「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

E-A-Tとは何を意味するのか?seo対策において重要な理由とは?

最終更新日:2022年03月25日
株式会社WEBCOS
監修者
代表取締役 川浦 剛志
E-A-Tとは何を意味するのか?seo対策において重要な理由とは?

サイト運営者であれば、サイトの質を高めてより良いコンテンツをユーザーに提供したいと思うはずです。同時に、検索結果の上位に表示され、アクセスを増やすことを目指して様々な対策を施します。こうした作業をするに当たって、E-A-Tという考えは非常に重要な意味を持ちます。これはいったい何を指すものなのか、どのように具体的にサイト制作に生かせるかを考えることで、質の向上を図れます。

E-A-Tとは?

まずは、E-A-Tとはそもそもどのような意味なのか、どうしてこれが重要視されているのかを考えましょう。特にGoogleが持つ判断基準では、どのようにしてサイトの質を判定しているのかに注目できます。

検索品質評価ガイドラインに基づく考え

Googleはそれぞれのサイトを独自のアルゴリズムでチェックして評価を下しています。この評価の高い低いに基づいて、特定のワードによる検索結果の順位を決めているわけです。

Googleは公平かつユーザーにとって有益な検索結果の表示ができるようにと、サイトの質をどのように評価するかの基準を定めています。それが、検索品質評価ガイドラインと呼ばれるものです。

あくまでもGoogleが考えるサイトの品質基準ではありますが、それによって大きく検索結果が変わってしまいますので、サイト運営者は真剣に考慮すべきものです。そのガイドラインを見ると、特に記事もしくは文章の質を重視して評価を行っていることが伺えます。

では、どのように記事の質をチェックしているのでしょうか。その一つがE-A-Tという考えで、他にもある様々な要素と比較しても、重要度の点で高い地位を占めます。

E−専門性

E-A-Tのうちの初めのEは「Expertise」のことで、専門性を指します。より専門的で、特定のテーマを深掘りしている記事の方が高く評価されるということを意味します。

これにはいくつかの要素が関係しています。まずだれが書くかということですが、そのテーマを専門に扱っているプロ、たとえば医療についての記事なら医師や看護師などが書いた方が良いということになります。

また、サイト全体のテーマの取り上げ方も関係しています。雑記のようにちょっとした豆知識を漫然と取り上げているサイトよりも、医療なら医療と、一つのテーマに絞って切り込んでいくテーマの方が専門性が高いと判断されることになります。

E-A-Tはどれも重要な指針ですが、特にこのE、つまり専門性は評価ポイントが高いとされています。専門性のあるサイトであれば、自然と他の二つのポイントも備わってくることが多いと考えられるからです。

A−権威性

Aは「Authoritativeness」、つまり権威性という要素を意味します。これは、情報が正しいことを裏付ける力が強いかということを示し、取り上げているテーマについての権威を持つ人が書いている場合に、よりポイントが高くなります。

たとえば、あるメーカーの自動車の新しいモデルを紹介する記事を書くとします。この場合、単に一般ユーザーが性能などを紹介するよりも、メーカー自身が紹介する方が権威性が高いと言えます。その情報を出している本人だからです。

このように、いわゆる二次ソース、三次情報よりも、一次情報を提供するサイトの方が権威性が高いと判断されて、高品質だと認められるわけです。その分検索結果は上位になります。

また、実際に該当するテーマに直接携わっていなくても、長年その分野についての情報を出しているサイトも権威性があると見なされます。たとえば、メーカーの人でなくても、自動車評論家として長年レビューコメントを出している人の情報は信頼できる、と判断されるのと同じです。

そのため、たとえ自分が一次情報を出せる立場にないとしても、長年正確な情報を提供し続ければ、徐々に権威性は上がっていきます。それだけ、継続することに価値があるというわけです。

T−信頼性

E-A-TのうちTは「Trustworthness」と呼ばれ、信頼性を指します。これはシンプルに、提供されている情報が信頼できる根拠を持っているかという点で判断されます。

上記の権威性とも関連があって、特定のサービスについて書いているのであれば、サービス提供者のサイトは信頼性があると判断されます。誰が書いたが一つの基準となるわけです。

また、どんな根拠を提示しているかもポイントです。たとえば、行政制度について紹介している記事であれば、その制度の創設者である省庁のホームページを引用するといった証拠の提示ができます。

そして、一次情報を提供していなくても、記事制作者がはっきりしていれば信頼性が高まります。そのため、サイト内にサイト運営者の情報や連絡先などを記載することは、E-A-Tの考えに沿った対策となるわけです。

E-A-Tが重視される背景

GoogleはこのE-A-Tを重視する品質評価ガイドラインを出し、サイトのチェックを行っています。こうしたポイントが重視されるようになった理由としては、検索対策のためのテクニックを駆使するだけの、情報の質が低いサイトが大量生産されてしまったことが挙げられます。

以前は、単純に被リンクが多いとか、キーワードがたくさん記事の中で強調されているといった、機械的なテクニックで評価がなされていました。そのため、検索結果の上位にあるサイトほど、不自然で内容の伴っていない記事が多くなるという状況が見られるケースもあったのです。

そこで、Googleは大きく方針を転換して、より記事の情報の質というところにこだわって評価を下すようにしたのです。これは、ユーザーが読んでタメになり、益を得られるというユーザー目線での評価にしたとも言い換えられます。

この姿勢に基づいて、Googleでは情報が正確でオリジナリティーが高いということを、サイト評価の一番重要な要素として見るようにしているわけです。サイト運営者も、この考えに従ってサイトを作っていくことによって、SEO効果を高めると共に、ユーザーに対してより良い情報を提供できるようになります。

seoとE-A-TそしてYMYL

E-A-Tはseo対策をするために欠かせない要素となります。E-A-Tがどのように検索結果に影響をもたらすかを知り、施策を実行する際の助けとすることができます。特にYMYLと呼ばれるタイプのサイトでは、この重要性が増します。その意味合いも同時に考えてみましょう。

seoとE-A-Tの関係性

今まで見てきたように、E-A-TはGoogleが品質評価ガイドラインの中で重視するポイントです。つまり、検索アルゴリズムは、E-A-Tをしっかりと押さえたサイトほど高い評価を下すことになります

逆に言うと、サイトを制作する際にE-A-Tの基準を満たすような作り方をすることによって、seo効果が高まるということです。Googleは検索順位をどのように決めているか、具体的には公表していません。

そのため、品質評価ガイドラインというのは、Googleにとっての質の高いサイトをどのように決めているかを探るのに最も適したテキストなのです。seo対策をする上で、このガイドラインを研究することは欠かせない作業となります。

タグの使い方やキーワードの強調など、一般的なseo対策と共にE-A-Tを意識することによって、ぐっと評価が高まることになります。また、ユーザーにとって有益な情報を提供する助けともなりますので、E-A-Tという要素を確実に満たせるようにしたいものです。

YMYLとは?

E-A-Tはどのサイトにも適用される原則となる指針ですが、特にYMYLと呼ばれるタイプのサイトについては、その重要性が高くなります。YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、要はお金と命、人生に関わる情報を提供しているサイトを指します。

具体的には医療や金融系の情報サイト、法律や政治に関するニュースなどを挙げられます。こうした情報は直接ユーザーの財産や健康、生活に関係するものですので、より正確さが求められるわけです。

そのため、YMYLを扱うサイトについては、E-A-Tの基準が満たされていないと評価がかなり下がってしまいます。逆に、しっかりとE-A-Tのポイントを押さえてサイトを制作すれば、強いseo対策ができます。

Tが特に重視される

YMYLにおいては、E-A-Tのどのポイントも重要なのですが、特にTつまり信頼性のポイントが高く見積もられています。というのも、ユーザーがサイトを見て、財産や医療についての行動を取ることも十分あり、それが大きなダメージをもたらしてしまうリスクがあるからです。

信頼性のない情報に基づいてユーザーが行動することがないよう、しっかりと検索エンジンの側でチェックをしているのです。そのため、もっともらしく思える情報であっても、根拠となるものがないとか、誰からの情報か分からない記事についてはE-A-Tのポイントが下げられ、低評価を受けてしまうのです。

医療系サイトは慎重に内容を考慮すべき

YMYLのサイトはどれも重要な情報を伝えていますが、特にGoogleでは医療系の情報についてはチェックを厳密にしています。やはり、誤った情報に基づいて行動すると、命に直結することもあるからです。

また、これにはWELQ問題と呼ばれる出来事が関係しています。健康に関するいろいろなテーマを扱った情報サイトにおいて、全く医療上の科学的根拠のない情報が取り上げられていたという問題です。

医療関係者どころか、全くの素人がうわさ話や個人の想像に任せて執筆した記事が多く、サイトの信頼性が担保されない状態でした。それでも、検索結果の上位に上がってしまい、ユーザーが不信感を抱くようになったという背景があります。

こうした事態を避けるために、特に医療系のテーマについては、誰が書いたのか、医療関係の確かな知識を持った運営者なのかというのがチェックされるようになったのです。そのため、特に医療系の情報を取り上げたいのであれば、信頼性の担保というのは真剣に考えないといけないポイントと言えます。

E-A-Tをseo対策に適用するコツ

E-A-Tがseo対策に大きく影響することが分かったところで、具体的にどのように適用していったら良いかという点に注目しましょう。サイト制作に入るに当たって、情報の取り上げ方や構成の仕方に注意を払うことが求められます。

特化型のサイトにする

E、つまり専門性の高いサイトであるということを示すために、テーマもしくはジャンルを絞ってサイトを運営することは大事です。たとえば、保険をテーマにするのであれば、それだけを取り上げる特化型サイトとします。

他のテーマも混ぜて幅広く扱うことで、流入するユーザーの層を広げたいという思惑も理解できます。しかし、そうすると専門性が薄れてしまい、情報の集約がなされなくなってしまいます。

seo効果を下げることにつながりますので、一つのサイトにまとめるのは逆効果になりかねません。それなら別サイトで違うテーマを取り上げて、姉妹サイトとして連携させた方が効果的なのです。

唯一無二のサイトにする

オリジナリティーがあり、自社サイトでしか見られない情報をいかにして提供するか、これによって情報の質が上がります。検索アルゴリズムも、オリジナリティーというものを強く意識しています。

もちろん、専門家でないため、新しい発見についての情報提供はできないということもあるでしょう。そんな時は、一般的な解説と共に自分の経験を加えるという手法を使うことができます。

製品やサービスを使ってそのレビューをしたり、口コミ情報という形で経験を伝えたりするのです。これにより、経験という情報の提供元になれるわけです。

専門的な情報、特にYMYLに関係する情報サイトを運営しているのであれば、専門家の監修を受けるという手もあります。もちろん、これは単に「○○監修」というワードを含めれば良いというわけではありません。

虚偽情報は決して出してはいけませんので、確かに監修をしてもらっているという事実が必要です。その上で、監修者の氏名やプロフィールなどをサイト内に記して、信頼できる情報であることを示します。

このようにして、同じジャンルの情報を取り上げるにしても、他ではない切り口で取り上げることができます。唯一無二のサイトを作るという意識で、情報提供の仕方を検討してみましょう。

誰が書いたかをはっきりさせる

信頼性という面では、記事の制作者とサイト運営者が誰かを明らかにすることは重要です。検索品質評価ガイドラインでもそれが明示されていて、サイト内に表記することを勧めています。

特にECサイトのように商品を販売する場合は、法律によって問い合わせ先を含めた販売元の情報を載せる義務があります。また、一般的な情報を提供しているとしても、企業名を明記することによって、フェイクサイトではないという証明ができます。

サイト内に運営者情報ページを作ると共に、それぞれのページのフッターなどにも簡単な説明を載せます。こうしたことは、seo対策になるだけでなく、ユーザーとのトラブルを防ぐためにも役立ちます。

コーポレートサイトにおける注意点

運営者の表記をすると同時に、whois情報については必ず公開して信頼性を高めるようにしましょう。検索アルゴリズムのクロールにおいても、この情報があるとスムーズになされて高評価を受ける一つの要因となります。

特に企業が運営するコーポレートサイトでは、この情報は必須と言えます。トップページや各ページから直接リンクを貼って、企業概要ページをすぐに見られるようにしておくことも、信頼性を高めるために役立ちます。

また、コーポレートサイトでは企業情報を分かりやすく記すことによって、他のサイトに取り上げられやすくなることがあります。特定のサービスの紹介サイトなどでは、企業概要ページをスキャンしてそこから必要な情報を得ているからです。

ここには正式な社名や本社の住所、電話番号などの連絡先を記入しておきます。他にも、必要に応じて資本状況や経営者の情報なども入れておくと、企業情報が充実します。

SSL化は必須

サイトの信頼性は情報の質という観点だけの問題ではありません。サイト自体が安全な状況に置かれているかという点も、検索エンジンはしっかりとチェックしています。

その点で、サイトのSSL化は必須条件と言えるでしょう。これはユーザーがページにアクセスしたり、何らかのデータを送受信したりする時に、そのデータを暗号化するという技術のことです。

特に会員登録をしてIDとパスワードを入力するホームページや、クレジットカードによる決済があるサイトなどはなくてはならないスペックです。SSL化がなされていないサイトは、自動的にseo効果が下がってしまいます。

そもそもSSL化されていないページは、使用しているブラウザによっては表示自体がなされないこともあります。無駄にユーザーを失うことになりますので、サイトをアップする際には必ずSSL化しましょう。

SSL化はCMSやサーバーの設定で簡単に行えます。また、有料のサービスもあるとはいえ、無料でも十分なセキュリティー確保ができますので、コストの面でも負担がかかることはありません。

デメリットとなるものはほぼありませんので、もしまだ設定していないのであれば、すぐに実行すべきです。対応後はリダイレクト設定など、ホームページ全体の設定が必要となることもありますので、事前にやり方をチェックしておくとスムーズです。

被リンクをバランスよく獲得する

権威性を評価する一つの要素に、外部リンクをいくつ獲得しているかという点があります。これは、一般的な学術論文と同じ考え方で、たくさん引用される記事ほど信頼性と権威性が高く、質に優れた情報であるという評価をするためです。

そのため、seo対策の中でも被リンクを獲得するというのは、重要度の高い施策となります。とはいえ、外部リンク獲得ということに関しては、自分たちで積極的に行えることは多くありません。

オリジナリティーが高く情報の精度と興味深さの点でレベルの高い記事を作り、それを多くの人に読んでもらうことで被リンクを増やすのが基本となります。それには時間がかかることもあります。

ここでしてはいけないのは、単に被リンクの数を増やそうと自作自演をすることです。自分で別のサイトを作って相互リンクを貼ることや、リンク集サイトにリンクをしてもらうことなどです。

検索エンジンはこうした検索結果操作のためのリンク獲得を、厳しくチェックしています。そして、意図的にこうした操作をしていると判定されると、ペナルティーを受けて逆にランキングが下がってしまいます。

もちろん、姉妹サイトを作って相互リンクを作ること自体は悪くありませんが、ランキング操作と疑われないように過剰な被リンクは避けるべきです。バランスよく外部リンクを獲得できるように、サイトの質向上を図っていきましょう。

引用元の選び方

何らかの公式情報を掲載する時には、情報元から引用することもあります。この場合、必ず引用元は一次情報サイトから行うようにしましょう。たとえば、公的な助成金制度について紹介するのであれば、厚生労働省のホームページから取るなど、公的機関からの引用であるべきです。

こうすることで、情報の信頼性が高まります。また、ユーザーに安心感を与えることにもつながり、サイト内の他の記事についても信用してもらえる根拠となります。

ちなみに、特定の文章を他サイトからそのまま引用する場合、何もしないでコピペするのは避けましょう。検索エンジンはコピペ記事を厳しく見ていて、コピペがあると判断されるとかなり検索結果が下がってしまいます。

ではどのように引用すれば良いかというと、必ず引用タグを用いるのがベストです。引用タグを使うことによって、その部分が強調され引用であることが分かります。コード上でもそれは明らかになりますので、単なるコピペではないということが分かりペナルティーの対象とはなりません。

そして、引用をしたらどこのホームページからの情報なのかを明記します。できるだけ、引用したページのURLを書いて、リンクを貼っておくとなお良いでしょう。

記事の更新の頻度

情報の正確性を保つために、専門的な情報であっても定期的に見直して、更新をし続けるようにしましょう。というのも、ある時点で正確だとされていた情報も、時が経過するにつれて古い知識だと見なされてしまうことは多々あるからです。

検索アルゴリズムでは、同じテーマについて異なる見解の情報があり権威性などで比較できない場合、最新の情報を優先するというルールを持っています。そのため、記事内で紹介している情報が古くなっていることに気付いたら、それをすぐに差し替えるようにしましょう。

もしくは、そのページを削除してユーザーに触れないようにします。低い評価を受けるページはそのままにしておくよりも、削除してしまった方がseo対策としては良いのです。また、ユーザーが間違った情報によって行動することもなくなります。

キーワードを考慮した記事の作り

E-A-Tを意識して、専門的で深い情報を提供することは大事ですが、それがユーザーの求めていない情報になってしまっては意味がありません。seoではユーザーが求める情報を、正確に伝えるということが重視されるからです。

そのため、seo対策の基本でもあるキーワードの選定と、巧みな記事内での利用を実践しましょう。それにより、ユーザーが検索しやすくなりますし、求める情報に行き着きやすくなります。

まとめ

E-A-Tとは、サイトに専門性、権威性、信頼性があるかということを判定するための考えです。これによってサイトの質が評価されて、検索結果の順位が変わってきます。そのため、seo対策のためにE-A-Tは真剣に考慮すべきポイントなのです。

こうした要素は記事の情報を正確に保つことや、オリジナリティーのあるものとすることによって成し遂げられます。質の高い情報を提供することによって、質の高いサイトができるというわけです。

監修者の一言

近年では特に今回のE-A-Tが重視されてきています。この記事においても、SEOサービスを提供している弊社が監修をすること自体、E-A-Tが高まる一例と言えます。

一時期は誰が書いたのかもわからないようなまとめサイトが検索上位を占めることがありました。しかしながら、その情報が信用に足るものなのか?という裏付けが欠落している記事を検索上にランキングすることは、そもそものGoogleの検索エンジンによるユーザーへの価値提供という側面で、検索体験を損ねることに繋がったのです。

Google自らも検索結果でE-A-Tが考慮されていなかったとして、アルゴリズムの変更を加えたこともあります。特別難しく考える必要はありません。

記事に価値を持たせるためにも本記事を参考にして、記事の運営元の素性は明らかなのか、その記事が掲載されるのにふさわしい媒体なのかなど、ユーザーに信頼性のある情報は提供できているのか、という観点から記事やサイト制作を行っていくとよいでしょう。

株式会社WEBCOS
代表取締役 川浦 剛志
監修者

群馬県出身。Googleデジタルマーケティング認定資格保有。飲食業界の現場と役職経験を経て、2012年不動産業界に転身。東京都内の高級賃貸会社Modern Standard(現:RENOSY PLUS)にて、SEO対策を中心としたWEB集客・マーケティング・戦略構築の実務担当・責任者を経て、2019年にITの街東京都渋谷区にてWEBCOSを設立。これまで中小企業から上場会社まで幅広い規模のウェブサイトのサポートを行なってきた経験を通して、日本全国の中小企業を中心に再現性の高いSEO対策、ホームページ制作、システム開発からITツールを活用した業務効率化を支援している。

SEO対策(検索エンジン最適化)を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す