システム開発とは?開発の流れや注意点3つを徹底解説!

最終更新日:2023年11月09日
システム開発とは?開発の流れや注意点3つを徹底解説!
この記事で解決できるお悩み
  • システム開発とは?
  • システム開発の流れは?
  • システム開発を行う際の注意点は?

「システム開発を計画したいが、開発の流れがわからない…」という方必見!システム開発はビジネス展開に不可欠で、効率化や顧客満足度向上、リスク管理に貢献します。

この記事ではシステム開発を検討している経営者に向けて、システム開発の具体例や開発手順を分かりやすく解説します。最後まで読めば、システム開発を行う際の注意点もわかります。

システム開発は外注することが可能であることも紹介しているため、ITプロジェクトマネージャーもぜひ参考にしてください。

Webシステム開発にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • APIの利用や管理が適切か不安
  • マッチングサイトを作りたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のシステム開発会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

Webシステム開発に対応できる業者を一覧から探す

システム開発とは

pixta_69012043_M

システム開発は、情報技術を活用してカスタムソフトウェアや情報システムを計画、構築、運用するプロセスのことです。ユーザーやビジネスの要求に合致するソリューションを提供し、使いやすく効果的なシステムを開発することで、ビジネス目標をサポートします。

プロジェクトの規模やスコープに応じて、異なるスキルと専門知識を組みあわせ、ビジネス価値を実現します。システム開発はテクノロジーとビジネスの融合であり、持続的な改良と適応が不可欠です。

システム開発とプログラミングの違い

プログラミングはシステム開発内の具体的なタスクの一部ですが、関連しつつも異なる概念です。

システム開発は、ソフトウェアとハードウェアの統合やデータベース設計、ユーザインターフェースの設計など包括的なプロセスを指します。主な目的は、特定のビジネスニーズに合致し、効率的で使いやすいシステムを提供することです。

一方、プログラミングはコンピュータープログラムの作成プロセスを指し、通常は特定のプログラムやアプリのコードを記述する活動です。

システム開発の具体例4つ

ここからは、システム開発の具体例を4つ紹介します。

  1. ウェブアプリ開発
  2. モバイルアプリ開発
  3. クラウドアプリ開発
  4. エンタープライズシステム開発

1. ウェブアプリ開発

ウェブアプリ開発は、ブラウザを通じてアクセスできるアプリを構築するプロセスです。オンラインショッピングサイト、ソーシャルメディアプラットフォーム、オンラインバンキングなどが挙げられます。

ウェブアプリ開発においては、ユーザビリティやパフォーマンス、セキュリティが特に重要です。

2. モバイルアプリ開発

モバイルアプリ開発は、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス向けのアプリを設計、開発、展開するプロセスです。ゲームや生産性ツール、健康管理アプリなどが挙げられます。モバイルアプリの開発には、iOSやAndroidプラットフォームにあわせた開発が必要です。

デバイス固有の特性やプラットフォームのガイドラインに従い、ユーザーに使いやすく価値のあるアプリを提供することが目標です。

3. クラウドアプリ開発

クラウドアプリ開発は、クラウドコンピューティングプラットフォーム上でアプリを設計、構築、展開するプロセスです。個人ユーザーやスタートアップ企業に向けた、ストレージサービスやオフィススイート、CRMツール、プロジェクト管理ツールなどが挙げられます。

クラウドアプリ開発は、スケーラビリティやセキュリティ、アクセシビリティを最大化し、オンデマンドでのアクセスを提供します。ユーザーが、データやアプリに簡単にアクセスできるクラウドサービスを提供することが目標です。

4. エンタープライズシステム開発

エンタープライズシステム開発は、大企業向けに、業務プロセスやデータ管理を効率化し、統合するためのカスタムソフトウェアを開発するプロセスです。経営資源計画(ERP)システムや顧客関係管理(CRM)システム、在庫管理システムなどが挙げられます。

組織全体の効率向上やデータの一元化、リアルタイムな情報へのアクセスが主要な目標であり、複雑なビジネスプロセスの統合を支援します。

システム開発の流れ

pixta_89559520_M

ここからは、システム開発の流れを紹介します。

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 実装
  4. テスト
  5. デプロイメント
  6. 運用と保守
  7. モニタリングと改善

1. 要件定義

要件定義はシステム開発の最初のステップとなり、ユーザー要件やビジネスの必要性を明確にします。ユーザーや利害関係者とのコミュニケーションを通じて、システムが達成すべき目標と範囲を特定しましょう。

この段階で収集された情報は、後続の設計や開発段階の基盤となります。正確な要件定義は、プロジェクトがユーザーの期待に応え、予算内で完了するための鍵となります。

2. 設計

要件が確立されたら、システムの設計を行います。アーキテクチャやデータベース構造、ユーザインターフェース、コンポーネントの関係性を定義しましょう。

設計段階では、システム全体の構造と機能を詳細に計画し、各部分が一貫性を持つようにします。適切な設計は、システムが効率的に動作し、将来の変更や拡張を簡単にします。

3. 実装

設計が完成したら、プログラマーやソフトウェア開発者が実際のコードを書きます。設計仕様に基づいてアプリやソフトウェアのモジュールを開発し、機能を実装しましょう。プログラミング言語や開発ツールを使用してコードを生成し、システムを構築することが可能です。

4. テスト

システムの実装が進むと、テストを実施します。テスト段階は、システムの品質と機能を確保するために重要です。単体テストでは各モジュールが正しく動作するか確認し、統合テストではモジュール間の連携を検証します。

システム全体のテストでは、ユーザー要件と仕様に合致することを確かめ、バグや問題を特定して修正します。

5. デプロイメント

開発したシステムがテストを通過したら、実際の環境に展開します。システムの設定やインストール、データ移行が含まれます。ユーザーがシステムにアクセスできるようになり、実際の運用を始めることが可能です。この段階でユーザー訓練も行われ、システムの正常な運用が確保されます。

6. 運用と保守

システムが稼働し続けるためには、定期的な保守が必要です。バグの修正や新しい機能の追加、性能の最適化、セキュリティパッチの適用などが含まれます。

運用と保守はシステムの寿命に密接に関わっており、システムが最新で安全であることを確保するために重要です。

7. モニタリングと改善

システムが運用されている間、パフォーマンスをモニタリングし、問題を特定して解決します。同時に、ユーザーからのフィードバックや新たな要求を集め、改善を行いましょう。

システムの運用中に修正とアップグレードが行われ、システムの持続的な最適化が実現されます。

システム開発を行う際の注意点3つ

ここからは、システム開発を行う際の注意点を3つ紹介します。

  1. プロジェクト管理を行う
  2. セキュリティテストを実施する
  3. ユーザビリティの向上に取り組む

1. プロジェクト管理を行う

プロジェクト管理は、システム開発において非常に重要です。適切な計画は、予算やスケジュール、リソース、品質、リスクを効果的に管理し、プロジェクトの成功を確保する役割を果たします。プロジェクト管理の適切な実行は、プロジェクトが予算内で進行し、期日を守り、要件を満たすための不可欠な要素です。

2. セキュリティテストを実施する

セキュリティテストは、システム開発において欠かせない要素です。セキュリティテストを行うことで、データの暗号化や機密情報の適切な保護、データの盗難や漏洩からの保護対策を把握する役割を果たします。

プライバシーポリシーや規制への適合と、違反の防止もセキュリティテストの一環です。セキュリティテストを実施することで、システムは外部の攻撃や内部の脅威から守られ、データの保護が確保されます。

セキュリティの確保はシステムの信頼性を向上させ、潜在的なセキュリティリスクを最小限に抑えます。

3. ユーザビリティの向上に取り組む

ユーザビリティは、ユーザーがシステムを使いやすく、操作を効率化できることを指します。ユーザビリティの向上は、システム開発において極めて重要です。

シンプルで直感的なユーザインターフェースを提供し、ユーザーが必要な情報や機能へ簡単にアクセスできるよう工夫しましょう。さらに、ユーザーがサイトやアプリ内で効果的にナビゲーションできるような設計を行います。

ユーザビリティの向上に取り組むことで、ユーザーの満足度が高まり、システムの受け入れが増加することが期待されます。ユーザーエクスペリエンスを最大化することは、システムの成功に不可欠です。

システム開発は外注することが可能

名称未設定のデザイン - 2023-11-09T143304.294

システム開発は、外部の開発会社に依頼することが可能です。実際、多くの組織がシステム開発会社に開発プロジェクトを委託しています。

システム開発会社は特定の技術やプログラミング言語に精通しており、プロジェクトに必要なスキルや経験を提供できます。自社で開発チームを育てるコストや手間を削減できるでしょう。

外部の開発を検討する際は、適切なパートナーの選定と契約の明確化が不可欠です。プロジェクトの要件やスケジュール、予算、品質基準を詳細に定義し、効果的なコミュニケーションを確保することが、成功の鍵となります。

依頼する際は複数の会社から見積りを取ることが大事

複数の企業から見積もりを取得することで、各提案と提供されるサービスを比較しやすくなります。技術的なアプローチや提供価値、プロジェクトマネージメント方法などを対比し、最適なパートナーを選択しましょう。

複数の見積もりを比較することで、価格や契約条件に関する交渉の余地が生まれます。最適な取引条件を獲得する可能性が高まるでしょう。

複数の見積もりを収集することは、プロジェクトの成功とコスト効率の向上に貢献する重要なステップです。各提供業者とのコミュニケーションを通じてプロジェクトの詳細を明確にし、期待どおりの成果を得るために役立ちます。

まとめ

システム開発はビジネス展開に不可欠で、効率化や顧客満足度の向上、リスク管理に貢献します。

技術的な不安がある場合は、システム開発会社への依頼を検討してみてください。経験豊富な開発者による外部依頼が、時間の節約とプロジェクトの迅速な立ち上げに役立ちます。

比較ビズには、全国のシステム開発会社を比較し、一括見積が可能です。比較ビズの利用は完全無料であるため、まずはプロジェクトの相談から始めてみてください。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
Webシステム開発にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • APIの利用や管理が適切か不安
  • マッチングサイトを作りたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のシステム開発会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

Webシステム開発に対応できる業者を一覧から探す