テレワークに必要なVPNと構築方法

更新日:2020年09月15日 発注カテゴリ: SI・ネットワーク構築
テレワークに必要なVPNと構築方法

新型コロナウイルスの影響によって、テレワークの必要性が急激に高まりました。テレワークを導入するためには、安全で快適なネット接続環境が欠かせません。そこで必要になってくるのがvpnと呼ばれるものです。vpnとはいったい何を意味しているのか、この環境を構築するのはどうしたら良いのか、という点を理解して、自社の業務システムを改善する助けとすることができます。

関連する記事

テレワークで注目されるvpnとは?

まずは、そもそもvpnとはなんのことか?という疑問から考えてみましょう。同時に、VPNを作るメリットとデメリットをチェックすることもできます。

vpnの概要

「ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク」の略で、仮想専用ネットワークを意味する用語です。これは、社内で専用のネットワークを作り、自宅にいる社員など、オフィス外にいてもこのネットワークにアクセスできるようにするシステムのことを指します。

これにより、オフィスの外にいながらにして、会社のデータベースや業務システムにアクセスできるようになります。バーチャルの空間において、会社オフィスにいるような環境を作ることができるのです。

vpnの仕組み

オフィスは、通常のインターネット回線とつながっていますが、そのオープンな回線とオフィスの間に、いわばゲートを作って、社内だけの閉鎖的なネットワークを構築します。こうすることで、外部の人にアクセスされることなく、安全な業務環境を作れるのです。

同時に、外部からのアクセスを遮断するゲートに、許可された者だけにアクセスを許可します。具体的には、業務システムのサーバーやそれを利用する社員です。

こうすることで、社員だけがアクセスできる独自のネットワークが構築できます。このネットワーク内で、情報を共有したり同じ業務システムを使って仕事を進めたりすることができるようになるのです。

vpnのメリット

まず、セキュリティー上の大きなメリットがあります。オープンなインターネット空間につながっているとはいえ、ゲートによってアクセスが遮断されていますので、外部からの不正なアクセスができなくなるからです。

機密情報を取り扱ったり、社内専用の業務システムを安心して全社員が使ったりできるようになりますし、社員同士の連絡もプライバシーを保てるようになるでしょう。

もう一つの大きなメリットは、自宅にいる社員が会社の業務システムにアクセスして使えるようになるということ。オフィスに行かなくても、自宅で同じ方法で仕事ができるのです。

vpnのデメリット

vpnを構築するに当たっては高度な専門知識が求められるわけではありませんが、やはりある程度のスキルが必要とされます。セキュリティー上の問題もありますので、素人が手を出すのではなく、プロに依頼した方が安心でしょう。

また、vpn環境を作るためには、vpnサーバー機能の付いたルーターを購入するなど、ある程度の費用がかかります。もちろん、構築を代行会社に依頼する場合には、その費用がかかってきます。

vpnを自分で導入する方法

小規模のVPN環境であれば、自分でも導入することができます。その大まかな流れをチェックしてみましょう。

vpn機能付きのルーターを購入

VPNは外部ネットワークと社内ネットワークのゲートとなる部分を作ることが求められます。このため、ルーターにVPNサーバー機能が付いているものを購入する必要があります。

容量や接続台数などを見て、余裕のあるスペックのルーターを選ぶことが重要です。

ルーターの設定

ルーターの設定は、それぞれのメーカーやモデルによって違いますが、基本的にはまず「L2TP/IPsec」の設定を行います。ルーターの管理設定画面に入って、VPN設定のところから、この「L2TP/IPsec」方式を利用する選択をします。その後、ユーザーの設定を行いましょう。アクセスできるユーザーの名前や識別のためのパスワードを作ることになります。

社員の数が多いと大変ですので、あらかじめリストを作って、間違いのないようにユーザー名とパスワードを作成しておくことがおすすめです。そのリストを、このルーター設定画面で登録して、ルーターの設定を終了します。

DNSの取得と設定

IPアドレスを分かりやすくするために、DNSの取得と設定をします。DNSはルーターのメーカーで提供されることも多いので、ルーターの説明書などを見てDNSの取得と設定の仕方をチェックしてみましょう。DNSには任意の名前を付けられるので、分かりやすい名前を付けて設定が楽になるようにします。

パソコンの設定

パソコン側では、VPNに接続するための設定が必要となります。「新しい接続の設定」からVPN接続の新規設定を構築します。

事前に登録したユーザー名やパスワードを入れると共に、使用するDNSのアドレスを登録します。この際、社員ごとに異なるユーザー名とパスワードを配布することになりますので、リストの管理が重要となります。

ネットワークアダプターの設定が必要となることも多いので、ルーターの説明を見ながら、接続方式の変化校などを行います。これで、VPNの設定は終了となりますので、接続ができるかどうかをテストして完了しましょう。

vpn構築代行サービスを利用する

上記のように自分でもVPN環境を作れますが、接続数が多い、セキュリティーの面で不安があるという場合は、VPN構築代行サービスを使った方が安心です。

vpn構築代行サービスとは?

主に企業のVPN環境を作る作業を代行してくれるサービスのこと。必要な機器の選定と提供から、全てのルーターとパソコンの設定、ユーザー名などの管理をまとめてしてくれます。テレワークでも業務システムが使えるようにしてくれるなど、とても利便性が高くスピーディーです。

代行サービスを利用するメリット

プロに依頼することで、より確実で安全な環境作りができるのが最大のメリット。また、迅速に環境作りができますので、テレワークの本格導入が早くなります。

データ管理も含めてすべての作業を代行してくれますので、会社としても本来業務に集中できて効率が良いといのもメリットでしょう。同時に業務システムとの連携など、テレワーク環境の構築を一括して行えるのも利点と言えます。

まとめ

テレワークにおいて、VPN環境を構築するのは必須とも言えます。業務システムへのアクセスを可能とするVPNは安全で、快適な職場環境を社員に提供することにもつながるからです。

自分でも導入することはできますが、やはり代行会社に依頼した方が確実です。上手に代行サービスを利用して、スムーズにテレワーク環境を作りましょう。

SI・ネットワーク構築を一括見積もりで発注先を楽に探す

SI・ネットワーク構築の案件一覧

SI・ネットワーク構築のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

SI・ネットワーク構築の費用・相場に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

SI・ネットワーク構築の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら