生産管理システムを構築する方法は?失敗しないための5つのポイントや注意点を解説

最終更新日:2023年12月15日
株式会社GeNEE
監修者
代表取締役 日向野卓也
生産管理システムを構築する方法は?失敗しないための5つのポイントや注意点を解説
この記事で解決できるお悩み
  • 生産管理システムを構築する方法は?
  • システム構築に失敗しないためのポイントは?
  • 生産管理システム構築のメリットは?

「生産管理システムを導入したいけど、構築する方法がわからない...」とお悩みの会社経営者必見。

生産管理システムとは、企業の生産業務から在庫や資金の管理など一括で行うシステムのことです。システム構築には、システム制作会社のパッケージソフトを導入したり、オリジナルシステムを構築したりする方法があります。

本記事では、生産管理システムを構築する方法や失敗しないための5つのポイントや構築するメリット・注意点を解説します。記事を読み終わった頃には、自社にあった生産管理システムの導入方法を理解して、業務効率化に役立てられるでしょう。

業務システム開発にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • 業務フローに合ったシステムを導入したい
  • システムをカスタマイズしたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のシステム開発会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

業務システム開発に対応できる業者を一覧から探す

生産管理システムを構築する3つの方法

pixta_91390539_M

生産管理システムを構築する方法は、次の3つです。

  1. パッケージソフトを導入する
  2. 自社独自システムを開発する
  3. システムを自作する

生産管理システムは、システム制作会社が作成したパーケージソフトを導入したり、独自システムを開発したりすることが多いです。エクセルやアクセスを活用して自作する方法もあります。

どの方法を選択するにしても、自社にあったシステムを導入しなければ機能しません。それぞれの構築方法を確認して、自社の業務効率向上につながるシステムを導入しましょう。

1. パッケージソフトを導入する

生産管理システムを構築する際に、さまざまな機能が入ったパッケージソフトを導入する方法があります。もともと完成しているシステムを導入するため、自社独自システムを開発するよりも短期間・低コストで導入できる点が特徴です。

機能面に優れたソフトを選んでしまいがちですが、自社にあわないソフトを選ぶとシステムが機能しません。ソフトによって機能が異なるため、導入費用にも差が出るでしょう。自社の業務内容を確認し、自社業務の効率を上げるシステムを選ぶ必要があります。

2. 自社独自システムを開発する

システム制作会社に、自社独自のシステムを開発してもらう方法があります。必要な機能を充実させ、自社業務に最適なシステムを導入できる点がメリットです。制作会社と入念な打ち合わせをしながら、制作を進めるとよいでしょう。

システムをゼロから開発するため、費用と時間がかかります。「ある程度予算を抑えたい」「できるだけ早く導入したい」などの場合は、おすすめできません。大規模なプロジェクトと位置づけて、予算と時間をかけて進めていく必要があります。

3. システムを自作する

生産管理システムを自作する方法は、次の3つです。

  • エクセルを使用する
  • アクセスを活用する
  • プログラミングによりゼロから開発する

自社でシステムを自作する場合は、コストを抑えられる点がメリットです。普段から利用しているエクセルを使うことで、人件費以外のコストを抑えられるでしょう。実際にプログラミングができる社員がいると、独自開発も可能です。

エクセルやアクセスによるシステム構築は、セキュリティ面や機能面で劣ります。プログラミングをする場合も、よほどの知識がないと最適なシステム構築は難しいでしょう。コスト面を気にしすぎると、結果的にシステム導入の意味がなくなる可能性があるため注意が必要です。

生産管理システムの主要な基本機能

名称未設定のデザイン - 2023-09-22T101335.274

生産管理システムの主要な基本機能は、次のとおりです。

  • 生産計画
  • 受注管理
  • 購買管理
  • 工程管理
  • 調達計画

自社で生産管理システムを導入しようと考える際に、どのような機能があるか把握するところからスタートしましょう。コストパフォーマンスだけではなく、先々の予測も必要になります。昨今の生産管理システムは需給バランスをしっかりと把握できるように整備されており、自社にあった機能も探しやすいです。

導入時に生産管理システムの基本機能を精査することで、理想的なシステムになりやすいでしょう。導入前にある程度把握しておかないと機能しなくなるため「自社業務を円滑に進めるために何が必要か」の検討が重要です。

生産計画

生産計画とは「どれだけの製品を生産するか」今後の在庫推移を把握して計画を立てることです。需要の予測を行いながら、自社の生産能力と重ねてベストな計画を練りましょう。

需給バランスを着実に把握しながら在庫推移をチェックして過不足がないか確認できる機能や、補充の指示をワンクリックで行える機能もあります。自社の生産管理システムにあわせて選択しましょう。

受注管理

受注管理とは、顧客からの注文に対して正しく管理しながら、適切な処理を効率的に行うシステムです。受注時の内容確認や受注確認書の発行・出荷後の追跡システムなどを構築してミスを防ぎます。内容を整理しながら、リソースの最適化や将来の売上予想の把握が可能です。

受注管理が正しく行われると資金繰りも正しく考えられるため、自社のメリットになります。SFAツールやEDIシステムを連携させることによって、柔軟に受注管理が行なえるでしょう。受注業務の分析結果も出せる機能があると、より在庫管理に役立ちます。

購買管理

購買管理とは、商品を生産する際に必要な材料の調達を管理する機能です。購買戦略を立てるときに、業者との取引をスムーズに進めるために役立てられます。在庫管理だけではなく、契約管理や請求管理なども賄えるでしょう。

購買管理の具体的な機能は、受発注時の計画や書類の作成・納品後の追跡などです。取引先の評価やトレンドの分析などを管理することで、コスト面の問題がないかチェックできるでしょう。

工程管理

工程管理とは作業における工程を考える機能で、作業の進捗状況をはっきりと見えるようにします。さまざまな進捗状況をチェックしたり、在庫の入荷スケジュール管理したりすることで、業務効率化に役立てられるでしょう。

作業を行う際に必要なリソースは常に考えなければなりませんが、工程管理がしっかりと行えていると最適化も可能です。「人材が偏っていないか」「材料の過不足がないか」など、スムーズにチェックできる工程管理を構築しておきましょう。

調達計画

調達計画とは、必要な部品や原材料をベストなタイミングで購入するための計画を立てることです。仕入れ先の開拓や価格交渉・納期・受け入れ検査などの調達業務を管理し、計画的な調達を進めていきます。

自社内の各部署で調達業務を行うと、同じ材料を異なる価格で仕入れたり納期がバラバラになったり、コストや時間を浪費する可能性が高いです。調達計画によって自社内の調達業務を一括管理することで、コスト削減・スムーズな調達につながるでしょう。

生産管理システムの構築を失敗しないための5つのポイント

名称未設定のデザイン (12)

生産管理システムの構築を失敗しないためのポイントは、次の5つが挙げられます。

  1. 導入前に自社の問題点の優先順位を決めておく
  2. 自社に必要な機能を洗い出す
  3. 自社の業務内容に対応できるか検討する
  4. 導入後の業務シミュレーションを行う
  5. 計画から開発・導入までのスケジュールを決定する

生産管理システムを構築する場合は「業務の問題点の優先順位を決めておく」「必要な機能を洗い出す」など、事前の準備が大切です。「自社業務に対応できるか」「導入後のシミュレーションができているか」など、導入した際にどのようになるかも考慮する必要があります。

1. 導入前に自社の問題点の優先順位を決めておく

システム導入前に、自社の問題点の優先順位を決めておきましょう。パッケージソフトを導入する場合は、自社業務を100%網羅したシステムは存在しないためです。改善すべき問題点に優先順位を決めて、優先度の高い問題点からカバーできるシステムを選択する必要があります。

パッケージソフトにはさまざまな機能が搭載されたものがあり、基本的な業務であれば支障はありません。自社で特殊な業務をカバーしたい場合は、その業務にあったシステムを個別に導入するか、パッケージソフトを活用できる方法を模索する必要があるでしょう。

2. 自社に必要な機能を洗い出す

生産管理システムの導入前に、可能な限り必要な機能をピックアップしましょう。必要な機能を把握することで、生産管理システムを選択しやすくなるためです。

パッケージソフトは一般的な機能を備えていますが、企業によって必要な機能は異なります。特殊な機能が必要であれば、独自のシステム開発が必要になるでしょう。システムを選択する前に、必要な機能を洗い出すことが重要です。

3. 自社の業務内容に対応できるか検討する

導入前に「自社の業務内容に対応できる生産管理システムであるか」を検討しましょう。導入した結果、業務効率化が図れなければ意味がありません。業種や取り扱う品目によって適切なシステムがあるため、自社業務に適応するものを選びましょう。

4. 導入後の業務シミュレーションを行う

システムを導入する前に、導入後を想定して業務シミュレーションを行いましょう。導入した結果、はじめてわかる問題点があるためです。自社が目的とする利益を出すために、最適なシステムを選択しましょう。

業務システムは、業務を進めるなかで徐々に構築されていくものです。テスト導入を行い、徐々に業務効率を上げる手法もあります。ある程度のシミュレーションをして、導入後は自社業務とともにシステムを育てていきましょう。

5. 計画から開発・導入までのスケジュールを決定する

システム構築は、どうしても時間がかかるため計画から開発・導入までのスケジュールを決めておきましょう。スケジュール感のないプロジェクトは、いつ完成するかわからなくなり目標を見失う可能性があるためです。

独自システムを導入する場合は、通常のシステムよりも時間がかかります。月単位では済まず、年単位になることもあるでしょう。システムの内容だけではなく、システム構築のスケジュールもしっかりと話し合うことが重要です。

生産管理システムを構築するメリット

名称未設定のデザイン (31)

生産管理システムを構築するメリットは、次の3つです。

  • 業務効率化が見込める
  • コスト削減が期待できる
  • 生産に関する情報を一元管理できる

生産管理システムを導入することで、業務の時間・コストを削減できたり、ミスを防げたりします。生産に関する情報を一元管理できるため、自社業務全体の把握が容易になるでしょう。

業務効率化が見込める

生産管理システムを構築することで、業務効率化が見込めます。自社の人材や商品・原材料などをきちんと管理できるためです。

今までは手作業で仕分けしていたものを簡単にできるようになったり、バラバラになっていた情報をまとめたりできます。手間や時間を要していた作業を効率よく進めることで、業務全体の効率化につながるでしょう。

コスト削減が期待できる

生産管理システムを導入することで、コスト削減が期待できます。現状より、円滑にリソースを活用できるためです。生産管理システムにより業務をスムーズに進められることで、業務に関わる人材をできるだけ削減できます。

重要ポジションに人材を配置できるようになり、人件費を効率よく使えるようになるでしょう。商品の生産や原材料の管理もスムーズになることで、材料コストを抑えることも可能です。

生産に関する情報を一元管理できる

生産管理システムを導入することで、生産に関する情報を一元管理できます。部署ごとの情報を1箇所に集約できるため、個々の情報を収集してまとめる作業が必要ありません。

常に会社全体の情報を管理できるため、業務の問題点に気づきやすくなるでしょう。経営陣が情報を管理することで、経営方針の検討がスムーズになり判断が早くなることが考えられます。

生産管理システムを構築する際の注意点

名称未設定のデザイン - 2023-09-21T151553.814

生産管理システムを構築する際の注意点は、次の2つです。

  • 段階的な導入を進める
  • 定期的に効果測定を行う

すべてのシステムを急に変更すると、業務がついていかなくなる可能性があります。実際に使用する従業員が使いこなせなければ、優秀な機能でも力を発揮できません。段階的な導入や定期的な効果測定を行い、徐々にシステムの変更を行うとよいでしょう。

段階的な導入を進める

生産管理システムは、段階的な導入を進めましょう。すべての生産管理システムを構築してから、一気に稼働させるとミスが生じやすくなるためです。

どれだけ優秀なシステムを導入したとしても、使いこなせなければ力を発揮できません。システムの効果をより発揮させるためにも、徐々に導入して慣れていくことが大切です。

使い方を理解できている場合でも、システムを切り替えた途端に不具合が起きる可能性もあります。システム変更は段階的に行い、問題が起きていないことを確認しながら進めていきましょう。

定期的に効果測定を行う

生産管理システムは定期的な効果測定を行い、適切な運用を心がけましょう。生産管理システムは導入して終わりではないためです。システム導入により、業務を効率化していくために使用します。

定期的な効果測定を行い、システム導入による変化や効果を確認することが大切です。しっかり効果測定を行い、企業の業務効率化に役立てましょう。

生産管理システム構築を依頼できるおすすめ会社

株式会社データープロセスサービス

株式会社データープロセスサービス

参照元:株式会社データープロセスサービス

  • 顧客のニーズに合った高品質なシステムを提供
  • 集客・売上アップに貢献
  • IT研修講座を実施

神奈川県川崎市に本社を置く株式会社データープロセスサービスは、1974年に設立されたシステム開発会社で、およそ半世紀にわたって培ってきた知識や技術やノウハウを活かして、顧客のニーズに合わせた高品質なサービスを提供してくれます。生産管理システム開発の実績も豊富で、さまざまな業種へ対応した時代にあったシステムを構築してもらうことができます。ホームページの制作では、集客や売上アップにつなげてくれると評判です。

オフショア開発-
運営・保守
ISO取得
Pマーク取得
得意業界金融、流通・小売、IT・インターネット、運輸・物流、製造、医療・福祉、旅行・ホテル、アミューズメント・レジャー、公共
得意なシステム開発・制御システム・業務システム
企業情報

住所:神奈川県 川崎市川崎区砂子1-9-1 田中ビル5F

株式会社ソフィックス

株式会社ソフィックス

参照元:株式会社ソフィックス

  • 顧客のニーズにあわせた高品質なサービスが評判
  • 幅広い業種に対応
  • 現場志向な生産管理システムを提供

神奈川県横浜市に本社を構える株式会社ソフィックスは、愛知県名古屋市にも拠点を置いて、ソフトウェア開発、ITコンサルティング、システム販売などを手掛けています。日本のものづくりを支えることをモットーに、常に最新のIT技術を取り入れながら、顧客のニーズを満たすために尽力し続けています。幅広い業種に対応できる体制を整えていて、生産管理システム開発やNC制御システムの分野でも高い業績をあげています。

オフショア開発-
運営・保守
ISO取得
Pマーク取得-
得意業界流通・小売、建設・建築、運輸・物流、製造
得意なシステム開発・NC制御システム・生産管理システム・画像処理システム・計測検査システム
企業情報

住所:神奈川県 横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル

アールインフォ株式会社

アールインフォ株式会社

参照元:アールインフォ株式会社

  • クライアントのニーズにしっかり対応
  • 業務効率化をITの力で実現
  • 30年以上の豊富な実績で高い技術を提供

アールインフォ株式会社は、神奈川県相模原市緑区橋本に本社を構えて1988年から30年以上にわたってシステム企画・設計、ソフトウェア開発、システムの運用と保守、システムコンサルティングなどのサービスを提供しています。さまざまな分野に対応可能な生産システムを開発し、最高の品質管理を実現。クライアントのお困り事にしっかり耳を傾けて、ニーズにしっかり応えてくれます。業務効率化をITの力で実現してくれると評判です。

オフショア開発-
運営・保守
ISO取得-
Pマーク取得-
得意業界流通・小売、運輸・物流、製造
得意なシステム開発・販売管理システム・生産管理システム
企業情報

住所:神奈川県 相模原市緑区橋本6-4-15 Flos橋本6F

ユニバーサルコンピューター株式会社

ユニバーサルコンピューター株式会社

参照元:ユニバーサルコンピューター株式会社

  • 在庫管理の悩みをていねいに解決
  • 操作が簡単なシステムを開発
  • 施工不用で導入コストを削減

ユニバーサルコンピューター株式会社は大阪府大阪市中央区に本社を構えて、1974年から約半世紀にわたって金融・製造・販売・流通業向けの基幹システムの設計・開発と運用保守、在席管理システムの開発・販売、ICTシステムのコンサルティング、車両制御系システムの設計・開発・検証など幅広いサービスを提供してきました。生産管理システムの開発実績も豊富で、在庫管理の悩みをていねいに解決してくれます。操作が簡単で、施工不用で導入コストを削減することもできます。

オフショア開発-
運営・保守
ISO取得-
Pマーク取得-
得意業界不動産、金融、流通・小売、IT・インターネット、運輸・物流、製造、医療・福祉、旅行・ホテル、公共
得意なシステム開発・ECUシステム・制御系システム・汎用系システム・Webシステム
企業情報

住所:大阪府 大阪市中央区城見2-1-61 TWIN21MIDタワー26F

株式会社エクス

株式会社エクス

参照元:株式会社エクス

  • 斬新なアイデアと先進の情報技術力
  • 生産管理システム開発が得意
  • 製造業を中心に経営課題の解決サポート

大阪市にある株式会社エクスは生産管理システム・クラウド型EDIなどのシステム開発を手掛ける会社です。斬新なアイデアと先進の情報技術を持って、積極果敢な取り組みを行い、新しい時代のものづくりを切り拓いていきます。創業以来、製造業を中心に経営課題の解決、現場の改善を目的とした生産管理システム構築のサポートを実施。発展性のある成長のために、強いものづくりを支援するシステムやサービスを開発し、未来に繋がるEXを共に描き創造します。

オフショア開発
運営・保守
ISO取得
Pマーク取得-
得意業界流通・小売、建設・建築、運輸・物流、製造、教育、医療・福祉、エネルギー
得意なシステム開発・生産管理システム ・在庫管理システム ・サプライチェーンマネジメントシステム ・グループウェアシステム
企業情報

住所:大阪府 大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー20F

まとめ

生産管理システムとは、企業の生産業務から在庫・資金の管理などを一元管理できるシステムです。システム構築には、システム制作会社のパッケージソフトを導入したり、オリジナルシステムを構築したりする方法があります。システムを導入する際は「自社にどのような問題が発生しているのか」「どのようなシステムが必要なのか」をよく検討することが大切です。

比較ビズは、多数のシステム制作会社の中から自社にぴったりの相談相手を探せる無料の比較サイトです。生産管理システムの構築でお悩みの方は、ぜひ1度比較ビズを利用してください。

監修者の一言

「MADE IN JAPAN」という言葉が世界でも浸透しているように、日本の製造業の品質は非常に高いものと認識されています。この高品質を下支えしているのは日本の製造業が持つ高度な技術力だけではありません。

競争が過熱する製造業界においてなんとか勝ち残り続けるために、クライアントからの急な注文や短納期の依頼等に対し、しっかりと向き合い対処していく必要があります。多品種少量生産が主軸となった今、これらの突発的かつ複雑な依頼を全て人力もしくは簡易的なシステムで対応するのは不可能に近く、生産管理を含む業務系システムへの期待・役割は日に日に大きくなっています。

製造業においては基本的には、製品の品質向上、製造コストの削減、製品の短納期実現が求められ、一見対立し合うこれらの3要素を最適化していくことで、顧客にとっての付加価値(品質)が高まります。

またこれら3要素を最適化するためには、
(1)定期的な現状課題分析の機会創出
(2)生産管理部門に所属するスタッフのシステム理解と現状業務オペレーションを考慮した改善箇所の特定
(3)他部門(営業・販売部や購買部、在庫管理部など)
との密なコミュニケーションと各部門の業務理解が重要となります。

株式会社GeNEE
代表取締役 日向野卓也
監修者

東京工業大学環境・社会理工学院卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。MBA(経営学修士)取得。国内最大手SIerの株式会社NTTデータで大手法人領域(大手流通企業、大手小売企業)の事業開発、事業企画等の業務に従事。米国スタンフォード大学への研修留学を経て、システム/モバイルアプリ開発会社の株式会社GeNEEを創業。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
業務システム開発にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • 業務フローに合ったシステムを導入したい
  • システムをカスタマイズしたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のシステム開発会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

業務システム開発に対応できる業者を一覧から探す