ホームページ集客で絶対に外せないSEOの基礎知識とテク

更新日:2020年03月13日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
ホームページ集客で絶対に外せないSEOの基礎知識とテク

ホームページを使って自社や商品をアピールしたいと思っていませんか?サイトを作っても集客しなければ、意味がありません。そんなときにホームページの集客を目指す方法として、SEOがあります。SEOという名前を聞いたことはあるけれども、具体的なことを知らない人のためにそのメリットやデメリット、具体的な手法について紹介します。

関連する記事

そもそもSEOとは?

SEOとは日本語に訳すと「検索エンジン最適化」です。皆さんネットで調べ物をするときに、検索をかけませんか?

検索するといろいろなサイトが掲載されます。この時、最初の方に出てくるサイトをクリックする人が多いでしょう。

SEOとは検索結果の上位の方にサイトを出すテクニックです。検索結果の上位に持っていくことで、そのホームページの集客効果を上げていきます。

サイトによってSEOとだけ書かれている場合とSEO対策と掲載されている場合があります。しかし両者には大きな違いはないと思ってもらっていいでしょう。

SEOの歴史

SEOの方法は一つではないです。しかも時間の経過とともに、そのテクニックもだいぶ変化しています。

過去のSEOの場合、被リンクの多さが大きかったです。検索エンジンはサイトのランク付けを行って、検索結果の表示順を決めています。しかしこの評価のロジックがシンプルなものでした。

このため、どんなものでもいいから被リンクをたくさんつけることで検索結果の上位に表示させることが可能でした。しかし今ではこのような単純なテクニックでは、検索結果の上位に表示するのは難しいです。

現在のSEOは過去と比較して、より本質的な対策だと評価されます。主要な検索エンジンが、ユーザーファーストを打ち出しているからです。

質の良さをチェックして、良質な情報を提供しないと検索上位に表示されません。被リンクについては、今でも検索結果の評価の一つの指針です。

しかしただ単に被リンクの数が多ければそれでよいという考え方ではありません。被リンクの質が高いかどうかを評価に取り入れています。

このため、小手先のテクニックではSEOによる効果は十分得られません。やはりアクセスした人にとって良質な情報を提供しているかどうかがSEOの判断基準となります。

ホームページ集客でSEOを行うメリット

SEOを行うメリットとして第一にあげられるのは、ホームページに集客効果をあげるからです。なぜSEOが集客効果を見込めるのか、それはホームページの特性が関係しています。

ぽつんとホームページ

ホームページのことを荒野にポツンとたたずむ一軒家と評していたサイトがありました。人通りのある所にお店を出せば、人々の興味を引き、来店してくれるかもしれません。

ところが人通りのない荒野にお店を作ったところで、それだけでは集客が見込めません。ただ単にホームページを作成した状況が、まさしくこれです。

ホームページの集客効果を見込むためには、あなたのサイトの存在を皆さんに知らせなければなりません。これがSEOです。

SEOをしなければ、お客さんが来てくれない、よって自分のアピールしたいことが世間に伝わらなくなるわけです。ホームページを作れば、ある程度アクセス数が見込めるだろうと思っているのなら、その考え方は改めたほうがいいでしょう。

SEO対策の効果について

では実際にSEOをしている場合としていない場合とではどのような差が生じるのでしょうか?この調査を2017年にアメリカのとあるリサーチ会社が行っています。

検索エンジンの検索結果とクリック数の関係についてのデータです。1位表示されると、クリック率は21.1%でした。

これが2位表示になると10.6%とほぼ半減します。10位表示に至っては1.6%のクリック率です。11位以下になるとクリック率はさらに下落することが容易に推察できます。

このように検索結果の上位に持っていくことが、ダイレクトにクリック率の向上、すなわち集客効果につながるわけです。SEOを行って、いかに検索結果の上位に自社サイトが出てくるようにするかを考えないといけません。

長期的な集客効果も見込める

SEOをするメリットとして、集客効果が長期にわたって見込める点も見逃せません。ホームページ作成のほかにも、チラシやダイレクトメール、コマーシャルなどいろいろな宣伝手法はあります。

しかしホームページ以外の手法だとその集客効果は短期的です。コマーシャルであれば、覚えているかどうかも怪しいです。折込チラシの場合でも早くて数日、長くても1カ月もすればごみとして処分されるでしょう。

しかしSEOを行ったホームページであれば、長期にわたって検索結果の上位に表示させることも可能です。それだけ集客効果も長続きします。

ほかの媒体のようにすぐに忘れられるので、何度も発信する必要はないです。ということは広告費のコストカット効果も見込めます。

企業の財産になる

ホームページは一度作成してインターネットに公開すればそれでおしまい、という代物ではないです。内容を修正して最新のものにしたり、コンテンツを後で追加したりできます。

コンテンツの追加はSEOにとっても重要なことです。コンテンツが蓄積されることで、より多くの読者の知りたい情報を提供できるからです。この辺のところもSEOを行うメリットといえます。

コンテンツの蓄積によって、企業にとっての財産が増えます。そして会社の売り上げに貢献する可能性も高まります。

ピンポイントでアピールできる

コマーシャルや折り込みチラシの場合、不特定多数に宣伝しなければなりません。その中には購買層ではない人もいるでしょう。購入しない人に宣伝しても、それは広告費の無駄遣いです。

ホームページ作成時にSEOをする、これはあらかじめどんなキーワードで検索にかけるかを意識して行う手法です。つまり潜在的な購買層にピンポイントで行う宣伝手法です。

つまりSEOすることで、自社の商品やサービスに興味を抱いている人を効率的に集客できます。コスパの良い宣伝手法といえます。

SEO対策をするデメリット

SEOはホームページの集客を上げるなどのメリットがある半面、デメリットもいくつかあります。主だったものとして、

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 手間暇がかかる
  • 検索結果上位が困難な場合も

などが考えられます。

効果が出るまで時間がかかる

SEOをして翌日には検索結果の上位に、ということはまず考えられません。SEOを行って、効果が表れるには数カ月単位の時間が必要です。

検索エンジンの評価はコンテンツの内容のほかにも、ユーザーの滞在時間など総合的に行われます。評価をするために十分な量のデータを獲得するためにはそれ相応の時間が必要なわけです。

検索順位が上昇して、上位表示で安定するには半年から1年は必要といわれています。根気強く待ち続けることも時には求められます。

手間暇がかかる

SEOでは、コンテンツの内容が重視されます。ユーザーにとって有益な情報がかかれているかは評価のポイントです。

良質なコンテンツを作成するためには、それなりの時間がかかります。手間暇をかけないと検索結果の上位に表示されないのも、SEOのデメリットです。

検索ユーザーが訪問して、自分の疑問や要望を解決できるようなサイト作りをしなければなりません。また会社によっては技術部や営業部の社員にコンテンツを作成してもらったり、インタビューしたりする必要も出てくるでしょう。

ホームページを作成すること自体は、さほど難しくありません。企業向けのWeb作成ソフトなども出てきているので、高度なコンピューター技術も要求されません。

しかし内容を充実させるためには、ある程度の時間をかけて取り組まないといけません。SEOに即効性を求めているようであれば、その考えは改めるべきです。

検索結果上位が困難な場合も

いくらSEOをやっても、検索結果上位に持ってこられないケースもあるので注意しましょう。同じキーワードで運営されている競合サイトが強力で、上位表示の常連になっている場合です。

検索ユーザーの知りたい情報がすべて網羅されている、SNSで広範囲にシェアされている場合などは厳しいです。また大手企業など知名度の高いサイトが競合していると、それを超えて上位表示するのは難しいでしょう。

もし自分たちが想定しているキーワードでは強力なライバルがいる場合、キーワードの設定を見直すのも一考です。もっと競合性の低いキーワードでSEOをすれば、上位表示が可能になります。

ホームページ集客効果の見込めそうなSEOのテクニック

具体的にSEOをするにあたって、どのようなことに気をつければいいか気になるでしょう。SEOの方法は一つの明確な答えがあるわけではないです。

SEOの方法は多種多様です。しかしこれから始めようと思っている初心者は、以下で紹介する基本的なテクニックから駆使してみるといいでしょう。

キーワードの選び方

SEOの対象であるキーワードをどうするか、これは基本的なことです。簡単に言えば、集客につながりそうなキーワードをピックアップすることにつきます。

そのためには、お客さんの対象を具体的にイメージすることです。そのうえで、そのお客さんがどんなキーワードで検索して自社サイトにアクセスするかを想定しましょう。

最初が勝負

検索をしてみて結果が表示されたとき、それぞれのサイトのタイトルと簡単な説明文が出てくるはずです。この内容を見て、どれにアクセスするか決めませんか?

つまりタイトルと説明文でお客さんを惹きつけるのも、SEOのテクニックの一つです。ここで大事なのは、タイトルと説明文に想定しているキーワードを盛り込むことです。

具体的にはホームページを制作する際に、HTMLを用います。この中でも<title>と<description>という部分に、キーワードを盛り込んでいきます。そうすると検索結果の上位表示の可能性も高まります。

自社商品を把握する

SEOといわれるとITにおける専門のテクニックというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかしSEOの中には、もっと本質的な部分も含まれます。

それが自社商品を把握することです。ホームページで自社商品やサービスをアピールするときに、制作者自身が商品やサービスの良いところを理解していないと的確な表現ができません。

その商品を使用するとどんないいことがあるのか、使い方でわかりにくいところはどこか、使用するにあたって注意すべきポイントは何か、これらをまずは理解することです。場合によってはホームページ制作者が、直接商品やサービス開発にかかわっていないこともあるでしょう。

その場合には担当者への取材が必要です。担当者に商品のことを聞き、その内容をもとにホームページ制作しましょう。近年では検索エンジンもサイトの内容が良質かどうかも判断できることを忘れないでください。

ページを増やす

ページを増やす、すなわちコンテンツを充実させることもSEOでは有効といわれています。想定したキーワードに関する情報が増えますし、ユーザーにとってより役立つ良質なサイトと判断される可能性が高いからです。

例えば歯医者さんがホームページを開設したと仮定します。まずその歯科医院で行っている治療内容や料金、アクセス方法、営業時間など表示するでしょう。

そこからたとえば虫歯の症状の進み方、歯周病の基礎知識、歯磨きの正しいやり方など歯に関する情報をいろいろと表示すれば、集客も増します。このようにコンテンツを増やせば、より広範囲な情報提供でき、多くの人がアクセスします。

専門業者に依頼した場合の相場

SEOは自分たちで行うことも可能です。しかし中小企業や個人事業主の場合、本業もあるのでサイト制作までは手に負えないという方もいるでしょう。

その場合、SEOの専門業者に依頼する方法もあります。プロが担当するので、効果の高く期待できるサイトを作ってくれるはずです。

しかし外注した場合に気になるのは、やはり費用でしょう。費用を考えるにあたって、大きく2種類のコストが発生する点を理解しましょう。

ホームページを制作するにあたっての初期費用とサイト運営するための月額費用の2種類です。もし業者にすべてお任せする場合、初期費用が200万円〜で月額費用は3万円〜と想定するといいです。

こうしてみるとかなり高額だなと思うかもしれません。しかし例えば一部自分でSEOを実施すれば、この費用は安くなります。

またすでに自社サイトを立ち上げているけれどもSEO対策を実施したければ、費用も安くなります。業者にすべてSEOをお任せした場合でも、初期費用50万円〜とかなり圧縮できます。

まとめ

ホームページの集客効果を上げるためには、SEOをすることが大事です。SEOの方法ですが、自分たちで行うことも可能ですが、確実性を重視するならプロに任せたほうがいいでしょう。

ただしSEO会社ですが、ピンキリであるのが正直なところです。複数のSEO専門会社に見積もりをとって比較する、これまでの制作実績などで候補を絞り込みましょう。

自分で直接複数のSEO会社にコンタクトをとって見積もりを出すとなるとかなり時間がかかります。そこでおすすめなのが、比較ビズです。

比較ビズは一括で複数のSEO会社に相談できます。手間を大幅に省略できますし、無料で利用できるので活用を検討してみませんか?

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインに関連する記事

Web制作会社・システム開発会社に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら