「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

フリーランスのホームページ作成相場はなぜ格安?Webデザインの項目で比較!

最終更新日:2022年06月23日
株式会社KOKOROMI
監修者
代表取締役 皸羸疑
フリーランスのホームページ作成相場はなぜ格安?Webデザインの項目で比較!
この記事で解決できるお悩み
  • ホームページ作成をフリーランスに依頼した場合の費用相場
  • フリーランスに依頼すると費用が安く抑えられる理由
  • フリーランスと制作会社の選び方

働き方への価値観が多様化するとともに、専門的なスキルを持つ優秀な人材がフリーランスとして独立する動きが加速しています。それはWebデザイナーという職種でも同様であり、リーズナブルにホームページを作成したい時の依頼先として、フリーランスは欠かせない存在になりつつあります。

しかし「格安な分、クオリティを担保できないのでは?」など、フリーランスの活用に不安を感じる企業・店舗担当者の方も少なくないかもしれません。

本記事では、なぜフリーランスのホームページ作成相場が安いのか?Webデザインの作業項目ごとに制作会社と比較・紹介するとともに、フリーランスを活用したい担当者の方が依頼先を選定するためのポイント、ホームページ作成費用を抑えるためのコツなどを解説していきます。

ホームページ作成相場はフリーランスが最安値?

ホームページの作成費用相場は、「どのようなホームページを作成するか?」「どのような機能を持たせるか?」「作成をどこに依頼するのか?」などの要素で大きく左右されます。

ホームページ作成の依頼先としては、一般的な制作会社のほか、フリーランス、広告代理店などが考えられます。ホームページの種類・機能が同じであれば相場にもっとも影響するのは「どこに依頼するか?」です。

依頼先によって費用相場がどの程度異なるのか?参考のために、画像・写真5点、お知らせ機能、ブログ機能を搭載した10ページのコーポレートサイト作成を例に、それぞれの相場を比較してみましょう。

  • 広告代理店の場合は80〜300万円
  • 大手の制作会社の場合は100〜300万円
  • 中堅の制作会社の場合は60〜100万円
  • 小規模の制作会社の場合は30〜80万円
  • フリーランスの場合は10〜30万円

すべての制作会社、広告代理店がこの価格帯に当てはまるわけではありませんが、ホームページ作成の費用相場がもっともリーズナブルなのは、フリーランスだと考えておけば間違いありません。フリーランスの活用は「ホームページ作成費用の抑制」という大きなメリットがあるのです。

ただし、依頼したいホームページの「種類・機能」が異なれば、作成費も変動するのを忘れてはなりません。多機能なホームページが必要であれば、フリーランスに依頼してもそれなりの作成費用がかかります。

フリーランスに依頼するメリット・デメリット

フリーランスに依頼する場合のメリット・デメリットを紹介します。企業に依頼するのとは違い、「個人」への制作依頼だということを頭に置き、それぞれ見ていきましょう。

フリーランスに依頼するメリット

フリーランスに依頼するメリットは以下の2つです。それぞれ解説していきます。

  • コストを安く抑えれる
  • コミュニケーションが取りやすい

コストを安く抑えれる

まず、企業に依頼する場合と違い、フリーランスにホームページの制作を依頼すると価格を安く抑えることができます。

案件を獲得するため価格を安く設定する人や、自宅やシェアオフィス等で働いている人が多いので、企業と比べて固定費が少なく済むためです。

フリーランスの方も顧客を獲得するには、どうしても価格勝負となってしまうので、価格が安くなり依頼側からすると大きなメリットでしょう。

コミュニケーションが取りやすい

フリーランスは、窓口から要件定義・設計、デザインなどの作業を1人で制作を行なっている方が多いです。

各工程毎に担当者が変わるなど、多くの人と関わる制作会社と比べ、コミュニケーションがとりやすくなるのもメリットです。

また、フリーランスの方は自分の技量を把握できています。そのため、依頼の要件が技術的に対応可能か判断を早く返答してもらえるのもフリーランスに依頼する利点です。

制作会社に依頼した場合、社内で再度検討してから回答をもらうこともあります。ホームページ制作の要件がある程度明確に決まっていれば、スピーディーにやりとりを進めることが可能でしょう。

フリーランスに依頼するデメリット

次に、フリーランスに依頼するデメリットを解説していきます。

  • 納期の遅延や廃業のリスクがある
  • アフターサポートに弱い

納期の遅延や廃業のリスクがある

フリーランスは、全ての作業を1人で制作を行なっている方が多いと伝えました。

しかし、メリットばかりではありません。1人で制作をすることもデメリットになることがあります。

例えば、担当してくれた方が病気や怪我などで作業ができなくなってしまった場合、納期が延期になる、納品できないことがあります。

上記のことを頭に入れてフリーランスに依頼をするようにしましょう。

アフターサポートに弱い

フリーランスに依頼した場合は、納品後のアフターサポートに対応してくれる人は少ないです。そのため、ホームページの運用面を配慮すると、フリーランスに依頼するのは不安が残るでしょう。

制作会社に依頼した場合は、もし担当者がいなくなったとしても他の担当者に引き継がれます。しかし、フリーランスの場合は、他の案件で対応できない、事業自体がなくなってしまうリスクも比較的高いです。

アフタサポートのケアも対応してくれるかどうか、確認しておくと良いでしょう。

作業項目ごとのWebデザイン費用相場比較

もちろん、同じ構成のホームページを作成するなら、フリーランスに依頼するのが最安値であるのは変わりません。それは、作業項目ごとのWebデザイン費用相場が、依頼先によって大きく変動するからです。

  フリーランス 制作会社
トップページ 20,000円〜 50,000〜130,000円
下層ページ 5,000円〜 20,000〜70,000円
ライティングページ 10,000円〜 60,000〜200,000円
バナーデザイン 3,000円〜 5,000〜50,000円
ロゴデザイン 10,000円〜 30,000〜100,000円

フリーランスのWebデザイン作業項目は、それぞれ制作会社の半額〜1/10程度に抑えられているのがわかるでしょう。当然のことながら、同じ構成のホームページ作成をフリーランスに依頼すれば、トータルでも半額〜1/10程度の費用相場を実現できるのです。

フリーランス・制作会社で作成工程は異なる?

それでは、なぜフリーランスは作業項目ごとのWebデザイン費用相場を抑えられるのでしょうか?制作会社が踏襲するホームページ作成工程を省略することで、フリーランスは格安の費用相場を実現しているのでしょうか?

  • ヒアリング・打ち合わせ
  • ホームページの企画・設計
  • Webデザイン
  • コーディング・システム開発
  • テスト・公開

以上は、一般的なホームページの作成工程ですが、制作会社であってもフリーランスであっても、これらの工程が変わる、あるいは省略されることは基本的にありません。フリーランスが費用を抑えたホームページ作成を実現できるのは、作成工程以外の要因があるのです。

なぜフリーランスのHP作成相場は格安?

サーバの確保・ドメインの取得など、ホームページ作成には実費も必要ですが、費用のほとんどを占めるのは「人件費」です。フリーランスがホームページ作成費用相場を抑えられるのは、制作会社とは異なる体制・考え方で事業運営しているからです。

人件費・販管費を抑えられる

ホームページ制作会社に依頼した場合

ホームページ制作会社の規模が大きくなればなるほど、作成工程の分業化が進む傾向があります。大手であればヒアリングには営業担当が、企画・設計にWebディレクターが、デザインにWebデザイナーがアサインされ、コーディング・テストを専任のスタッフに任せる場合もあります。ホームページ作成に携わる人数が多ければ、人数に応じた人件費が必要になるのは当然です。

フリーランスに依頼した場合

一方、基本的にひとりで活動するフリーランスは、ホームページ作成工程のすべてを自分自身が担当します。トータルの工数が削減できるわけではありませんが、シームレスな作業が可能なフリーランスは、各工程を効率よくこなすことで人件費を削減できるのです。

