ECサイトでやるべきSEO対策とは?対応業者10社も合わせて紹介

更新日:2020年05月13日 発注カテゴリ: SEO対策(検索エンジン最適化)
ECサイトでやるべきSEO対策とは?対応業者10社も合わせて紹介

マーケットが拡大傾向にあるECサイト市場。それだけに競合サイトとの争いも熾烈を極めます。こうした背景もあり、ECサイトの制作においても「SEO」の観点が大切になってきました。そこで今回はECサイトにおけるSEO対策を徹底的に解説します。また、合わせて、SEO対策まで行えるECサイト制作が得意な制作会社を10社ご紹介。ECサイトの構築を考えている方、必見です。

ECサイトでSEOが重要になる理由

経済産業省の統計によれば、2015年の時点で日本国内における消費者向けECサイト市場は約14兆円に達し、現在なお市場規模は拡大の一途をたどっています。

ECサイトの市場が拡大を続けることは、すなわち競合サイトが時間と共に増加することを意味しています。これはECサイトの市場で生き残っていくには、着実な売り上げ増に結びつく方策が必要であることを意味しています。

ECサイトにSEO対策が必要な理由はまさにその点にあります。Google検索で1位にランクインすると、投資額の約4倍の利益をもたらすというデータもあります。検索順位で上位表示されるということは、ECサイトによる収益の増加に直結する効果があるわけです。

以降はECサイトにおけるSEO対策の具体的な方法について解説します。売上アップを目指したい方はこれから解説する内容をまずは実践してみましょう。

ECサイトのSEO(1)キーワード選定

Google検索で1位を目指すのは重要です。ただもっと重要なのが、どのキーワードで上位表示を目指すかという点。狙うキーワードによってはGoogle検索で1位をとっても全く売上に繋がらないケースがあるんです。

ここではSEO対策におけるキーワード選定のコツについて解説しましょう。キーワード選定で大切にするべきポイントは以下の3つです。それぞれ詳しく解説します。

  • コンバージョン率が高いか
  • ロングテールキーワード(3語以上からなる検索キーワード)か
  • 競合サイトが狙っていないか

コンバージョン率が高いか

購買や成約に繋がる可能性が高いキーワードを探すことが重要です。以降で解説するロングテールキーワードと繋がりますが、「ダイエットサプリ」より「ダイエットサプリ オススメ 男性」といったキーワードで上位表示を取れたほうが成約は繋がりやすくなります。理由は検索ニーズが明確化されているからです。

上位表示を狙いたいキーワードが購買意欲が高いどうか考えるようにしましょう。

ロングテールキーワードか

3語以上からなる検索キーワードのことをロングテールキーワードと呼びます。上記でお伝えした「ダイエットサプリ オススメ 男性」もロングテールキーワードです。

検索キーワードが多いほど、検索ユーザーのニーズが明確になります。上記の例で言えば、検索ユーザーは男性でオススメのダイエットサプリを探していることが分かりますよね。

この場合、男性にオススメのダイエットサプリを紹介する記事を作成。上位表示させることができれば、検索ユーザーのニーズに応えることができるため、購買に繋がります。

検索語句が多いほど、検索ユーザーのニーズは明確化していくため、それに応える記事を作れば購買に繋がりやすいのです。そのため、ロングテールキーワードを探すのが重要になります。

競合サイトが狙っていないか

キーワードで上位表示を狙っているサイトはごまんといます。それぞれがSEO対策を施して上位表示を狙っている状態でいわゆるレッドオーシャン状態です。

そのため、キーワードを選ぶ際は競合が少ないキーワードを狙うのもポイントの1つ。競合が少ない分、上位表示も狙いやすくなります。

SEO対策にまわせる時間や予算は限られているため、競合が少ないキーワードを狙うのも重要です。

ECサイトのSEO対策で狙いたいキーワードの探し方

SEO対策におけるキーワード選びのポイントを紹介しましたので、ここでは具体的にキーワードを探す方法を解説しましょう。探す方法は様々ありますが、ECサイトのSEOにおいては以下の方法が最もオススメです。それぞれ解説しましょう。

  • Amazonのサジェストキーワードで探す
  • 商品名+オススメで探す

Amazonのサジェストキーワードで探す

言わずとしれたECサイトの巨人・Amazon。ある意味、競合となってしまうサイトですが、Amazonのある機能を上手く活用することで、キーワードを探し出すことができます。それがAmazonのサジェストキーワードです。

Amazonの検索窓にキーワードを入れると、自動的に2語目・3語目のキーワードが表示されますよね?あれがサジェストキーワード。Amazonがその商品を探している方が入力するであろうキーワードを先読みして表示させているのです。

※サジェストキーワード機能はAmazonだけでなく、Googleにもあります。

見方を変えれば、サジェストキーワード=検索ユーザーのニーズと捉えることができます。Amazonのサジェストキーワードを活用することで、SEOで狙うべきキーワードを見つける事ができるのです。

商品名+オススメで探す

次にオススメしたいのは「商品名+テクニック」で探すテクニック。なぜなら、「オススメ」というキーワードを入れている時点で、購買意欲が高いことがわかるからです。アフィリエイターがよく使う手法であり、こちらもキーワード探しでは非常に効果があります。

先ほど例にあげた「ダイエットサプリ オススメ 男性」もこの手法で見つけたキーワード。「ダイエットサプリ オススメ」でGoogle検索するとサジェストキーワードで「ダイエットサプリ おすすめ 20代」「ダイエットサプリ おすすめ 高校生」が表示されます。

出てきたキーワードの中から、自社のECサイトが狙っているターゲット層の検索キーワードを見つけて記事を作成。おすすめの商品を提案すれば購買につなげやすくなります。「商品名+オススメ」でキーワードを探すのも非常に効果的なのです。

ECサイトのSEO(2)内部対策

ECサイトのほとんどは商品ページやカテゴリページで構成されています。そのため、SEOにおける内部対策では、これらのページをいかに最適化することが大切です。ここでは内部対策の方法を解説します。

商品ページの最適化

商品ページを最適化させる方法は多岐にわたります。ここでは代表的な方法について解説しましょう。

URLは短くする

長いURLと短いURLとで比べた場合、短いURLのほうがクリックされやすいという統計があります。そのため、シンプルなURLに設定するようにしましょう。

具体的には、「カテゴリ名+サブカテゴリ名+商品キーワード」「商品キーワード」の構成でURLを作るのがオススメです。

商品ページのタイトルを工夫する

検索結果ページでユーザーがどの記事をクリックするか決める時間はほんの一瞬。そのため、検索結果ページで表示される記事タイトルは非常に重要です。クリック率が高まればそれだけ売上アップに繋がる可能性が高まります。

そのため、タイトルには狙いたいキーワードを入れるのはもちろんのこと、クリックしたくなるような文言を入れるのが大切です。

オリジナルコンテンツで商品の魅力を伝える

オリジナルコンテンツを作ることも重要です。いくらURLを短くし魅力的なタイトルにしても、訪れた商品ページの内容が魅力的でなかったら意味がありません。ユーザーはスグにあなたのECサイトから離脱するでしょう。

そのため、商品やサービスを利用することで、どんなメリットが得られるのか伝わるコンテンツを作ることが大切です。商品やサービスの使用イメージが伝わる画像や動画を入れるのも良いでしょう。

ユーザーのサイト内滞在時間が上昇し、結果的にGoogleから良質なコンテンツを提供していると判断され順位が向上する可能性が高まります。

カテゴリページの最適化

カテゴリページを最適化する方法も基本的には商品ページと同じ。記事タイトルを最適化したり、オリジナルコンテンツを作ったりすることが大切です。

トップページの最適化

トップページの最適化については商品ページやカテゴリページとは少し異なります。サイトに訪れたユーザーを迷わせることなく、たどり着きたい商品ページやカテゴリページに誘導することが大切です。

そのため、商品ページやカテゴリページへのリンクを適切に設置することが重要になります。グローバルメニューやサイドバーに「ブランド」「商品カテゴリ」別で検索できるナビゲーションを実装すると良いでしょう。ZOZOTOWNのトップページはその良い事例です。

また、特定の商品に誘導したい場合は、トップページであえて幅広く商品を探せない仕様にするのも1つの手。H&MのECサイトではZOZOTOWNとは対照的で、選択肢を狭めた構成にしています。

リッチスニペットを活用

検索結果画面上で記事タイトルの下にそのページの要約が抜粋表示されることをリッチスニペットと呼びます。商品ページなら価格や口コミなどを表示させることでクリック率を向上させることが可能です。

schema.orgやmicrodata などの構造化データで適切にマークアップすることで、リッチスニペットを表示させることができます。

内部リンク構造の最適化

自社のECサイトに訪れたユーザーに、様々な商品やサービスを閲覧してもらうためには、内部リンクの設置が欠かせません。

パンくずリスト(今閲覧しているページがサイトのどの階層に位置している示すリスト)や、関連商品・関連カテゴリを設置するのが効果的です。

上位表示できているコンテンツから商品ページへのリンクを貼るのも有効でしょう。結果的に商品ページの順位が上昇する可能性もあります。

常時SSL化

SSL化とは、インターネット上のデータを暗号化する仕組みのこと。2017年頃からGoogleは検索順位を決める要素の1つにSSL化の有無を加えました。そのため、ECサイトのSSL化も内部施策として有効です。

ECサイトで購入する際は、クレジットカードを入力するケースがほとんど。個人情報のやり取りが頻繁に発生します。SSL化することで情報漏洩のリスクも軽減できるため、ユーザーが安心して使えるようになります。安全性を高めるためにも、SSL化は必須でしょう。

なお、契約しているレンタルサーバーによっては、サーバーの管理画面上で簡単にSSL化ができます。一度レンタルサーバーでSSL化の機能があるかチェックしてみてください。

ソーシャルメディアボタンの設置

SNS上で商品のプロモーションを行うのは今や当たり前。そのため、ソーシャルメディアボタンを設置するのも大切です。ECサイトに訪れてくれたユーザーが、商品を無料でプロモーションしてくれる可能性もあります。設置しない手はありません。

サイト構造のシンプル化

ECサイトを訪れたユーザーが、迷わず行きたいと思ったページにたどり着けるようにすることは大切です。ストレスなくサイトを回遊できるようになれば、その分、商品やサービスを見てもらえるようになり、購入に至るケースも増えます。

目安ですが、全ページがトップページから3クリック以内にたどり着けるように設計すると良いでしょう。

ECサイトのSEO(3)テクニカル対策

ECサイトはそのサイト特性上、ページが多岐にわたるため、技術的なSEOトラブルで検索順位を落としてしまうケースがあります。ここではテクニカルな部分で順位を上げる方法を解説しましょう。

重複コンテンツの対処

ECサイトにおける典型的な問題は、内容の乏しいコンテンツが重複してしまう点です。同じ商品で色違いのページを生成されてしまうケースがその最たる例といえるでしょう。

ユーザーに有益な情報を提供していないコンテンツが多数あるサイトはGoogleから評価されません。そのため、重複コンテンツの有無をチェック。必要があればコンテンツの統合または削除すると良いでしょう。

モバイルフレンドリー化

iPhoneをはじめとするスマートフォンの登場により、スマートフォンを使って調べるケース非常に増えています。こうした背景もあり、Googleはスマートフォンサイトの評価を主軸に検索順位を決める方針に変えました。

そのため、スマートフォンから見たときのサイト表示をいかに最適化することが大切です。「スマートフォンから見てもサイトのレイアウトが崩れないようにする」「スマートフォンから見てもページがスグに表示されるようにする」…といった対応を取るようにしましょう。

ページ表示速度の高速化

ネットユーザーは少しでも表示が遅いと感じたらページから離れてしまいます。「47%の消費者が2秒以内のページ表示を期待している」といった調査結果もあるくらいです。

そのため、ページの表示速度をいかに高速にするかも重要。できれば、2秒以内にページが表示されるようにしましょう。

具体的には、「性能が良いレンタルサーバーを利用する」「データが重くなりがちな画像ファイルを圧縮する」といった方法があります。

販売終了ページの対策

ECサイトでは商品の在庫切れで商品ページを削除したいケースがあるかと思います。その場合は、単にページを削除してしまうのはよくありません。

例えば、販売が終わった商品と近しい商品を紹介するページを掲載したり、エラーページ(404ページ)で一時的な在庫切れであることを伝えたりすると良いでしょう。単に削除するより売上に繋がる可能性が高まるはずです。

SEOツールを使ってサイト管理

ECサイトはサイト規模が大きくなりやすいです。管理者側がサイトの現状を把握できなくなるのも珍しくありません。そのため、SEOツールを使って運用するのも良いでしょう。

ツールを活用することで重複ページやリンク切れのページ、CVが高いページなどがスグに分かります。サイトの課題把握や打ち手の検討で非常に役立つでしょう。

ECサイトのSEO(4)コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、顧客とのコミュニケーションを図ることで、最終的に購買を繋げていく手法のこと。

具体的には、商品やサービスに関する情報で見込み顧客が気になるであろうニーズに応える記事を作成。記事内で商品やサービスを紹介していきます。

効果がスグに現れませんが、長期的に見れば、商品やサービスの認知度や信頼性が向上するため、やらない手はありません。ここではそのコンテンツマーケティングの手法を解説しましょう。

WordPressなどでブログを運営

コンテンツマーケティングを行うにはコンテンツを作るプラットフォームが欠かせません。様々なプラットフォームがありますが、WordPressが一番オススメです。

WordPressは世界で一番利用されているCMSで、簡単にコンテンツマーケティング用のブログを構築できます。サイトデザインのテーマも豊富にあるため、サイト制作のスキルがなくても形にすることが可能です。

様々な機能を追加できるプラグインもあり、SEO対策用のプラグインもあります。手軽にブログ構築できるため、ブログを作るのであれば、WordPressの利用が一番でしょう。

コンテンツキーワードの探し方

コンテンツマーケティングでもキーワード選びは重要です。選び方については、前述したサジェストキーワードなどで探すのもありでしょう。その他、競合のECサイトのブログが狙っているキーワードを参考にて、自社のブログで対策するキーワードを探すのも有効です。

また、見込み顧客が商品やサービスを購入するにあたって、どんなことが気になるのかを考えて、それに応える記事を作るの良いでしょう。

注意:ECサイトと同一ドメインで行う

なお、ECサイトのコンテンツマーケティングを実践する際は、ECサイトと同じドメインにしましょう。SEOではドメインパワーで検索順位が決まると言われています。

そのため、もともと運営していたECサイトがあれば、同じドメインでブログを立ち上げたほうが良いです。新しくドメインを取得して作ったブログより早く上位表示されやすいです。

ECサイトのSEO(5)サイト被リンク対策

被リンクとは、外部のサイトから自社サイトへのリンクをもらうこと。Googleは検索順位を決める要素に「被リンクの数」を入れていると言われています。

「リンクを付けてもらえるほど、コンテンツが優れている」というロジックで、ユーザーの検索ニーズに応えているかどうか判断しているのです。

そのため、被リンクを得ることもECサイトのSEOでは重要になります。一昔前までは、自作自演の被リンク、または業者から被リンクを買うことでGoogleからの評価を向上させる方法もありました。

しかし、Googleの精度が高まりこうした被リンクは見破られます。今これをやってしまうと逆効果になるので絶対に行わないようにしましょう。

被リンクをもらうには、ユーザーのニーズに120%応えるくらいの気持ちでコンテンツを作るしかありません。これさえできれば、自然と被リンクが集まり検索順位も向上します。

ECサイトのSEOが得意な会社【10選】

株式会社プレート

株式会社プレート

参照元:株式会社プレート

  • ユーザビリティを考慮したサイト設計
  • 商品の特長が把握しやすいサイトデザイン
  • ターゲットを明確に絞ったプロモーション

キャリアイノベーション事業、メディア事業、デジタルマーケティング事業等を行っている会社です。ユーザビリティを考慮したサイト設計、商品の特長が把握しやすいサイトデザイン、ターゲットを明確に絞ったプロモーションを行い、売れることを追求するECサイトを制作・構築し、強固なSEO対策を行います。サイト構築からプロモーションまでをトータルで手がけることができるので、費用対効果が迅速に見込めるECサイトの構築が可能です。

企業情報

住所:東京都 中央区日本橋3-5-13 三義ビル7階

株式会社ガジェログ

株式会社ガジェログ

参照元:株式会社ガジェログ

  • 顧客のニーズに合わせたECサイトの構築
  • 顧客のそれぞれの事情や要望を踏まえてより最適なECサイトを制作
  • 自社運営のECサイト『ハレハレ』

ウェブデザイン、グラフィッデザイン、サイト運用、キャンペーン事務局代行等を行う会社です。顧客のニーズに合わせたECサイトの構築を行います。実店舗の有無など、顧客のそれぞれの事情や要望を鑑み、より最適なECサイトの制作をプランニングします。自社のECサイト『ハレハレ』を運営。「つねに若々しく、より豊かかつ丁寧な毎日を過ごす女性たちに」をテーマとし、生活雑貨メインのハイクオリティな商品の取扱を行っています。

企業情報

住所:東京都 港区芝3-40-4 三田シティプラザ1階

株式会社スタイルリンク

株式会社スタイルリンク

参照元:株式会社スタイルリンク

  • EC-CUBEを使用
  • 多くのショッピングサイトを制作・運営した実績に基づいたアトバイス
  • 既存ECサイトやネットショップ運営で問題を抱える顧客からの相談にも対応

CMS構築・ECサイト制作・ランディンページ制作を行う制作会社です。ECサイトで売り上げを向上させるには、商品の見せ方・購入導線・顧客への宣伝告知など、多数の項目に渡って事前に企画検討を行う必要があります。ECサイト構築においては上記の項目を意識しながら進行。EC-CUBEを使用、多くのショッピングサイトを制作・運営した実績に基づいたアトバイスを行います。既存ECサイト・ネットショップ運営で問題を抱える顧客からの相談にも対応します。

企業情報

住所:東京都 渋谷区円山町5-3 萩原ビル7F

株式会社インクル

株式会社インクル

参照元:株式会社インクル

  • 顧客満足度96%の評価を獲得
  • Google・Yahoo!の検索上位達成の実績持ち
  • 「丸投げ」対応でより集客力のある顧客のビジネスに貢献するサイトを構築

“SEOに強い”ホームページ制作とコンテンツマーケティングの代行会社です。顧客満足度96%の評価を獲得、Google・Yahoo!の検索上位達成の実績持ち、SEO対策に強い自信があります。見た目の良さだけでなく、ユーザビリティやコンバージョンまでを考えたUIを実現。ホームページの制作にとどまらず、制作後のコンテンツマーケティングからウェブ担当者業務の代行、SEOの総合コンサルティング等の業務を「丸投げ」対応で、より集客力のある顧客のビジネスに貢献するサイトを構築します。

企業情報

住所:東京都 江東区福住1-8-16 木ノ村ビル2階-1

株式会社リアルファイン

株式会社リアルファイン

参照元:株式会社リアルファイン

  • ECサイト運営に関することすべてに対応
  • 公開後の集客・運営サポート
  • EC運営経験のあるスタッフが顧客のニーズに合うECサイトをコンサル

ホームページ制作・企画・運営、ECサイト制作とウェブプロモーションの運営代行と保守などを業務とする会社です。ECサイト運営に関することすべてに対応。最新サービス・技術から、顧客のニーズにあったECサイトを提案、公開後の集客・運営サポートも行っています。EC運営経験のあるスタッフが顧客のニーズに合うECサイトをコンサル、サイトの構築を行います。プロモーション・SEO対策、リスティング広告による集客など、顧客に合わせた提案を行いサービスを提供します。

企業情報

住所:東京都 渋谷区恵比寿西1-16-7 HAGIWARA BLDG.7 3F

ビジネスセンター岡山株式会社

ビジネスセンター岡山株式会社

参照元:ビジネスセンター岡山株式会社

  • ウェブサイト・ECサイトの目的を明確化
  • 顧客ニーズに合わせた最適なコンテンツを用意
  • CMS構築・レスポンシブデザインなどにも幅広く対応可能

システム開発、Android・iOSアプリ開発をメインの業務として行っている会社です。ウェブサイト・ECサイトの目的を明確化し、競合他社のサイトに対しても綿密な調査と分析を行い、顧客ニーズに合わせた最適なコンテンツを用意、戦略的に構築されたサイトの制作を行います。打ち合わせから公開後までの業務をワンストップで支援。サイト運用・更新のサポートも行います。CMS構築・レスポンシブデザインなどにも幅広く対応可能となっています。

企業情報

住所:岡山県 岡山市北区島田本町1-5-37

株式会社グリュックス

株式会社グリュックス

参照元:株式会社グリュックス

  • 顧客の要望に合わせた最適なプランを提案
  • オリジナルのECサイトからEC-CUBEを使用した制作まで両対応
  • ECサイトのリニューアル業務も請負

ウェブデザイン・システムの開発、ウェブコンサルティングを主な業務とします。「予算を可能な限り抑えたい」「SEO対策を強化したい」など、顧客の要望に合わせた最適なプランを提案します。顧客の運用に合わせたオリジナルECサイトの制作、EC-CUBE等のパッケージソフト等を利用し低気赤くかつ短期間に構築可能なECサイトの制作、双方に対応可能です。現状のECサイトの分析と改善案の提示からECサイトのリニューアルまで、顧客の要望に応えます。

企業情報

住所:福岡県 飯塚市多田275-12

シンス株式会社

シンス株式会社

参照元:シンス株式会社

  • 楽天市場といったECプラットフォームでのショッピングサイト制作
  • EC-CUBEによる独自ECサイト制作にも対応
  • ホームページ企画構成8万円〜/トップページデザイン8万円〜/下層ページ2万円〜

福岡県の中小企業のウェブ戦略パートナーです。ホームページ制作の豊富な制作実績を生かして、楽天市場・ヤフーショッピング等といった主要ECプラットフォームでのショッピングサイト制作を行います。独立した自社ECサイトを希望する顧客に対しては、EC-CUBEによる制作で対応。オープンソースプログラムを活用し、デザインの自由度と拡張性高い独自ECサイトの制作を行います。ホームページ企画構成:8万円から・トップページデザイン:8万円から・下層ページ:2万円から

企業情報

住所:福岡県 福岡市中央区大手門3-4-3 東ビル201

フロンティアビジョン株式会社

フロンティアビジョン株式会社

参照元:フロンティアビジョン株式会社

  • 600件以上の制作実績
  • ECサイト構築(モール型・自社サイト等)
  • ホームページ制作基本費用13万円〜

中小企業向けホームページ制作に特化した会社です。600件以上の制作実績があります。顧客企業のコーポレートサイト新規立ち上げとリニューアル、ECサイト構築(モール型・自社サイト等)、スマートフォンサイトの制作まで幅広い対応を行っています。SEO対策に関して独自のノウハウと実績があります。ホームページ制作基本費用:13万円から(オーダーメイドデザイン費用:7万円から・コンテンツ企画・提案費用・3万円から・打ち合わせとディレクション費用:3万円から)

企業情報

住所:熊本県 熊本市中央区平成3丁目7番10号

株式会社カントリーファーム

株式会社カントリーファーム

参照元:株式会社カントリーファーム

  • ウェブサイト制作を企画提案から運用までトータルで支援
  • CMS「Movable Type」「WordPress」をベースとしたサイト構築の提案
  • ソーシャルメディア連携サービス、OpenPNEを使用するSNS構築サービスにも対応

ウェブサイト・ECサイトの企画制作・運用保守、ウェブシステムの企画立案、制作と運用保守を主に行っている会社です。ウェブサイト制作を企画提案から運用までトータルで支援します。多様なビジネス分野に対応可能なサービスを提供します。CMS「Movable Type」「WordPress」をベースとしたサイト構築の提案を行います。スマートフォンやタブレット端末など、マルチデバイスへの対応が可能です。ソーシャルメディア連携サービス、OpenPNEを使用するSNS構築サービスにも対応

企業情報

住所:京都府 京都市中京区西洞院三条下ル柳水町71-1 菅原ビル204

まとめ

ECサイトにも、楽天市場やヤフーショッピング等、大手ショッピングサイトに出店する「モール型」から、EC-CUBE等を使用する自社ECサイトなど、いくつかの様式があります。自社が運営するECサイト・ネットショップにはどの様式が最適化を検討することが重要になってきます。制作会社との打ち合わせで、どんなECサイトを構築するのが最適か、検討するのが良いでしょう。

ECサイト制作を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

市区町村からSEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を探す

SEO対策(検索エンジン最適化)に関連する記事

Web制作会社・システム開発会社に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

SEO対策(検索エンジン最適化)の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら