MEOアルゴリズムを徹底解説!初心者にできる上位表示対策15選

SeekNext合同会社
監修者
SeekNext合同会社 代表 兼 CEO 佐藤 潤嗣
最終更新日:2024年05月16日
MEOアルゴリズムを徹底解説!初心者にできる上位表示対策15選
この記事で解決できるお悩み
  • MEOアルゴリズムはどういう仕組み?
  • アルゴリズムを踏まえた効果的なMEO施策は?
  • MEO対策のメリット・デメリットは?

「MEO対策をしたいが、アルゴリズムがわからず何をすればいいか悩んでいる」という方必見。

スマホの地図アプリでお店を探すユーザーが増えた現在、実店舗の集客施策にMEOは欠かせません。効果的なMEO対策を実行するには、まず表示順位が決まるアルゴリズムを把握することが重要です。

この記事では、MEOの基礎知識やアルゴリズムの仕組み、効果的な対策方法などを解説します。記事を読み終わった頃には、自社に必要なMEO施策を考えて実行できるでしょう。

SEO対策にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 検索アルゴリズムの変更でサイト流入が減ってしまった
  • 外部リンクがもらえない
  • 上位表示されるキーワード選定ができない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

SEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を一覧から探す

MEOとはGoogleマップでの上位表示を狙うこと

1

引用:Googleマップ

MEOとは、Googleマップで自社のGoogleビジネスプロフィールを上位表示させるための取り組みのことです。「Map Engine Optimization」の頭文字を取った言葉で、日本語ではマップエンジン最適化を意味します。

ユーザーの地名キーワードを用いた検索行動が「ローカル検索」と呼ばれることから、MEOはローカルSEOとも呼ばれます。

MEO対策の重要性

MEO対策が重要な理由は、集客に直結する要素であるためです。地名で検索するユーザーは近隣の店舗を探しているため、購買・来店の意欲が高いです。

たとえば渋谷でカフェを経営している場合を想像してみましょう。「カフェ」の一言だけで検索するユーザーよりも「カフェ 渋谷」と地名を交えて検索するユーザーのほうが、来店する可能性が高いと判断できます。

2-1

近年ではGoogle検索においても、マップがSEOメディアや店舗ホームページよりも上位に表示されやすいです。MEO対策を行いマップ上で自店舗を上位表示させることで、Google検索でも上位を獲得して効率的に集客できます。

MEO対策が必要な事業者の特徴

MEO対策は実店舗全般を経営している事業者に必要な施策です。GoogleマップやAppleマップの普及により、出先でマップを使い店舗を調べるユーザーが増えています。飲食店や小売店など、ふらっと立ち寄りやすい店舗では特にMEO対策が重要でしょう。

Google検索結果でGoogleマップが表示された際もMEO順位が関係することから、事前に情報を調べて来店する業態でも対策は欠かせません。美容院やエステサロン、クリニック、映画館など予約が多い形式の事業者もMEO対策を積極的に取り入れることをおすすめします。

MEOとSEOの違い

MEOとSEOの主な違いを下記の表で紹介します。

  MEO SEO
対策を行う目的 Googleマップでの上位表示 Google検索結果での上位表示
アルゴリズムでの主な評価基準 Googleビジネスプロフィールの情報 サイトの構造およびコンテンツ
成果が現れるまでの期間 1カ月〜3カ月 3カ月〜6カ月
対策にかかるコスト 月額2万円〜5万円 月額10万円〜
ライバルの数 少ない 多い

MEOとSEOにはさまざまな違いがありますが、もっとも特徴的な点は成果の出しやすさです。SEOでは1つのキーワードに対していくつもの商圏から事業者が殺到します。MEOでは地名検索が前提となるため、近隣の店舗のみがライバルです。

マップで店舗や事務所を上位表示させる性質から、メディア事業者の参入もありません。MEOは、SEOと比較して短期で成果を出すことが可能です。

MEO対策でアルゴリズムが重要な理由

MEOアルゴリズムが重要な理由は、アルゴリズムに評価される要素を理解しないと効果的な対策ができないためです

Googleビジネスプロフィールに、店舗の情報をただ詰め込むだけでは意味がありません。Googleはユーザーファーストを大切にするため、掲載情報が多くてもわかりづらかったり最新に更新されていなかったりすると評価が低くなります。

たとえば情報量を増やそうとするあまり、ユーザーが探している内容と関連の弱い文章を記載し過ぎているとMEO順位は上がらないでしょう。アルゴリズムを理解したうえで、過不足なくGoogleビジネスプロフィールを充実させることが最適なMEO対策です。

MEOアルゴリズムを構成する5つの要素

MEOアルゴリズムを構成する要素は次の5つです。

  • 関連性
  • 距離
  • 視認性の高さ(知名度)
  • 情報の更新頻度
  • ユーザーの反応率

実際のところ、 アルゴリズムのすべてが公開されているわけではありません。MEOアルゴリズムを理解するためには、Googleビジネスプロフィールヘルプの記載内容と経験則を組み合わせて把握することが重要です。

1. 関連性

828TvOxiZ9DfwsB1686016944_1686016960

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

MEOアルゴリズムの関連度とは「Googleビジネスプロフィールに記載された情報とユーザーの検索キーワードがどれだけ関連しているか」です。たとえばユーザーが「豚骨ラーメン 神田」のキーワードで検索した場合、下記に当てはまる店舗が上位に表示されると考えられます。

  • ラーメン屋である
  • Googleビジネスプロフィールの説明文に「豚骨ラーメン」と記載されている
  • 「〇〇の豚骨ラーメンおいしい」という口コミが多い

検索語句に表れるユーザーのさまざまなニーズを満たせるよう、幅広いキーワードをGoogleビジネスプロフィールに盛り込むことが重要です。

実態に合わないキーワードを入れたり同じ内容を何度も記載したりして無理に関連性を高めると、Googleからのペナルティを受けます。

2. 距離

4

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

店舗の住所と、ユーザーが検索している地名やユーザーの現在地との距離もMEOアルゴリズムでの評価項目です。検索している地名やユーザーの現在地から近い店舗ほど上位表示されやすくなります。

必ずしも最短距離にある店舗が、最上位に表示されるわけではありません。

(前略)遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

距離の評価を高めるために店舗住所をしっかりと入力したうえで、ほかの項目も充実させる必要があります。

3. 視認性の高さ(知名度)

5

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

MEOアルゴリズムで評価される「視認性の高さ」は、オフライン・オンラインでの知名度です

オフラインでの「視認性の高さ」 ビジュアル的な目立ちやすさ、ブランド認知度など
オンラインでの「視認性の高さ」 ホームページの情報、Googleでの口コミの評価や数など

オフライン情報も加味して判断されるため、Googleビジネスプロフィールを管理・運用するだけでは評価が上がりづらい面もあります。しかしオフラインでの急激な知名度向上は難しいため、まずはオンラインでの対策を優先しましょう。

具体的には、ホームページを作りSEO対策を施す・SNSで継続的に発信する・来店した顧客に口コミを促すなどです。自演やサクラによる偽の高評価、競合への嫌がらせでの低評価はGoogleのペナルティ対象となるため注意してください。

4. 情報の更新頻度

6-1

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

MEOアルゴリズムで評価される4つ目のポイントは情報の更新頻度です。Googleには「EAT」という評価基準が存在し、最新で正確な情報を掲載することは「T(信頼性)」の評価アップにつながります

EATとは?

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trust(信頼性)の頭文字。Googleが検索アルゴリズムで特に重視する要素を示したもの。

メニューや営業時間などに変更があった場合は、すぐに反映させてユーザビリティを高めましょう。

5. ユーザーの反応率

MEOアルゴリズムにおけるユーザーの反応率とは、Googleマップで自店舗を閲覧したユーザーのうち、アクションを起こしたユーザーの割合です。アクションの代表例として次の4つが挙げられます。

  • 電話
  • サイト訪問
  • 予約
  • 経路検索

店舗を閲覧したユーザーが何も行動を起こさなければ、アルゴリズムにより「情報の価値が低い=上位表示させる意味がない」と判断されます。逆に反応率が高ければ「ユーザーが行動を起こす→上位表示できる→閲覧数が増える→さらにユーザー行動が増える」の好循環になるでしょう。

MEOアルゴリズムをハックする上位表示対策15選

oMcwnx2BkWAEYuF1686013600_1686013616

アルゴリズムを踏まえて効果的なMEO施策を15個紹介します。すべてを並行して継続することが重要で、1つひとつの施策は難しくありません。

1. Googleビジネスプロフィールを最新の状態に保つ

アルゴリズムを踏まえたMEO対策で最も重要な施策は、Googleビジネスプロフィールを最新の状態に保つことです。

13

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

Googleは最新で正確な情報を高く評価します。またユーザーが店舗を閲覧して「行ってみたい」と思ったとき、住所や電話番号に誤りがあると信頼度が落ち、来客の機会を失うでしょう。

MEO評価を高める意味でも機会損失を防ぐ意味でも、Googleビジネスプロフィールには常に最新情報を記載しましょう。

2. 事業にあったカテゴリを設定する

MEO対策では事業にあったカテゴリを設定することも重要です。設定したカテゴリは、MEOアルゴリズムにおける関連性を評価する基準の1つとなります

12

参照:Googleビジネスプロフィールヘルプ

店舗に適していて、かつ具体的なカテゴリを設定しましょう。独自のカテゴリを作成することはできないため、最適なものがない場合は「レストラン」「サロン」などの一般的なカテゴリを使用します。

3. ビジネスのオーナー確認をする

Googleビジネスプロフィールヘルプでも、ビジネスのオーナー確認を行うと検索結果で上位表示されやすくなると公表されています

ビジネスのオーナー確認を行うと、Google マップや Google 検索などの Google サービスで、ローカル検索結果にビジネス情報が表示される可能性が高くなります。(後略)

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

店舗名や住所、電話番号、ホームページアドレスなどの基本情報を入力することでオーナー確認が完了します。ビジネスのオーナー確認をしていないとGoogleビジネスプロフィールの編集ができないため、必ず最初に行いましょう。

4. サイトやSNSの基本情報を統一させる

ホームページやFacebook・Twitter・InstagramなどのSNSに入力してる店名・住所・電話番号などの基本情報は統一させましょう。

更新が遅れている・表記揺れがあるなどの理由で情報が統一されていないと、MEOアルゴリズムに他店舗と認識される可能性があります。他店舗と認識されて評価が分散すると「視認性の高さ(知名度)」が低くなり上位表示できません。

たとえば正式名称「Coffee at 新宿」カフェが、一般に「コーヒー新宿」と呼ばれている場合、顧客の呼び方とは異なっても、Googleビジネスプロフィール・ホームページ・SNSでは「Coffee at 新宿」に表記を統一しましょう。

5. 営業時間の情報を正確に保つ

店舗の営業時間を正確に記載しておくことは非常に大切です。コロナ禍で営業時間の変更を余儀なくされている場合も、常に正確な情報を記載することでユーザーに安心感を与えられます

開店時間や閉店時間、祝祭日や特別なイベントに合わせた特別営業時間などを含む営業時間を定期的に更新しましょう。(後略)

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

営業時間に誤りがあると、せっかく来店した顧客をがっかりさせ、機会損失となるだけではなく悪い口コミがつく可能性もあります。特別営業時間や祝祭日含め記載しましょう。

6. 口コミの管理と返信を行う

Googleマイビジネスの口コミ管理・返信はMEO対策に効果的です。Googleが公表している「Googleのローカル検索結果のランキングを改善する方法」にも含まれています

ビジネスに関してユーザーが投稿したクチコミに返信しましょう。クチコミに返信することで、ユーザーの存在やその意見を尊重していることもアピールできます。ユーザーから有用で好意的な内容のクチコミが投稿されると、ビジネスの存在感が高まり、顧客が店舗を訪れる可能性が高くなります。(後略)

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

高評価・低評価に関わらずすべての口コミに対して返信しましょう。口コミの返信を行うことでお店が顧客の意見を尊重していることをユーザーに伝えられ、ほかのユーザーが口コミをアップしやすい状況を作れます。

こまめな返信により口コミを促進できれば、関連性や視認性の高さが評価されさらに上位表示できるでしょう。

7. いい口コミを増やす

8-1

いい口コミが多いと、検索しているユーザーにとって有益な情報とMEOアルゴリズムに認識され上位表示されやすくなります。平均評価が競合店舗と同等でも、口コミを増やすことで「検索キーワードと関連性が高い」「利用者が多い=人気店」と判断されるでしょう。

いい口コミをもらうためには、顧客が満足できるようなサービスの徹底が大切です。来店してくれた顧客に口コミ投稿を促すことも欠かせません。

自分でいい口コミをアップしたり口コミを購入したりすると、Googleからペナルティを受ける可能性があるため注意してください。MEOアルゴリズム対策だけではなく、来店率を高める意味でも口コミ促進は欠かせない施策です。

8. 魅力的な写真や動画をアップする

効果的なMEO対策の3つ目は、魅力的な写真をアップすることです。お店の魅力を伝えられる画像を掲載することで、検索したユーザーの目を引きクリックしてもらいやすくなります。

14

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

ユーザーに店舗をアピールして来店率や予約率を高めることで、MEOアルゴリズムにおける反応率の評価が改善されます。顧客の目線に立ち、どのような写真が店の雰囲気を伝えやすいかを考えてアップしましょう。

具体的には美味しそうな料理やオシャレな内装の様子などの写真がおすすめです。1〜2枚だけではなく、15枚〜30枚アップしてさまざまな角度から魅力を伝えることが大切です。

9. 店舗の商品を追加する

小売店の場合、取り扱い商品を追加することも効果的なMEO対策の1つです。

小売店の経営者は、店舗の商品をビジネス プロフィールに追加して、販売中の商品を店舗周辺の買い物客に表示できます。(後略)

引用:Googleビジネスプロフィールヘルプ

商品を追加することでユーザーの興味を引けるうえ、ニーズを満たしていることがわかりやすくなり来店率(反応率)も高まります。飲食店やサロンでは重視しないため見落としがちですが、小売業のMEO対策では重要なポイントです。

10. 多言語対応させる

外国人旅行者もターゲットにして店舗を経営している場合は、多言語対応も行いましょう。現状、Googleマイビジネスに他言語対応の機能はありません。他言語設定を行うにはGoogle検索から修正を提案する必要があります

たとえば英語の場合、下記の手順で他言語対応が可能です。

  1. Googleマイビジネスの管理者アカウントにログインする
  2. Google検索で言語設定を「英語」にする
  3. 店舗をクリックして「情報の修正を提案(Suggest an edit)」をクリックする
  4. 英語の店名を入力する

英語以外の言語も同様に設定できます。顧客の割合を見て、多い言語から対応しましょう。

11. 更新頻度を高める

MEO対策では、Googleマイビジネスの「投稿機能」を活用して更新頻度を高めることも重要です。「投稿機能」とは、キャンペーン/イベントの告知やクーポンの配信、アプリの利用促進など、ユーザーにリアルタイムで情報を配信できる機能のことです。

MEOアルゴリズムでは情報の更新頻度が評価されますが、メニューや営業時間が変更されない(=更新する情報がない)時期もあるでしょう。ビジネスプロフィールの変更が必要なければ「投稿機能」で更新頻度を高める方法がおすすめです

定期的に投稿することで、ユーザーの信頼感を高めることもできます。

12. SNSでサイテーションを集める

SNSを積極的に運用してサイテーションを集めることもMEO対策に有効です。

サイテーションとは?

WebメディアやFacebookやTwitterなどのSNSにおいて、自社の店舗や商品、サービスが引用・言及されること。

サイテーションは店舗ビジネスの信頼性を図るうえで重要な指標です。サイテーションが多いほどMEOアルゴリズムに「視認性の高さ(知名度)」があると認識され、上位表示され安くなります

TwitterやInstagramなどのSNSをうまく利用して、多くのサイテーションを獲得しましょう。

13. 自社サイトのSEO対策をする

自社サイトのGoogle検索結果での掲載順位もアルゴリズムの評価対象となるため、SEO対策も効果的なMEOの1つです。検索結果において自社サイトを上位表示し多くの流入を獲得できていれば「視認性の高さ(知名度)」があると評価されます

効果的にSEO対策を行うためには、MEOよりもさらに専門的な知識が必要です。SEO対策は専門家に相談することをおすすめします。自社のホームページがない場合、Googleマイビジネスからも簡易的なホームページを制作できるため試してみましょう。

14. 自社サイトとGoogleマップを紐付ける

9-1

引用:coffee fragile

実行したいMEO施策の14個目は、自社サイトとGoogleマップの紐付けです。サイト内の埋め込み箇所からGoogleマップへのアクセスがあると、アルゴリズムによる評価が高まるといわれています

ただ住所だけを記載するより地図があったほうがわかりやすいため、ユーザビリティの向上にも効果的です。Googleマイビジネスから自社サイト、自社サイトからGoogleマップの両方の導線を用意しましょう。

15. 最新のMEOアルゴリズムをチェックする

MEO対策を行う場合は、常に最新のアルゴリズムをチェックしましょう。Googleのアルゴリズムはアップデートが繰り返されるものです。アルゴリズムがアップデートされると、優先すべき施策やペナルティ回避のために注意すべきことが変わります

最新のアルゴリズムを把握できていなければ、効果的なMEO対策は実行できません。Googleの公式Twitterや検索セントラル、ビジネスプロフィールヘルプなどで定期的に最新情報を確認しましょう。

MEO対策を行うメリット4選

pixta_82390539_M

MEO対策を行うメリットは次の4つです。自店舗にとってMEO対策が本当に必要なのか判断する際の参考にしてください。

  1. 来店見込みの高いユーザーにアプローチできる
  2. 費用対効果が高い
  3. SEOサイトよりも上位に表示される
  4. 写真や口コミで来店を後押しできる

1. 来店見込みの高いユーザーにアプローチできる

MEO対策のメリットの1つ目は、来店見込みの高いユーザーにアプローチできることです。MEO対策をすることで「渋谷 カフェ」「新宿 美容院」など地名キーワードを含めて検索しているユーザーに対して自店舗をアピールできます

店名だけではなく口コミや住所、電話番号なども表示されるため、ユーザーは来店や予約などのアクションを起こしやすいです。来店見込みが高いユーザーに絞りアプローチすることで、効率的に売上を伸ばせるでしょう。

2. 費用対効果が高い

費用対効果の高さもMEOの特徴です。SEO対策やリスティング広告運用、ポータルサイト掲載などでの集客には大きな費用がかかります。たとえばSEO対策を専門家に外注する場合の費用目安は月額10万円以上です。

Googleマイビジネスの登録に費用はかかりません。MEO対策を外注する場合も月額およそ3万円から依頼できます。地域属性で集客したいローカル店舗ビジネスにとって、MEO対策は新規顧客の獲得コストを大幅に削減できる手法です。

3. SEOサイトよりも上位に表示される

「地域名 + サービス名」のキーワードで検索した場合、SEOサイトよりもGoogleマップが上位表示されることが多いです。上位に表示されるほどクリック数が多くなるため、集客インパクトも強くなります

現状は、ポータルサイトよりもGoogleマップのほうが上位表示されやすいアルゴリズムです。

ポータルサイトとは?

主に地域に特化した情報を集めているサイトのこと。たとえば「食べログ」や「ホットペッパー」など。

MEOでは競争相手が少ないこと・SEOサイトよりも検索結果の上位に掲載されることから、MEO対策により多くの集客を期待できます。

4. 写真や口コミで来店を後押しできる

MEO対策を行う4つ目のメリットは写真や口コミを活用しやすいことです。多くのユーザーは、商品のイメージを膨らませるために写真を求めています。内装や提供内容の写真をアップして魅力をアピールすることで、来店の確率をグッと高められるでしょう

Googleマップでは、ユーザーが店舗をクリックする前から口コミの平均評価が表示されます。評価が高いほど信頼感を得ることができ、集客力を高めることが可能です。

誇張した写真や嘘の口コミをアップすると、Googleからペナルティを受ける可能性があります。実際に来店したユーザーから悪い口コミを書かれる可能性もあるため、誇大表現や偽造は避けましょう。

MEO対策を行うデメリット4選

QX1YH1KXqoRiAP81683536198_1683536210

MEO対策を行うデメリットは次の4つです。

  1. 誹謗中傷を受ける可能性がある
  2. 悪い口コミが多いと集客が減る可能性がある
  3. 上位表示に時間がかかる
  4. 非店舗型には向かない

あらかじめデメリットを把握しておくことで、適切に実施判断できます。

1. 誹謗中傷を受ける可能性がある

Googleマイビジネスを運用していると、まれに誹謗中傷を受ける場合があります。具体的には虚偽のネガティブな口コミや、店員個人を傷つける罵倒などです

ていねいに店舗を経営しても、行き過ぎた悪評を書かれます。誹謗中傷はGoogleマップで「不適切なコメントを報告」から削除依頼する、総務省の違法・有害情報相談センターに相談するなどで対応しましょう。

2. 悪い口コミが多いと集客が減る可能性がある

Googleマイビジネスに悪い口コミが増えて平均評価が下がると集客が減る可能性があります。特に口コミ総数が少ない状態で悪い口コミが付き平均評価が★3を下回ると、ほかのユーザーが店舗を閲覧しても来店につながりません

MEO対策は、悪い口コミがつかないようにていねいな接客や店舗運営が求められます。店舗住所や営業時間などに変更があった場合、すぐに反映することも重要です。

3. 上位表示に時間がかかる

競合店舗の数や自店舗の知名度などによりますが、MEO対策の成果が表れるには1カ月〜3カ月の時間がかかります。MEO対策を実行することですぐに上位表示させられるわけではありません。誤ったMEO対策を続けても、上位表示させることは不可能です。

Googleビジネスプロフィールを上位表示させるためには、効果を実感できなくてもMEO施策を打ち続けなければなりません。店舗運営をしながらのMEO対策は大変です。本格的なMEOの導入を検討している場合は、1度専門家に相談することをおすすめします。

4. 非店舗型には向かない

MEO対策は非店舗型ビジネスには向いていません。ECサイトやサブスク、BtoB受託などの店舗を持たないビジネスでも、Googleマイビジネスの登録は可能です。しかし非店舗型ではほとんど集客効果を実感できないでしょう

非店舗型ビジネスを運営している場合は、MEO以外の方法でユーザーに訴求した方が有効的です。ネットと実店舗のハイブリットなビジネス形態であれば、MEO対策も検討しましょう。

MEO対策を依頼できるおすすめ会社

社名 3つの特徴 住所
株式会社CIN GROUP
  • 集客効果を高めるMEO対策
  • 媒体に依存しない集客の実現
  • 運用代行やインドアビュー撮影まで幅広いサポート
渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル7F
株式会社エフェクチュアル
  • 積極的に新しい事業を展開
  • 個人や企業の課題解決を実現
  • 優秀な技術者が多数在籍
港区南青山3-4-7 第7SYビル5F
オルグロー株式会社
  • SEOとリスティング運用によるキーワード選定の知見
  • SEO対策を行うことでアルゴリズムの動向が追える
  • Googleビジネスプロフィール管理ツール「MEOアナリティクス」を提供
渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉6F
株式会社サステナブル・プランニング
  • MEO運用代行サービスで集客を実現
  • 32,000店舗への導入実績
  • あらゆる業種に対応可能
渋谷区恵比寿西2-3-12 恵比寿オークビレッジビル5F

株式会社CIN GROUP

株式会社CIN GROUP

参照元:株式会社CIN GROUP

  • 集客効果を高めるMEO対策
  • 媒体に依存しない集客の実現
  • 運用代行やインドアビュー撮影まで幅広いサポート

MEO対策を行うことで集客効果を高めるサービスを提供しています。SEOよりも安価でより効果の高い掲載ができるとともに、グループ会社での長い運用実績にもとづくサービスで、媒体に依存しない集客が可能です。マイビジネスへの登録作業や定額運用サービス・アカウントの運用代行からインドアビューの撮影まで幅広く対応しています。MEOをはじめ幅広いサポートを受けたい企業におすすめです。

企業情報

住所:東京都 渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル7F

株式会社エフェクチュアル

株式会社エフェクチュアル

参照元:株式会社エフェクチュアル

  • 積極的に新しい事業を展開
  • 個人や企業の課題解決を実現
  • 優秀な技術者が多数在籍

東京都港区南青山にある株式会社エフェクチュアルは、2014年に大手上場企業の出身メンバーが立ち上げたベンチャー企業で、WEBマーケティング事業を中心として積極的に新しい事業を展開しています。優秀な技術者が多数在籍し、知識や技術が豊富です。個人や企業の課題を解決し、期待以上の結果を届けてもらうことができます。さまざまなオンラインサービスを通して、最適なコミュニケーションを実現してもらうことも可能です。

企業情報

住所:東京都 港区南青山3-4-7 第7SYビル5F

URL:https://effectual.co.jp/

オルグロー株式会社

オルグロー株式会社

参照元:オルグロー株式会社

  • SEOとリスティング運用によるキーワード選定の知見
  • SEO対策を行うことでアルゴリズムの動向が追える
  • Googleビジネスプロフィール管理ツール「MEOアナリティクス」を提供

オルグロー株式会社が提供するMEOサービス「ホワイトマップ」は1,000店舗以上のGoogleビジネスプロフィールの運用実績があります。SEO対策も行っているため、ビジネスアカウントの対策だけではなく、サイテーションなどの外部対策や自社サイトの構造化まで幅広いMEO対策ができるのが特徴です。Googleビジネスプロフィール管理ツール「MEOアナリティクス」を提供しているため、ツールから得られるデータを元に、専任のコンサルタントが業種ごとに最適な提案をおこないます。契約後は専属のウェブコンサルタントが付き、ツールの使い方や各項目の設定だけではなく、集客に対する問題点や課題を解決する手助けをしてくれます。

企業情報

住所:東京都 渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉6F

株式会社サステナブル・プランニング

株式会社サステナブル・プランニング

参照元:株式会社サステナブル・プランニング

  • MEO運用代行サービスで集客を実現
  • 32,000店舗への導入実績
  • あらゆる業種に対応可能

東京都渋谷区恵比寿西に本社を構える株式会社サステナブル・プランニングは、2010年から10年以上にわたってヘルスケア事業、ビジネスアクティベーション事業を展開しています。ビジネスアクティベーション事業では、サステナブルな社会の実現を目指して商談マッチングサービスやWEBマーケティング支援サービスを提供。MEO運用代行サービスでニーズにあわせた集客を依頼可能です。32,000店舗への導入実績があり、あらゆる業種に対応可能となっています。

企業情報

住所:東京都 渋谷区恵比寿西2-3-12 恵比寿オークビレッジビル5F

まとめ|アルゴリズムを理解してMEO対策を実施しよう

今回はMEOアルゴリズムの評価ポイントやアルゴリズムを踏まえた効果的な対策を紹介しました。BtoCで店舗型ビジネスを経営している事業者にとって、MEOは欠かせない集客施策の1つです。まだ導入していない場合は、アルゴリズムを把握したうえで施策を実行しましょう。

本格的なMEO対策は時間と労力がかかり、専門用語が多く挫折する方も少なくありません。MEOでの集客を検討している場合、1度専門家に相談することをおすすめします。

MEO集客の専門家をお探しの方は、ぜひ比較ビズをご利用ください。2分程度の簡単な入力だけで、経験・実績が豊富なMEO専門家の提案内容を比較できます。

監修者のコメント
SeekNext合同会社
代表 兼 CEO 佐藤 潤嗣

福岡県のホームページ制作会社代表。福岡県出身。趣味はフットサル。システム会社、ホームページ制作会社に勤務した後、SeekNext合同会社を立ち上げる。福岡を中心に全国のサイト制作・運用に携わっている。中小企業はもちろん大手企業との制作実績あり。制作したホームページは100件以上。SEO対策やSNS運用でも実績あり。動画制作や名刺・チラシ・パンフレット・パッケージデザインなども手がける。

皆様も「近くのカフェ」や「近くの美容室」などの「近くの〇〇」や「地名+〇〇」というキーワードで検索したことがあるのではないでしょうか?上記のような検索結果で上位に表示させることをMEO対策といいます。

最近では、SEOと並びMEO対策も注目され始めています。業界によってはMEO対策が有効に働かない場合もありますが、「飲食」や「小売店」などの店舗を持ってビジネスをされている方にとっては、特に有効な集客ツールになり得ます。

弊社が担当したお客様の中には、MEO対策を行ったところ、今までの5倍以上の集客、売り上げにつながったお客様もいらっしゃいます。SEO対策と同様に、簡単に上位表示させるような裏技的な方法は存在していないため、地道な対応が求められますが、リソースをかける価値が十分にあると言えるでしょう。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

SEO対策にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 検索アルゴリズムの変更でサイト流入が減ってしまった
  • 外部リンクがもらえない
  • 上位表示されるキーワード選定ができない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

SEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を一覧から探す

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら