ホームページ作成の料金相場&制作費用を安く抑える方法【総まとめ】「比較ビズ」

ホームページ作成の料金相場&制作費用を安く抑える方法【総まとめ】

ホームページ作成やデザインにかかる制作費用の料金相場情報や相場早見表・費用を安く抑えるポイントを公開中。フリーランスに依頼、リニューアルのみ依頼など目的別の他、制作の流れや実際の見積もり書も紹介しています。見積もりや費用の適正価格が知りたい、という方はぜひチェックしてください。

ホームページ作成を外注や制作業者に依頼する場合、どんな工程がありどれくらい料金がかかるのか、個人に依頼するケースと制作会社に依頼するケースでどれくらい見積もりに差が出るのか、価格帯の検討がつきにくいことがあります。

理由は、依頼先やホームページの作成目的、リニューアルや一部修正・改修のみ、ほしい機能などで相場の目安はまったく異なるためです。そのため、数多くのデータから実際の料金表内訳と相場を理解し、格安で高品質のホームページ制作が可能な依頼先を見極める必要があります。

そこで、見極めに必要な料金相場がひと目で分かる相場早見表を用意しました。ホームページ作成にはどんな料金がかかるのか、求めるクオリティーや機能ごとに費用相場の目安をチェックしていきましょう。

初期費用
ディレクション費70,000円
デザイン設計・制作費100,000円(素材費あり+20,000円程度)
フロントエンド開発費70,000円
バックエンド開発費100,000円
ブラウザ動作検証費50,000円
初期費用の合計390,000円

相場早見表で各項目にかかる料金を確認しましたが、ディレクション費、デザイン設計・制作費、フロントエンド開発費、バックエンド開発費、ブラウザ動作検証費とそれぞれの項目で実際に行っている作業は何なのか、本当に必要なのかも詳しく確認していきたいと思います。

ディレクション費

ホームページ制作の依頼をしたとき、見積書に100%の確率で含まれているのがこのディレクション費。ディレクションで行うのは、主に以下のような作業です。

  • ヒアリング(対面・skype等で打ち合わせを行い要望を確認)
  • プランニング・コンセプト設計
  • サイト構成ラフなど提案内容を記載した資料の作成
  • 仕様策定(ページ構成、機能、サーバ構成等)
  • 進行管理(デザイナー、エンジニアへの指示やスケジュール管理)

このディレクション費はホームページ制作の進行管理にかかる費用なので、値引きをしたり省いたりしたくなるものですが、実はこのディレクションがサイトの完成度を左右すると言っても過言ではありません。

ホームページ制作の依頼をした瞬間から納品、その後の運用まで一貫した業務に携わるのがディレクターなので、言うならば専任の現場監督。みっちりプロジェクトに関わることになるので料金相場はかかる費用の中でも割合が高めであることが多いです。

デザイン設計・制作費

続いて、制作物のクオリティーを左右するデザイン設計・制作費。デザイン設計・制作で行うのは以下のような業務です。

  • 画面設計書の作成
  • UI/UX(ユーザーインターフェース)の設計
  • トップページのデザイン
  • ロゴやアイコンの作成
  • 写真やイラストなど素材の準備や当て込み

サイトのコンセプトや必要機能が決定すると、デザイナーは決定事項に則ってデザインを作成していきます。単に色合いなど見た目の決定をするだけでなく、どのような表現であればユーザーが迷わずサイトを回遊できるかなど目的を叶える設計が必要です。

また、デザインには写真やイラストなどの素材が必要なので、依頼側で素材の準備が難しい場合は、有料素材を購入する費用がかかります。その他、企業のホームページで社員や社内の写真を使いたいという場合は、別途撮影の工数と費用もかかるので、打ち合わせの段階で確認しておきましょう。

フロントエンド開発費

続いて、フロントエンド開発費についてです。Webサイト制作について詳しく分からない方は、この費用がどんな工程にかかっているのか疑問に思うことも多いでしょう。フロントエンド開発には以下のような工程が含まれています。

  • システム設計
  • 要件定義書など資料の作成
  • HTMLコーディング(トップ、下層ページ)
  • JavaScript・CSS・アニメーションなどの実装
  • Webサイト設計のドキュメント作成

この工程では、デザイナーが作成したデザインからHTMLやCSS、JavaScriptを用いてWebサイトのフロント部分を仕上げていきます。コーディングに関してはページ数が多ければ多いほど、費用はその数に応じて高くなっていきます。

対象ブラウザが多く、よりスムーズでバグのない仕上がりにするのは技術がいるので、フロントエンジニアのレベルの高さと技術力でも費用が異なったりします。

バックエンド開発費

続いて、バックエンド開発費についてです。フロントエンド開発同様に、なにがバックエンド開発に当たるのか、はっきり理解できていない方も多いでしょう。バックエンド開発の工程には以下のようなものがあります。

  • システム設計
  • システム開発(PHPやRubyなど使用言語は異なる)
  • CMSの構築・カスタマイズ
  • サーバ設定作業

バックエンド開発は、平たく言えばサイトの裏側であるシステム部分を開発することです。例えば、問い合わせフォームの実装やポップアップの表示など、どんな動作をしたらどうなるかを裏側で指示しています。

目に見えない部分をつかさどる司令塔で、この工程がなければホームページに機能をつけることは出来ません。この工程で理想の動きを再現するためには、ディレクターとの最初の打ち合わせで動作の要望を洗い出しておく必要があります。

ブラウザ動作検証費

最後に、ブラウザ動作検証費についてです。文字からなんとなく想像がつくと思いますが、この工程ではデバッグ・テストを行い、バグや不具合がないか、正常に動いているかをチェックします。

基本的に、検証ブラウザは利用者数が多いものをベースにいくつかあらかじめ決まっています。依頼側で決まっているブラウザの他に「このブラウザでも検証して欲しい!」という場合には、別途料金が発生する場合もあります。

ホームページ公開後にかかる維持費

ホームページを制作し無事公開、となったあとでもかかる費用がサイトの維持費です。維持にかかる費用は主に更新費用とサーバー費用の2つで、ホームページを公開した後に毎月かかる固定費です。

この維持費はホームページを運用する中で必ず発生するものですが、サーバー契約と更新を自社でやるか外部に依頼するかでどこに費用を支払うかが変わってきます。サーバーと更新については、以下の4つの方法があり、上から順番に多いパターンになっています。

  • サーバーは自社契約、更新業務は制作会社へ依頼
  • サーバー契約も更新業務も自社
  • サーバーも更新業務も制作会社へ依頼
  • サーバーは制作会社、更新業務は自社

ここ最近はWordPressなどCMSを利用したホームページが増えているため、更新業務自体は自社で行うという会社も多くなりました。サーバー契約も自社で契約する場合は実費として費用がかかるので、維持費は制作会社へ支払わず実費ということもあります。

制作会社へ支払う場合と実費になる場合があるこの維持費ですが、料金相場はどのくらいなのか相場早見表を用意しました。

月額更新費用30,000円
サーバー費用5,000円
月額費用の合計35,000円

更新費を制作会社に依頼する場合は、ページ数ごとに加算方式になる場合もあります。ページ数が多く更新頻度が高い場合は、自社で更新できないようなホームページを制作してもらうのはおすすめできません。

初期費用が多少嵩んでもホームページ公開後に自社で更新可能なシステムにしてもらえれば、月額の更新費用がかからないので長期的に見てお得と感じられるはずです。

その他オプションでかかる費用

  • マニュアル作成費
  • アクセス解析設置費・データ分析費
  • SEO対策費
  • コンテンツ作成(記事)費

これらはホームページを依頼する際に必ずしも依頼の必要があるわけではありません。しかし、ホームページ公開後も効果的に成果を上げたい、集客方法で問題があるなど運用に課題がある場合は、一括で依頼すると割引してもらえる可能性もあります。

SEO対策などは別会社に依頼して本格的な対策をしたほうが効果が出やすいので、SEO対策会社に依頼する場合の費用についてもこちらを参考に検討してみてください。



これらのオプションは、ホームページ作成後いざ運用しようとなった時に初めて必要かどうかを検討するものばかりだと思います。ECサイトやメディアなど運用方法によって効果が大きく左右されるものに関しては、ホームページ作成段階で早めの想定をおすすめします。

フリーランス(個人)に依頼する場合の料金相場

ホームページ作成の費用を抑えたいという方は、フリーランス(個人)に依頼するという手もあります。フリーランスに依頼すると低コストで料金を抑えることが出来るというメリットもあり、フリーランサーの質によっては社内の工数は最低限で高品質なホームページを作成してもらえることも多いです。

メリットは多々ありますがもちろんデメリットもありますので、以下の記事を参考に良い点・悪い点をしっかり理解した上で依頼を検討するようにしましょう。

フリーランスにホームページ作成を依頼したときでも制作会社に依頼したときと同様の工程を経ますが、会社という概念ではないのでフリーランサーが1人か2人でディレクションからデザイン、システム開発まで行うパターンが多いです。

そういった場合は、どんな工程にどれくらいの費用がかかるのか、相場早見表で確認してみましょう。

フリーランスに依頼した場合の見積もり内訳
項目名金額
企画構成20,000円
サイト構成(仕様など)の制作費用10,000円
打ち合わせ(1回)10,000円
デザイン費用100,000円
トップページデザイン20,000円
下層ページデザイン(6ページ)30,000円
追加ページデザイン(LPやキャンペーンページなど)10,000円
素材(イラスト・写真)20,000円
アイコン・バナーデザイン3,000円
ロゴデザイン10,000円
システム・ページ設計100,000円
テキスト作成20,000円
CSSファイル作成30,000円
マニュアル作成30,000円
保守(更新、バグ修正など)20,000円
合計(税別)220,000円

作業を細かく記載しましたが、ホームページ制作会社へ依頼するよりもはるかに費用は抑えられます。フリーランスに依頼すると連絡が取りにくい場合がありますが、窓口が一本化されているので、システム、デザイン、仕様など項目によって連絡先を変える必要がありません。

そういった意味で、自社内で外注先とやり取りする人員の工数も最小限に抑えられます。また、制作したホームページをレスポンシブデザインにしたいと考えた場合どれくらいの費用がかかるのかは以下の記事を参考にしてください。



さらに費用を抑えたいという場合には、地域によってホームページを作成した時に得られる助成金・補助金を利用する手もあります。助成金・補助金の金額事態は少額ですが、元々の依頼費用が抑えられていれば、かなり価格が下げられるでしょう。

助成金・補助金を受け取るには対象者や対象になる項目に上限や制限がありますので、申請すれば誰でも受け取れるわけではありません。とにかく費用を抑えたいという方は、詳しくは以下の記事内容も参考にしてください。



フリーランスに依頼すると制作会社よりも費用が抑えられますが、費用相場に関してはかなり幅があることが多いです。驚くほどの低価格で見積もりを出された場合には、フリーランス自身のこれまでの実績や見積もりで足りない箇所などある程度こちらから掘り下げて質問する必要も出てくる場合があるでしょう。

制作方法で変わるホームページ作成の料金相場

テンプレートを使用するのか、オリジナルデザインで作成するのかでも費用は大きく異なるので、全体費用の相場も制作会社の制作方法によって差が生まれます。

ホームページ制作で一番ポピュラーなCMS、WordPressのテンプレートも複数あり、ホームページ作成後は誰でも簡単に更新ができるメリットがありますので、テンプレートで安く済ませたいという方はテンプレートのチェックと同時にWordPressの費用相場も見ておきましょう。



また、テンプレートとオリジナルデザインはどちらを使用すれば良いのか、それぞれのメリット・デメリットが知りたい、制作方法によっての費用相場を確認したいという方は、以下の記事に詳しい内容が載っていますので、ぜひ参考にしてください。

テンプレートを利用する場合でもオリジナルデザインで制作依頼する場合でも、はじめからいろいろな機能やデザインを盛り込んでしまうと費用がかなり高くついてしまいますので、まずはシンプルに最低限の機能だけでスタートしてみるのがおすすめです。

ホームページをリニューアルや一部修正する場合の費用相場

ホームページをすでに持っていて、リニューアルや修正を検討しているという場合もあります。すでに土台がある場合には、一から作成するよりも費用は安く済みます。ただし、どのような理由でリニューアルを検討しているのか、どのような効果を期待しているのかははっきりさせておくようにしましょう。

リニューアルの費用相場やどんな効果があるか、リニューアルする際の注意点などは以下の記事に詳しく掲載しているので、リニューアルを検討している方は参考にしてください。



リニューアルだから低価格で済むという認識を持っている方も多いと思いますが、実際にリニューアルでかかる費用の料金相場は30万円〜50万円前後です。ホームページ制作の費用とさほど変わらないですが、それにはきちんとワケがあります。

以下がホームページのリニューアルに最低限必要な項目です。

  • ディレクション
  • デザイン(トップ、下層の見直し含む)
  • コーディング
  • 更新システムの各種設定
  • SEO対策
  • 各種レクチャー

リニューアルの目的はさまざまですが、再度デザインやページ構成、機能の見直しを行うと、一から作成するのと変わらないディレクション業務やデザイン、システムの作業が必要になります。

また、SEOやCMSの操作方法は常にアップデートがかかり最新の状態になっているので、リニューアルの段階で一新する必要があります。一見するとそこまでしなくても・・・と思ってしまいますが、リニューアルにおける効果の変化は大きいので、費用はある程度思い切ったほうが良いでしょう。

ホームページは一度作ってしまえば、更新やリニューアルの機会を除いて作成工程のすべてを依頼する機会はほとんどないと思います。そのため、ホームページをはじめから作成してもらう際の見積書がどのような内容で上がってくるかも想像がつきにくいでしょう。

そこでいくつか実際の見積もり書を用意しました。制作会社によって内容の細かさや項目名は異なりますので、大雑把な内容で請求が来た場合はその内訳についても確認しておく必要があります。

早速、実際どのような見積書がが来るかを確認し、より具体的なイメージを想定しておきましょう。

A社の見積書

ホームページを作成するだけでなく、SEO対策やサイト更新方法のレクチャーなどサイトを公開した後のサポートまで対応しているA社。サイト運営に関する必要事項を一通り網羅しているため、サービス内容の手厚さに定評があります。

見積書を見る

B社の見積書

格安でホームページ制作が可能なB社。細かい制約や希望した場合別途かかる費用等注意しなければいけない点はありますが、はじめからトータルのサポートが必要でなければ費用をかなり安く抑えることが出来ます。

見積書を見る

C社の見積書

ホームページのリニューアルで見積もりを依頼したC社。サイトそれぞれの課題に合わせ徹底した問題点の洗い出し、企画提案を行うため、売上をアップさせたいなどの課題解決に最適。

見積書を見る

ご覧のように、見積書の内容や金額は制作会社によってかなり異なります。工程自体に大きな差はないので、あとは費用面で双方納得できる内容に持っていきましょう。正確な見積もりを出してもらう際にもっとも重要なのは、要望をしっかりと明確化しておくことです。

ぼやっとした要望のまま話を進めてしまうと費用に揺れが生じて想像以上に高額になり、せっかく良い提案をしてくれた制作会社への依頼を辞めてしまう、という事態にもなりかねません。正確な見積書を貰うコツについては以下の記事内容も参考にしてください。



更に詳しい見積もり書の内容の解説や実際見積書を貰う過程について知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。どの部分の費用を削ることが出来るかも詳しく載せています。



見積書や必要な費用について確認してきましたが、各工程は必ずしも必要なのでしょうか。ホームページを作成するには、以下のような流れがあります。
ホームページ制作の流れ

こちらはあくまで一般的なので、流れが前後したり一部の工程が省かれていたりします。見積もり内容に含まれている工程で無駄になりそうなものがあれば、かかる人員数や期間も含めて再確認する必要がありそうです。更に詳しいホームページ制作の流れに関しては、こちらの記事も参考にしてみましょう。

ここまであらゆる角度からホームページ制作の費用・料金相場について見てきましたが、実際見積もりを貰ったときにどの工程にかかる費用を削ることが可能か判断が難しいこともあります。

そのため、何にお金がかかっていてそれが適正であるかどうかの判断基準と、安く抑えられるポイントもまとめました。

制作費用の差はどこで決まるのか

制作体制と関わる人数

外部にホームページ制作を依頼した際、ディレクション費用などが会社によって大きく異なることがあります。人にかかるような費用は、その工程に携わる人数や体制の規模感によって変化します。

相場より少し高いな・・・と思う場合には担当ディレクターが2名であったり、エンジニアを更に外注しているようなケースもあります。相場と比べて高い部分があれば、何人携わる予定なのか、どのような体制でプロジェクトを進めるのか確認してみましょう。

ホームページの制作目的

ホームページを作る目的は会社によって異なりますが、主な理由は以下の3点です。

  • 企業紹介用ホームページ
  • 資料請求、お問合わせ購入などを取るための集客用ホームページ
  • ネットショップのような通信販売用ホームページ

目的が会社紹介のためであれば、最終的な目的が案内に留まるので特別高機能である必要はないかも知れません。ただし、売上を上げる、資料請求率を上げるなどユーザーからなんらかのアクションを得たい場合は、その目的に即した機能が必要です。

目的を達成するために必要な機能の制作費用を削ると初期費用は安く済むものの、ホームページ公開後に思ったような効果が得られないことがあるので注意が必要です。

デザイン性や機能の仕様

これは当たり前のことですが、機能をより多く盛り込んだりレベルの高いデザイン性を求めると、それだけ制作費用は高くなります。

この機能やデザインについては、洗い出しの段階で「目的を果たすために最低限必要なものか」「なんとなくこだわりたいと思っている部分なのか」の切り分けを上手に行うことがポイントです。

洗練されたデザインで目新しい機能が搭載されたサイトはスタイリッシュでかっこいいですが、今の段階で本当に必要なのか今一度見直してみましょう。

ホームページ制作の依頼先

こちらも当然と言えますが、ホームページの依頼先によっても費用は大きく異なってきます。制作会社の中でも、大手で実績豊富な会社なのか、中小企業で少人数精鋭なのかによって費用が変わりますし、フリーランスに依頼すれば制作会社より費用は抑えられます。

どちらが良いということはないですが、安く抑えた代わりに削った項目がホームページ制作の目的に大きく関わる場合、品質に大きな影響が出る可能性も考えなければなりません。

ホームページ制作の詳しい費用と工程について理解できたところで、いかに費用を抑え品質の高いものにするかのコツをまとめました。ポイントは複数ありますが、コストを抑えて良い部分と悪い部分の見極めが最大のポイントと言えるでしょう。

  • 制作体制の見直しと最適化
  • 必要最低限の機能とデザインの洗い出し
  • 維持費をかける前にノウハウを蓄積し内製化

費用を抑えるポイントは上記の3点です。1つ目の「制作体制の見直しと最適化」というのは、外注依頼したときどれくらいの人員が関わり、どんな工程にどれくらいの工数をかけているか、を見積もりが出た時点、あるいは出る前に確認しておくということです。

外注先の提案に対しては意外と疑問を持たずに受け入れてしまいがちですが、なぜディレクター費がここまで高くなるのか、なぜこの工程に時間がかかるのかなど細かく聞いておくともう少し削れる費用が出てくる場合があります。

2つ目の「必要最低限の機能とデザインの洗い出し」というのは、先にも話したように打ち合わせの段階で目的を達成するために最低限必要な機能とデザインをしっかり決めておくということです。

そして、3つ目の「維持費をかける前にノウハウを蓄積し内製化」という点ですが、維持費は毎月の更新費などが含まれています。社内で誰も分かる人がいない状態だと、無駄に費用がかさんでしまうので、社内でも更新ができるようにしておくほうがいいでしょう。

これら3つに共通するのは、依頼前の打ち合わせを抜け目なく行うこと。制作に取り掛かる前の要望・コンセプトの共有や、目的を達成するための機能とデザインの決定を双方相違がないように行うことで、制作物の品質や費用に大きな違いが出てきます。

ここまで平均費用と料金相場を中心に、ホームページ制作に関する事項を総合的に解説しました。ホームページ制作を外注に依頼する時は、ただ単に「デザインがなんとなく良いと思ったから」「費用が安かったから」など一部の側面だけで判断してはいけません

一部だけに目を向けていると、費用が安いゆえにクオリティーの低いホームページになってしまった、初期費用が思った以上にかかってしまったなど、思わぬ落とし穴が待ち受けています。

費用が安いのはなぜか、そのデザインが自社のサービスに本当に合うかなど、総合的に判断した上で自社にぴったりなサービスを提供してくれる会社を選ぶようにしましょう。

比較ビズでは、要望や目的を聞き取った上で最適なホームページ制作会社をご紹介させていただくことが可能です。もし、自力で探すのが難しい、おすすめの会社がどれかわからないという場合にはぜひお気軽にお問い合わせください。

Web制作会社・システム開発会社の相場情報

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら