フリーランスのホームページ作成費用の相場は?メリットや注意点も解説

株式会社KOKOROMI
監修者
株式会社KOKOROMI 代表取締役 皸羸疑
最終更新日:2023年12月25日
フリーランスのホームページ作成費用の相場は?メリットや注意点も解説
この記事で解決できるお悩み
  • フリーランスのホームページ作成費用の相場は?
  • 制作会社よりフリーランスの方が作成費用が安い?
  • 制作会社とフリーランスを比較するポイントは?

ホームページの作成費用を安く抑えたいと考えている方必見です。ホームページ作成をフリーランスに依頼した場合の費用相場は、10万〜30万円と制作会社に依頼するよりも安く抑えられるでしょう。

この記事では、フリーランスにホームページ作成を依頼するときの費用相場や、制作会社よりも安い理由を解説します。

最後まで読めば、フリーランスの費用相場やメリット・デメリットを知り、自社の制作したいホームページにあわせた相手へ依頼できるでしょう。自社のホームページ作成を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • ページ数でどれくらい費用が違うのか知りたい
  • メンテナンス費用の見積もりが欲しい

比較ビズでは制作会社の登録に力を入れており、小規模〜大規模と幅広い制作会社を掲載しております。価格重視、デザイン重視、集客重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりがもらえ、適切な費用相場が分かります。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す

フリーランスにホームページ作成を依頼したときの相場

ウェブデザイン (2)

ホームページ作成にかかる費用は、ホームページの種類や搭載する機能などによって変動します。たとえば、画像・写真5点、お知らせ機能、ブログ機能を搭載した10ページのコーポレートサイトを作成する場合で考えてみましょう。

フリーランスにホームページ作成を依頼した場合、費用は相場で10万円〜30万円です。相手によって提示される費用は異なりますが、作成費用を抑えたい場合は、フリーランスが1番リーズナブルに依頼できます。

ホームページ制作会社への依頼は30万円〜300万円が相場

ホームページ制作会社に依頼する場合、制作会社の規模によって費用相場は大きく異なります。フリーランスと同様に、画像・写真5点、お知らせ機能、ブログ機能を搭載した10ページのコーポレートサイトを作成する場合で考えてみましょう。

費用相場は、会社の規模別に以下のとおりです。

  • 小規模の制作会社の場合は30万円〜80万円
  • 中堅の制作会社の場合は60万円〜100万円
  • 大手の制作会社の場合は100万円〜300万円

すべての制作会社に費用相場が当てはまるとは限りませんが、フリーランスと比べると割高になるでしょう。

フリーランスのホームページ作成が格安な理由

フリーランスのホームページ作成が格安な理由は、以下の2点です。

  • 人件費を抑えられる
  • 販売費および一般管理費を抑えられる

人件費を抑えられる

ホームページ制作会社に依頼した場合、作業を分業して進めることが多くあります。ホームページ作成に携わる人数が増えれば、人件費も比例して多くなるでしょう。

フリーランスの場合、ホームページ作成の作業をすべて1人で行います。作業量が減るわけではありませんが、1人で一貫して作業を行うため、スムーズで効率的に進められるでしょう。人件費も、ホームページ制作会社と比べると少ないです。

販売費および一般管理費を抑えられる

販売費および一般管理費は、会社のオフィス維持にかかる固定費や専任の営業・制作スタッフにかかる人件費などを含みます。

販売費および一般管理費を抑えやすいところも、フリーランスのホームページ作成費用を削減できる要因です。ホームページ制作会社の場合、オフィスの維持にかかる固定費や、専任の営業スタッフにかかる人件費などの販売費および一般管理費がかかります。

フリーランスの場合は、オフィスを構えていなかったり、ホームページや口コミで集客したりすることで費用を削減可能です。

人件費と販売費および一般管理費を抑えることで、制作会社よりも格安な費用で依頼を受けても利益を十分に見込めます。

【作業項目別】WEBデザインにかかる費用相場表

ホームページの作成費用は、WEBデザインの作業項目によっても大きく変動します。フリーランスとホームページ制作会社、それぞれの作業項目別にかかる費用相場は、以下のとおりです。

  フリーランス 制作会社
トップページ 20,000円〜 50,000円〜130,000円
下層ページ 5,000円〜 20,000円〜70,000円
ライティングページ 10,000円〜 60,000円〜200,000円
バナーデザイン 3,000円〜 5,000円〜50,000円
ロゴデザイン 10,000円〜 30,000円〜100,000円

フリーランスのWEBデザイン作業項目は、制作会社の半額〜10分の1に抑えられているのが、表からわかります。トータルにすると、かなりの費用が削減できるでしょう。

フリーランスに依頼するメリット

メリット

フリーランスに依頼するメリットは、以下の2つです。

  • コストを安く抑えれる
  • コミュニケーションが取りやすい

コストを安く抑えられる

フリーランスとホームページ制作会社の費用相場を比較し、フリーランスの方がかなり費用を抑えられることは明確です。人件費や販売費および一般管理費を抑えられているため、フリーランスには格安で依頼できます。フリーランス側も、顧客獲得のために費用を下げている場合があるでしょう。

コミュニケーションが取りやすい

フリーランスは、すべての作業を1人で行っている場合が多いです。工程ごとに担当者が変わるホームページ制作会社と比べると、コミュニケーションが取りやすいでしょう。

ホームページ制作会社の場合、伝えた内容に対して社内で検討してから回答されることがあるため、返答に時間がかかる可能性があります。フリーランスは作業を1人で行うため、依頼の要件に対して回答を早く得られ、スピーディーにやりとりを進められるでしょう。

フリーランスに依頼するデメリット

フリーランスに依頼するデメリットは、以下の2つです。

  • 納期の遅延や廃業のリスクがある
  • アフターサポートに弱い

納期の遅延や廃業のリスクがある

フリーランスは、すべての作業を1人で行っている場合が多いです。怪我や病気で作業の進行が難しくなった場合、納期の遅延や取引の中止を求められるリスクがあるでしょう。廃業するリスクも、ホームページ制作会社と比べると高いです。

アフターサポートに弱い

フリーランスに依頼した場合、納品後のアフターサポートまで対応してもらえない可能性があります。ホームページを運用していくことを考慮すると、アフターサポートをしてもらえない場合は不安に感じる場合もあるでしょう。

依頼する際に、アフターサポートの対応をしてもらえるか確認することが大切です。

フリーランスと制作会社の比較ポイント

ポイント_虫眼鏡

フリーランスとホームページ制作会社を比較する場合、以下の3つに注目しましょう。

  • 業界の知識や提案力
  • 技術力
  • 運用やサポート力

業界の知識や提案力

フリーランスはホームページ作成を1人で担当するため、自身のもつ知識やスキルを超えた成果を上げることは難しいです。

これまでに作成したホームページの業界や業種が限られている場合、担当したことのないところの知識や経験は乏しい可能性が高いでしょう。適切なホームページの企画や提案が得られない可能性もあります。

規模の大きいホームページ制作会社の場合、経験豊富なWEBディレクターやデザイナーが複数在籍している可能性が高いです。依頼者のニーズにあわせた制作チームを結成し、適切な企画や提案をしてもらえるでしょう。

技術力

作成するホームページの種類によっては、カート機能やクレジットカード決済機能などを、ホームページに搭載したい方もいるでしょう。カート機能やクレジットカード決済機能などの機能を搭載するためには、プログラミング作業以外にもシステム開発に関連した技術力が必要です。

フリーランスでは、対応が難しい場合もあるでしょう。ホームページ制作会社の場合、技術力の必要なホームページ作成にも幅広く対応可能です。ホームページのトレンドにも精通しているため、いち早く対応してもらえるでしょう。

運用やサポート力

ホームページは、公開後の運用が重要です。ホームページのデータを解析し、適切に更新したり、検索エンジンや広告を活用したりして集客につなげられます。フリーランスの場合は、SEOを含む運用やサポートに秀でていない可能性があるでしょう。

ホームページ制作会社の場合、運用・サポート部門を持っている可能性が高いです。SEO・MEO・サイト解析・更新など、ニーズにあわせてさまざまなメニューを用意されている場合もあります。

公開後にホームページを改善しながら集客を強化したい場合は、ホームページ制作会社への依頼がおすすめです。

フリーランスを探す方法

フリーランスを探す方法は、以下の3つです。

  • SNSを活用する
  • クラウドソーシングサイトを活用する
  • 知人から紹介を受ける

SNSを活用する

X(旧Twitter)は、さまざまなフリーランスが活用しています。「WEB制作 フリーランス」や「ホームページ制作 フリーランス」などのワードを用いて検索をかけると、フリーランスを見つけやすいでしょう。ハッシュタグを用いた検索も、フリーランスを探す方法の1つです。

有名なWEB制作者のフォロワーには、優秀なフリーランスが相互フォローしている場合もあるため、フォロワーから探すこともできます。

クラウドソーシングサイトを活用する

クラウドソーシングサイトとは、スキルをもつ人とスキルを必要とする人をつなげるマッチングサイトです。WEB制作を得意とするフリーランスも多数在籍しているため、ホームページ作成を依頼できます。

クラウドソーシングサイトの大手企業は、以下の3つです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

ランサーズ

ランサーズでホームページ制作者を探す方法は、以下の3つです。

  • 募集内容を掲載して制作希望者を募る
  • 対応可能な内容と価格を提示している制作者に依頼する
  • 依頼したい人に直接相談をする

条件のあう希望者とマッチングできたら、クライアントは制作費を仮払いします。途中で作業が中断した場合は依頼者に仮払金が払い戻され、修正対応が必要な場合は修正依頼ができます。

ランサーズのホームページ作成の費用相場は、3万円〜15万円です。相場にあった費用で依頼しましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスでホームページ制作者を探す方法は、以下の2つです。

  • 募集内容を掲載して制作希望者を募る
  • 依頼したい人に直接相談をする

ランサーズには、制作者が対応可能な内容と価格を提示しているページがありますが、クラウドワークスにはありません。マッチング後の流れはランサーズと同じです。依頼者が仮払いを行い、制作者が作業を開始します。修正対応を含め納品が完了したら、制作者に報酬が支払われる仕組みです。

クラウドワークスのホームページ作成の費用相場は、5万円〜10万円です。サイトの規模はランサーズと同じくらいであるため、自分の使いやすい方を選択しましょう。

ココナラ

ココナラでは、さまざまな出品者が自分のもつスキルを販売しています。ココナラでホームページ制作者を探す場合は、出品者が売りだしている「スキル」を購入しましょう。

ホームページ作成のスキルも販売されているため、掲示されている料金や内容から自社にあった出品者を選択できます。

マッチング後の流れは、ランサーズやクラウドワークスと同じです。ココナラのホームページ作成の費用は、出品者や掲示している内容によって大きく異なります。

知人から紹介を受ける

知人からホームページ作成が可能なフリーランスを紹介してもらう方法もあります。フリーランスに依頼したことのある知人から紹介を得られれば、スキルや技量が把握できているため安心して依頼できるでしょう。

人によって相性もあるため、打ち合わせをしっかり行うことが大切です。知人からの紹介を完全に信頼し、後から相性の不一致やスキル面の不安を感じた場合、断りづらい可能性もあるでしょう。

優秀なフリーランスを見極めるには?

フリーランスを探す方法はさまざまあり、ホームページを作成可能なフリーランスも数多くいます。優秀なフリーランスを見極めるポイントは、以下の3つです。

  • 確実に連絡を取れるか
  • プロとしての自覚があるか
  • これまでの実績はどのようなものがあるか

スキルはもちろん大切ですが、相手の人間性を確認することも重要です。対個人との取引となるため、依頼するか考える段階で、メッセージのやりとりから相手の人間性を見極めましょう。

フリーランスに依頼するときの注意点

チェック

フリーランスに依頼するときの注意点は、以下の3つです。

  • 上流から下流までの工程を一貫して対応できるか確認する
  • 同業種のホームページ制作の過去実績を確認する
  • サイト公開後のアフターサポート体制を確認する

上流から下流までの工程を一貫して対応できるか確認する

ホームページ作成の工程には、上流工程の「要件定義」「設計」から下流工程の「デザイン」「コーディング」があります。

フリーランスの場合、デザインのスキルのみに特化している人や、コーディングのみ対応を受け付けている人などがいます。

ホームページ制作の知識が乏しい状態で、工程を分けて依頼すると、予想外の事態に陥りかねません。上流から下流までの工程を一貫して依頼できるフリーランスであれば、安心して任せられるでしょう。

同業種のホームページ作成の過去実績を確認する

フリーランスにホームページ作成を依頼する際は、必ず過去の実績を確認しましょう。同じ業種や種類のホームページを作成した実績がある場合は、経験がないフリーランスより安心して依頼できます。

作成したいホームページのイメージがある場合は、実績を見せてもらうことで、よりイメージに近いものを作成してもらえるでしょう。

ホームページ制作会社や規模の大きな企業から依頼を受けた実績がある方は、信頼できる要素の1つです。ただし「どの作業を担当したか」の確認は必ずしましょう。

サイト公開後のアフターサポート体制を確認する

ホームページ開設後の運用・サポートを行ってもらえるのか、依頼する前に確認しましょう。もし、情報を頻繁に更新するサイトで、自社の担当者に更新のノウハウがない場合、運用後もサポートしてもらう必要があります。

ホームページは完成してから集客や売上向上などの役割を発揮するため、アフターサポート体制の有無は重要な要素です。

ホームページ作成費用を抑えるポイント

ホームページ作成費用を抑えるポイントは、以下の4つです。

  • ホームページ作成の目的やゴールを設定する
  • ページ数を必要最小限に絞る
  • テンプレートを活用する
  • CMSでコンテンツを自社更新する

ホームページ作成の目的やゴールを設定する

ホームページ作成の目的やゴールを設定することで、ホームページに搭載する機能も絞られます。搭載する機能によって、依頼先も絞り込めるでしょう。

たとえば、名刺代わりのホームページを作成したい場合は、費用相場の低いフリーランスを活用するのがベストです。システム開発を要するホームページが必要で、公開後の集客を徹底したい場合は、技術力やアフターサポートの面から制作会社の方が適しています。

目的やゴールを踏まえ、ホームページに必要な要件をまとめた「RFP(提案依頼書)」を作成しておくのもポイントです。ホームページの方向性や必要要件が定まっていれば、無駄を省いた適正な見積もり・提案をしやすくなります。

ページ数を必要最小限に絞る

下層ページが増えると、比例して作成費用も増加します。自社のホームページに必要なページを最低限に絞ることで、作成費用を抑えられるでしょう。

テンプレートを活用する

他のホームページと被らない、自社だけのホームページを作りたい場合は、ゼロからオリジナルデザインを作成する必要があります。しかし、オリジナルデザインの作成は、ホームページ作成費用を増加させる要因となるでしょう。

レイアウト・基本デザインにテンプレートを活用し、写真・画像・ロゴなどで個性を演出することで、ホームページの作成費用を抑えられます。

テンプレートを活用してデザインにかける費用を削減することで、機能や運用面に予算を割くこともできるでしょう。

CMSでコンテンツを自社更新する

ホームページを活用した集客に欠かせない戦略は「新規情報を含むコンテンツの更新」です。しかし、定期的なコンテンツの作成・更新をアウトソーシングすると、多くの運用費用がかかるでしょう。

ホームページ作成時に、簡単にコンテンツを作成・更新できるCMSを導入することで、運用費を含めたホームページ作成にかかる費用を抑えられます。

ホームページ制作を格安で依頼できるおすすめ会社

社名 3つの特徴 住所
3万円ドットコム
  • 制作費33,000円・月額3,300円
  • 軽微な修正・更新作業は無料
  • SEO内部対策込み
桐生市相生町3-410-7
株式会社Webマーケティング総合研究所
  • ホームページ制作費用4万9,800円〜
  • 月額費用4,900円
  • 集客に強いマーケティング型ホームページ
新宿区西新宿3-2-4-10F
有限会社中部レジャー
  • 税込22,000円〜の低価格プランあり
  • 通販サイトやWordPressの制作も可能
  • SEOやリスティング広告代行で集客サポート
伊勢市小俣町本町715
株式会社オプティ
  • ワンストップで動作依頼まで対応
  • 相談しやすい店舗型ホームページ制作会社
  • 完全スマホサイト&問い合わせフォーム対応
足立区千住3-1川戸ビル5F
株式会社ネクストレベル
  • テンプレートを一切使用しないオリジナルデザイン
  • 初期費用55,000円〜(税込)
  • アイコンやバナー・動画制作も依頼可能
淀川区西中島4-7-20 日宝新大阪第一ビル7F

3万円ドットコム

3万円ドットコム

参照元:3万円ドットコム

  • 制作費33,000円・月額3,300円
  • 軽微な修正・更新作業は無料
  • SEO内部対策込み

3万円ドットコムは株式会社ラックスラウンジの全国対応ホームページ制作サービスです。ホームページ制作費用3万円〜、保守管理費月額3,300円〜という低価格ながら「お知らせ更新機能」「お問い合わせフォーム」「スマホ対応」も全部込みとなっております。オプションでInstagramに投稿するとホームページにも自動で表示される機能、お問い合わせフォームのカスタムなどもあります。さらに月額費に軽微な更新作業も含まれているため永く運営するのに最適です。他に「制作費0円/月額5,500円」「初期費用のみで月額費不要のプラン」もあります。オーダーメイドよりも格段に安く、テンプレートよりも融通が利く拡張性の高いセミオーダースタイルなので低価格で利用可能です。

企業情報

住所:群馬県 桐生市相生町3-410-7

URL:https://30000yen.com/

株式会社Webマーケティング総合研究所

株式会社Webマーケティング総合研究所

参照元:株式会社Webマーケティング総合研究所

  • ホームページ制作費用4万9,800円〜
  • 月額費用4,900円
  • 集客に強いマーケティング型ホームページ

株式会社Webマーケティング総合研究所が運営する「あきばれホームページ」は、集客に効果を発揮するマーケティング型ホームページをセミオーダーデザインで提供しているのが最大の特徴。独自のCMS「Buddy」を活用して自分でホームページを育てていくコンセプトを基本にしながらも、デザイン・SEO・システム設定などを代行してくれる、4万9,800円の「初めてパック」が用意されています。スマホサイト変換機能、かけ放題の電話サポートがセットになった月額費用も4,900円とお手頃。1万社を超える制作実績が、導入効果を裏付けていると言えるでしょう。

企業情報

住所:東京都 新宿区西新宿3-2-4-10F

有限会社中部レジャー

有限会社中部レジャー

参照元:有限会社中部レジャー

  • 税込22,000円〜の低価格プランあり
  • 通販サイトやWordPressの制作も可能
  • SEOやリスティング広告代行で集客サポート

有限会社中部レジャーが運営する「Cohaku Creative Co.」は集客を強みとしながら、税込22,000円の低価格パッケージも提供しているホームページ制作会社です。お問い合わせフォームやGoogleマップの設置といった基本的な内容に加え、1万円分の広告配信やSEOキーワード選定といった集客施策も基本料金に含まれています。Googleリスティング広告の運用代行やGoogle Analyticsの設置・設定もオプションとして追加できるため、ホームページを低コストで制作し、集客に予算を割きたい方におすすめです。制作料金は税込22,000円〜の低価格パックが特徴です。パックを利用せず、全体企画やページデザインといった工程ごとに料金設定がなされているオリジナルのサイト制作を依頼することもできます。「Googleリスティング広告運用代行」の料金も広告費の15%と広告代理店の相場よりも低く設定されており、低コストで効率的に集客したい場合におすすめです。

企業情報

住所:三重県 伊勢市小俣町本町715

株式会社オプティ

株式会社オプティ

参照元:株式会社オプティ

  • ワンストップで動作依頼まで対応
  • 相談しやすい店舗型ホームページ制作会社
  • 完全スマホサイト&問い合わせフォーム対応

株式会社オプティが運営する「町のホームページ屋さん」は、Webデザイン・制作・プロモーション事業を展開する店舗型ホームページ販売サービスです。広告・宣伝ツールのコンビニを標榜し、地域の店舗運営者が相談しやすい体制を築いているのが特徴。ニュース更新システム、問い合わせフォームが搭載された5ページまでのスマホ対応ホームページを格安に制作してくれる「5万円テンプレートプラン」が好評を得ています。顧客が所有するサーバ・ドメインを流用できるため、月額費用が必要ないのもポイント。写真撮影やロゴ制作に対応するのはもちろん、ライティング代行も依頼可能。オプションも豊富です。

企業情報

住所:東京都 足立区千住3-1川戸ビル5F

株式会社ネクストレベル

株式会社ネクストレベル

参照元:株式会社ネクストレベル

  • テンプレートを一切使用しないオリジナルデザイン
  • 初期費用55,000円〜(税込)
  • アイコンやバナー・動画制作も依頼可能

株式会社ネクストレベルが運営する「作成屋.com」は、テンプレートを使用せずオリジナルデザインにこだわっているホームページサービスです。決まった型がないため自由度が高くハイクオリティなデザインに仕上げられます。アパレルや飲食店、美容院といったビジュアルが与える影響が大きい業種のホームページ制作におすすめです。SEO対策やレスポンシブ対応といったホームページに不可欠な要素も盛り込まれています。主に3つのパックがあり、それぞれページ数や対応内容が異なります。「標準パック」と「満足パック」ではお問い合わせフォーム作成が料金に含まれていますが、「お気軽パック」ではオプションとして追加しなくてはいけません。それぞれのパックを比較したうえで自社に適したものを選びましょう。初期費用は最大12回の分割払いができます(分割手数料0円)。初期費用を抑えたい方にも作成屋.comはおすすめです。

企業情報

住所:大阪府 淀川区西中島4-7-20 日宝新大阪第一ビル7F

まとめ

自社のホームページを作成することで、集客や売上向上が見込めます。フリーランスにホームページ作成を依頼すると、費用を大幅に削減可能です。自社のホームページに求める成果を考慮し、どこに作成を依頼するか判断しましょう。

ホームページの作成を制作会社に依頼する場合でも、規模感や相場の異なる会社から、どのように依頼先を選定すればいいか迷うことも考えられます。

比較ビズでは、2分程度の入力で自社にぴったりのWEB制作会社を選定可能です。複数のWEB制作会社に無料相談も可能であるため、依頼先の選定にお悩みの方は、ぜひご利用ください。

よくある質問とその回答

  • ホームページ制作をフリーランスに依頼した場合の費用相場は?

    ホームページ制作をフリーランスに依頼した場合の費用相場は、作業項目ごとで異なります。 たとえばトップページ制作であれば2万円〜、バナーデザイン制作は3千円〜、ロゴデザイン制作は1万円〜となっております。

  • ホームページ制作費用を抑える方法は?

    ホームページ制作費用を抑えるには、ホームページ作成の目的・ゴールを明確に設定することが重要です。たとえば名刺代わりのホームページを作成したいなら、費用相場の低いフリーランスを活用するのがベストでしょう。システム開発を要するホームページが必要、公開後の集客を徹底したいなら制作会社がベターです。また無駄なページを省いた必要最小限のホームページを作成するのが費用を抑えるポイントになります。

監修者のコメント
株式会社KOKOROMI
代表取締役 皸羸疑

お客様の強みを引き出す集客に強いホームページやECサイトを制作。SEO対策からSNS、広告運用など、成果を確実に出すための継続的なWEBマーケティング・運用サポートも行い、クライアントのWEBを使った事業展開を手厚くサポート。経済産業省認定の情報処理支援機関として、よりお客様に沿った形でのIT導入も行っている。

フリーランスがホームページ制作にまつわる様々なスキルを全て高いレベルでもつ事はとても難しく、得意な分野、不得意な分野が必ずあります。制作会社では、それぞれの分野を経験のある専門家が担当しますが、フリーランスは個人で全てを担当しなくてはなりません。

ですので、フリーランスにホームページ制作の依頼をする際には、制作したいサイトがデザイン重視なのか機能重視かなど発注するフリーランスの得意分野に合っているかを見極めることが大切になります。本文中にあるようにチームで制作にあたるフリーランスを検討するのも良いかもしれません。

また、フリーランスの方の休業や廃業は少なからずあり、その際ホームページのメンテナンスなど一切アクセスできなくなってしまうという事が実際に起こります。サーバーやドメインは発注者自ら契約するか、発注者名義でアカウントを作ってもらい、IDやパスワードを受け取るようしましょう。アクセスすらできないというトラブルは防ぐことができます。

ホームページ発注時の重要項目として「費用」が大きくなりがちですが、「費用」だけでなく「費用対効果」も考え、ホームページを制作する目的、フリーランスまたは制作会社それぞれの特徴を検討比較して、依頼先を選ばれることをおすすめいたします。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

ホームページ制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • ページ数でどれくらい費用が違うのか知りたい
  • メンテナンス費用の見積もりが欲しい

比較ビズでは制作会社の登録に力を入れており、小規模〜大規模と幅広い制作会社を掲載しております。価格重視、デザイン重視、集客重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりがもらえ、適切な費用相場が分かります。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す