【2024年版】SEO対策!Helpful Content Updateについても解説!

最終更新日:2024年02月02日
アドリブ株式会社
監修者
広告事業本部所属 持田 智也(モチダ トモヤ)
【2024年版】SEO対策!Helpful Content Updateについても解説!
この記事で解決できるお悩み
  • SEO対策は何をすればいいの?
  • SEO対策しているけど上位表示されないのはなぜ?
  • 最新のSEO対策の情報はなに?

「SEO対策に取り組んでいるけど、Googleに評価されない...」という方必見!

この記事では具体的なSEO対策を知りたい方に向けて、Google公式の情報を軸にSEO対策を解説。最後まで読めば、取り組むべきSEO対策が分かります。

Googleの最新アップデート情報も解説するので、新しい対策方法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

SEO対策にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 検索アルゴリズムの変更でサイト流入が減ってしまった
  • 外部リンクがもらえない
  • 上位表示されるキーワード選定ができない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

SEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を一覧から探す

SEO対策とは何か?

? 人々 疑問

SEOとは「検索エンジン最適化」のことです。GoogleやYahoo!、Bringなどの検索エンジンで上位表示されるための対策が、一般的にSEO対策と呼ばれています。

具体的なSEO対策の一部には、キーワードの選定や記事同士を繋げる内部リンクなどが挙げられます。機械的な対策に合わせて、ユーザーの満足度を高めるコンテンツ対策も重要になっています。

なぜSEO対策が必要なのか?

SEO対策が必要な理由は、記事やサイトを上位表示させるためです。伝えたい内容をネットに掲載することは簡単ですが、上位表示を獲得するにはSEO対策が必須です。

SEO対策せず情報を公開しても、ユーザーの画面に表示されず無益な記事やサイトになってしまいます。情報を届けたいユーザーにリーチするために、SEO対策は欠かせないのです。

SEO対策を行い、限りある少ない予算で予想以上の集客を獲得していきましょう。

SEO対策の流れ

ネットワーク イラスト

SEO対策の大まかな流れは、次のとおりです。

  1. 検索エンジンGoogleの仕組みを理解する
  2. 上位表示を獲得したいキーワードの分析を行う
  3. 競合サイトの分析を行う
  4. ページごとに対策キーワードを定める
  5. コンテンツの質を高める

どれか1つでも抜けてはSEO対策が弱まるため、しっかりと知識を習得しましょう。

1. 検索エンジンGoogleの仕組みを理解する

実践的なSEO対策の前に、検索結果が表示されるまでの仕組みを理解しましょう。記事を公開後、検索結果に表示されるまでの流れは次のとおりです。

  1. Googleに記事を見つけてもらう
  2. 記事がインデックス登録される
  3. 検索結果へ表示される

検索エンジンの仕組みを知らずにSEO対策ノウハウだけを学ぶと、大変非効率になり労力も無駄になります。基本的な流れを理解していきましょう。

1-1 Googleに記事を見つけてもらう

Googleには、公開された記事やサイトを発見するために「Googlebot(別名:クローラー)」と呼ばれるシステムがあります。記事を公開するとGooglebotが記事やサイトを訪れ、どんな情報を公開したのか内容を読み取ります。

検索結果に表示されるためには、Googlebotに発見されることが必須です。Googlebotは、基本的にリンクを辿り公開された記事やサイトを発見します。

1-2 記事がインデックス登録される

「インデックス登録される」とは、Googleのデータベースに登録されることです。Googlebotは記事の内容を読み込んだ後は、記事内で使われている言葉や文脈などを踏まえてインデックスに登録していきます。

インデックス登録があることで、ユーザーは、検索キーワードの回答となる記事をすぐに発見できるのです。ユーザーに情報を届けるためには、Googleに正確な情報を伝え、狙いどおりに登録されることがポイントです。

1-3 検索結果へ表示される

Google独自の200以上もある評価指標により、公開された記事に順位がつけられ検索結果に表示されます。Googleは表示ランキングの仕組みを公表していませんが、次の4つの要素があると推測されています。

  • 検索クエリ
  • コンテンツの質と関連性
  • ウェブサイトのユーザビリティ
  • コンテキストと設定

詳細を知りたい方は、Googleが公表している「検索の仕組み」から確認してみてください。

2. 上位表示を獲得したいキーワードの分析を行う

公開する記事を上位表示されるためには、キーワードの分析が欠かせません。例えば、サイト開設から数日で、月間の検索数が10,000を超えるキーワードを狙って記事を公開しても、上位表示は無謀です。

サイトの強さや社会的信頼など、さまざまな要素が関係しているためです。開設当初は、競合サイトが比較的少ないと呼ばれる「ロングテールキーワード」で上位表示を狙うのが基本といわれています。

3. 競合サイトの分析を行う

キーワード分析と合わせて競合サイトの分析を行い、SEO対策を進めていきましょう。競合サイトを分析し、たくさんのユーザーを集めている記事、自社サービスや商品の購入に繋がっている記事などを探っていきます。

たくさんある競合分析ツールのなかで、『Rank Trscker』がおすすめツールです。競合サイトの強さ、集客や成約につながる記事が一目で分かるうえに、キーワードまで調査できます。無料版があるため、試してみるとよいでしょう。

4. ページごとに対策キーワードを定める

必ず1記事1キーワードで制作していきましょう。複数のキーワードを1記事に盛り込むと、クローラーが内容を正確に理解できず表示順位に影響するためです。

Googleは、ユーザーにいち早く有益な情報を届けることを目的にしているため、検索意図と異なるキーワードを含めることは得策ではありません。ページごとに対策キーワードを定めることも、SEO対策になります。

5. コンテンツの質を高める

Googleのアルゴリズムに対応するテクニックに加え、ユーザーの満足度を上げることも重要なSEO対策です。Googleはコンテンツの質を評価するにあたり、「専門性、権威性、信頼性」の3つの指標(E-A-T)を大切にしています。

あくまでもE-A-Tは、Googleの「検索品質評価ガイドライン」に含まれている指標の1つですが、これらを意識するのは重要です。E-A-Tの理解が難しい場合はGoogle検索セントラルブログに掲載されている自己質問を参考にすると、コンテンツの質を高められます。

【初級】SEO対策の種類は4つ

こどものひらめき

基礎となるSEO対策は、次の4つです。

  • 作成したサイトや記事をGoogleに見つけてもらう
  • インデックス登録される
  • 被リンクを得る
  • 入念にサイト設計を行う

上記の4つができていないと他の対策を行っても意味がないため、ポイントを押さえておきましょう。

作成したサイトや記事をGoogleに見つけてもらう

Googleにサイトや記事を発見してもらうことが、最初のステップであり最重要なSEO対策です。Googleに巡回される仕組みを作り、SEO対策に取り組んでみましょう。主な取り組みは、次の4つです。

  • 記事に内部リンクを貼る
  • XMLサイトマップを作成する
  • 米国のIPアドレスを許可する
  • Google(Googlebot)の巡回を拒否しない(robot.txtの拒否)

サイト開設から間もない場合は、XMLサイトマップの作成を必ず理解しておきましょう。

インデックス登録される

Googleにインデックス登録されるために、次の3つに取り組みましょう。

  • Googleに対し正しいURLを伝える
  • Wordpressで「noindex」の設定を外す
  • Gooleからの警告に対処する

Wordpress内の設定で「noindex」のチェックを外していない方は、Googleにインデックス登録されません。検索結果に表示させたい記事であれば、チェックを外す必要があります。

被リンクを得る

被リンクとは、外部のサイトに自身の記事が貼られることです。Googleは早い段階から「被リンク」の数と質について重要視しており、今でもランキングを決める指標の1つになっているようです。

質の高い被リンクが多いと権威性や信頼性によい影響をもたらし、上位表示につながりやすい傾向です。質の高い被リンクとは、関連性の高いWebサイトやE-A-Tの強いサイト(官公庁や有資格者のブログなど)が挙げられます。

サイト設計

キーワードによっては、サイト運営歴が短いサイトでは上位表示が難しいものもあります。たくさんの企業がWeb業界に乗り出し、ライバルサイトが多いためです。

熾烈な椅子とりゲームを勝ち抜くためには、サイト設計が欠かせません。有益なサイトにするためには、サイトを通してユーザーに何を届けるのか、ユーザーはどんな人かなど、目的やターゲットを決める必要があります。

【中級】コンテンツSEOと内部対策

スマホを触る女性

コンテンツSEOと内部対策は、SEO対策において重要です。Googleとユーザーのどちらにも影響を与えるため、押さえておくべきSEO対策です。

titleタグとメタディスクリプション

titleのタグにより表示順位に変動があるほど、titleタグは重要なSEO対策です。具体的な施策は「数字を加える、ユーザーにベネフィットを伝えるなど」があげられます。冗長な表現や狙ったキーワードをtitleの後半に含めるのは、適切ではありません。

メタディスクリプションは表示順位に直接影響を与えませんが、クリック率の向上やGoogleへ正確に内容を伝えられます。下位表示でもクリック率を高められるため、実施したいSEO対策です。

内部リンクの最適化

SEO対策において、内部リンクの最適化も非常に重要な施策の1つです。内部リンクには、Googleにサイトや記事の関連性を伝え巡回しやすい構造にする、ユーザービリティを向上させる役割があります。

内部リンクは「ナビゲーションリンク」と「コンテクスチュアルリンク」の2つに大きく分けられます。どちらも役割が異なるため、目的に応じて使い分けましょう。

【最新SEO対策】「Helpful Content Update」への対応

2022年8月、Googleは「Helful Content Update」を発表しました。主な目的は、ユーザーにとって有用な記事を検索結果に表示させることです。

全Webページがアップデートの対象となるため、必ず確認しておきましょう。

ユーザーのためになるコンテンツを重視する

今回のアップデートにより役に立たないコンテンツを削除し、コンテンツがユーザーに付加価値を与えられているかを確認しましょう。コンテンツの内容については「Google検索セントラルブログ」で発表されている次の質問が参考になります。

  • 専門性の高さや深さを明確に示しているか?
  • サイトに運営の目的や注力していることはあるか?
  • ユーザーは読んだ後、価値を感じてくれるか?

Googleのガイドラインに沿っているかも再確認し、対策をしておきましょう。

検索エンジンのためのコンテンツはNG

Googleは、検索エンジンのためのコンテンツとユーザーの不満との間には、相関関係があると提言しています。「Google検索セントラルブログ」で発表されている次の質問を参考に、コンテンツの内容を確認してみてください。

  • 検索エンジンからの流入を目的としたコンテンツになっていないか?
  • 多岐にわたりコンテンツを大量生産していないか?
  • 他サイト記事の要約になっていないか?

まとめ

本記事では、基本的なSEO対策から、コンテンツSEOや内部対策まで解説してきました。たくさんの対策を紹介してきたので、改めて基本となるSEO対策を振り返りましょう。

  • 作成したサイトや記事をGoogleに見つけてもらう
  • インデックス登録される
  • 被リンクを得る
  • 入念にサイト設計を行う

比較ビズは、SEO対策を得意とする会社を探すのにぴったりのサイトです。全国各地のSEO会社を比較しながら選べるので、自分に最適な業者を見つけられるでしょう。ビジネス成長を目的としたSEO対策を検討している方は、ぜひ一度無料で使える比較ビズを利用してみてください。

監修者の一言

Webマーケティングの世界はまさに「日進月歩」となっており、非常に変化が激しい業界となっております。その中でもSEO対策は長年、普遍的且つ強力なマーケティング手法として、多くの企業で重要視されてきました。

ただSEO対策の最適解は時代によって大きく異なります。2年前に正解とされていた施策が、現在ではサイト評価を落とす要因となるケースも多々ございます。検索エンジンのアルゴリズムを絶え間なく分析し、膨大な数のABテストから最適解を導き出すことが、上位表示化には不可欠です。

アドリブ株式会社
広告事業本部所属 持田 智也(モチダ トモヤ)
監修者

奈良県出身。立命館大学法学部卒業。Webマーケティングの現場を通して形成した独自のノウハウを基に、多種多様な企業の集客を支援。専門分野はSEO対策・リスティング広告。分析したサイト・広告アカウントは1,000以上となっており、中小から東証一部上場企業まで数多くのニーズに対応。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
SEO対策にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 検索アルゴリズムの変更でサイト流入が減ってしまった
  • 外部リンクがもらえない
  • 上位表示されるキーワード選定ができない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

SEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を一覧から探す