オフィス維持などにかかる固定費を抑えやすいのも、フリーランスが費用相場を格安にできる要因。専任の営業スタッフを置かず、自社ホームページ・クチコミで集客するなど、人件費・販管費を抑えて価格競争力を持たせようというフリーランスの考え方も、格安な作成費用に影響しているのでしょう。

公開後の運営・サポートには注意

ただし、ひとりでホームページ作成工程のすべてをこなすフリーランスは、公開後の更新・修正などのサポート業務、SEO・MEO・広告運用代行などの運営業務が手薄になりがちです。

真摯に対応してくれるフリーランスも少なくありませんが、希望通りのスケジュールで作業してもらえない、あるいは連絡自体が取りにくいといったケースが出てくるかもしれません。

優秀なフリーランスを見極めるには?

もちろん、冒頭でも紹介したように、フリーランスという働き方を選択しているだけで、スキル自体は非常に高いというWebデザイナーも多数存在します。優秀なフリーランスに出逢えれば、費用対効果の高いホームページ作成も期待できるでしょう。

それでは、安心してホームページ作成を任せられる優秀なフリーランスかどうかは、どのように見極めればいいのか?

近年では、クラウドソーシング、Webデザイナーのマッチングサイトなどが多数存在するため、フリーランスを見つけること自体は難しくありません。重要なことは「確実に連絡の取れる相手か?」「プロフェッショナルとしての自覚があるか?」相手の人間性を見極めつつ、これまでの実績を確認することです。法人ではない、対個人との取引となるため、フリーランスの人間性を見極めるのがポイントです。

ただし、一般的な制作会社よりも、廃業などのリスクが高くなるのもフリーランスの特徴です。費用を抑えたホームページ作成が可能というメリットのあるフリーランスですが、運用・サポート面に代表されるように、すべてにおいて制作会社と同等の対応を望むのは現実的ではありません。

どちらに依頼する?フリーランスと制作会社の比較ポイント

ホームページ作成という「作業」に関していえば、フリーランスと制作会社でそれほど大きな違いがあるわけではありません。しかし、「業界の知識・提案力」「技術力」「運用・サポート力」といった領域では、フリーランス・制作会社という「組織」の違いが生じやすくなります。費用相場の安いフリーランスを活用したいと考えていても、作成するホームページの目的によっては依頼先を検討し直す必要もあるでしょう。

業界の知識・提案力

基本的に、ホームページ作成をひとりで担当するフリーランスは、その人「個人」の知識・スキルを超えた成果物は期待できません。これまで手がけたホームページの業界・業種が限られていれば、それ以外の経験・知識には乏しいともいえるでしょう。必然的に、得意分野ではない業界・業種では、適切なホームページの企画・提案が得られないことも考えられます。

一方、規模の大きな制作会社であれば、経験豊富なWebディレクター・デザイナーが複数在籍している場合も珍しくありません。クライアントの業界・業種・ニーズに応じて、適切なスキル・知識を持つチームを結成・アサインするのも可能でしょう。

追加費用はかかりますが、複数のホームページ企画を提案してもらうのも可能です。ホームページの目的達成に向けて多彩な提案を得たいなら、制作会社へ依頼するのがおすすめです。

技術力

カート機能・クレジットカード決済機能など、ホームページに特殊な機能を搭載したい、というニーズは少なからず存在します。しかし、コーディング以外のシステム開発が絡む技術力が必要なプロジェクトは、フリーランスでは対応できない場合があります。

こうした技術力が求められるプロジェクトでも比較的幅広く対応できるのが、制作会社に依頼するメリットでもあります。日々移り変わるホームページのトレンドいち早く対応できる対応力があるのも、制作会社ならではの特徴かもしれません。ニーズに叶った機能をホームページに持たせたいなら、技術力に勝る制作会社が最適です。

運用・サポート力

ホームページは公開後の運用がもっとも重要だといわれています。ホームページ解析をもとにした適切な更新、検索エンジン・広告を活用した集客は欠かせませんが、SEOを含む運用・サポートに秀でたフリーランスは多くないのが現実です。

一方の制作会社であれば、専任の運用・サポート部門を持つケースも珍しくありません。SEO・MEO・サイト解析・更新など、ニーズにあわせて選べる多彩な運用・サポートメニューが用意されている場合もあります。公開後のホームページ改善で集客を強化したいなら、制作会社を選択するのが現実的でしょう。

フリーランスを探す方法

ここからは、安心してフリーランスに依頼するために、フリーランスをどう探せば良いかについて解説していきます。

方法については以下の通りです。それぞれ解説していきます。

  • TwitterなどのSNSを活用
  • クラウドソーシングサイトの活用
  • 知人などの紹介

TwitterなどのSNSを活用

Twitterをうまく活用することでフリーランスの制作者を見つけることが可能です。

検索画面で、「Web制作 フリーランス」や「ホームページ制作 フリーランス」などのワードで検索するとヒットしやすいです。

また、ハッシュタグを用いた検索をすることで、さらに見つけやすくなります。

他にも、有名なWeb制作者のフォロワーには優秀なフリーランスがお互いにフォローをしていることが多いです。

有名な制作者をフォローしておき、フォローしているアカウントからフリーランス製作者を探していくことで、信頼できるフリーランスが見つかることもあります。

クラウドソーシングサイトの活用

クラウドソーシングサイトとは、あるスキルを必要とする企業や個人とスキルを提供したい個人やフリーランスとをマッチングさせるサイトです。

ホームページ作成スキルを持った、フリーランスが多く集まる大手3社を紹介します。

ランサーズ

ランサーズは仕事を依頼したい企業と仕事を受注したい個人をオンラインでマッチングする、日本最大級のフリーランスタレントプラットフォームです。 (引用元:ランサーズ公式ホームページ)

ホームページ制作を依頼する際は、ランサーズサイトにユーザー登録し製作者を探していきます。

ランサーズにおけるホームページ製作者の探し方は以下の3通りあります。

  • 募集内容を掲載して制作希望者を募る
  • 対応可能な内容と価格を提示している製作者に制作依頼する
  • ホームページ制作スキルのある個人やフリーランス登録者から依頼したい人に直接相談をする

上記の方法でマッチングした後の流れとしては、依頼者は製作費の仮払いを行います。

もし、制作の途中で作業が中断した場合、仮払金は依頼者に払い戻されますので安心してください。また、成果物に修正対応が必要な場合も、製作者は修正依頼ができるので安心です。

ランサーズにおいての、ホームページ作成料金の相場は、約3万〜15万円程度なので、相場を把握しつつ依頼をするようにしましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは、業界ナンバー1のユーザー数をもつクラウドソーシングサービスです。 (引用元:クラウドワークス)

クラウドワークスでのホームページ製作者の探し方、ランサーズと変わらず2通りあります。

  • 募集内容を掲載して制作希望者を募る
  • ホームページ制作スキルのある個人やフリーランス登録者から依頼したい人に直接相談をする

クラウドワークスも、マッチング後の工程の流れはランサーズと同様です。

依頼者が製作費の仮払いをし、製作者はホームページ制作の作業に着手します。修正対応を含め納品が完了したら、製作者に報酬が支払われる仕組みです。

クラウドワークスにおけるホームページ作成料金の相場は、約5万〜10万円程度です。

規模はランサーズとほぼ同様なので、自分が使いやすい方に登録しておけば問題ありません。

ココナラ

ココナラは、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。 (引用元:ココナラ)

ココナラにおけるホームページ製作者の探し方やマッチング後の工程は、上記で紹介したサービスとほとんど同じです。

知人などの紹介

他の方法として、知人からフリーランスを紹介してもらう方法もあります。

実際にフリーランスに依頼したことのある知人からの紹介であれば、スキルや技量が把握できているので安心して依頼できるでしょう。

しかし、人によって相性は変わってきますので、紹介していただいたフリーランスの方と打ち合わせなどはしっかり行うことが得策です。

紹介を完全に信頼し、後から相性が合わなかったり、スキル面で不安を感じた際にお断りしにくいこともあります。

フリーランス依頼時の注意点

ホームページ制作をフリーランスに依頼する際に、いくつか注意点があります。

  • 上流〜下流までの工程を一貫して対応できるか
  • 同業種のホームページ制作の過去実績を確認する
  • サイト公開後のアフターサポートについて確認する

制作会社に外注する際も同じようなことが言えますが、それぞれの注意点の詳細を解説していきます。

上流〜下流までの工程を一貫して対応できるか

ホームページ制作は、上流工程の「要件定義」「設計」から下流工程の「デザイン」「コーディング」という工程を得て制作をしていきます。

フリーランスは「デザイン」のスキルには特化しているが他のスキルがいまいちといった場合や、コーディングのみの対応を受け付けている方もいます。

ホームページ制作の知識が乏しい状態で、工程を分けて依頼してしまうと予想外の事態に陥りかねないです。

まずは、上流から下流まで一貫して依頼が対応可能かどうかを基準にフリーランスへの依頼を検討しましょう。

同業種のホームページ制作の過去実績を確認する

フリーランスにホームページ制作を依頼する際は、必ず過去の実績を確認しておきましょう。

同じような業種や種類のホームページ制作の実績がある場合は、経験がないフリーランスより安心して依頼が可能です。

また、作成したいホームページのイメージがある場合は、実績を見してもらうことでよりイメージに近いものを作成してもらえます。

制作会社や規模の大きな企業から依頼を受けた実績がある方は、信頼できる一つの要素です。

ただし、「どの作業を担当したか」についてはちゃんと確認しておきましょう。

デザインのみを担当したのか、上流から下流まで全て担当したのか詳細に確認することで、依頼者を見極めましょう。

サイト公開後のアフターサポートについて確認する

フリーランスに依頼するデメリットのところでも紹介しましたが、ホームページは開設すれば終わりではありません。

ホームページ開設後の運用・サポート体制をしっかり確認しておくことが重要です。

もし、情報を頻繁に更新するサイトで自社の担当者に更新のノウハウがないのであれば、運用後のサポートが必要になります。

ホームページは完成してから役割を発揮するので、運用開始後のケアについてしっかり確認しておきましょう。

ホームページ作成費用を抑えるポイント

目的によっては、依頼先として制作会社を選んだ方がいい場合もあることを解説してきましたが、ホームページ作成費用がフリーランスよりも高額になるのは避けられません。しかし、下記のポイントを押さえて準備を整えれば、無駄な費用を削減した「適正な費用」でホームページを作成できるでしょう。

  • 目的・ゴールを明確に理解する
  • 適正なページ数の把握
  • テンプレートの活用
  • コンテンツ更新を自力で

フリーランスへ依頼する場合にも応用できる、ホームページ作成費用を抑えるポイントを詳しく紹介していきます。

ホームページ作成の目的・ゴールを設定する

まずは、どのような目的でホームページを作成するのか?運営することでどのようなことを達成したいのか?ホームページ作成の目的・ゴールを明確に設定することが重要です。目的・ゴールさえ明確なら、自然と依頼先も絞り込めるからです。

たとえば、名刺代わりのホームページを作成したいなら、費用相場の低いフリーランスを活用するのがベストでしょう。システム開発を要するホームページが必要、公開後の集客を徹底したいなら制作会社がベターです。

目的・ゴールを踏まえ、ホームページに必要な要件をまとめた「RFP(提案依頼書)」を作成しておくのもポイントです。フリーランスであれ、制作会社であれ、ホームページの方向性・必要要件が定まっていれば、無駄を省いた適正な見積もり・提案をしやすくなります。

ページ数を必要最小限に絞る

作業項目ごとの「Webデザイン費用相場表」を見てもわかるように、下層ページが増えれば、増えたページ数分だけ作成費用がかさみます。自社ホームページに本当に必要なページはどれか?しっかりと判断し、無駄なページを省いた必要最小限のホームページを作成するのが費用を抑えるポイントです。もちろん、追加費用の対象となる「写真・画像素材」「ホームページ内のテキスト」は、自社で用意する意識を持たなければなりません。

テンプレートを活用する

世界にただひとつのホームページを作りたいなら、ゼロからオリジナルデザインを作成しなければなりません。これはホームページ作成費用を押し上げる大きな要因です。

レイアウト・基本デザインにテンプレートを活用し、写真・画像・ロゴなどで個性を演出すれば、ホームページ作成費用を抑えられるでしょう。

小規模以上の制作会社でも、テンプレートを活用したホームページ作成プランが用意されている場合もあります。こうしたプランを活用しながら、デザイン面での独自性アピールよりも機能・運用面に予算を割く、といった選択肢も考えられます。

CMSでコンテンツを自社更新する

多くの企業がオウンドメディアを運営していることからもわかるように、いまやホームページへの集客に欠かせない戦略が「新着情報を含むコンテンツの更新」です。しかし、定期的なコンテンツ作成・更新をアウトソーシングすれば、運用費用が高騰してしまいます。

ホームページ作成時に、だれでも簡単にコンテンツ作成・更新できるCMSを導入すれば、運用費と合わせたトータルのホームページ作成費用を抑えられます。最初からSEOを意識したコンテンツを作成するのは難しいかもしれませんが、自社のことは自社スタッフが一番理解しているものです。

ユーザーの反応を見ながら、より効果的なコンテンツを作成するにはどうすべきか?ノウハウの蓄積にも役立ちます。

※CMSについて更に詳しく知りたい方は以下2つの記事を参考にしてみてください。

おすすめのフリーランスの制作チームを3つ紹介

最近のフリーランスの働き方に、経験や実績が豊富なフリーランスが中心となってチームを作り、Web制作やメディア運営などの案件を受託する働き方が増えてきています。

フリーランスの制作チームに依頼する特徴としては以下のものが挙げられます。

  • コストを抑えることができる。
  • 必要な時だけ依頼できる。
  • 依頼してから納品までのスピードが速い。
  • 土日祝関係なく仕事を依頼できる。

ここでは、日本最大級のマッチングサイトを運営する比較ビズが、おすすめのフリーランスの制作チームを紹介します。

「ホームページ制作を依頼したいが、誰に依頼すればいいのか」「業務が忙しく、制作会社を選ぶ時間がない」 といった方も安心して依頼が可能です。

知名度が高く、実績があるフリーランスチームをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TNGC GRAPHICS

  • 制作会社に比べてコストを安く抑えることができる
  • 一人の担当者がご相談から企画・デザイン・構築までサポート
  • 予算に合わせたSEO対策も対応可能

TNGC Graphicsはホームページ制作を行うフリーランスのWebデザイナーです。

相談からディレクション・デザイン・コーディングまで一人の担当者が対応をしてくれるのがTNGC Graphicsの強みです。

また、google検索エンジンに評価されるよう、ホームページ制作を最適化し、上位表示を目指したホームページ制作を得意としています。

依頼者の目的を達成するために、戦略的なホームページ制作も対応可能です。

TNGC GRAPHICSは東京を主な拠点としていますが、埼玉、神奈川、群馬、栃木エリアへの対応も行なっています。

企業情報

所在地:東京都小平市

Pixel Design

  • ホームページ制作・保守管理の実績豊富
  • 制作以外の活動実績が豊富
  • 大きなプロジェクトにも対応が可能

Pixel Designは、女性向けのデザインを得意としておりホームページ制作の実績が豊富なフリーランスチームです。

コーポレートサイトやブログ、ECサイトなどの制作も対応が可能で、大きい案件にはチームを結成し制作に取り組んでいます。

アパレルや化粧品、不動産、ホテル、食品のホームページ、コーポレートサイトなどの制作実績があります。また、Web制作に関わるコミュニティ活動にも積極的に取り組んでいます。

料金の規模は30〜100万円程のものが多いです。

企業情報

所在地:東京都新宿区在住

UNDERLINE

  • CMSを使った更新性の高いサイトを制作
  • クライアントの目線で心に残るようなものを制作

UNDERLINEは大阪に拠点をおくフリーランスのWeb制作チームです。

大阪市内の制作会社で、ホームページのデザインやコーディングの経験があります。

ホームページ制作におけるディレクションやコーディング、スマートフォンサイトの制作、CMS導入などを依頼することが可能です。

また、スニーカーのサイトや美容室などの店舗ホームページなどを制作した実績があり、商品や写真・絵を魅了したデザインを得意としています。

大阪でホームページ製作者を探している方などは、依頼の手がかりとなるでしょう。

企業情報

所在地:所在地:大阪市内

目的に応じたフリーランス活用がおすすめ!

どのような企業・店舗であっても、ホームページ作成時の重要な関心事は「費用」なのかもしれません。しかし、ホームページは「目的・ゴールを達成する効果」が得られてこそ、存在価値があることを忘れてはなりません。

重要なことは、フリーランス、制作会社それぞれの特徴をしっかりと把握し、ホームページの目的・ゴールに合わせて適切な依頼先を選定することです。

もちろん、制作会社に依頼する場合でも、規模感・相場の異なる多数の中から、なにを基準に選定すればいいのか?迷ってしまうことも考えられます。『比較ビズ』なら、必要事項を入力する2分程度の手間があれば、優良なホームページ制作会社をスピーディーに探せます。複数のホームページ制作会社に無料で相談できるのもポイントです。制作会社の選定に迷うようなことがあれば利用してみてください。

自社にぴったりのホームページ制作会社を探すには?

ホームページ制作会社選びでお困りなら「比較ビズ」が解決します!

  • 費用相場がわからず不安...
  • 発注先選びを失敗したくない…
  • 忙しくて探す時間がない...

今年で運営17年目の「比較ビズ」は、仕事を”依頼したい人”と”請けたい人”を繋ぐマッチングサービスです。これまでサイトリニューアル、ECサイト、SEO対策の依頼など多くのご相談を頂き1万社以上もの企業様の発注をサポートしてまいりました。

まずは下記のボタンより、お気軽にご相談ください。

監修者の一言

フリーランスがホームページ制作にまつわる様々なスキルを全て高いレベルでもつ事はとても難しく、得意な分野、不得意な分野が必ずあります。制作会社では、それぞれの分野を経験のある専門家が担当しますが、フリーランスは個人で全てを担当しなくてはなりません。

ですので、フリーランスにホームページ制作の依頼をする際には、制作したいサイトがデザイン重視なのか機能重視かなど発注するフリーランスの得意分野に合っているかを見極めることが大切になります。本文中にあるようにチームで制作にあたるフリーランスを検討するのも良いかもしれません。

また、フリーランスの方の休業や廃業は少なからずあり、その際ホームページのメンテナンスなど一切アクセスできなくなってしまうという事が実際に起こります。サーバーやドメインは発注者自ら契約するか、発注者名義でアカウントを作ってもらい、IDやパスワードを受け取るようしましょう。アクセスすらできないというトラブルは防ぐことができます。

ホームページ発注時の重要項目として「費用」が大きくなりがちですが、「費用」だけでなく「費用対効果」も考え、ホームページを制作する目的、フリーランスまたは制作会社それぞれの特徴を検討比較して、依頼先を選ばれることをおすすめいたします。

株式会社KOKOROMI
代表取締役 皸羸疑
監修者

お客様の強みを引き出す集客に強いホームページやECサイトを制作。SEO対策からSNS、広告運用など、成果を確実に出すための継続的なWEBマーケティング・運用サポートも行い、クライアントのWEBを使った事業展開を手厚くサポート。経済産業省認定の情報処理支援機関として、よりお客様に沿った形でのIT導入も行っている。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?