「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

MEO対策を自分でやる方法【手順と注意点を解説】

公開日:2020年06月03日 最終更新日:2022年03月17日
tenicom合同会社
監修者
代表者 新井田 禎治
MEO対策を自分でやる方法【手順と注意点を解説】
この記事で解決できるお悩み
  • MEO対策って自分でできるの?
  • MEO上位にあげるコツ
  • MEO対策の手順
  • MEO対策のメリット

飲食店オーナーの悩みのタネといえば…集客方法ですよね。自信を持って美味しいものを提供できるのに、なぜか人が集まってきてくれない…。あれやこれやを対策するものの効果が出てこず悩んでいるオーナーは本当に多いです。

そんな悩みを抱えている飲食店オーナーの救世主となってくれるのがMEOです。昨今、MEO対策を自分で行って集客力を大幅にアップさせたケースが増えてきています。ということで、ここからMEO対策を自分でやる方法、そして業者に依頼した場合のお話も絡めてしていきます。

MEO対策は自分でできるので安心してください!

そもそもMEO対策は自分でできるのか?の部分ですが…いろいろな意味でハードルが低いので、全然できます。

SEO対策との関連性が高いとよく言われるので「なんだか専門知識が必要そうで難しいそう…自分ではできないかなー」とネガティブになってしまうわけです。

繰り返しになりますが、MEO対策はサクッとできるので安心してくださいね。

  • MEOを始めるまでがスゴく簡単
  • やることが明確だから始めやすい
  • 初期投資もランニングコストもいらないから安心
  • SEO対策と比較すると競合他社が少ない
  • 「上位表示」と呼ばれる範囲が広い

以上、「いろいろな意味でハードルが低い」ことについての真意を5つ、今から説明していきましょう。

MEOを始めるまでがスゴく簡単

ハードルが低いといえる最たる例は「MEOは始めるまでがスゴく簡単」という点です。

MEOとは

具体的には、Googleマイビジネスと呼ばれるサービスに自店舗の情報を登録するだけMEOを始めたことになります。

もっというと…知らない間にMEOを開始しているケースもあります。

というのも、Googleが独自に集めている情報を元にGoogleMap上に、既に紹介されていることもあるからです。

「独自に集めている」というのは、SNSで紹介されていたり、飲食店情報サイトなどに住所が記載されていたりすると、自動で取得をしてくれるようなイメージです。

ですので、勝手に個人情報が漏れ出ているわけではないので安心してくださいね。

そもそもMEOとは、GoogleMap上に店舗情報が登録されると、Googleが気を利かせてくれて「地域名」と「ジャンル」で検索されたときに結果として表示してくれるものです。

その店舗情報登録が「Googleマイビジネスに自店舗情報を登録すること」になるわけです。

MEO上位を目指したい

ちなみに、もし既に登録されている状態で集客力がいまいちの場合は、後ほどお話する「自分でMEO対策するときに注意しておきたい点とは?」の内容を実行すると集客力がアップする可能性があります。

つまりMEOは始まっているけど上位表示されていない状況と予想されるからです。

ともあれ、詳しくは後でお話するため、とりあえず読み進めてください!

初期投資もランニングコストもいらないから安心

お金の面でも、MEOは非常にハードルが低いです。まずMEOを開始するためにGoogleマイビジネスへ登録するわけですが…無料で登録することができます。

またランニングコストの面でも、ずっとGoogleマイビジネスは無料で利用することができるので不要です。まずMEOを開始すこういった面でも「自分でもできそうだな…」と感じることができる大きなメリットだといえます。

強いて言えば、メンテナンスをする人件費やインターネットを利用するためのネット費用ぐらいでしょうか…。

やることが明確だから始めやすい

「MEOを始めたはいいけど…その後、何をすればいいのか分からない…」となってしまえば、自分でMEO対策することはできません。

MEO対策は始めた後も、やるべきことはハッキリとしているため、分からない状況にはならないので安心してくださいね。

これも1つ「自分でできる」と結論付けできる所以であり、ハードルが低い!と言える理由です。

というのも、MEO対策としてGoogleマイビジネスへ登録した後は、その情報を厚くしていくだけだからです。最たる例は、自店舗の写真や動画を掲載することです。

これをするだけでも、MEOは高い評価をしてくれて上位表示してくれるようになります。SEOのようにIT技術を必要とすることはまったくないので…自分でもできるというわけですね。

SEO対策と比較すると競合他社が少ない

SEO対策は、小難しいことをしつつも、ライバルがスゴく多いので、どうしても結果に繋がりにくいです。

その結果、投げ出してしまって中途半端な状態で終わってしまうわけですね。しかし、MEO対策は基本的に競合他社が少ないため、グッとハードルが下がります。

どういうことかというと…SEOは全世界を相手することになりますが、MEOは自店舗がある地域のみを相手すればいいからです。

例えば「イタリアン」と検索したとき、SEOは全世界のイタリアンレストランを相手にしないといけませんが、MEOは自店舗の地域だけに焦点が当たるため一気に店舗数が下がりますよね。

もちろん、近隣にライバル店が多い場合は、多少なりとも努力が必要となりますが、基本的には競合他社が少ないためハードルは低いです。

「上位表示」と呼ばれる範囲が広い

MEO対策する目的は「上位表示されること」です。では、上位表示とは、どこからどこまでのことを指すのでしょうか?

1位〜3位のこと?1位〜100位のこと?と明確な基準はありません。ですが…目安となる検索している人の心理としては、1位〜10位ぐらいまでが許容範囲といわれています。

したがって、まずは上位10店舗までに入ることを目指すわけです。

SEOは3つ目までと言われていることもあるため、それと比較をすればハードルが非常に低いといえるでしょう。

また、同エリアにライバルとなる競合他社が10店舗もいる激戦区は少ないため、このような意味でも「上位表示の範囲が広い」ということができます。

(競合他社が同エリアに10店舗だけだったら、Googleマイビジネスに登録した後、何もせずとも上位表示される…といったことも起こりえます)

自分でMEO対策するときに注意しておきたい点とは?

実際にMEO対策を自分でしようとなったとき、注意点がいくつかあります。

  • 自店舗エリアの検索ワードを分析すること
  • ライバル店のMEO対策状況を知ること
  • 最終的に検索キーワードを決定すること
  • 決定したキーワードを意識して登録をすること
  • 画像・動画を積極的に掲載すること
  • SNSで取り上げてもらう
  • GoogleMapで口コミ情報を書いてもらう
  • 公式サイトがあれば質の高い情報の発信を!

以上8点を始めるときに念頭に置いておくと、効率的にMEO対策ができるかと思います。

また「やることが明確だから始めやすいよ!」とお伝えした具体的な内容が、ここでの説明の内容です。ぜひ熟読していただき効率的なMEO対策をしてもらえれば幸いです。

自店舗エリアの検索ワードを分析すること

まず最初に確認しておきたいことは、自店舗のエリアの検索キーワードを分析することです。理由は単純で、よく使用されるキーワードを意識して、自店舗の情報を登録するとMEO的に高い評価をもらえるからです。銀座に飲食店を構えていると仮定して検索ワード分析の大枠の流れを解説します。

分析(1)エリア名の関連キーワードを見てみる

銀座に構えているため、Google検索で「銀座」と検索してみます。銀座とセットでよく利用されるキーワード(関連キーワード)の候補がいくつか出てきますので、どんなキーワードがあるのか見てみましょう。

分析(2)関連キーワードと事業がマッチングするか確認する

銀座と検索し「寿司」というキーワードが表示されたとします。もし自身のお店が寿司に通じるジャンルであれば、「寿司」というワードを含む文章を作成するとMEO的に評価が高まります。

お店が寿司とはかけ離れたジャンルであれば「寿司」のキーワードは使いません。「無理やり不要なデータを入れて不当に客引きしている!」と判断されてしまうからです。

事業に合ったキーワードがないか探して文章を作ります。自店舗のニッチなキーワードも1つ決めておくといいケースもあるため、ぜひ詳しく分析をしてみてください

ライバル店のMEO対策状況を知ること

次は、自店舗のジャンルが居酒屋だった場合、実際にエリア名に合わせて居酒屋と入力して検索してみてください(「銀座 居酒屋」のイメージ)。

そのとき、どのような店舗があって、どれくらいのお店がMEO対策しているのか?を調べるわけですね。いわゆる「敵を知る」ための調査になります。

敵を知ることで、ライバル店と差別化を図ることが可能になります。具体的には、どんなキーワードに絞るか?の分析をするための調査です。

例えば「銀座 居酒屋」と入力した後に続く、もう1つのダメ押しキーワードをどれにするか?を決めます。

もし自店舗のセールスポイントが「安さ」であれば「銀座 居酒屋 安い」の検索を想定します。その結果、積極的に「安い」の言葉を使うようにすることで差別化を図ることができる算段です。

最終的に検索キーワードを決定すること

先に説明をした分析・調査結果をじっくりと吟味して、最終的な自店舗が有利になるであろうキーワードを決定します。自店舗のセールスポイントが他店舗と被っていても表示される店舗数が少なければ、そのキーワードで問題ないでしょう。

ライバル店が少なく、使いそうなキーワードにしていくことがポイントです。

もし多くのお店と被っていたら、また別の言い回しでキーワードを決定していきます。例えば「安い」といっても「激安」「格安」「安価」「破格」など類語は多くあります。

決定したキーワードを意識して登録をすること

検索キーワードを決定したら、それを意識して使用していくことが大切になってきます。

Googleマイビジネスに登録するときに、店舗情報を登録するのですが、そのときに積極的に使ってみるなどの方法です。また、公式サイトがあれば、そのサイトでも決定したキーワードを使うわけですね。

ただし、あまりにも不自然に入れすぎてしまうと逆にMEOの評価を下げることになるため「ほどよく」が大切です。

口コミ情報に対する返信をするときにも、意識してみると良い結果に繋がりやすくなるはずです。

画像・動画を積極的に掲載すること

絶妙なキーワードを選定して積極的に使ったとしても、自店舗の情報が薄ければ意味がありません。

手っ取り早く「分厚い情報」にするために、写りがいい画像だったり、動画だったりをGoogleマイビジネスに登録するといいです。

やはり見た目の情報はスゴく高く評価されるので、おすすめです。集客効果にも直結するため、自信を持って掲載できる画像・動画が撮れるか?がポイントになってきます。

SNSで取り上げてもらう

自分でできることではないですが、できる限りツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSで自店舗を取り上げてもらうよう努力していく必要があります。

というのも、MEOで上位表示されやすくする方法の1つに「SNSに取り上げられているか?」も条件となるからです。

飲食店であれば、美味しかったり、見た目がオシャレだったり、取り上げられやすいサービスを提供する意識を持つわけです。

「SNSに上げてくれたら●●円引き」などの特典を用意しておくのも1つの方法です。

GoogleMapで口コミ情報を書いてもらう

GoogleMap…つまりGoogleマイビジネスにて表示された店舗情報に口コミが載せられるようになっています。

そこの口コミ情報を利用した人に掲載してもらうよう努力していくと、より効率的なMEO対策することができます。

こちらも、口コミ情報を書いてもらうよう特典などを用意しておくといいかもしれませんね。

また、もし書いてもらうことができたら、必ず返信をするようにしてください。返信があるのとないのとでは、MEO側の評価も大きく変わるからです。

公式サイトがあれば質の高い情報の発信を!

もし自店舗サイトやブログ、SNSなどがある場合は、必ず質の高い情報を掲載するようにしてください。MEOはこれもしっかりと見てくれるので、質が高ければ評価して上位表示してくれるようになります。

では「質の高い情報は何か?」というと、利用者側が欲する情報が載っていることです。

料金だったり、飲食店であれば料理の内容だったり、どのようなジャンルの飲食店なのか?などになります。

ともあれ、丁寧なサイト作りをしておけば問題ありません。

実際にMEO対策を始めるまでの手順を紹介!

さて…いよいよMEOを始めるための手順を紹介していきますが…まったく身構える必要はありません。

スゴく簡単でサクッと完了するからです。

  1. Googleマイビジネスのトップページに行く(Googleで検索したり公式サイトから簡単にいくことができます)
  2. 「ご利用を開始」をクリックする
  3. ビジネス名(企業名・店舗名のこと)を入力して「次へ」をクリック
  4. 店舗の所在地を入力して(必ず正確な情報を入力してください)「次へ」をクリック
  5. 入力した所在地が間違いないか?を確認して「次へ」をクリック
  6. ビジネスのタイプを入力して「次へ」をクリック
  7. 連絡先を入力して「次へ」をクリック(ここも正確な情報を入力してください)
  8. ビジネスの確認をして「続行」をクリック
  9. オーナーであることを確認するための方法を選択

上記で登録が完了しMEOが開始されます。

ポイントは、ビジネスのタイプの選択です。ここで一番近いタイプを選択しないとMEO対策をしたとしても、効果が現れないときがあります。

とはいえ、選択肢は限られているため、サクッと決めることができますが…ただし、間違えないようには注意してくださいね。

「やっぱ無理!」と感じたオーナーは業者へ依頼を!5つのメリットを紹介!

MEO対策は簡単に始めることができますし、自分で行うこともできます。

この手軽さが大きなメリットではあるのですが…やはり、IT系というべきでしょうか…なかなか効果がでないケースもたくさんあります。

やはり「コツ」があるからです。いくら手順を踏んで作業をしたとしても、なぜか効果が出ないんですよね。

つまり、簡単に始めることができるメリットの裏には「自分ですると効果が出にくい可能性もある」という大きなデメリットが隠れているのです。

そこで頼りになるのが…MEO対策業者!業者に依頼すると以下の5つのメリットがあります。

  • 上位表示されやすく集客力がアップする
  • 導入までの手間を省くことができる
  • コストパフォーマンスがいい
  • 一度軌道に乗ると良い循環ができる
  • 本業に力を入れることができる

思い切って頼んでみるのといいと思うので、ここからは業者に依頼をした場合のお話をしていきますね。

上位表示されやすく集客力がアップする

「さすがプロだな」と思えるぐらい、サクッと上位表示してくれます。

というのも、業者はこれを生業としているわけですから上位表示させるためのノウハウをたくさん持っています。

1つ失敗したとしても次の手を持っており、対処することができる点が大きなメリットです。

さらに…素人だと一度でも失敗してしまえば、パニックになってしまって何をしたらいいのか分からない状態になってしまいます。

特にMEO対策は、効果が出るまで時間がかかってしまうこともあるため、モチベーションが一気に下がってしまう危険性も。

その結果、何もせずに終わっていってしまうわけですね。

プロに任せておけば、このようなリスクもなく確実に上位表示させてくれるのもメリットと言えるでしょう。

導入までの手間を省くことができる

Googleマイビジネスの登録は簡単ではありますが、やはり入力項目は多いです。

「何事も最初が肝心」と格言がある通り、MEOも最初はいろいろと気をつけないといけないことがあります。自分でした場合、この点が分からないまま…なんとなく始めてしまって失敗ということも。

始めるときのコツは実際のところありますが、それを調べるとなると、それなりの時間を使ってしまうので、効率的ではありません。

ですが業者に依頼することで、この時間を短縮できますし、最初からMEOの軌道に乗せることも可能であり大きなメリットです。

特に切羽詰まっているような飲食店であれば、なおさら業者へ依頼した方がいいと言えるでしょう。

コストパフォーマンスがいい

IT系のサービスとなると実際のところ、SEO対策の場合は、それなりの費用が請求されます。

ですので、身構えてしまいますが…MEO対策の場合は、そこまで高くはありません。

もちろん安くはありませんが…2020年現在の相場はだいたい1ヶ月3万円前後です。

「面倒な作業はしなくていい」「上位表示される可能性が高い」「集客力アップが期待できる」のようなメリット。

「月々3万円前後が必要になる」というデメリットを天秤に掛けたときに、どちらがよいか?と価値観の話にはなりますが…。

コストパフォーマンスは間違いなくいいというメリットのため頭に入れておきたいところです。

一度軌道に乗ると良い循環ができる

MEOの特徴として一度でも軌道に乗ってくれると、その後は良い循環が出来上がるということです。

先ほど説明をした通り、MEOを上位表示させるためには、SNSで取り上げられたり、口コミ情報があったり、写真・動画があったり、質の高い情報がネット上にあると上位表示されます。

一度でも上位表示されて集客することができれば、その情報を見て足を運んでくれた人が、またSNSや口コミを載せてくれて、さらに評価が高くなって上位表示されます。

それを見た人が、またお店に足を運んでくれて……のようなイメージですね。

業者に依頼をすると、やはり上位表示させるコツ、それを続けるコツを知っているので、このループに入りやすいメリットがあります。

本業に力を入れることができる

業者にMEO対策することで、得られる一番のメリットは、本業に専念できることです。

MEO対策は簡単に始められますし、メンテナンスもさほど負担にはなりません。これが大きなメリットなのですが、それでもやはり時間が取られてしまうのは事実です。

であれば、業者に丸投げしてこの時間を質の高いサービスを提供できるように努力した方が合理的だというわけですね。

質の高いサービスを提供すれば、自然とリピーターも増えますし、SNSなどでも取り上げてくれるようになります。

この状況はMEO的にも好都合であり、軌道に乗りやすくなるメリットも得られるはずです。

まとめ:集客を成功させたいなら業者依頼も視野にいれること!

自分でMEO対策をすることはできますし、うまく対策をすることで、間違いなく集客力はアップします。

だから「自分でやろう!」という選択肢があっても全然いいのですが…いろいろと面倒な作業があることは理解しておきましょう。

残念ながら、なかなか難しい面もあり「頑張ったのに結果が伴わない」ことの方が多く、精神的なダメージは大きいです。

つまりですね…業者へ依頼をした方が成功するケースが多いので、プロに任せてみませんか?が最終結論。

ノウハウを持っているため、自店舗への集客を成功させる確率は自分でするよりも断然高いです。

相場もそこまで高くないので、試してみる価値があると考えます。

監修者の一言

MEO対策は自分でも出来るが、結局の所専門家に任せてしまうのが良いというのが結論の本記事。この点は完全に同意です。記事にもあるように、スタートするのに難しい事はあまりありません。まず自分ではじめてみて、上手く上位表示されない場合には業者へ依頼するというルートでも良いと思います。

以前はスマホのGoogleMapには広告表示がなかったのですが、最近では広告が先頭に表示されるようになってきています。広告表示がされるとなると、やはり3位以内に入る必要があるかもしれません。

MEOはスタートしてからの運用がとても重要です。特に評価・口コミへの反応は大事で、記事にもあるようにコメントを書き込める機能があるので、積極的にコメントを集める事でより上位表示させる事が出来ます。

tenicom合同会社
代表者 新井田 禎治
監修者

鎌倉・藤沢を拠点にWEBに関わる支援を行っているtenicom合同会社の代表。WEBプログラマー、WEBディレクターを経て5年前に起業。現在は神奈川県の中小企業様を中心にWEBまわりを支援中。tenicomでは、「コンテンツの力で、Businessを支援」というキャッチコピーをもとにメディア事業の他、WEBサイト制作を安価に試せるサービスを展開中。

SEO対策(検索エンジン最適化)を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す