リモートデスクトップに繋がらない原因と対策

更新日:2020年09月15日 発注カテゴリ: SI・ネットワーク構築
リモートデスクトップに繋がらない原因と対策

新型コロナの影響で遠隔からでも操作できるリモートデスクトップのシステムを導入する企業も増えています。新しいソフトなどを導入することなく、手軽に始められるのが強みです。しかしリモートデスクトップを導入したところ、接続できないなどのトラブルに見舞われるケースも出てきています。リモートデスクトップにつながらない原因はいくつか考えられるので、原因を突き止め適切に対処することが大事です。

関連する記事

必要な設定が抜けていてリモートデスクトップにつながらない

リモートデスクトップが接続できない場合、設定が行われていないのが原因かもしれません。もし設定ができているかどうか確証が持てなければ、設定を最初からやり直してみるといいでしょう。

サーバのリモート接続を許可する

まずは接続先のサーバのコンピューターの接続を許可しましょう。スタートボタンからシステムを選択します。次にシステム情報をクリックしましょう。

続いてリモートの設定をクリックし、「このコンピューターへのリモート接続を許可する」というところをクリックします。最後に「OK」をクリックすればリモート接続が許可されます。

コンピューターへのリモート接続を許可する段階で「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する」のチェックは外すのがいいでしょう。

必要な情報の確認

リモートデスクトップでサーバに接続するためには、必要な情報があります。それはPC名です。

スタートから右クリックでシステムを選択し、バージョン情報を選択できているか確認しましょう。確認できれば、「デバイス名」を確認します。この名前が接続するときに必要になるので、控えておきましょう。

クライアントから接続する

サーバ側の設定が完了したら、クライアントから接続できるかどうか確認しましょう。このときローカル環境で行うのがミソです。

スタートボタンをクリックしたら、「Windowsアクセサリ」→「リモートデスクトップ接続」の順番で選択します。次に先ほど控えたサーバ側のPC名を入力しましょう。

「オプションの表示」をクリックして、接続先のユーザー名とパスワードを入力して様子を見ましょう。これで接続できれば問題はありません。

ファイアウォールで接続できない場合も

サーバ側のパソコンがファイアウォール設定されているために、接続できないというケースを見られます。もしパソコンにファイアウォールを設定している場合、リモートデスクトップの許可がなされているかどうか確認しましょう。

設定の確認方法

ファイアウォールの設定を確認するにはスタートボタンを右クリックして設定を選択しましょう。続いて「更新とセキュリティ」→「Windowsセキュリティ」をクリックします。

「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックすると「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」が出てくるはずです。その中で「Remote Desktop」を探しましょう。

見つかったら、プライベートとパブリックのチェックボックスを両方オンにします。これでOKをクリックしましょう。これでリモートデスクトップにアクセスできるか確認しましょう。

以上で紹介した方法はWindows10が搭載されている場合の手順です。もしセキュリティソフトをインストールしているのであれば、マニュアルに従って許可設定を行いましょう。

つながらないのはネットワーク接続に問題があるため

リモートデスクトップに接続できないのは、ネットの接続に何らかの問題があるからかもしれません。クライアントとサーバのいずれかに問題があれば、接続できないでしょう。

接続状態の確認方法

きちんと接続できているかどうか確認するためには、スタートボタンを右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。

もし「インターネットに接続されています」というメッセージが出たのであれば、接続は問題なくできています。もしメッセージが出てこなければ、問題のトラブルシューティングなどで対応していきましょう。

IPv6が機能していて接続できない

ネットワークアダプタがどうなっているか確認しましょう。もしIPv6が有効になっていると、IPv4よりも優先的に接続されます。

もしIPv6で何らかのネットワーク上の問題が発生していると、リモートデスクトップにつながらない事態が発生します。この場合、IPv6を無効設定することが大事です。

IPv6を無効に設定する方法

Windowsマークを右クリックして「ネットワーク接続」を選択しましょう。次に「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

「ローカルエリア接続」を右クリックしたうえで、「プロパティ」を選択しましょう。そして「IPv6」のチェックをはずしOKをクリックすれば、無効化されます。

後で接続できない場合も

最初のうちはリモートデスクトップにアクセスできたけれども、時間をおくとつながらない状態になってしまうことがあります。いくつか症状別で接続できない状況があり、それぞれに異なる原因が考えられます。

起動した直後は接続できる

パソコンを起動した直後はリモートデスクトップに接続できるけれども、その後接続できないという事例も報告されています。これはサーバ側のパソコンがスリープになってしまうからです。

もし起動してしばらくするとつながらない状態に陥ってしまうのであれば、サーバ側の電源設定を変更しましょう。「コンピューターをスリープ状態にする」の部分を「適用しない」にすれば、勝手にスリープ状態にならずに済みます。

問題を解決する別の方法として、システムの設定画面にアクセスするアプローチもあります。続いて「電源とスリープ」というメニューをクリックしましょう。

するとスリープの項目があります。これはパソコンをスリープ状態になるまでの設定時間を選択できる欄で「なし」を選択すれば、自動的にスリープになる心配もなくなります。

まとめ

リモートデスクトップに接続しようと思ったらつながらない、このような事態が発生するとパニックになってしまう人もいるでしょう。しかしリモートデスクトップに接続できないのにはきちんとした原因があります。

以上で紹介した方法を試してみて、問題解決しないかどうか確認しましょう。もしかすると自分たちで行った場合、構築上何らかの問題が起きている可能性も考えられます。

その場合には専門業者に再構築の依頼をすれば、接続できないなどのトラブルも起こりにくいでしょう。ただどの業者にお願いすればいいのか、迷ってしまう人もいるかもしれません。

その場合におすすめなのが、比較ビズです。比較ビズは複数の業者に相談したり、一括見積の依頼ができるのでお得に満足度の高いサービスが受けられるでしょう。

SI・ネットワーク構築を一括見積もりで発注先を楽に探す

SI・ネットワーク構築の案件一覧

SI・ネットワーク構築のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

SI・ネットワーク構築の費用・相場に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

SI・ネットワーク構築の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら