フリーランスのホームページ作成相場はなぜ格安?

更新日:2020年05月13日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
フリーランスのホームページ作成相場はなぜ格安?

フリーランスは、企業に依頼するよりも低額でホームページが作成できることでニーズが高まっています。そこで、業者とフリーランスで費用がどのぐらい変わるのか、フリーランスの相場が安い理由、フリーランスに依頼する際の注意したいポイントなどをお伝えしましょう。

関連する記事

ホームページ作成相場、業者とフリーランスでこんなに変わる

各種業者とフリーランスのホームページ作成費用の相場を比較してみましょう。

たとえば、ページ数が10ページのコーポレートサイトで、画像は5点ほど、お知らせ機能とブログを備えているようなページを依頼するとします。費用のおおまかな相場は以下の通りです。

  • 広告代理店の場合は80〜300万円
  • 大手の制作会社の場合は100〜300万円
  • 中堅の制作会社の場合は60〜100万円
  • 小規模の制作会社の場合は30〜80万円
  • フリーランスの場合は10〜30万円

システム等の導入や細かな仕様によって費用は変動しますが、費用を最も安く抑えるのであればフリーランスに依頼するのがお得です。

業者の半額程度の予算でホームページが作成できると考えてよいでしょう。

もっとも、同じフリーランスでも個人のスキルや経験によって費用は大きく変わります。実績豊富なプロフェッショナルだと業者に依頼するより高くなることもありますし、独立したての駆け出しのフリーランサーなら10万円以下で引き受けてくれることもあります。

フリーランスのHP作成相場が格安になるワケ

では次に、なぜ業者よりフリーランスの方が安い費用でホームページを作成できるのかについて理由を解説します。ポイントは人件費と間接費の2点です。

フリーランスは人件費と間接費がかからない

ホームページ制作会社の場合、サイト作成には多くの人が工程を分担して携わります。

ディレクション、デザイン、コンテンツ、コーディング、システム開発などと多くの工程があり、さらにSEO対策や集客まで依頼するとなると、さらに携わる人が増えます。そのため、質の良いホームページを求めるほど人件費がかさむのです。

さらに、制作会社の場合、作業するオフィスにかかる家賃や光熱費などの間接費も生じます。人件費に加えて間接費が多くかかるため、ホームページの作成料金も高くなるのです。

それに対してフリーランスの場合、基本的には一人の人間がすべての工程を行います。つまり、人件費が一人分になるので、制作会社より大幅に制作コストが削減できるのです。

さらに、フリーランスの場合、自宅を仕事場としている人が多いため、ホームページ作成のための間接費がほとんどかからないこともあります。

「格安だけど品質が」フリーランスに依頼する際の注意点

制作会社よりフリーランスの方が大幅に費用を安くできる理由がわかりましたが、実際に依頼する際にどのような点に注意すればよいのでしょうか。

コミュニケーションが取りにくい

業者の場合、営業時間がはっきり決まっており、その時間内には基本的に連絡が取れないことはありません。

一方、フリーランスの場合、仕事の時間が一定していないため、取りたい時にコミュニケーションが取れないことがあります。あらかじめ確実に連絡が取れる時間帯を確認しておくことは必須です。

低品質なサイトが納品される

スキルや経験の乏しいフリーランサーも存在します。そのため、格安料金に惹かれて依頼したところ、予想より大幅に質の低いホームページが納品される恐れがあるでしょう。

実際、様々な人がフリーランスとして活動しているため、なかには高いスキルと豊富な実績を持つベテランもいれば、趣味レベルでホームページを作成している程度の人もいるのです。

フリーランスは費用を安くすることはできますが、その代わり品質が犠牲になるリスクもあるということを覚えておきましょう。

フリーランスを見極めるポイント

コミュニケーションが取りにくいことと低品質のサイトになるというのがフリーランスに依頼するリスクですが、その2点にさえ注意しておけば、制作会社に依頼するより満足できる結果を得られる可能性も高いです。

まず、コミュニケーション不足を防ぐには、依頼時に連絡が取れる時間帯を確認し、必ずそれを守ってもらうようにしましょう。

高品質のホームページを作成してもらうには、その人の過去の実績を確認することが大切です。実際に作成したサイトを見せてもらうことができれば、だいたいの完成予想もイメージできるでしょう。

まだ実績がないという人の場合、通常よりさらに格安料金で作成することは可能ですが、実際にどのようなサイトができるのかいささか不安があります。

品質を重視するなら実績のあるフリーランスに依頼するのが賢明です。

フリーランスに依頼する以外でも作成費を格安にする方法

フリーランスに依頼する以外の方法でもホームページを格安に作成するための方法はいくつかあります。制作会社に依頼する場合と自作する場合を考えてみましょう。

まず、制作会社に依頼する場合です。格安でホームページを作成するには以下のような方法があります。

  • 値引き交渉する
  • ページ数を減らす
  • 格安業者に依頼する
  • 自作する(現実的ではないがチャレンジするのは有)

それぞれ詳しく解説していきましょう。

制作会社に依頼するケースで費用を安くするのにいちばん簡単な方法が、値引き交渉を行うことです。

もちろんすべての制作会社が値引きに応じてくれるわけではありませんが、発注時期によってはある程度の値引きが期待できることもあるでしょう。最初に予算を提示して、なんとかこの範囲内で作成してくれないかと交渉してみる価値はあります。

値引きが無理ならページ数を減らすのが現実的な方法です。ホームページの費用はページ数が増えるほど大きくなるため、少ないページで依頼すればその分費用も安くなります。

コーポレートサイトを依頼する場合、通常の見積もりではトップページ、挨拶、会社概要、企業理念、沿革、アクセスなどの項目ごとにページを用意する計算になることが多いです。ページ数が多い方がSEO効果も期待できますが、当然ながらその分費用はかさみます。

そこで、これらの項目をより少ないページに収めてもらうようにお願いしてみましょう。中小企業の場合、少ないページ数でも必要十分な情報を掲載することは可能です。

ホームページ制作会社のなかにも、相場より大幅に安い料金で請け負うところがあります。

通常、ホームページの作成では、サイトのコンセプトを検討するところからスタートして、掲載するコンテンツも業者に一から作ってもらうことが多いですが、これでは工数が多くなるので必然的に費用は高くなります。

一方、格安業者の場合、テンプレートを利用して工数を省略するため、通常よりかなり格安でホームページを作成することができるでしょう。場合によっては10万円以下でもそれなりの品質のサイトが完成します。

もちろんデザインのオリジナリティや機能の面で劣る部分もありますが、そこまで高機能のホームページを求めていないのであれば検討する価値はあるでしょう。

次にホームページを自作する方法です。以下のような方法が考えられます。

  • HTMLを書いて作成する
  • ホームページ作成ソフトを使って作成する
  • CMSを使って作成する

完全無料でホームページを作成できるのが、HTMLを自分で書いて作成する方法です。ただし、ゼロからHTMLを覚えてある程度の品質のサイトを作成できるようになるまでは非常に多くの労力と時間がかかるため、あまり現実的な方法ではないでしょう。

ホームページ作成ソフトを使う場合は、そのソフトの購入費用が必要になりますが、比較的安価でそれなりの品質のホームページを作成することは可能です。しかし、HTMLほどではありませんが、ある程度の知識が必要ですし、手間も時間もかかります。

ホームページ作成ソフトよりも安く簡単に作成する方法が、WordPressなどのCMSを使う方法です。

基本的なパソコン操作さえできる人なら、CMSは誰でも簡単にホームページを作成できるシステムです。

無料のテンプレートでは没個性的になるため、有料のテンプレートを購入する必要が考えられますが、制作会社に依頼するよりはるかに安くできますし、更新も自由にできるというメリットがあります。

※CMSについて更に詳しく知りたい方はCMS徹底比較!メリット・デメリットと知らなきゃまずい導入ポイントを参考にしてください。

作成費用を抑える方法はフリーランスだけじゃない

フリーランスは、制作会社と違って人件費と間接費が大幅に抑えられるため、格安でホームページが作成できることがわかりました。

ただし、コミュニケーションが取りにくいこととサイトの品質の面で注意しなければならないこともあります。そこさえ押さえておけば、低予算でも高品質のホームページを作ってもらうことは可能でしょう。

フリーランスに依頼する以外にも、制作会社に値引き交渉したり、ページ数を減らして依頼したり、格安業者に依頼するなどの方法で相場より安くホームページを作成することは可能です。

自作という方法もありますが、HTMLをゼロから覚えるには非常に多くの労力と時間がかかるのがネックです。自作に挑戦するのであれば、WordPressなどCMSを選ぶ方がよいでしょう。自社にとって何がベストかを検討してください。

なお、制作会社に依頼したい場合は複数の業者に費用について相談するのが良いでしょう。同じサイトでも費用が異なるためです。

複数の業者に相談する際は、弊社が運営しているマッチングサイト『比較ビズ』の利用も候補に入れると良いでしょう。様々なホームページ制作会社が登録しているからです。

どんなサイトを作りたいのか、予算感も踏まえてWeb上の相談フォームに入力すれば一括で複数の制作会社に相談することが可能です。

相談フォームは数分で入力できますし、『比較ビズ』の利用にあたってお金がかかることはありません。一括相談できるため自分の足で一社一社業者を選ぶ手間も省けます。

「ホームページの制作会社を探している」と考えている方でしたら、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す

ホームページ制作・デザインの案件一覧

ホームページ制作・デザインのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら