌弘
SFAの費用相場はどれくらい?おすすめSFAや選ぶポイントも紹介
この記事で解決できるお悩み
  • SFAの費用はどれくらい?
  • SFAは何を基準に選べばいい?
  • おすすめのSFAはどれ?

SFA(営業管理システム)を導入すると、営業管理が格段に楽になります。とはいえ、SFAの導入にかかる費用が心配な方もいらっしゃるでしょう。この記事では、SFAの費用が何にどれだけかかるかを詳しく解説します。SFAでできることや選び方のポイント、おすすめSFAも紹介。

この記事を読めば、SFAの費用やできることがわかり、「費用をかけてSFAを導入したのに使いこなせなかった」ということがなくなります。SFAの導入を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

SFAの導入費用は大きく3種類

名称未設定のデザイン (7)

SFAを導入する際にかかる費用は、大きく3種類にわかれます。3つの項目と費用相場は以下のとおりです。

1. 初期費用 無料〜10万円
2. 月額費用 1,200円〜5万円
3. カスタマイズ費用 無料〜数百万円

初期費用

SFA導入時には、初期費用が発生します。導入コンサル料金や設定サポート料金も、初期費用です。

初期費用額は、無料〜10万円までとサービスによってさまざま。高額なプランの場合は担当営業に相談・問い合わせとなっているサービスが多くあります。

月額費用

月々のSFA利用料金が、月額費用です。利用するサービスやユーザー数により変わります。

月額費用の相場は、1ユーザーあたり1,200円〜5万円。使えるユーザー数が多いほど、月額費用が高くなる傾向です。

カスタマイズ費用

SFAをカスタマイズする際にも、費用がかかります。相場は、カスタマイズする内容や会社により変動。無料〜数百万円と、かなり幅が広いです。

機能が多いプランの場合、月額費用にカスタマイズ費用が含まれるケースもあります。

【具体的な費用相場】おすすめSFAサービス5選

名称未設定のデザイン (6)

おすすめのSFAサービスを紹介するとともに、具体的な費用相場を見ていきましょう。紹介するサービスは、次の5社です。

  1. JUST.SFA
  2. セールスフォース(Salesforce)
  3. FlexCRM
  4. FreeSFA
  5. Senses(センシーズ)

1. JUST.SFA

JUST.SFAは、プログラミングやコードの知識がなくても簡単にカスタマイズできるSFAです。すでに社内で使用しているメールやチャット、スケジュール情報との連携ができ、営業活動のシステム化が図れます。

初期費用 要問合せ
月額費用 要問合せ
メンテナンス費用 要問合せ

参照:JUST.SFA

2. セールスフォース(Salesforce)

セールスフォース(Salesforce)は、世界トップシェアを誇るSFAです。業種ごとに異なるSFAを展開しています。

14日〜30日間の無料期間があるため、導入前にお試しで使ってみるのもいいでしょう。

初期費用 無料
※14日〜30日間の無料期間後に月額費用発生
月額費用 1ユーザー3,000 円〜36,000円
※3,000円のEssentialsエディション以外は年間契約が必要
メンテナンス費用 無料〜ライセンス料の30%
※上位サービスのSignature Successは要問合せ

参照:Salesforce - セールスフォース・ジャパン

3. FlexCRM

FlexCRMは、低価格でありながら高機能のSFAです。業務や情報を細かいプロセスにわけて管理することで、特定の人しか業務ができなくなる「属人化」を防止。組織レベルで業務プロセスを共有できます。

初期費用 無料
※エンタープライズプランは要見積もり
月額費用 1ユーザー1,200円〜2,000円
※エンタープライズプランはオープン価格
メンテナンス費用 無料
※導入サポートは要見積もり

参照:FlexCRM

4. FreeSFA

FreeSFAは訪問と架電に特化したSFAです。訪問先の所在地を地図で確認したり、架電履歴を残したりすることができます。AIによる解析や日報作成機能や商談の管理機能などはありません。

プログラムに使うソースのみ公開しているため、無料で利用できます。

初期費用 無料
月額費用 無料
メンテナンス費用 無料

参照:FreeSFA

5. Senses(センシーズ)

Sensesは、直感的に使える機能とAIによる分析が大きな特徴です。クラウドのサービスやチャット、LINEといったツールとも連携でき、情報の一元管理が可能。

請求書発行のクラウドサービスとも連携でき、入力作業や数値管理の負荷を軽減します。

初期費用 無料
月額費用 27,500円〜330,000円以上
※ユーザー数固定、無料トライアルあり
メンテナンス費用 要問合せ

参照:Senses | クラウド支援営業ツール

自社に合ったSFAを選ぶ3つのポイント

名称未設定のデザイン (8)

SFAにはさまざまな種類があるため、自社に合った商品を選ぶことが大切。自社に合ったSFAを選ぶポイントとして、次の3点が挙げられます。

  • 導入目的
  • 使いやすさ
  • 機能のバランス

導入目的

SFAを選ぶ前に、自社におけるSFAの導入目的を確認する必要があります。SFAを導入して何を解決したいのか、営業活動をどう変えたいのかといった導入目的や課題を事前にしましょう。

課題を明確にすることにより、自社の課題にあったSFAを見つけられます。

使いやすさ

SFA導入にあたっては、使いやすさも大切です。会社の中には、PC操作が苦手な営業担当者がいる場合も。操作が難しいSFAを導入した場合は、営業担当者から反発が起こる可能性があります。

SFAを選ぶ際は、主にSFAを使う営業担当者が使いやすく、操作性の良いサービスにしましょう。直感的に操作できるSFAを選ぶと、営業担当者も抵抗なく導入できるでしょう。

機能のバランス

SFAは、コストと機能のバランスも大切です。営業活動を効率化できても、ランニングコストが大きいと資金難に陥る危険性があります。反対に、安価でも欲しい機能が備わっていないと、本来の目的である営業活動の効率化が図れなくなるでしょう。

SFAの価格帯はさまざまです。ターゲットを限定している製品は、比較的低コストで導入することができます。SFAを選定する際には、支払うコストと機能のバランスが取れているかをよく確認しましょう。

SFAでよく使われる機能3選

SFAを導入することで、営業活動が効率化できます。営業活動を効率化するためにSFAでよく使われる機能を3つ紹介します。

  1. 日報管理
  2. 顧客管理
  3. 商談管理

1. 日報管理

SFAで営業日報を管理することで、営業活動の効率化が図れます。スマートフォンやタブレットから入力できるSFAを選べば、移動中や隙間時間などを使って、日報入力ができます。

日報の情報は、リアルタイムで社内に共有可能。日々の活動報告のために、都度会社に戻る必要がありません。上司とも情報を随時共有できるため、必要なときに的確な助言やサポートを受けられます。

2. 顧客管理

SFAを導入すると、顧客情報の管理ができることもメリットの1つ。営業社員一人一人の電話した相手や対話結果、会話の内容を記録し、営業活動を可視化できます。

顧客情報だけでなく、競合会社の動向や事例なども管理可能。利用ユーザーのデータを全体で管理し、情報をすべて有効活用できます。個別で情報を管理する場合と比べ、情報資産が蓄積されやすいのがメリットです。

3. 商談管理

SFAを導入するメリットのひとつが商談管理です。訪問記録や提案内容、商談情報など顧客に関するさまざまな情報を蓄積し、営業が成功したノウハウや事例を社内全体で共有できます。

入力された情報は、上司も閲覧可能。上司が商談の内容を見ることで、問題点や課題をより的確に指示できるようになります。

その他の機能

SFAには、他にも便利な機能が多数あります。営業記録の管理やデータの集計・分析以外だけでなく、見積書や請求書、納品書といった帳票を作成できるSFAも。

上記で紹介した以外での主な機能は、以下のとおりです。

  • スケジュール管理
  • 帳票作成
  • レポート出力
  • データ集計
  • データ分析

SFA導入で迷ったときは外注もあり

SFAは種類が豊富で、どれも優れた機能を持っています。選択肢が豊富なあまり、自社にとってどれがいいのか選びきれない場合も出てくるでしょう。

自社にふさわしいSFAを選べない場合は、導入やカスタマイズを外注するのもおすすめの方法。外注することでコストはかかる一方、自社の業務に専念できるメリットもあります。

まとめ

SFAは、営業にまつわる業務を簡略化し、営業が業務に専念できるようにする便利なツールです。SFAを選ぶ際は、自社の目的や予算にあったサービスを選ぶことが大切。

とはいえ、「SFAはたくさんありすぎてて選べない」「導入しても使いこなせない」という懸念が出ることもあるでしょう。懸念が出てきたときは、SFAの選定や開発を外部に委託するのもおすすめです。

弊社の「比較ビズ」には、SFAの選定や開発が得意な業者が多数登録しています。複数の業者への一括相談や見積もりが可能なため、御社にあった業者を簡単に選ぶことが可能です。自社でのSFA導入が大変なときは、ぜひ「比較ビズ」を使った外注も検討してください。

自社にぴったりのシステム開発会社を探すには?

システム開発会社選びでお困りなら「比較ビズ」が解決します!

  • 費用相場がわからず不安...
  • 発注先選びを失敗したくない…
  • 忙しくて探す時間がない...

今年で運営17年目の「比較ビズ」は、仕事を”依頼したい人”と”請けたい人”を繋ぐマッチングサービスです。これまでWEBシステム、スマホアプリ、業務システムの開発など多くのご相談を頂き1万社以上もの企業様の発注をサポートしてまいりました。

まずは下記のボタンより、お気軽にご相談ください。

監修者の一言

SFAは導入しただけではメリットを得られるものではなく、適切に運用ができて初めて、営業活動をバックアップしてくれる強力なツールになります。運用をし始めると、情報が蓄積されていきますので、容易に入れ替えることが難しいツールです。何を選定するかは十分な検討が必要です。

代表的なSFAでは、導入前のセミナーを実施していますので、参加をして使い勝手を体感するのは必須です。最初に参加したセミナーで大変良い印象を受けることもあるかと思いますが、拙速に決めるのではなく、必ず数社のセミナーに参加するようにしましょう。

導入後すぐ、効果的に活用するのは難しいものです。導入後のコンサルティングサービスが提供されている場合は、これを活用し基本的な活用の仕組みについて、構築のサポートを受けるのもよいでしょう。

ツールによっては、MAツールや会計ソフト、ビジネスチャット等、様々なツールとの連携機能を備えているものもあります。現在、活用しているものと連携できるかという点も選定の条件にすると良いでしょう。

 株式会社ラテラルリンク
代表取締役 岩井昌弘
監修者

徳島県出身 名古屋大学情報文化学部卒業。同大学院人間情報学研究科修士課程修了。2006年有限会社ラテラルリンクを設立。名古屋市で、Webシステム開発を中心に、Web構築全般、Web活用支援に従事。クライアントは、中小・零細企業から東証一部上場企業、国立大学まで幅広いニーズに対応。経済産業省認定「スマートSMEサポーター」。

業務システム開発を一括見積もりで発注先を楽に探す
業務システム開発を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?