Googleで検索しても自社ホームページが出てこない!そのための対策方法とは?

更新日:2021年10月14日 発注カテゴリ: SEO対策(検索エンジン最適化)
株式会社レオリンク
監修者
代表取締役 高野 和博
Googleで検索しても自社ホームページが出てこない!そのための対策方法とは?

ホームページを作ったものの、思ったように商品やサービスの売り上げが伸びない、そもそもアクセス数自体が少ないままだという悩みを抱えている運用者は少なくありません。宣伝や販売のためにサイトを立ち上げても、その目的を成し遂げることができなければ宝の持ち腐れになってしまいます。こうしたケースでは、GoogleやYahoo!などの検索サイトで、自社サイトがほとんど表示されないという問題を抱えていることが多いものです。そこで、SEO対策と呼ばれる検索サイト向けの対策方法を知ることが重要です。

ホームページは作っただけでは意味がない!

自社サイトを作ってそれで満足してしまう人も少なからずいます。しかし、ホームページは店舗のようにただ単にお店を構えるだけでは、自動的にお客さんがたくさん来ることがないのと一緒で、開設しただけでは意味がありません。作っただけでは人々に知られることはありませんし、競合サイトもたくさんあるからです。訪問してもらえるための対策をしっかりと取らないといけないのです。

検索サイトからの訪問を増やす

一般的にホームページへのアクセスの多くは、GoogleやYahoo!といった検索サイトから流入してきます。ユーザーは、興味のあるワードやフレーズを検索サイトでチェックして、その検索結果に表示されたサイトをクリックして来るのです。

そのため、自社サイトへの訪問を増やす最も基本的かつ効果的な方法は、検索サイトにおける表示のチャンスを上げることです。言い換えると、特定のワードで検索をした時に、その結果の上位に表示されるよう目指すことです。

検索サイトからの訪問はかなり大きな数となりますので、もしこの対策を上手に行えればその効果はかなり大きなものとなります。アクセス数アップには、後述のようにいくつかの方法がありますが、検索サイトで上位に表示されるようになれば、他の方法をそれほど取らなくても目標アクセス数をクリアできる可能性もあるほどです。

ネット広告を出す

検索サイトを始めとする様々なサイトに、広告を出すことによってもアクセスを稼ぐことができます。ネット広告にはたくさんの種類があり、自社サイトのイメージを画像にしてそれを貼り付けてもらうものや、数行のテキストで宣伝を行い、それをクリックしたらアクセスできるようにするものなどがあります。

こうしたネット広告は比較的短期間でアクセス数アップを狙えるというメリットがあります。しかし、コストがかかりますので、上手に運用しないとアクセスは増えても経費ばかりがかかってしまうリスクもあります。

様々な媒体で宣伝する

ネット広告以外にも、自社ホームページを宣伝していく方法がいくつもあります。たとえば、社員の名刺にホームページのURLを入れて、それを渡すことができます。

また、カタログやチラシなどにやはりURLを入れるというのも有効な手段です。地道な方法ではありますが、多くの人にサイトの存在を知ってもらうことができます。

さらに、SNSを使うという方法もあります。サイトとは別にSNSを開設して、そこで情報を発信しながら定期的にサイトのURLリンクを貼るなどして、フォロワーに対して誘導をするのです。

検索サイトへの対策を重視すべき

このように、ホームページへのアクセスを増やす方法はいくつもあり、同時並行的にこれらの対策を進めていくことは大事です。しかし、最も効果が高く、その効果が持続するものに重点を置く方が効率が良いと言えます。

その方法が、検索サイトへの対策なのです。広告出稿費がかなりかかるネット広告などに比べても、費用対効果もかなり良いですし、ある程度長い効果を生みます。

なによりも、検索サイト対策は自社サイトそのものの質を上げることにつながりますので、基本としてすべきことなのです。いろいろな対策方法がある中でも、まず手を付けるべき点です。

アクセスを増やすためのSEO対策

検索サイトへの対策を行いアクセスを増やすことをSEO対策と呼びます。とても効果のある手法ですが、具体的な対策方法としてはかなりの種類があります。また、実際に効果を出すためには、技術とノウハウが求められます。それを知るためにも、まずはそもそもSEO対策とはどのようなものかをチェックしてみましょう。

SEO対策とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略です。検索サイト最適化という意味になり、自社サイトを検索サイトから見て評価の高いものとすることによって、より多く検索サイト上で表示してもらう対策のことを指します。

GoogleやYahoo!などの検索サイトを利用する多くの人は、検索ボックスに調べたいと思うワードを入力します。すると、そのワードに関係するサイトが上から順に表示されます。

一般的な傾向として、ユーザーは検索結果の中でもページの上に表示されるサイトをクリックするものです。したがって、検索結果の下位、しかも2ページ目での表示ともなれば、あまりクリックされずアクセス数も増えてこないことになります。

そこで、SEO対策では、検索サイトがどのような仕組みで検索結果を表示しているのかを知り、できるだけ上位に表示されるように工夫することを目的とします。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンは、世界中のホームページを定期的に巡回し、その内容をチェックしています。そして、内容によって検索結果の順位を変動させているのです。

Googleなどは、独自のシステムを使ってサイトの内容や構成をチェックし、AIなどを使用してその質を評価しています。そして、サイトの質が高い、検索されるワードに対してより満足度の高い回答を出せるサイトを評価して、検索結果の上位に掲載しています。

検索サイトは公平性を重んじていますので、検索エンジンにお金を支払えば順位を上にしてくれるということはありません。また、単に順位を上にするためだけの作業が行われないように、その基準も公表していません。

ただし、実際の運用を見た上での経験則や、Googleが小出しに発表している指針などを見ることで、ある程度の法則を知ることができます。原則としては、記事の質が高くオリジナリティーに優れたページを持っていると高評価を与えます。

また、読みやすく快適にページを読み込めるサイトであるというのも大事なポイントです。つまり、ユーザーによって益となる情報や利便性を提供しているサイトを上位掲載しているのです。

自社サイトの現状を把握する

こうした事情を踏まえて、検索エンジンが求める基準と自社サイトのレベルが合っているかを確かめることが第一歩となります。いくら自分たちが良いサイトだと思っても、実際に評価を下すのは検索エンジンですので、やはり検索エンジン側が見る基準に適っているかを確認する作業が必要なのです。

そして、アクセスがどのくらいあるのか、どの検索サイトからどのくらいの数の訪問があるかを把握しましょう。こうすることで、SEO対策がしっかりなされているか、改善する必要があるかを改めて理解できます。

Googleサーチコンソールを使う

現状把握と、具体的なSEO対策を行っていく上で、アクセス解析ツールは必須です。その一つが、Googleサーチコンソールというものです。

このツールでは、ホームページへアクセスするユーザーの動きを確認できます。検索サイトでどんなワードを使って検索し、自社サイトに来ているかが分かるのです。

時間帯や地域などのユーザー特性も分かりますので、ターゲットにヒットしているかの確認も可能です。さらに、どのページに初めに訪れているかの解析もできますので、同じサイト内でも集客効果のあるページと、そうでないページとを見分ける助けともなります。

このツールの登録はとても簡単で、Googleアカウントにサインインしてツール使用のための登録をするだけです。費用も掛かりませんので、サイト運用をしている人であれば必ず登録して使ってみると良いでしょう。

SEO対策の方法とは?

具体的にどのようにSEO対策をすべきなのか、どんな点に注意して行っていくべきなのかを続けて確認してみましょう。こうした対策はサイトを立ち上げる時に行うことで、高い効果を得られますが、更新や改善を図りたい時にも意識すると、その効果が大きく変わります。サイト運用者にとって、常に意識すべきポイントだとも言えますので、まずはその内容をしっかりと理解しておきましょう。

記事の質を向上させる

SEO対策では、何か裏技的なものがあるわけではありません。以前は、検索エンジンはキーワードの出現回数など、機械的な条件を重視して評価をしていましたが、今ではこうしたテクニカル的なポイントはあまり重視されていません。

つまり、強調したいキーワードをとにかくたくさん記事内に入れれば、検索結果が上がるといった単純な対策では不十分だということです。それよりも、Googleなどはサイトの質を最重要視しています。

特に記事の内容です。ユーザーが検索ワードに関係して知りたいと思っていることを、正確かつより深く取り上げているかということをチェックしているのです。

特にオリジナリティーのある記事、他のサイトにはないような重要で独自の情報が織り込まれているかという点を見て、評価の対象としています。そのため、SEO対策の最も基本となるポイントは、情報豊かでオリジナルの記事を作るということになります。

タイトルや見出しの使い方

質の高い情報に加えて、ユーザーにとって見やすく探しやすいサイトかというのも、検索エンジンが評価する点です。たくさん情報があっても、構成が悪く肝心な情報を探しにくい場合、評価は下がってしまいます。

そこで重要になってくるのが、タイトルや見出しです。こうしたパーツは、人目に付き強調されるポイントとなりますので、ここに重要なワードが入っていれば、それだけページ内を探しやすくなります。

そのため、それぞれの記事で強調したいワードを抽出して、それをタイトルや見出しに必ず入れるようにします。ユーザーにとっても、特に見たい情報をすぐに発見できて読みやすくなります。

リンクの効果的な貼り方

リンクもSEO対策では重要なポイントです。まず、他のサイトでリンクを貼ってもらい、自社サイトに来てくれるルートがたくさんあると、それだけ評価は高くなります。

これは学術論文と一緒で、他の論文で引用されることが多い論文ほど、重要度や正確性が高いと判定されることになります。同じように、他のサイトでリンクを貼られることが多いということは、自社サイトの信頼性が高いこと意味しますので、それだけ検索エンジンでも高い評価を下すのです。

もちろん、これは自分たちだけでできることではなく、他社が行うことです。そのためにも、高い質の記事を作ることが必要で、結果的にたくさんの被リンクを得られるのです。

また、自サイト内でのリンクも大事です。あるページに関連することが書かれている他のページの内部リンクを貼ることで、より多くのことを知ることができます。

スムーズに同じサイト内で移動できるということも、検索エンジンがチェックしている一つの要素ですので、SEO対策としてやっておくべきです。また、内部リンクが充実していれば、ユーザーが長く自社サイト内に留まってくれるという効果も生まれます。

読み込み速度を上げる

サイトにアクセスしても、なかなかページが読み込まれないとイライラして、他のサイトに移動してしまうことが多いものです。そのサイトが快適な環境にないからです。

これはユーザーだけでなく検索エンジンも見ているところで、読み込み速度が速いサイトほど高い評価を下す傾向にあります。そのため、サクサク見られるページにするというのも、SEO対策で重要な点なのです。

具体的には、重たい画像や映像をたくさん入れないこと、複雑な機能をいくつも実装させないことなどが挙げられます。また、サーバーのキャパシティーも大事ですので、転送速度が速いサーバーに切り替えるなどの対策も必要となることがあります。

インデックスを考える

インデックスとは、検索エンジンがサイトをチェックして、その情報と評価を保存しておくことを指します。良い評価を持つコンテンツがたくさんインデックスされるほど、総合的に良いサイトと判断され、競合サイトがあるとしても上位に表示されます。

そのため、サイト全体で質の高いコンテンツの割合が高くなるようにすることが重要です。サイトが大きいとどうしても、情報量が少なくあまりアクセスが集まらないような低評価のページも出てきます。

こうしたコンテンツは総合的な評価においてマイナスとなりますので、検索エンジンにインデックスされないようにします。こうすることで、良いインデックスの割合が増え、評価が押し上げられるのです。

まとめ

ホームページは単に立ち上げるだけでは、アクセスも集まりませんし商品販売などの成果も伸びません。そこで、重要になってくるのが検索サイトで上位表示されるようにするSEO対策です。

このSEO対策を効果的に行うには、ある程度の専門知識と技術、ノウハウが求められます。そのため、しっかりと対策をしたいのであれば、この道のプロに頼むのがベストです。

「比較ビズ」では、SEO対策を行えるプロを一括比較でき、依頼するのが簡単です。優良な業者だけが登録していますし、仲介手数料もかからずコスパに優れているのがメリットです。

監修者の一言

SEO対策を行ってグーグルやヤフーで自社サイトを上位表示させる事が出来れば御社様にとってメリットが沢山ございます。
・広告費を減らせる
・広告は絶対に見たくないというユーザーを最優先で獲得出来る
・上位表示されればさせるほど企業イメージも良くなる
という具合です。色々と難しい内容が沢山書いてありましたが基本が重要です。「知りたいこと・読みたいもの」をユーザー目線でサイトに書いていく。これが基本になります。

まずは御社様が見てて楽しい且つ、なるほどと気づきがあるサイトを作る事が結果SEO対策になっていることが多いです。ただ...頑張っているのになかなか検索順位が上がらない...。 そのような場合はやはりSEO対策の専門家にサポートしてもらう事が良いです。

SEO対策の専門家と二人三脚で頑張って、来年の今頃には自社サイトをグーグルやヤフー検索で上位表示させましょうね!

株式会社レオリンク
代表取締役 高野 和博
監修者

株式会社レオリンク代表の高野和博。フリーランス時代に独学でアフィリエイト・SEO対策を学び、多くのノウハウやメソッドを確立し起業。現在は集客ホームページ制作は勿論の事、集客に特化したECサイト制作が大好評。リリース後も複数の企業様やショップ様のSEO対策からSNS、広告運用など手厚い保守管理・コンサルタント業務まで行う。

SEO対策(検索エンジン最適化)を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

SEO対策(検索エンジン最適化)の案件一覧

SEO対策(検索エンジン最適化)のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

市区町村からSEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を探す

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す