システム開発に潜むリスク一覧【洗い出しと管理のコツを解説】

更新日:2021年02月22日 発注カテゴリ: Webシステム開発
システム開発に潜むリスク一覧【洗い出しと管理のコツを解説】

システム開発ではトラブルが発生することがよくあります。一般的な商品とは違い、その中身が見えにくいからです。トラブルをできるだけ回避してシステム開発をすすめるためには何が必要なのでしょうか。ポイントはシステム開発で発生しうるリスクを把握することです。そこで、トラブルを最小限に抑えつつシステム開発を行うために必要な対策をまとめ、リスクを認識しつつ前もってできる対策を講じておくための必要な手段をまとめました。

システム開発プロジェクトの外注でつきまとうリスク一覧

システム開発の受注で問題になりがちなのが、想定していた予算を上回ってしまうといったトラブル、あらかじめ打ち合わせていた内容との相違、システム誤作動といった問題があります。

リスクリスク一覧は以下の通りです

  • 金銭的リスク
  • 勘違いリスク
  • 技術的リスク

システム開発を進める中で、トラブルが連鎖的に起こることも珍しくなく、複合的なトラブルが発生した場合、クライアントとの関係が破綻する可能性もあることから、リスク対策は最重要課題といえるでしょう。

思った以上に開発費用がかかる金銭的なリスク

システム開発でトラブルになりうる一つ目の要因が金銭的リスクです。本来の受注価格ではシステム開発が難しくなり、費用が膨れ上がってしまうケースがこれに相当します。

製品を制作するのとは違い、あらかじめ価格が設定された部品代といったスケールがないため、このような問題が生じてしまいます。

当初予定していた予算内で開発が可能と見積もりを出したものの、あとになって開発工数が増えてしまうケースは時折生じるものです。

そのほかにもシステム開発上必要な新たな技術の導入など予測できなかった費用が発生することもあります。

開発費用が見積書を上回ってしまう場合、クライアントとの間にトラブルが発生し、信頼関係を損ねてしまう可能性もあります。

かといって予算内に費用を抑える場合、技術的なリスクを招く恐れもあります。

想像と違うシステムができあがる勘違いリスク

システム開発で生じうる2つ目のリスクは勘違いリスクです。勘違いリスクは、システム開発を始める際にクライアントとのコミュニケーションギャップにより引き起こされることがあります。

トラブルの中でも発生率が高いのが、システム要件に関する誤認です。エンジニア側がこうだと思っていたことが、クライアント側はそうではないということが起こりえます。

綿密に打ち合わせをしたとしても、その場にいないプログラマーが開発に携わる際にもこのような問題が発生します。

リスク管理において、コミュニケーションギャップをどのように埋めるかは最重要課題の一つです。指示をたった一カ所だけ間違って読み取ってしまっても、大きな問題につながりかねないため、注意が必要です。

システムの誤作動が発生する技術的なリスク

システム開発で直面する3つ目のリスクは技術的リスクです。計画段階では開発可能と判断したものの、開発を進める途上で技術的に難しいことが判明するケースがあります。

技術的なリスクが発生した場合は、クライアントとの協議を行って、できるものとできないものとの区別をつけておくことが必要になります。

技術的リスクに直面した場合、より詳しいエンジニアによるチェックを行ってクライアントとの話し合いに備えることが大切です。なぜできないのかを分かるように説明することがリスク回避につながります。

ITに疎い発注者でもできるリスク管理の方法

システム開発におけるリスク管理は十分に気を付けなければいけない要素です。ポイントになるのはリスクをいかに防ぐかです。

ITに疎い場合、発注したもののリスク管理が甘く問題を見抜けないといったリスクが生じます。このような状況を踏まえて、リスク回避のために具体的な方法を知ることが大切です。

ITに疎い場合、相手側から丸め込まれてしまう可能性もあります。やはりこのようなリスクもあらかじめ留意しておきたいものです。

リスク管理の方法には次のようなものがあります。

  • 金銭リスクは打ち合わせを密にする
  • 勘違いリスクはシステムの明確化
  • 技術的リスクは納期にゆとりを持たせる

具体的な対策方法をこれから考えていきましょう。

金銭リスクは開発会社との密な打ち合わせで回避

システム開発における金銭リスクを回避するための基本は、打ち合わせを密に行うことです。事前の打ち合わせ次第で、プロジェクトが円滑に進むかどうかが決まります。

打ち合わせの際には、遠慮のないコミュニケーションが大切です。

例えばどのように開発を進めるべきなのか、工数はいくつ必要なのか、開発に携わるエンジニアは何人にするか、プロジェクトごとの開発にかかる時間はどれくらい必要かといった点をリストアップします。

システム開発に携わるエンジニアも人間ですから、間違いはつきものです。そこで、ある程度トラブルが発生する可能性があることを予期することが大切です。余裕を持たせたプロジェクトの納期や予算を計画することが大切です。

勘違いリスクは作りたいシステムを明確化して回避

勘違いリスクを防ぐためにできることは、ミスの原因を防ぐためのチェックリストを用意することです。チェックリストとは言っても、役割分担などを明確に視覚化しておくことで回避できます。

勘違いが起きる原因として、引継ぎの際の認識の違いがあります。これを防ぐためには、できるだけ担当者あるいは窓口を一本化し、引継ぎなどが生じないように最後まで同じ担当者が担当することが大切です。

勘違いを防ぐために、情報を共有する場合や、依頼先とのやり取りをする場合、特定の担当者を選んで最初から最後まで工程に係るようにします。こうすることで、引継ぎなどで生じる勘違いを防ぐことができます。

技術的リスクはシステムの検証で回避

技術的リスクを回避するための基本になるのが、システムの検証です。開発段階でもある程度の局面ごとにシステムの検証を行って、バグや問題点を洗い出します。これは受注者側もしっかり行うことが大切です。

技術的リスクによるトラブルが生じる原因が、依頼者側のITに対する認識不足です。システム開発に疎いとこの問題はさらに大きくなってしまいます。開発に必要な時間も余裕を持たせることで問題を回避できます。

これを回避するためには、システム開発に詳しい担当者を配置して、毎回システムの検証を行い、問題点をチェックするようにします。依頼者、開発者双方で検証を行うなら、技術的なトラブルを回避できる可能性は高くなるでしょう。

まとめ:リスクを洗い出せばシステム開発は怖くない

システム開発におけるトラブルは、どのプロジェックとでも必ずと言っていいほど発生するものです。トラブルに直面してもあらかじめリスクを認識しておけば、対処がしやすくなります。

そのためにできるのが、リスクの洗い出しです。前述の話の中では金銭的リスク、勘違いリスク、技術的リスクの3つを強調しました。これらはトラブルの中でも代表的なものです。

あらかじめリスク管理をしておき、トラブルの発生を最小限に食い止めることで、理想のシステムが完成します。発注、受注者双方が円滑なコミュニケーションをすることで、これらのリスクを回避することができるのです。

なお実際に開発会社に依頼する際は1社だけでなく複数の会社に見積もり依頼を含めた相談を行うと良いでしょう。

1社だけですと開発費用が相場に対して高いのか安いのか判断が難しくなってしまいます。加えて、開発担当者との“相性”や技術力の比較検討もできません。

自社に合う開発会社を見つけるためには相見積もりが有効と言えます。

なお、弊社が運営するビジネスマッチングサービス『比較ビズ』でしたら複数の開発業者に相談することが可能です。

無料で利用できるため、リスク回避の一つの手段として使ってみてはいかがでしょうか。

Webシステム開発を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

Webシステム開発の案件一覧

Webシステム開発のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら