MEO対策とは?意味や仕組みをカンタン解説

更新日:2020年06月03日 発注カテゴリ: SEO対策(検索エンジン最適化)
MEO対策とは?意味や仕組みをカンタン解説

MEO対策とは、地域名+業種名で検索したときに上位ページに表示されるよう対策をすることです。2020年現在、MEO対策を行うことは重要であり、各業界が導入しようと躍起になっている状況です。MEO対策することで大きな集客効果が期待できるので、この流れは必然といえるでしょう。ということで、MEO対策とは?を始め、MEOの基本的なことを説明するため、ぜひ1つの知識として身に付けてもらればと思います。先に伝えておきますが…MEO対策は予想以上に効果が高いので、絶対に知識として持っておくとよいです。

関連する記事

MEO対策とは?どうしてMEO対策が必要なのか?

MEOとは、Map Engine Optimization(マップ エンジン オプティマイゼーション)の略で、マップエンジンの検索に引っかかるように対策をすることです。

ローカルSEOと言われることもあり、""地域名"" と ""業種名"" で検索されたときにヒットするようするわけです。

またIT特有の横文字で小難しい話なっていますが、やっていること・やるべきことはスゴく単純なので、安心してください。

単純に、自分のお店をGoogoleマイビジネスというサービスに登録して、地図付きで案内をしてくれるようにするだけの話です。

ここからは、さらに詳しくMEO対策について説明をしていきます。

MEO対策をするとどうなるの?どうして対策しないといけないの?

  • MEO対策をすると、集客率が格段とアップします。
  • MEO対策をしないと、近くにいるライバル店に顧客を奪われてしまいます。

これが、MEO対策の期待される効果と、しないといけない理由です。

これだけを見れば、お店を運営している身からすれば気になる内容であり「絶対にしないといけないこと!」が直感で分かっていただけると思います。

例えば、喫茶店を経営していたとしましょう。

見知らぬ土地に観光に訪れた人が美味しいコーヒーを飲みたいなと思って取る行動は…スマホを使って「○○市 喫茶店」「○○市 コーヒー」と検索することです。

(GoogleMapでは○○市と地域名と入力しなくても、勝手にGPS情報を確認して近くにあるお店を紹介してくれます)

このような曖昧な検索でもヒットされるようにするのが「MEO対策」です。

もしヒットしなかった場合、選択肢にも入らないため集客ができないわけですから、お店を切り盛りする側にとっては死活問題ですよね。

余談ですが、足を運んだ地域にてスマホを活用して検索するときに役立つ情報となるため、MEO対策はスマホと非常に相性がいい特徴を持っています。

導入するとどれくらい効果があるの?

利用者がネット上で目にする回数が如実にアップする効果があります。

対策前と対策後を比較すると…ズバリ約5倍の伸びです。

目にする回数とは、検索に対してヒットした情報として、Googleが結果ページに表示したか?の回数になります。

例えば「○○市 喫茶店」と検索したときに、検索結果として表示されるか?ということです。

とあるペットサロンの実例を紹介!

では、実際にどれくらいの効果があるのか?を実例紹介していきます。

とある東京都にあるペットサロンの事例で、もともと知名度が高く、ペットのトリミングやペットホテルを専門に扱っている業者がMEO対策に挑戦しました。

ターゲットはスマホ世代です。

先で触れたとおり、スマホはMEO対策と相性がよいため高い効果が期待できそうですよね。

目的は「東京 ペットホテル」「東京 ペットサロン」の検索でヒットすることで、集客力アップを目指します。

対策前、このような検索のとき…1ヶ月で1,500回程度の表示回数でしたが、対策をしてから4ヶ月後「7,000回以上」と驚異的な数字を叩き出したのです。

その結果、問い合わせの回数が対策前よりも約2倍に増え、さらに顧客確保も成功し大きな成果を出した結果となっています。

利用意欲の高い人たちがターゲットとなる

SEO対策は「店名」を始めとした直接的な検索に対して、そのお店の公式サイトなどを上位に表示するための対策です。

MEO対策は「地域名+業種名」のような間接的な検索に対して、マップ付きの基本情報を上位に表示するための対策となります。

いずれも効果的な集客方法ですが…MEO対策はもともと利用意欲が高い人たちをターゲットとしています。

その結果、上位に表示されるだけで高い効果が期待できる特徴があるのです。

ここからもMEO対策の重要度や各業種の人たちが躍起になっている理由を垣間見ることができますよね。

MEO対策をする前に…仕組みを知っておこう!

お店を運営している側としては、集客力がアップするのであればMEO対策をしてみたいですよね。

まずは、そもそもMEOはどのような仕組みになっているのか?基本的な部分を簡単に説明していきます。

その後、具体的な方法を説明していきますね。

MEO対策ができるのは実店舗がある場合のみ

MEO対策は、あくまでも実店舗で運営していることが前提条件です。

そもそもMEOは、GoogleMapに「お店はここにあるよ!ここのお店の基本情報はこれだよ!口コミ情報が書かれているよ!画像もあるよ!」と情報を表示してくれる機能です。

実店舗がなければ、このような紹介ができないため当然の前提条件ですよね。

言い方を変えれば、実店舗があればどのような業種でもMEOの対象となります。

そもそもGoogleが表示順位を決めている!

MEO対策は、あくまでもGoogle独自の判定基準があり、それにしたがってGoogleMapや検索結果ページに情報が順に表示されます。

つまり、Googoleありきのサービスだということです。

したがって、MEO対策をするということは、Googleのサービスを活用することになるわけです。

上位表示される代表的な3つの工夫の仕方とは?

MEO対策は、Googleマイビジネスというサービスを利用します。

無料で自身のお店のPRができるサービスとなっており、充実させることで検索時に上位表示できます。

ここでは、代表的な3つの工夫の仕方を紹介するので参考にしてみてください。

検索キーワードに対して関連性を高くする

自身のお店の業種が「美容院」の場合、PRする内容は…地域名・カラーリング・パーマなど、関連する文言を使用するはずです。

しかし、お寿司・お肉・魚介類など、飲食店がPRする内容にしていれば関連性は低くなります。

その結果、Googleは利用者が求めている情報と判断せず表示順位を下げることになります。

利用者がどのような検索をするのかを予測して使いそうな言葉でPRしていくことがポイントです。

SNSなどで取り上げられるなどお店の知名度を高くする

Googleは、お店の知名度を以下の内容で確認をしています。

  • SNS上で話題になっているか?
  • ブログなど他サイトで紹介されているか?

なので、結局のところお店の知名度を上げるためには質の高いサービスを提供し続けて、利用者に発信してもらうしかありません。

間接的な部分になるため、地道な努力がポイントになります。

口コミ数が多くなるよう努力する

口コミ情報は利用者にとってもお店側にとっても非常に重要な情報となります。

したがって、Googleも検索時に重要な情報と捉え「上位に表示すべきお店か?」と判断します。

すなわち、この口コミが多く質の高いモノであれば上位表示されるわけです。

こちらは「口コミ投稿すれば○○円引き!」のような工夫で多くすることができます。

また、口コミ投稿に対して、お店側の返答があるとGoogleからより高い評価がされ、上位表示に繋がります。

好意的な口コミにはお礼を、悪い口コミには真摯な対応をするような返答をするといいです。

MEO対策を開始したその日から効果があるわけではない…

SEO対策と同様に、MEO対策をした後、スグに効果があるわけではありません。

徐々にサイトへのアクセス数が増えて、徐々に問い合わせの回数が増えていくイメージです。

したがって、スグに結果を求め過ぎてしまって「全然意味がない!」とMEO対策を辞めてしまう人もいます。

効果を実感することができるのは、順調にいって数ヶ月先だということを理解して対策をしていきましょう。

MEO対策は具体的にはどうしたらいいの?

実際にMEO対策をするとなった場合、何をどうしたらよいのか?と分かりませんよね。

スゴく簡単なので、ここから順に説明をしていきたいと思います。

Googleマイビジネスのオーナー登録確認をする

まずはGoogleマイビジネスと呼ばれるサービスに自分のお店が登録されているか?を確認します。

確認方法は簡単で、単純にGoogleMapを開いて自分のお店を検索するだけです。

検索キーワードを入力して検索をすると、該当する情報の一覧が表示されます。

その一覧に自分のお店が表示されているか?いないか?で判別することが可能です。

ちなみに、登録した覚えがないないのに自分のお店や施設が表示されるのか?と疑問に感じた人もいると思います。

実はこれ、Googleが持っている独自の情報を反映しているため登録されているのです。

新規開業のお店は登録されていないことが多いですが、昔ながらのお店であれば、かなりの確率で登録されています。

もし登録されていない場合は、検索結果に見つからなかった旨のメッセージが表示されます。

その場合は、Googleへ「登録してください」と申請をするだけでOKです。

Googleマイビジネスに登録されていたらオーナー権限をGoogleからもらう

お店が登録されていたとしても、すぐに情報を編集することはできません。

というのも、Googleに対して「○○のお店のオーナーはわたしです」と登録をしないといけないからです。

登録方法は、Googleへハガキ・電話・ネットのどれかで申請するだけで、Googleマイビジネスのページから行えます。

オーナー権限になると基本情報の登録ができる

Googleマイビジネス管理ページより、お店の基本情報(店名・営業時間・連絡先・写真・説明文など)が更新できるようになります。

更新した内容は3日程度でGoogleの検索エンジンなどに通知され実際に表示されます。

MEO対策は1つの手段であり総合的な対策が必要

確かにMEO対策することで情報を見てくれやすくなり高い効果がでますが、あくまでも間接的に検索してきた人たちを拾えるようになるだけです。

なので、MEO対策と並行して、SEO対策など多角的な対策をしていくこと、より高い効果が期待できるようになります。

平たくいえば…MEO対策以外の方法でも集客力アップする方法があり、伸びしろがあるということです。

ここからは、総合的な対策として何をしないといけないのか?について説明をします。

直接的な検索にも対応できるようSEO対策も行う

インターネットが世に出てから今まで変わらず叫ばれているのが、このSEO対策です。

MEO対策をすると、サイト自体の質も高くなるため、SEO的にも「このサイトはいい」と判断してくれて上位表示されやすくなります。

抽象的な検索をするのがMEOのため、一見するとSEOとはまったく関係がないと思われがちですが、実はそうではありません。

というのも、サイトを見る人が増えたり、サイト内でのページ遷移が頻繁に行われたりすることで、サイトの価値が上がるわけです。

となると、SEO的には「人気のあるサイト」と認識して、上位に表示してくれます。

このように相乗効果が期待できるため、難しい面もありますが積極的にSEO対策することを強くおすすめします。

スマホで検索されたことも考慮したサイト作りをする

2020年現在、誰もがスマホを持つ時代となり、ちょっとした調べ物を手軽にできるようになりました。

そのため、飲食店などMEO対策の対象となる業界は、非常に重要な位置づけになることはいうまでもありません。

実際に、スマホ重視のサイト作りにしたら売上が伸びたお店も存在するぐらいです。

特にスマホはMEO対策との相性が素晴らしいです。

例えば、MEO対策をしたおかげでGoogleMap検索にヒットして情報が表示されたとします。

検索者は、その勢いで検索にヒットしたお店の公式サイトにアクセスする流れになるわけです。

そこで、見にくいスマホサイトにしておいてしまうと…せっかく捕まえた顧客が手の指の間からスルッと逃げられてしまう残念ことに。

だからこそ、足を運んでくれた顧客に対して「見やすいサイト」を作っておくべきなのです。

考えるのが面倒!こまめに更新すること

「SEO対策をしてください!」「見やすいサイト作りをしてください!」と紹介させてもらっておきながら矛盾をしてしまって申し訳ないのですが…。

どれも面倒だからやりたくない!という人もいると思いますし、そもそも忙しくて対応する時間がない!という人もいると思います。

であれば、何でもいいので公式サイトをこまめに更新をするだけでも結構です。

更新費度が適度に行われていることをSEOは好むため、自然と対策をしていることになります。

したがって、MEO対策時に決めたキーワードを積極的に利用をして、ブログなり、最新情報なり、なんでもよいので更新をするだけOKなのです。

スマホサイトでの見栄えも、こまめに自サイトを自信のスマホで見て対処していけば、問題はまったくありません。

ただ、見やすいサイトなどを参考にして、自サイトのデザインをモデルチェンジしていけば、最終的には美しいデザインになっているはずです。

MEO対策は難しそう!自分でできない場合は専門業者へ依頼をしよう!

「この手の話は苦手」と感じている人は多いと思いますし、ここで紹介している内容も「できたらやりたくない」と感じている人もいることでしょう。

そんなときは、専門業者に依頼する選択肢もあります。

依頼費用が掛かってしまうデメリットはありますが、反面、プロが対応するわけですから確実な効果が期待できるメリットがあります。

ここでは、専門業者へ依頼をするとき、先に知っておきたいことについて説明をしていきます。

専門業者へ支払う報酬は2つの種類がある

「成果報酬型」「固定報酬型」と専門業者へ支払う報酬は大きく2つに分類できます。

成果報酬型は、言葉のとおりでMEO対策の効果が出なければ料金を支払わなくてもいい内容です。

例えば、対象のキーワードで検索したとき、上位10位までに表示されなければ報酬なしといったイメージです。

あくまでもザックリとですが、おおよそ1ワード1,000円前後の報酬が発生します。

1日毎の成果となるため、30日間、条件をクリアすれば、30,000円前後の報酬となるわけです。

固定報酬型は、こちらも言葉のとおりで、効果があってもなくても対応をしたら、対価として契約した金額を支払う形になります。

相場はピンきりではありますが、ザックリといえば数万円といったところに落ち着きます。

上位に表示されなくても支払いをしないといけませんが、ずっと上位に表示されれば、あっという間に導入経費を回収することが可能です。

ともあれ、いずれにも一長一短があるため、しっかりと吟味をして採用するプランをどちらにするのか?を決めていきましょう。

ベースだけ対応してもらって…あとは自分で対策する方法もある

少し裏技的な方法として、最初の走りの部分だけ業者に依頼をして、あとの管理は自分自身で行う方法もあります。

メリットとしては、依頼費用を削減できること、そして自分自身のスキルがアップすることが挙げられます。

MEO対策を何も知らない状態で始めるにはハードルが高いですが、そこさえ超えてもらえば、後は見て真似をしていくだけなので対応することが可能というわけです。

一見、難しそうに感じてしまいますが「試して、確認をして、改善をして」と、いわゆるPDCAサイクルを回して、精度を上げていくだけです。

個人的には、メリットが多いためおすすめしたい方法ではあります。

費用はべらぼうに高いわけではないので安心

先ほど、費用相場について軽く触れましたが、意外と「安い」と感じた人も多いのではないでしょうか。

というのも、IT業界に作業を依頼をすると、どうしても高くなってしまうイメージが強いので身構えてしまうわけですよね。

しかし、基本的にMEO対策は、べらぼうに費用が高くなるわけではないため、業者へ気軽に問い合わせてみるといいでしょう。

対象となるキーワードさえ決めれば、後はトントン拍子で話も進んでいくはずです。

また、対象のキーワードを悩んでいるのであれば、併せて相談をしても問題はありません。

お金を払ってサービスを利用するわけですから、積極的に活用していきましょう。

集客力をアップしたいなら必ず行うべきMEO対策

最後に、MEO対策についてまとめます。

  • MEO対策をすることで集客力がアップする
  • Googleマイビジネスを利用してMEO対策する
  • MEO対策は「関連性」「知名度」「口コミ情報」がポイントになる
  • MEO対策は集客の1つの手段でありSEO対策など一緒に行えばより高い効果が期待できる
  • MEO対策を代行してくれる業者が存在する

ともあれ、2020年以降も注目されていくサービスであることは間違いないので、絶対にノウハウを持っておいた方がよいです。

声を大にして伝えたいことは「簡単に始めることができる」ということで、お試しでもよいので、まずは始めてみませんか?

SEO対策(検索エンジン最適化)を一括見積もりで発注先を楽に探す

SEO対策(検索エンジン最適化)の案件一覧

SEO対策(検索エンジン最適化)のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

市区町村からSEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を探す

カテゴリ一覧

人気記事

SEO対策(検索エンジン最適化)の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら