Windowsアプリ開発とは?費用削減できる依頼方法まとめ

更新日:2021年02月26日 発注カテゴリ: Webシステム開発
Windowsアプリ開発とは?費用削減できる依頼方法まとめ

Windowsアプリケーションを開発することで日々のパソコン業務を効率化することができます。本記事ではプログラミングの知識が乏しい方でも分かるように、Windowsアプリ開発の概要を丁寧に解説しています。合わせて、専門業者に依頼するメリットや注意点も解説しましたので「このパソコン作業は面倒だから何とかできないかな?」「人の手でパソコン作業をすると入力ミスとかが心配だから自動化できないかな?」などパソコン業務で悩んでいる方は必見です。

Windowsアプリ開発とは

Windowsアプリ開発とは、言葉のとおりで「Windows上で動作するアプリケーションを開発すること」をいいます。

Windowsとは?

マイクロソフト社が作ったオペレーティング・システム(OS)の1つ。Windows95が発売されてから、常にIT業界の最先端を走っているOSでもあります。「誰でも簡単に扱うことができる」という最大の特徴を持っています。

アプリケーションとは?

コンピューターに対して、利用する側の手助けをしてくれるプログラムです。スマホ、タブレット、ノートPC、デスクトップPCなど、コンピューター上で動作しているもの全般がアプリケーションとなります。

開発とは?

IT業界でいう開発とは、依頼者の要求や要望に応えるアプリケーションを作ることを指します。さまざまな工程手順を踏んで、依頼者と仕様や内容を詰めて、そのとおりに動作させるアプリケーションを作っていきます。

まとめると…Windows上で動作するアプリケーションを開発すること

Windowsアプリ開発は、あくまでもWindowsでしか動作しないアプリを開発することと理解してください。なぜ「Windowsでしか動作しない」と強調をするのか?は、以下の理由からです。

昨今、Windows以外にも身近なOSが存在します。それが、AndroidとiOSです。つまり、Windowsアプリ開発とは、あくまでもWindows上で動作するアプリケーションを開発することになります。なので、AndoroidやiOSとはまったく異なるモノを作ることだと理解してください。

たとえば「LINE」というアプリケーションが存在します。これらは、AndoroidでもiOSでもWindowsでも動作するアプリケーションです。なので、すべて同じアプリケーションと思われがちですが、実は中身はまったく異なるモノなのです

つまり、各OSで動作するアプリケーション専用として異なるものを開発していかないといけないのです。その結果、すべてに対応しようと思うと、OSの数に比例して開発費はかさむことは理解しておきたいところです。

Windowsアプリ開発でできること

Windowsアプリ開発でできることは?回答としては「基本的にはどんなこともできます」となります。

たとえば、競馬予想をするアプリ開発をすることができますし、自動でWindows操作をさせるアプリ開発も可能です。SNSへ定形文字を自動でアップするようなアプリも開発が可能です。ただし、少し頭に入れておきたいことがあります。それが、難しいことを要求すれば、その分、アプリ開発の難易度は格段と高くなるということです。

ちなみにですが、アプリケーションが得意としている分野は「単純作業の自動化」です。コンピュータ自体が、繰り返し作業は得意としているからです。したがって、単純作業の繰り返しのような業務があれば、アプリ化を目指すと人件費の削減に繋がるかもしれません。

余談として、ちょっとした小話を…それは、エクセルやワードもWindowsアプリ開発で生まれた製品だということです。インターネットを閲覧するためのブラウザもWindowsアプリ開発で生まれています。兎にも角にも、Windows上で動いているものすべてが「アプリ開発でできること」が、ここで伝えたいことです。

繰り返しになりますが…そもそも、アプリケーションとはOSさえあれば、なんでもできてしまうものと考えていただければいいです。

Windowsアプリ開発の言語

2020年1月現在、Windowsアプリを開発するための言語はVisualStudio(ビジュアルスタジオ)が提供している開発言語が中心となっています。VisualStudioは、統合開発環境と呼ばれるソフトで、コーディング(プログラミングすること)からデバッグ、テストを始め、GUI(グラフィックユーザーインターフェース)を活用して簡単に画面作成ができる環境を提供してくれます。

そして、この統合開発環境の中にはVisualBasic(ビジュアルベーシック)やC#(シーシャープ)などのプログラミング言語が搭載されており、開発者が自由に選択することができます。

ちなみにですが、アプリケーション開発に携わると「.NET(ドットネット)」という言葉よく耳にするようになります。これは、VisualStudioが「.NetFramework(ドットネットフレームワーク)」と呼ばれるライブラリみたいなものを使って開発しているからです。

Windowsパソコンであれば、多くの場合、.NetFrameworkはインストールされており、VisualStudioで開発したアプリケーションが動作できるようになっています。インストールされていなくても、無償でダウンロードをすることができ、簡単に自PCに入れることができます。

VisualBasic(ビジュアルベーシック)

アプリケーション開発業界では、ポピュラーな開発言語になります。プログラミング初心者であっても、簡単にアプリケーションを作ることができる特徴を持っています。もちろん、奥は深く複雑なプログラミングやメンテナンス性に優れるアプリケーションを作るためには相当のスキルが必要になります。

ニュアンス的には誰でもとっつきやすい開発言語であり、かつ高度なことができる上級者向けでもあるということができます。ちなみに、VBAと文法が似ているという特徴もあります。

C言語(シーげんご)

一種のプログラミング登竜門的な開発言語になります。基本的にはアプリケーションというよりも、組み込み系ソフトに使用されます。OSよりのコードになるため、難易度は高いです。そして「ポインタ」と呼ばれる技術が難しく、ここで挫折をしてしまうプログラマーは多いです。

その結果、スキルを必要とする言語になり、開発時に使用するとなると、どうしても人件費が高くなってしまいます。つまり、経験のある技術者を投入することになるため、1時間あたりの単価が高くなってしまうからです。

C++(シープラプラ or シープラスプラス)

C言語の発展版になります。VisualStudioにも搭載されている開発言語のため、業界では馴染み深いといえます。ただ、C言語と同様に、難易度の高いことがネックになります。ポインタもそうですが、メモリの扱いに注意しないといけないです。このメモリの扱いが難しく、C言語と同様に高いスキルが求められます。

そもそも「どうして、そんな難しい言語を使わないといけないのか?」と疑問に思った人もいるかと。理由は「高速で動作させないといけないようなアプリケーションの場合は必須言語だから」となります。先程、説明をした通り、OSよりの開発言語になるため、OSさんが理解しやすいわけです。これが高速化に繋がるのです。

C#(シーシャープ)

C言語、C++と似た構文でVisualStudioに搭載されている開発言語です。ただ、C言語とC++とはまったく違った特徴をもっています。それが「Webよりのアプリケーションの作成に向いている」ということです。Webを使ったWindowsアプリケーションを開発する場合は、選択されることが多いです。

ASP(エーエスピー)

こちらもVisualStudioに搭載されている開発言語になります。WindowsアプリケーションというよりもWebサーバとクライアントのアプリケーションを開発するときに利用することが多いです

C#とASPは非常に似ているため、どちらを選択するのか?で、常に迷うところです。ただ、言語の難易度的には、同じぐらいなので、開発業者の好みが出やすい部分になります。

Java(ジャヴァ)

Windowsアプリも開発することが可能ですが、どちらかというと「Webアプリ」に向いている開発言語です。オブジェクト指向プログラミングと呼ばれる開発手法の草分け的な存在で、今でも全世界で高いシェアを誇っています。

最大のメリットは「どこでも動く」ということです。OSが、WindowsでもMacでも関係なく動作することが可能なので、さまざまなOSで動作させる予定がある場合は、開発費を抑えることができます。

Windowsアプリ開発を行う4つのステップ

「Windowsでアプリを開発したいが開発のやり方がわからない」「Windowsアプリ開発のためにどのプログラミング言語を学べば良いか教えて欲しい」という方は多いと思いますので重要なステップをまとめました。

  • 開発の目的の計画化
  • プログラム言語の選択
  • 開発環境の構築
  • アプリの開発

上記の4つのステップに分かれます。

(1)Windowsアプリ開発の目的を明確に決める

「どのようなアプリを開発したいのか?」「どんな機能が必要か?」開発する前にアプリ開発の目的を明確にしておくことが大切です。目的が曖昧な状態で開発を進めてしまうと、後から必要な機能が見つかったり、開発に最適なプログラミング言語を選べません。

必ず実装したい機能やアプリで解決したい課題を整理しておきしょう。実装したい機能が思いつかない場合、自分がよく使っているアプリから参考にする方法がオススメです。開発を進めていくと追加したい機能や修正したい点が見つかりますので、元アプリとの差別化もできるでしょう。

(2)Windowsアプリ開発で使うプログラミング言語を選ぶ

次に開発に使うプログラミング言語を選びます。既に学習済みのプログラミング言語があれば話は早いですが、新しく学ぶ場合もあるかと思います。

Windowsアプリ開発で使われるプログラミング言語は上記でもいくつか紹介しました。その中で最もポピュラーな言語がC#です。

C#は使いやすいだけでなく、インターネット上で解説記事を多く見つけられるので学習しやすいのが特徴です。プログラミング言語はスキルと使用用途から選ぶのが基本ですが、Windowsアプリ開発においては迷った場合、C#を選んでおけば確実でしょう。

(3)開発環境を構築する

次に開発環境を整えましょう。Windowsアプリを開発するためには、Windows 8.0 以降の Windows OS がインストールされた PC と、統合開発ツールの Visual Studio が必要です。Mac でアプリを開発する場合は、Apple から提供されている 「BootCamp」 を利用すればWindowsアプリの開発が可能です。また、他にも仮想化ソフト (Parallels, VMware Fusion 等) を利用することで Windows の環境を用意できます。

(4)Windowsアプリの開発を行う

開発環境を構築できたら、実際にアプリの開発を行っていきましょう。「要件定義」「設計」「実装」の順にプログラミング作業を行っていきます。「要件定義」でプログラムに必要な機能を考え、それを実現するための仕組みを「設計」します。設計に基づいてプログラムのソースコードをコーディングするのが「実装」です。

これらはアプリ開発で最低限必要となる作業です。専門業者に依頼する場合、さらに細分化して開発を行っていきます。後述で詳しく解説していきます。

Windowsアプリ開発は業者に依頼するのがオススメ

Windowsアプリ開発はプログラミング言語を学習すれば自社開発することもできます。しかし、社内にエンジニアを抱えていない企業や、日常の業務が忙しくプログラミングに時間を割けない企業は、専門の業者に依頼するのがオススメです。ここでは業者に依頼するメリットとデメリットを解説していきます。

Windowsアプリ開発を業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリットはなんといっても、専門知識を持つアプリ開発のプロに依頼できる点です。アプリ開発に精通したプロに任せることで、質の高いアプリをスピード早く開発することができます。

自社開発する場合、社内の人材のスキルによってアプリのクオリティは左右され、スケジュール通りに開発できないことも珍しくありません。その点開発実績が豊富な業者に依頼すれば当初計画したスケジュール内で、希望通りのアプリを作ることがきるでしょう。

Windowsアプリ開発を業者に依頼するデメリット

対するデメリットは外注費用が掛かってしまう点です。Windowsアプリ開発は自社で開発できればコストはほとんどかかりません。一方、業者に外注した場合はエンジニアの人件費がかさむため数十万ほど費用が発生します。業者によっては開発後のメンテナンスなどアフターサポートも開発費用に含まれていますので、必ず請求費用の内訳は確認しておきましょう。

しかし、依頼する内容によっては格安で引き受けてくれる業者もいますので、一度見積もりを出してもらうのがオススメです。

Windowsアプリ開発を業者に依頼する際のポイント

Windowsアプリを始め、アプリ開発は、どうしても高額になってしまうイメージがあります。実際のところ、技術力を売るサービスのため、高くなる傾向があることは間違いありません。

ただ、開発してもらったアプリケーションの実用性が高いのであれば、意外と早く開発費を回収することは可能でもある世界です。ともあれ、以下に、依頼するときに注意したいポイントを以下に記載します。

依頼する側もアプリ開発の工程を知っておくこと

専門業者との打ち合わせで、IT用語を連発して小難しいソフトの話をされてしまい、依頼者側が意気消沈してしまうケースは多くあります。その結果、請負側に完全に任せてしまって、好き勝手されてしまう結果に。

それを防ぐには、依頼者側も、ある程度の知識を身に付けておくことが重要です。業者に依頼した場合、Windowsアプリ開発は以下の工程手順で進められます。

  • 1. 要求分析
  • 2. 要件定義
  • 3. 基本設計
  • 4. 詳細設計
  • 5. プログラミング (コーディング)
  • 6. コードチェック
  • 7. 単体テスト
  • 8. 結合テスト
  • 9. システムテスト
  • 10. 受け入れテスト(リリース作業)

専門業者にWindowsアプリ開発を依頼する場合、基本的に上記のような工程手順で開発されていきます。各々の細かい説明は省きますが、業者側は、依頼者側に要求された内容を、少しずつ細分化して作り上げていくイメージになります。

ただし、IT業界は、移り変わりが激しい世界であり、2020年1月現在では、U字工程と呼ばれる、上記の手順をさらに簡素化したモノが登場しております。その結果、開発スピードを上げて、品質を落とさずに安価なアプリ開発を実現してくれています。

というのも、IT業界では昨今「コーディングレス化」が進み始めており、仕様書を書くだけで、自動でコーディング・コードチェック・単体テストができるようなソフトが登場しています。非常に大きな時間短縮を実現することが可能となって、開発費も大きく抑えることができるようになりつつあります。

1人月の相場を理解しておく

抑えておきたいポイントのもう1つは、Windowsアプリ開発をする場合、人月計算をすることが基本になるということです。最近ではMMとも言われ、開発の工数や仕事量を表す数字になります。この人月の数字が大きくなればなるほど、開発費は比例して大きくなっていきます。

さて、この人月ですが、開発者1人が1ヶ月で行う作業量という単位になります。2020年1月現在では、あくまでもおおよそですが「60万円〜200万円」ぐらいの相場となっております。高いスキルが要求されるような作業が発生する場合は、当然、1人月の単価は高くなっていきます。開発を依頼する場合、この人月が多くなっていかないようにすることがポイントとなってきます。

システム開発における人件費の仕組み、相場を知りたい方は【令和版】システム開発の費用・料金相場|5万件の案件から分析を参考にしてください。

開発の目安となる規模感をプログラミング量から把握する

アプリ開発をする技術者は、1日8時間労働としたとき約700〜1000行ぐらいのコーディングができると言われています。例えば、以下のようなコーディングをC言語で行ったとします。(ちなみに、内容は分からなくても何の問題はありません。こんな感じで開発されるのだなと思ってもらえれば結構です。)

#include "stdio.h"
void main()
{
  int iDataA = 10;
  int iDataB = 20;
  int iResult = 0;
  iResulet = iDataA + iDataB;
  printf("計算結果:%d", iResult);
  return;
}


このプログラムは、単純に足し算した結果を画面上に表示するというものになります。これだけで10行程度のプログラミング量になります。いわゆるプログラマーは、日々、このようなプログラミングを行っているのです。

さて、まったく知らない人にとっては「じゃあ、1000行ぐらいのプログラムで、どれくらいの機能を搭載したアプリケーションができるの?」と気になるところかと思います。

正直なところ、ピンきりで言葉で表現するのは難しいです。感覚的なモノで、経験で培われていくものなので…。敢えていうのであれば、とあるWebページのHTMLデータを解析して、自動でブログ記事を作る(投稿はしない)程度のものは1000行ぐらいで可能です。

ともあれ、ざっくりいうと「1,000行ぐらいのプログラムは、意外といろいろなことができるレベル」となります

プログラミング量の目安で開発費がざっくりと決まることを理解する

こちらもあくまでも目安となります。たとえば、請負業者にWindowsアプリ開発を依頼をしたときに「5000行ぐらいのアプリケーションになる」と言われたとします。この場合、概ねですが2.5人月ぐらいの規模の開発となります。開発費の相場に照らし合わせると、160万円〜250万円ぐらいの費用が発生することになります。内訳は、以下です。

  • 1. 要求分析5日
  • 2. 要件定義5日
  • 3. 基本設計5日
  • 4. 詳細設計5日
  • 5. プログラミング (コーディング)5日
  • 6. コードチェック5日(1日に1000行のプログラミングが可能なため5000行規模の場合は5日必要となる)
  • 7. 単体テスト5日
  • 8. 結合テスト5日
  • 9. システムテスト5日
  • 10. 受け入れテスト(リリース作業)5日

このように、コーディングにかかる日数=各工程に必要な日数となります。その結果、50日の日数が必要となり、1ヶ月が20日稼働で計算されるため2.5人月となるわけです。5000行規模は、イメージとして小規模のアプリケーションとなります。Windowsアプリ開発業者に依頼をする場合は、このような考え方で規模を把握できるようにしておくことがポイントとなります。

Windowsアプリ開発の費用を削減する3つのポイント

当然の話ではありますが、品質を保ったまま、開発費用をできるだけ安くしたいのが依頼者側の心理です。ということで、費用削減ポイントを3つ紹介しておきたいと思います。簡単に実践することができるものから、実行しようと思うとなかなか難しいけど妥協をしてはいけないことについて触れていきます。

開発依頼を複数社に行って相見積もりする

どこの業界でもそうですが、費用削減をしたいのであれば、相見積もりが基本となります。特に、Windowsアプリ開発は、依頼する業者の実力が顕著に出ます。A社では500万円で可能ですと言っていても、B社では250万円で可能ですと見積もりを出してくることも、よくあります。もちろん、度が過ぎる削減は、安かろう悪かろうという状況にはなってくるため、バランスが難しいところです。

また、やはり大企業に依頼をすれば高くなる傾向がありますが品質は高いです。逆に中小企業の場合は、ピンきりで安くても品質が高いケースもあれば、高くて最悪の品質のケースもあります。ここは、依頼者側の企業の実力を見抜く力が必要になってきます。

できる限り仕様を簡単にすること

アプリケーションというものは、複雑な作業をさせればさせるほど、仕様が難しくなります。仕様が難しくなるということは、コーディング量が多くなります。コーディング量が多いということは、開発費が高くなります。また不具合発生率も比例して高くなるため、品質に問題がでるリスクも出てきます。

つまり、見出しに記載したとおりで「できる限り簡単な作業をさせる」ことが重要になってきます。アプリケーションとは、基本的になんでもできてしまいます。その結果、あれもこれもと機能を次から次へと入れようとしてしまい、そのアプリケーションのコンセプトがぼやけてしまうことも多いです。

だからこそ、本当に必要な機能を見極めて、スリムなアプリケーションを作ることが費用削減のポイントになります。これに加えて、不具合発生率が下がるためランニングコストも軽減させることが可能です。

開発中の後出しジャンケンを少なくすること

実際に開発が始まった後に「やっぱり●●の機能も追加して!」「やっぱりxxの機能はいらない!」と、後出しジャンケン的に、むやみに仕様を変更しないことが重要になってきます。このような場合、開発が後戻りして、せっかく行った作業がやり直しとなります。その結果、追加で開発費が請求されることになるため、莫大なお金がかかってしまうことになるわけです。

「できる限り仕様を簡単にすること」に似ていますが、本当にこの仕様でいいのか?拡張性は持たせておいた方がいいのか?など、開発がスタートする前に、石橋をこれでもかというぐらいに叩いて渡っていくことが費用削減のポイントになってきます

余談ですが、イヤらしい話を少し紹介しておきます。業者側は、開発途中で仕様変更が入った場合は、ここぞとばかりに追加請求をしてきます。しかも納期も後ろへずらせないということになると残業で対応することになり、請求額も一気に高くなります。なので、後出しジャンケンは、限りなくしない方向で最終手段としておくことが大切です。

まとめ

本記事ではWindowsアプリ開発の概要と専門業社に依頼するメリットや注意点を解説しました。Windowsアプリを自社開発する場合、費用を抑えられますが、スキルを持った人材が社内にいないと開発に手間や時間がかかってしまいます。

手探りの中で開発することになるため、開発が途中で頓挫してしまうケースもあるでしょう。また、開発スキルの無さが原因で当初予定していた仕様のアプリを作れず、業務改善につながらないアプリが出来上がるリスクもゼロではありません。

一方、専門業者に依頼すればコストは掛かりますが手間をかけずに望み通りのアプリを導入することができます。「業務上、早急に解決したい課題がある…」「社内に開発できる人材がいない…」という状況であれば、専門業者に依頼したほうが早く問題が解決できるでしょう。

なお、業者に依頼する際は複数の業者で相見積りを行うのがポイントです。一社だけだと相場が分からず、費用を多く支払うことになりかねません。特にアプリ開発の知識がない方は注意が必要です。

手間をかけずに一括見積もりをしたい方は弊社の比較ビズをご利用ください。比較ビズとは、Windowsアプリ開発を外注したい企業とアプリ開発業者を結びつけるビジネスマッチングサービスです。

無料で業者を一括見積もりできるだけでなく、相談に乗って貰うことも可能ですので、Windowsアプリ開発を検討している方はお気軽にお問い合わせください。

Webシステム開発を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

Webシステム開発の案件一覧

Webシステム開発のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら