コーポレートサイトの目的と制作費用の相場をまとめてみた

更新日:2018年06月27日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
コーポレートサイトの目的と制作費用の相場をまとめてみた

現代日本で会社を経営するのなら、コーポレートサイト(企業サイト)を持つのは必須です。ネットが広く普及して以降、誰でも簡単に費用をかけずにウェブサイトを作成できるサービスやツールはたくさん生まれましたが、コーポレートサイトは企業の顔となるサイトですから、やはりプロのホームページ制作会社に依頼して作成してもらう方が、自社のイメージを正確に発信できます。ただ、相場的に高いのか安いのかよくわからないというのも正直なところでしょう。見積もりを依頼すればかなり具体的な金額はわかりますが、それ以前に大まかな費用相場を知っておきたいという方のために、今回はコーポレートサイトの費用について見ていきます。

関連する記事

コーポレートサイトの役割

コーポレートサイトの果たす役割から、コーポレートサイトが備えるべき必要な要素について考えてみましょう。コーポレートサイトとは、冒頭にも述べたように企業サイトであり、その企業の運営する公式サイトになります。広義には求人サイト、サービスサイト、ECサイトも含まれますが、コーポレートサイトを企業が情報を発信するためのサイトと位置付けるなら、これらのサイトとは別物と考えるのが一般的です。

企業の情報を発信するための役割を果たすため、デザイン性に優れているだけでなく、会社概要、企業理念、IP情報などビジネスに重要な情報を掲載することが主目的となります。コーポレートサイトにアクセスする訪問者は、パソコンからだけでなくスマホなどのモバイル端末を利用する可能性もあるため、サイトをレスポンシブウェブデザインにして、利用端末によってデザインが崩れるようなことのないように対応する必要も考えるべきでしょう。

独自性のあるコンテンツで差別化

コーポレートサイトには、自社の基本的な情報が一目でわかるようにコンテンツを設置していかなければならないわけですが、だからといって会社概要など基本情報のみではコーポレートサイトとして自社の魅力や強みを伝えるには不十分です。コーポレートサイトの訪問者に自社がどんな企業かを理解してもらい、その印象を強く持ってもらうためには、独自性のあるコンテンツを設置して他社と差別化することは欠かせません。

掲載が必須のコンテンツには、会社概要や商品・サービスの説明、問い合わせフォームなどがありますが、それ以外に、代表者のメッセージ、社員紹介、実績、外部評価、ブログ、FAQ、特集記事などで独自性を出していきましょう。独自性のあるコンテンツの方が、Googleで検索した時に上位に表示されやすいため有効です。また、クライアントに対しても自社がどの分野に通じているかを訴えることができるため、積極的に設けるべきコンテンツと言えるでしょう。

コーポレートサイトの制作費用の相場は?

コーポレートサイトの制作費用の相場は誰に依頼するかによって費用が大きく変わります。一般的な費用の目安として、個人事業主は10万〜30万、一般的な制作会社は30万〜80万、大手制作会社は100万〜といった料金体系です。制作費用はホームページに導入する機能によっても大きく変わります。検索機能、決済機能、会員・顧客管理機能、ログイン機能などを導入する場合は、さらに費用がかかってきます。

また一般的にホームページ制作会社に支払う費用は初期費用と月額の固定費用があります。サイトの作成自体は初期費用だけですが、メンテナンスなどにかかる費用は月額で発生するからです。月額費用は月間どのくらいページを更新するか、サポートを必要とするかによって費用が変わります

依頼先によって費用が変わる理由

10ページ程度のサイトにするのであれば、個人事業主に依頼すると10〜20万円で作成してくれますが、大手制作会社に依頼するとなると100万円以上かかることもあります。この違いは、個人事業主は発注された内容に沿って作るだけなのに対し、大手制作会社では企画の段階からコンサルティングを行い、ビジネス戦略を見据えてサイトを最適化するといった違いがあるからです。

クラウドソーシングのようなサービスでホームページ制作を依頼すれば、格安で作成をしてくれますが、「言われたことだけをやる」という仕事になりがちです。反対に一般的な制作会社であれば、クライアントの要望に単純に従うだけでなく、経験や実績から的確なアドバイスをしてもらうことができ、自分では思いつかなかったようなアピールポイントや差別化を発見してくれることがあります。

ホームページは来店数を増やしたり、資料請求数を増やしたりという、何かしらの役割を担っているので、そういった結果にフォーカスしてくれる会社に依頼したいものです。

作業工程別の費用相場

作業工程別の費用の相場は次の通りです。ディレクションに5〜20万円、デザイン制作に5〜15万円、コンテンツに1〜20万円、コーディングに1〜3万円、問い合わせフォームなどのシステムに2〜3万円、SEO対策に5〜20万円となっています。これらの費用はあくまで目安であり、サイトのコンテンツやボリュームによって金額は大きく変動します。

作業人員のスキルによっても単価は大きく異なるため、同じ内容でも依頼先によって費用に差が生まれるのは当然です。安さを重視するなら数万円で作ることも可能ですが、必要な要素を全部組み込み、テンプレートではなく独自性のあるサイトを作るのであれば、最低30万円は見ておいた方がよいでしょう。

自社に最適な制作会社とは

以上、コーポレートサイトの作成を制作会社に依頼した時の費用の相場から、コーポレートサイトの果たすべき役割まで見てきました。コーポレートサイトはその企業の顔となる存在であり、デザイン性の高い見た目も重要ながら、クライアントなどの訪問者に対して自社がどんな企業なのかを強く印象付けるという重要な役割も果たしています。費用を抑えることだけで依頼先を判断するのではなく、自社のイメージをどこまで具体的な形にしてくれるのかということまで考えて依頼先を選ばなければなりません。

WordPressに代表されるようなCMSを使えば、専門的な知識がなくても、費用をかけずに自社で比較的簡単に更新作業が可能です。レスポンシブウェブデザインというスマホなどのモバイル端末にも対応したページを作ることも難しくないでしょう。CMSを使えばランニングコストも抑えられますし、その浮いたコストをコンテンツやデザインに投入することでより充実させていくことも可能です。

ただ、結局はどんなコンテンツを用意するかが他社との差別化では重要ですので、それに迷いや悩みがあるのであれば、それを専門とするような制作会社に依頼した方が効率的です。制作会社ごとにサービスや強みは違いますので、額面の金額で高い・安いを計れるものではありません。費用にばかりとらわれず、コーポレートサイトを作る目的を考え、その目的を最適な形で実現してくれるような制作会社を選んでください。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインに関連する記事

Web制作会社・システム開発会社に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら