アナリティクス設定の基本とは?初心者にもわかる設定手順とポイントを解説

最終更新日:2023年12月25日
株式会社ロードマップ
監修者
代表取締役 石川 真実
アナリティクス設定の基本とは?初心者にもわかる設定手順とポイントを解説
この記事で解決できるお悩み
  • アナリティクス設定はどうすればいい?
  • アナリティクスの設定を変更したいが操作方法がわからない
  • アナリティクスの設定を活用したデータ分析方法とは?

データ分析で活用するアナリティクス設定について解説。アナリティクス設定とは、データ収集だけではなく問題点を発見できるデータ分析ツールです。

本記事では、アナリティクスの設定方法から注意点まで詳しく説明しています。最後まで読めば、データが正しく収集できない場合の確認方法までわかります。ぜひ参考にしてください。

ホームページ更新・管理にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • サイトをリニューアルしたい
  • 定期的な更新が難しい
  • サイトへの流入が増えない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

SEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を一覧から探す

Googleアナリティクス設定を完了させる4ステップ

すべてのデバイスに最適なデザインを

アナリティクスとは、データ分析やユーザー行動に分析ができるツールです。ここでは初期設定を完了させるための以下4ステップを紹介します。

  • アカウントの作成
  • プロパティの作成
  • データストリームの作成
  • トラッキングコードの設置

1. アカウントの作成

1-1. Googleアカウントを取得する

Googleアナリティクスを利用するには、まずGoogleアカウントを取得します。Googleアカウントを持っていない場合は、こちらから作成できます。「ログイン」をクリックして「アカウントを作成」から設定を進めましょう。

アカウントの作成には、氏名・生年月日・性別のほかに電話番号によるSMS送信での確認コードの受信が必要です。どれも本人確認に必要な情報のため、誤りがないようにしましょう。

1-2. Googleアナリティクスにアクセスする

Googleアカウントを取得後、Googleアナリティクスにアクセスして「測定を開始」をクリックします。

クリック後「アカウントを作成」のページになります。アカウント名を入力し、アカウントのデータ共有設定を確認しましょう。利用規約を確認後「次へ」をクリックします。

2. プロパティの作成

Googleアナリティクスでは、測定したいウェブサイトやアプリを「プロパティ」と呼びます。プロパティを作成するには、以下の手順に従います。

2-1. プロパティ名の入力とレポートのタイムゾーンと通貨を設定する

プロパティ名とは、Googleアナリティクスで測定するウェブサイトやアプリのことを指す名前です。プロパティ名は、自分で任意に設定できますが、わかりやすいものにすることをおすすめします。プロパティ名は、Googleアナリティクス管理画面の左上のメニューから確認や変更が可能です。

「レポートのタイムゾーン」と「通貨」を入力します。日本の場合はタイムゾーンを「日本」通貨を「日本円」に設定します。

2-2. ビジネス情報を入力する

自社に当てはまる情報にチェックを入れていきます。入力が完了したら「作成」をクリックしましょう。

2-3. 利用規約・データ共有に適用される追加条項に同意する

利用規約のページに移り、Googleアナリティクス利用規約の国を「日本」に設定します。規約を確認後、チェックをしましょう。スクロールすると「データ共有に適用される追加条項」があるため、確認後チェックをします。

2カ所のチェックを確認後、ページ下部の「同意する」をクリックすることで基本設定が完了です。

3. データストリームの作成

データストリームとは、Googleアナリティクスで測定するウェブサイトやアプリのことです。データストリームを作成することで、ユーザーの行動やイベントを収集・分析できます。

3-1. 該当のアカウントとGA4プロパティを選択する

アカウント列から、測定したいアカウントを選択し、隣のプロパティ列から測定したいGA4プロパティを選択します。

3-2. 「データストリーム」タブに移動してプラットフォームを選択する

データストリーム列から「データストリーム」タブに移動します。 プラットフォームを選択するページに移行するため「ウェブ」「iOS」「Android」から対象となるものを選択しましょう。

ストリームの詳細を入力するフォームが出てくるため、必要事項を入力します。各プラットフォームで必要な入力事項は次のとおりです。

入力事項備考
ウェブ・ウェブサイトのURL
・ストリーム名
・測定ID
測定IDは「G-」から始まる文字列で、データストリームを識別するために使用する
iOS・アプリ名
・ストリーム名
・バンドルID
・測定ID
バンドルIDはiOSアプリの一意の識別子で、App Store Connectで確認可能
Android・アプリ名
・ストリーム名
・パッケージ名
・測定ID
パッケージ名はAndroidアプリの一意の識別子で、Google Play Consoleで確認可能

必要事項を入力後「ストリームを作成」をクリックします。以上の手順で、データストリーム作成は完了です。

4. トラッキングコードの設置

トラッキングコードとは、Googleアナリティクスでユーザーの行動やイベントを計測するために、ウェブサイトやアプリに埋め込むコードのことです。

4-1. アカウント・プロパティ・データストリームを選択する

アカウント列から、測定したいアカウントを選択します。次にプロパティ列から、測定したいGA4プロパティを選択し「タグの設定」タブに移動しましょう。

4-2. 対象となるタグを選択する

「グローバルサイトタグ(gtag.js)」か「Googleタグマネージャー」か「Firebase SDK」から対象となるタグを選択します。使用可能なプラットフォームは以下のとおりです。

グローバルサイトタグ
(gtag.js)
ウェブサイト用
Googleタグマネージャーウェブサイトまたはアプリ用
Firebase SDKiOSやAndroidアプリ用

4-3. トラッキングコードをサイトやアプリに埋め込む

トラッキングコードをサイトやアプリに埋め込みます。埋め込み方法は以下のとおりです。

グローバルサイトタグ
(gtag.js)
管理画面の「トラッキングコード」タグからコードをコピーしてウェブサイトのタグ内に貼る
GoogleタグマネージャーコンテナIDやSDKなどを利用してトラッキングコードを設置する
Firebase SDKFirebaseコンソールからアプリを登録し、SDKをダウンロードしてアプリに組み込む

設置が完了したら、Googleアナリティクスでデータが収集されているか、必ず確認しましょう。

Googleアナリティクス導入後に設定しておきたい6つの項目

ポイント_虫眼鏡

Googleアナリティクスは、導入するだけでは十分な効果が得られません。Googleアナリティクスを最大限に活用するためには、導入後にいくつかの設定を行う必要があります。主な内容は以下の6つです。

  • IPアドレスの除外設定
  • デフォルトのURL設定
  • レポートの有効化
  • サーチコンソールとの連携
  • ボットフィルタリングの設定
  • サイト内トラッキング設定

1. IPアドレスの除外設定

IPアドレスの除外設定とは、自分を含め社内の人間がサイトにアクセスした際に、データを計測しないようにする設定です。自分や社内の人間がサイトを閲覧することは、サイト運営にとって重要な指標である「ユニークユーザー数」や「コンバージョン率」に影響を与えてしまいます。

自分や社内の人間がサイトにアクセスした際には、データを除外することでより正確な分析ができます。IPアドレスの除外設定は「管理」→「ビュー」→「ビューの設定」→「フィルター」で実施しましょう。

2. デフォルトのURL設定

デフォルトのURL設定とは、サイト内のページごとに表示されるURLがhttpとhttpsやwwwありとなしで異なる場合に、統一するための設定です。「http://example.com/」と「https://example.com/」は同じページですが、Googleアナリティクスでは別々のページとして扱われてしまいます。

デフォルトのURL設定を行うことで、同じページでも異なるURLで表示される場合に、1つのURLに統一できます。デフォルトのURL設定は「管理」→「プロパティ」→「プロパティの設定」から実施しましょう。

3. レポートの有効化

レポートの有効化とは、Googleアナリティクスで提供されるさまざまなレポートを利用できるようにする設定です。Googleアナリティクスでは、サイトのパフォーマンスやユーザーの特性などを分析できるレポートが多数用意されています。

しかし一部のレポートはデフォルトでは無効になっているため、レポートの有効化を行うことで、より多くのレポートを利用できるようになります。レポートの有効化は「管理」→「プロパティ」→「プロパティの設定」から実施しましょう。

4. サーチコンソールとの連携

サーチコンソールとの連携とは、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携させることです。Googleサーチコンソールは、Googleの検索で記事が何位に表示されているのか、どのようなキーワードでアクセスされているかを分析できるツールです。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携させることで、サイトへの流入経路やコンバージョンにつながったキーワードがわかります。サーチコンソールとの連携は「管理」→「プロパティ」→「プロパティの設定」から実施しましょう。

5. ボットフィルタリングの設定

ボットフィルタリングの設定とは、プログラムや自動化されたツールにより生成されたアクセスを計測しないようにする設定です。ボットトラフィックは、サイトへの実際の需要や関心を反映しておらず、セキュリティ上の脅威にもなり得ます。

ボットフィルタリングの設定を行うことで、人間による正当なアクセスだけを計測できます。

6. サイト内トラッキング設定

サイト内トラッキング設定とは、Googleアナリティクスでサイト内検索のデータを計測するための設定です。

サイト内検索のデータを計測することで、ユーザーのニーズや関心、サイトのコンテンツの充実度などがわかります。サイト内トラッキング設定は「管理」→「ビュー」→「ビューの設定」から実施しましょう。

設定を行うと、Googleアナリティクスでサイト内検索のレポートを見ることができます。レポートでは、検索されたキーワードや回数、結果ページの閲覧率や離脱率などを表示可能です。データを分析することで、サイトの改善点やユーザーの傾向などがわかります。

アクセス解析を依頼できるおすすめ会社

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブ

参照元:株式会社グラッドキューブ

  • 社員の8割がアクセス解析有資格者
  • 各種広告運用に実績ある会社
  • アクセス解析で売上UPに貢献

株式会社グラッドキューブは、大阪に本社がある会社で、アクセス解析に強く社員のおよそ80%がGoogleAnalyticsIndividualQualification(GAIQ)の有資格者というつわもの揃いなことが特徴です。Googleアナリティクスを用いた高度なアクセス解析は、貴社のWebサイト状況の把握、事業の把握に最適なほか、中長期的なマーケティングの軸にもなります。広告運用と併せて売上アップに貢献する会社と言えるでしょう。

企業情報

住所:大阪府 大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8F

株式会社クリエル

株式会社クリエル

参照元:株式会社クリエル

  • 15年間で1,500社以上の取引実績
  • WEBサイトで業績アップを実現
  • 高品質なサービスをリーズナブルな価格で提供

福岡県福岡市博多区に拠点を構える株式会社クリエルは、2008年から15年以上にわたってWEBサイト制作、WEBコンサルティングなどのサービスを提供し、1,500社以上の取引実績を持っています。WEBサイトで業績アップを実現できる確かなノウハウを確立していて、高品質なサービスをリーズナブルな価格で提供してもらうことができます。企画から運用、アフターケアもワンストップで対応してもらえるので、安心して取引できます。

企業情報

住所:福岡県 福岡市博多区博多駅南1-2-3 博多駅前第一ビル7F

株式会社セブンデザイン

株式会社セブンデザイン

参照元:株式会社セブンデザイン

  • Googleアナリティクスで数値化
  • 集客力と成約率に貢献するWeb制作
  • ヒアリング重視で改善点を洗い出す

株式会社セブンデザインは、SEOに強くユーザー目線のホームページ制作を行う会社です。ホームページ制作をするうえで、ライティングには対応していないものの、Googleアナリティクスによるデータの数値化により問題点や改善点を洗い出すことを得意としています。集客をはじめ誘導などを細かく分析するときは、単なる分析で終わらず成約に結び付けた考え方をすることが特徴です。幅広い業種に対応できるのも強みといえるでしょう。

企業情報

住所:大阪府 大阪市都島区都島中通3-5-2 英伸ビル 2F

株式会社デッセウェブ

株式会社デッセウェブ

参照元:株式会社デッセウェブ

  • BtoB企業のデジタルマーケティング課題を解決
  • SEO対策で集客や売上を向上
  • 親切・丁寧できめ細かい対応が魅力

株式会社デッセウェブは愛知県名古屋市西区に本社を構えて、2012年から10年以上にわたってWEBコンテンツ・プロモーション企画設計・制作、Webサイト運用・保守、Webコンテンツ企画・制作、Web戦略コンサルティング、Webシステム開発などのサービスを提供しています。BtoB企業のデジタルマーケティング課題を解決してもらえて、親切・丁寧できめ細かい対応が大きな魅力です。アクセス解析でのSEO対策を得意としていて、集客や売上アップを実現してくれます。

企業情報

住所:愛知県 名古屋市西区上堀越町3-19-1 FLATSGAZERY2F

株式会社エッコ

株式会社エッコ

参照元:株式会社エッコ

  • 高度な現状分析であらゆる課題を解決
  • クライアントごとの最も効率的な施策を提案
  • 独自の集客メゾットで売上アップを実現

株式会社エッコは、愛知県名古屋市中区栄に本社を構えて2008年からWebマーケティング、Web制作・運用、Webシステム設計・開発などのサービスを提供しています。高度な現状分析力を持っていて、クライアントが抱えるビジネスのお悩みなどあらゆる課題を解決してもらうことが可能です。そのときに最も効率的な施策を提案してもらえて、独自の集客メゾットで売上アップを実現してもらうこともできます。

企業情報

住所:愛知県 名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル12F

URL:https://ecco.co.jp/

まとめ

Googleアナリティクスの導入設定と関連する6つの項目を紹介しました。アナリティクスの設定だけではなく、関連する設定も行うことで、Googleアナリティクスでより正確で有益なデータを取得できるようになります。

Googleアナリティクスは、Webサイト運営に欠かせないツールですが、ただ導入するだけでは十分な効果が得られません。実際に得たデータを分析し、サイト運営に活用しましょう。

サイト運営に疑問がある場合は「比較ビズ」を活用し、アナリティクスに詳しい複数の外注先を一括で比較できます。約2分の登録で有益な情報も収集できるため、サイト運営に力を注ぎたい方はぜひこの機会にご検討ください。

監修者の一言

アクセス解析ツールはWebサイトを運営する上でなくてはならないツールです。Webサイトを訪れたユーザーの属性や流入経路、サイト内での行動を把握でき、Webサイトの課題解決につなげることができます。

数多くのアクセス解析サービスがありますが代表的なのは「Googleアナリティクス」でしょう。Google アナリティクスは、Googleが無料で提供しているツールです。(さらに豊富な機能を備えた有料版もあります)

2020年に株式会社DataSignが実施した上場企業調査では、Webサイトを有する上場企業のうち約88%がGoogleアナリティクスを導入しているという結果がでています。マーケティング担当者にとってGoogleアナリティクスは、Webサイトを改善するために不可欠です。

ただし、適切な設定と使い方で利用しなければ意味がありません。この記事で紹介した内容を参考に利用してみてはいかがでしょうか。

株式会社ロードマップ
代表取締役 石川 真実
監修者

株式会社ロードマップ代表取締役。1980年岩手県奥州市出身。SEOを中心としたWEB制作から集客を行う攻めの部分と、WEBサイトのセキュリティ診断など守りのサービスをワンストップで提供。特に相談が多い誹謗中傷・風評被害対策をメインにサービス提供しており4000億売上がある企業のレピュテーションリスク予防を実施し結果を出し契約継続中。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
ホームページ更新・管理にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • サイトをリニューアルしたい
  • 定期的な更新が難しい
  • サイトへの流入が増えない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

SEO対策(検索エンジン最適化)に対応できる業者を一覧から探す