スマホアプリ開発に一括見積もり

面倒な発注・外注先探しなら比較ビズ。
面倒な専門家・業者探しを一括見積もりでラクラクに!

paypayミニアプリでおすすめの開発会社10選

TechCIDA
監修者
TechCIDA 代表 甲斐稔章
最終更新日:2024年04月22日
paypayミニアプリでおすすめの開発会社10選

この記事ではpaypayミニアプリでおすすめの開発会社をご紹介します。世の中のニーズはパソコンよりもスマホに流れている傾向にあります。そこでアプリ開発会社が非常に重宝されており、ニーズが高まっています。 豊富な制作実績がある会社を厳選してご紹介しているので、paypayミニアプリ開発を依頼したい方や、企画から制作・運営までワンストップサポートしてほしい方はぜひ参考にしてください。

スマホアプリ開発にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • マッチングアプリを作りたい
  • chatgptを使ったアプリを開発したい

全国に何万もあるシステム開発会社から、ピッタリの一社を見つけるのは大変です。比較ビズではシステム開発会社の登録に力を入れており、価格重視、デザイン重視、機能重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりが貰えます。まずはお気軽にご相談ください。

スマホアプリ開発に対応できる業者を一覧から探す

掲載企業の選定は弊社独自の基準とリサーチ手法に基づき行っております。詳しくは編集ポリシーをご覧ください。掲載企業の情報は変更されている場合がございます。掲載企業へのお仕事の依頼は十分な確認を行ったうえで、お客様の判断と責任でお願いいたします

スマホアプリ開発会社の選び方

開発会社を選ぶ際には、以下の観点で選ぶと失敗しません。開発中のコミュニケーションや修正の対応力も重要です。自社のニーズに合ったスマホアプリ開発会社を選ぶことで、最適なアプリを実現することができます。

  • 開発会社の実績や経験
  • 開発会社のスキルや技術力
  • デザインや機能に関する提案力

スマホアプリ開発の費用相場

開発費用は、アプリの種類や機能、開発期間、必要なスキルや技術、デザインの複雑さによって異なります。アメリカのソフトウェア企業「MLSDev」の調査によると、アプリの種類別の開発費用相場は下記のとおり。iOSとAndroidの両方に対応する場合は、費用が増えます。

アプリの種類 開発費用の相場
機能特化アプリ(例:カメラ) 150万円
データ連携アプリ(例:カレンダー) 150万円〜
会員アプリ 300万円〜
SNSアプリ 220万円〜1,200万円
eコマースアプリ 350万円〜1,700万円
オンデマンドアプリ(例:Uber) 500万円〜700万円
マーケットプレイスアプリ 1,200万円〜

参照:MLSDev

以下の記事で詳しい費用相場を解説。発注前に予算感を知りたい方はご確認ください。

Z Venture Capital株式会社

Z Venture Capital株式会社

参照元:Z Venture Capital株式会社

  • アプリ開発とソフトウェア開発専門の会社
  • 経験豊富なスタッフが集結
  • 高品質なアプリを制作

東京都千代田区のZ Venture Capitalは、ソフトウェア開発とアプリ開発専門の会社です。paypayミニアプリの開発にも携わっており、最新のトレンドを速やかにキャッチして、新しい技術へのチャレンジを続けています。社内には経験豊富なスタッフが所属しており、アプリ企画・構築・制作・リリース後までワンチームとなって、丁寧にサポートしています。

企業情報

住所:東京都 千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー

株式会社Seibii

株式会社Seibii

参照元:株式会社Seibii

  • スマホから簡単に依頼ができる“Seibii(セイビー)”の提供
  • 日本全国どこでも出張依頼が可能
  • Web完結の出張型整備

株式会社Seibiiは東京都港区にある2019年設立の会社です。社名通り日本の経済活動を支える“クルマ”に特化した事業活動を行っている会社で、クルマの修理・整備を全国展開で行っています。簡単にスマホで予約ができ自宅まで出張サービスが可能です。「PayPay Accelerator Program」が2020年12月より始まり、最初の6社のうちの一つに選ばれた会社でもあります。

企業情報

住所:東京都 港区六本木3-1

株式会社さとふる

株式会社さとふる

参照元:株式会社さとふる

  • PayPayキャッシュレス決済の他様々な支払いに対応
  • 簡単な確定申告手続き
  • 電話での問い合わせが可能

株式会社さとふるは東京都中央区に本社が、札幌市中央区、大阪市北区、福岡市博多区に営業所のあるふるさと納税ポータルサイトの企画・運営などを行っている会社です。ソフトバンクグループのSBプレイヤーズ株式会社の子会社になります。2020年PayPayミニアプリに、さとふるが開発・運営する“ふるさと納税”が追加されました。「ふるさと納税をしたいがどうしたらいいの?」という疑問に一発回答するPayPayミニアプリです。

企業情報

住所:東京都 中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン13F

株式会社RYM&CO.

株式会社RYM&CO.

参照元:株式会社RYM&CO.

  • 定額制テイクアウトアプリPOTLUCK(ポットラック)の開発
  • iOS・Androidのハイブリッドでの提供
  • PayPayミニアプリを開発するスタートアップパートナー

株式会社RYM&CO. は東京都渋谷区にある定額制テイクアウトアプリ「POTLUCK(ポットラック)」を開発・運営している会社です。PayPay株式会社が2020年12月にPayPayミニアプリ開発の支援と機能拡充を目的とする「PayPay Accelerator Program」に選ばれた6社のうちの1社です。3種類のリーズナブルな価格で宅配食を行っている会社です。

企業情報

住所:東京都 渋谷区神南1-20

株式会社サイシード

株式会社サイシード

参照元:株式会社サイシード

  • ミニアプリ開発支援サービス“Monkey App”の提供
  • PayPayミニアプリの提供で利用者の負担軽減
  • 企業に合わせたビジネスデザインの提供

株式会社サイシードは東京都新宿区にあるシステム開発事業・AI事業・人材事業などを行っている2015年設立の若い会社です。システム開発では、デジタルトランスフォーメーションの分野でスマホアプリの機能をLINE上で実現できるシステム開発に実績があります。それを足がかりにPAYPAYミニアプリなどのプラットフォームを準備。少ない工数で最大の成果を得ることができます。

企業情報

住所:東京都 新宿区西新宿6-18-1 住友不動産新宿セントラルパークタワー19F

DiDiモビリティジャパン株式会社

DiDiモビリティジャパン株式会社

参照元:DiDiモビリティジャパン株式会社

  • PayPayミニアプリ上で目的地と乗車地点を地図で選択するだけで注文OK
  • 東京限定で乗車料金30%オフ
  • 送迎料金無料サービス

DiDiモビリティジャパン株式会社は東京都港区にある、幅広い交通手段を提供する交通プラットフォーム事業を展開している会社です。ソフトバンクグループが50%出資している会社で、タクシー配車アプリの「DiDi Taxi」を開発・運営をしていて、PayPayミニアプリ上での利用も可能です。世界中で5.5億人が“DiDi”アプリを利用、年に100億回利用されています。

企業情報

住所:東京都 港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝10F

株式会社FOODCODE

株式会社FOODCODE

参照元:株式会社FOODCODE

  • カレーの生産から提供・アプリでの注文までワンストップで提供
  • 適正な時間・適切な価格でカレーのデリバリー
  • 都内各所と大手企業の社食で提供

株式会社FOODCODEは東京都文京区にある2018年設立の会社です。“カレー”に特化した“カレー”にこだわった事業展開をしている会社です。アプリでカレーを注文、待ち時間なくトッピング自由自在のカレーを自宅にお届けするスタイルです。「PayPay Accelerator Program」の最初の参加企業6社のうちのひとつで、アプリでしか買えないカレー屋「TOKYO MIX CURRY」を運営しています。

企業情報

住所:東京都 文京区根津2-29-4-1F

まとめ

paypayミニアプリでおすすめの開発会社をご紹介しました。 アプリ開発の場合、リリース後のアフターサポートが非常に重要になります。特に次々と湧いて出るニーズに応えるためには迅速な対応が必須となります。アプリの評判は口コミなどでの拡散が非常に早く、どの会社も対応に苦労しているところです。今回は、そうしたトレンドやニーズをいち早くキャッチするスキルの高い会社を選んでいます。ぜひ、参考にしてみてください。

監修者のコメント
TechCIDA
代表 甲斐稔章

新卒でソフトバンク株式会社に入社。国内の法人向けバックボーンネットワークの保守・運用をメインに部署の品質管理、全国の部材整備業務を実施。その後ベンチャー企業にてPMO・インフラ担当としてAWSを用いたシステム・アプリ開発に従事。オンプレミス・クラウド環境両方を得意としたインフラエンジニアとして活動。現在は地元に戻りフリーランスエンジニア兼子ども向けプログラミング教室の運営を行う。

PayPayは2019年からサービスが開始され、現在は6000万人ものユーザーが利用している決済アプリです。 最近ではふるさと納税や行政関連の請求書支払い、資産運用などサービス内容も充実してきました。

加えて本記事で紹介したミニアプリも増えてきており、タクシーの配車や外食店のモバイルオーダーが可能となっています。 PayPayミニアプリを利用することで、ユーザーは新たにアプリを登録する必要がなく、キャンペーンも行うことが可能です。

決済機能や基本機能はPayPayに任せることができるため、開発期間やコストもフルスクラッチに比べて抑えられることも魅力の一つです。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

スマホアプリ開発にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • マッチングアプリを作りたい
  • chatgptを使ったアプリを開発したい

全国に何万もあるシステム開発会社から、ピッタリの一社を見つけるのは大変です。比較ビズではシステム開発会社の登録に力を入れており、価格重視、デザイン重視、機能重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりが貰えます。まずはお気軽にご相談ください。

スマホアプリ開発に対応できる業者を一覧から探す