「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

見積書解説シリーズ(一覧に戻る)

SEO対策の費用相場は?|依頼方法や実施方法による違いを解説

最終更新日:2023年05月11日
SEO対策の費用相場は?|依頼方法や実施方法による違いを解説
この記事で解決できるお悩み
  • SEO対策の内容別費用相場とは?
  • SEO対策の固定報酬・成果報酬の費用相場とは?
  • SEO対策を業者に依頼するときの注意点とは?

「SEO対策にかかる費用を知りたい」「SEO対策の業者選びで失敗したくない」とお考えの方必見。

SEO対策を外部業者に依頼する費用相場は、依頼内容と報酬タイプにより異なります。

この記事では、SEO対策の業者依頼を検討している担当者向けに、SEO対策の依頼費用や業者選びのコツを解説します。

この記事を読み終わった頃には、自社に合うSEO対策の業者を選定できるようになるでしょう。

他の見積書解説の記事

SEO対策の費用相場

bM98uPpQ1YfKPyK1683778037_1683778053

SEO対策の費用相場は、以下の4つに分けられます。

  1. SEOコンサルティングの費用相場
  2. コンテンツSEOの費用相場
  3. 内部SEO対策の費用相場
  4. 外部SEO対策の費用相場

1. SEOコンサルティングの費用相場

SEOコンサルティングの費用相場は、20万円〜100万円です。

SEOコンサルティングとは、ホームページを運用する目的を考え、検索順位の向上を目指します。検索の順位を上げるために記事やコンテンツのライティング指導・添削を行い、販売戦略まで含めたコンサルティングをします。サイトの分析・キーワード選定・ペルソナの設定・競合調査など幅広く対応してくれるでしょう。

業者に任せられる範囲が広く成果が出やすい反面、高額になりやすい特徴があります。

2. コンテンツSEOの費用相場

コンテンツSEOの費用相場は、1記事あたり数千円〜5千円です。

コンテンツSEOとは、ホームページのアクセス数アップを目的に、構造を考えコンテンツ記事を作成することです。検索エンジンの評価を高めるためには、ユーザーの検索目的にあう良質な記事が大切です。

ホームページの目的に合ったキーワードの選定から支援してくれる業者もあります。月の作成本数を決めて月額を定額にする方法と一括で数十本の依頼ができる方法があります。

3. 内部SEO対策の費用相場

内部SEO対策の費用相場は、10万円〜100万円です。

内部SEO対策は、サイト内の構造見直し・記事のリライト・内部リンクの再設定などを行い検索順位を向上させることが目的です。各記事のタイトルやディスクリプションも見直しをします。

対応してもらう範囲や記事数により、費用が変わります。

4. 外部SEO対策の費用相場

外部SEO対策の費用相場は、1万円〜20万円です。

外部SEO対策では、他のサイトからリンクを貼りサイトの価値を向上させる施策です。外部SEOは、Googleがスパム判断をしてSEOで不利になる可能性もあるため、依頼するときには注意しましょう。

固定報酬型SEOの特徴と費用相場

UlYyOurgYN7UC3L1677037361_1677037374

固定報酬型SEOの特徴と初期費用・ランニング費用を説明します。

  • 固定報酬型SEOの特徴
  • 固定報酬型SEOの初期費用
  • 固定報酬型SEOのランニング費用

固定報酬型SEOの特徴

固定報酬型SEOの特徴は、毎月定額料金を支払い、SEO対策を依頼する点です。

初期費用と月額費用を計算して予算を立てやすく、月により変動しないため収支計算しやすい特徴があります。SEO対策で効果が出ないときにも支払いが必要になる点に注意しましょう。

固定報酬型SEOの初期費用

固定報酬型SEOの初期費用相場は、5万円〜20万円です。

ホームページの目的と狙っているキーワードにおける調査やプランニングが初期費用になります。SEO対策では最初のプランニングが重要であり、固定報酬型SEOを依頼する前に時間をかけて業者と共にプランを検証しましょう。

固定報酬型SEOのランニング費用

固定報酬型SEOのランニング費用相場は、20万円〜40万円です。依頼内容により、費用に差が出やすくなります。

たとえば、内部リンクの見直しだけを目的とする場合は費用が割安になりますが、記事の新規投稿やリライトまでを含めると割高になりやすいです。

固定報酬型SEOでは、毎月の実績が費用に見合っているのかを検証する必要があります。月次報告会を設けて成果をレポーティングする場がある業者を選ぶようにしましょう。

成果報酬型SEOの特徴と費用相場

成果報酬型SEOの特徴と初期費用・ランニング費用を説明します。

成果報酬型SEOの特徴

成果報酬型SEOの特徴は、検索順位の上昇率にあわせて報酬を支払う点です。

検索順位が上昇する成果が上がれば、固定報酬型よりも費用は割高になりますが、結果が出なかった場合は費用が割安になる特徴があります。

成果報酬型SEOの初期費用

成果報酬型SEOの初期費用は、5万円〜20万円です。

成果報酬型でも初期費用は必要であり、一般的には固定報酬型とあまり差がありません。初期費用を不要にしているSEO対策業者もありますが、プランニングの重要性を理解したうえで業者を選ぶようにしましょう。

成果報酬型SEOのランニング費用

成果報酬型SEOのランニング費用相場は、1万円〜30万円です。1キーワード単位での価格であり、検索順位を上昇させたいキーワードが増えると、月額費用も増えることになります。

一般的には、10位以内に表示されている日数に応じて報酬が発生します。キーワードの難易度により単価が変わる点にも注意しましょう。

SEO対策を業者に依頼するときの注意点

pixta_48377990_M

SEO対策を業者に依頼するときの注意点は、以下のとおりです。

  1. 信頼できる会社を選ぶ
  2. 費用対効果を検証する

1. 信頼できる会社を選ぶ

SEO対策業者は、大手企業から個人事業主まで幅広く存在します。信頼できる会社を選ぶポイントは、以下のとおりです。

  • SEO対策費用の明細が明確である
  • SEO対策の実績がある
  • ホームページの目的を正しく理解している

価格だけで判断するのではなく、業者と打ち合わせを重ねて依頼するようにしましょう。

2. 費用対効果を検証する

SEO対策を業者に依頼するときは、費用対効果を検証しましょう。

たとえば、成果報酬型SEOの依頼をし1キーワードの検索順位が10位以内に上がったとします。商品の販売実績が30万円増えた場合、SEO対策にかけた費用は30万円以下でなければ利益が出ません。

キーワードの難易度と費用・想定される実績を加味した費用対効果の検証が重要になります。

以下の記事では、SEO対策に定評があるホームページ制作会社を紹介しています。会社選定の際にぜひ参考にしてください。

以下の記事では、内部SEO対策に強い会社を紹介しています。サイト内の構造や記事を見直したいと考えている場合は、ぜひ参考にしてください。

まとめ

SEO対策の費用相場は、SEOコンサルティング・コンテンツSEO・内部SEO対策・外部SEO対策の4つのパターンがあります。依頼方法は、固定報酬型と成果報酬型にわかれます。

SEO対策を委託する際には、費用対効果と信頼できる業者の選択が重要です。

「比較ビズ」は、SEO対策業者を簡単に探すことができ、それぞれの会社を比較してSEO対策の相談ができます。ホームページのSEO対策に悩むことがあれば、ぜひ参考にしてください。