サーバー構築の費用相場は?失敗しないポイントや補助金を解説【完全版】

最終更新日:2024年01月24日
株式会社GeNEE
監修者
代表取締役 日向野卓也
サーバー構築の費用相場は?失敗しないポイントや補助金を解説【完全版】
この記事で解決できるお悩み
  • サーバー構築にどれくらいの費用がかかる?
  • 運用や保守費用も含めた総費用はいくら?
  • 費用を抑えるための補助金はある?

「サーバー構築の費用相場はいくら?」「サーバー構築で失敗したくない」とお考えの企業担当者、経営者、必見です。

物理サーバーの費用相場は80万円〜、仮想サーバーの費用相場は165万円〜、保守費用はサーバー構築費用の10〜15%です。サーバー構築に特化した補助金制度を利用し、費用を抑えられます。

この記事では、サーバー構築費用の相場や具体例、失敗しないサーバー構築のポイント、外注先の選び方、補助金の活用法など、幅広く解説します。最後まで読めば、サーバー構築の費用相場がわかり、適正価格で予算を組めるでしょう。

レンタルサーバー(ホスティング)にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • プランによっての費用相場が知りたい
  • 追加オプションの費用

比較ビズではシステム開発会社の登録に力を入れており、小規模〜大規模と幅広いシステム開発会社を掲載しております。価格重視、機能重視、セキュリティ重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりがもらえ、適切な費用相場が分かります。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。

システム開発会社を一覧から探す

【種類別】サーバー構築費用の相場

pixta_44441688_M

サーバー構築費用の相場を下記の種類別に解説します。

  • 物理サーバーの構築費用相場
  • 仮想サーバーの構築費用相場

物理サーバーとはハードウェアとして実際に存在するサーバーです。専用のハードウェアにOSやアプリケーションをインストールして利用します。

仮想サーバーとは、1台の物理サーバー上に複数の仮想的なサーバーを構築して利用する仕組みです。物理サーバー上で仮想化ソフトウェアを利用し、複数の仮想化サーバー上でOSやアプリケーションをインストールし利用します。

1. 物理サーバーの構築費用相場

物理サーバーの構築費用相場は、必要な機能や性能、規模によって異なります。一般的な相場は、下記のとおりです。

  費用の項目 費用相場
機器費用 サーバー機器 10万円から
ネットワーク機器 5万円から
ソフトウェア費用 5万円から
人件費 要件定義 10万円から
設計 10万円から
キッティング 10万円から
構築 30万円から

物理サーバーは、高い性能や信頼性が必要な場合や、セキュリティ上の理由から仮想化ができないときに利用します。欠点は、ハードウェアの交換や保守が必要であり、コストがかかることが難点です。

最近ではクラウドサービスの普及により、物理サーバーを構築するよりもクラウド上の仮想サーバーを利用するケースが多いです。物理サーバーの需要は減少傾向にあります。

サーバー機器・ハードウェア・設置環境

サーバーの使用目的によりパソコンに求められるスペックが異なります。スペックにより価格は変動しますが、一般的な相場は下記のとおりです。

  用途 費用相場
タワー型サーバー機器(エントリ向け) 単機能ファイルサーバー 10万円程度から
ラック型サーバー機器(クリティカル) データベースサーバー 30万円程度から
ラック型サーバー機器(ハイエンド) 業務システム 100万円程度から
静音ラック サーバーPCを収納して騒音を遮断 25万円程度から

サーバーの使用目的によって必要なスペックは異なります。業務システムで使用するには、高い処理能力や大容量のストレージが必要です。

タワー型とラック型の違いは、ラック型が省スペース化や冷却効率の向上などに優れている点です。消音ラックは、騒音を大幅に低減することができます。サーバー構築費用は、費用の項目に応じて細分類可能です。

サーバー構築費用

目的や用途により、サーバー構築費用は異なります。サーバOS・ミドルウェアをインストールし、アプリケーションが稼働できる状態までセットアップします。一般的な相場は、下記のとおりです。

費用の項目 費用相場
ファイルサーバー(社内向け) 15万円から25万円
Webサーバー(ホームページ配信用) 20万円から35万円
セキュリティサーバー 25万円から30万円

ファイルサーバーには、プリンタサーバーの構築費用も該当します。Webサーバーの代表的なものにメールサーバーがあります。セキュリティサーバーは、複数の端末を一元管理するために必要です。

構築の段階でSSL(暗号化通信)やドメインの設定、OSのインストール・環境設定にコストがかかることもあります。詳細な要件を確認しましょう。

クライアントマシン・ネットワーク

全く何もない状態からサーバーシステムを構築する場合、パソコン費用も含まれます。クライアントマシン・ネットワークの一般的な相場は下記のとおりです。

費用の項目 費用相場
クライアントパソコン 5〜15万円 / 1台
ルーター 2〜5万円
スイッチングハブ 5,000〜2万円 / 1台
ネットワーク設計費用 10万円前後
ネットワーク構築工事 20万円前後

※ネットワーク設計費用とネットワーク構築費用は1フロアあたり25台程度のパソコンを設置する規模を想定

クライアントマシンは、アプリケーションの実行やデータ保存・管理などをサーバー側でおこないます。必要最小限の機能しか持たないため、セキュリティ面でのメリットがあります 。クライアントマシンの導入は、企業の情報セキュリティ向上に有効な方法です。

2. 仮想サーバーの構築費用相場

仮想サーバーの構築費用相場は、必要な機能や性能、規模のほかクラウドサービス利用料、ストレージの追加オプションで異なります。一般的な相場は下記のとおりです。

  費用の項目 費用相場
機器費用 使用料 月額5,000円から
ソフトウェア費用 5万円から
人件費 要件定義 10万円から
設計 10万円から
構築 30万円から

仮想サーバーは、物理サーバーと比較してコストが低いことが特徴です。物理サーバーと比較して省スペースであり、エネルギー消費量も少ない利点があります。

サーバー構築以外に必要な保守費用相場

pixta_47569274_M

サーバー以外に必要な保守費用の相場は、サーバー構築費用の10%から15%です。サーバー導入後も継続的に発生するため、事前にしっかりと予算を立てておくことが重要です。一般的に、下記の内容が保守費用として含まれます。

  用途
セキュリティ対策費用 ウイルス対策ソフトウェアやファイアウォールにかかる費用
ピックアップ費用 データを定期的にバックアップするための機器やソフトウェアの購入費用、バックアップ先のストレージ容量に応じた費用
保守契約費用 サーバーの保守や修理、障害対応などをおこなうための契約費用
電気代 サーバーの保守や修理、障害対応などをおこなうための契約費用

サーバー保守契約には、ハードウェアやソフトウェアのほかセキュリティやネットワークがあります。保守契約内容によって、保守費用が高額になるため費用は変わります。

サーバー構築費用の具体例2つ

pixta_86624417_M (1)

サーバー構築費用の具体例を下記2つのシステムをもとに解説します。

  • 鍵管理システム:数百万円
  • 部品在庫管理システム:100万円から1,000万円

鍵システムや部品在庫管理システムのサーバー構築事例は近年増加しています。どの程度の費用がかかるのか見ていきましょう。

1. 鍵管理システム:数百万円

無人鍵管理システムや、最近話題の顔認証システムなどセキュリティの強化面で鍵管理システムは注目されています。認証システムにおけるサーバー構築手順と内容は下記のとおりです。

  • サーバーの選定:サーバーは、鍵の管理や認証に必要な処理能力を備えているものを選択
  • サーバーのセットアップ:OSのインストール、必要なソフトウェアのインストール、ネットワークの設定
  • 鍵の管理:鍵の生成、登録、削除などが含まれます。鍵のバックアップや復元機能の設定
  • 認証処理:鍵の照合やアクセス権限のチェック
  • セキュリティの強化:ファイアウォールや暗号化などの技術を利用し、不正アクセスやデータ漏洩などのリスクを軽減する設定

最近話題の顔認証システムの場合、参考となる費用相場は下記のとおりです。

  費用相場
端末費用(認証機器) 1台あたり20万円前後
コントローラー費用 20万円から40万円
サーバー費用 1台あたり数百万円前後
月額利用料 月額数千円から数万円
保守・サポート費用 システム会社により異なる

2. 部品在庫管理システム:100万円から1,000万円

部品在庫管理システムにおいて、サーバーは在庫情報の管理や処理をおこなうために必要です。サーバー構築手順と内容は下記のとおりです。

  • サーバーの選定:在庫情報の管理や処理に必要な処理能力を備えているものを選定
  • サーバーのセットアップ:OSのインストール、必要なソフトウェアのインストール、ネットワークの設定
  • データベースの設計:在庫情報の項目やテーブルの設計をおこない、在庫情報の管理に必要なデータベースを設計
  • 在庫情報の登録:部品番号、数量、在庫場所などの情報を登録できる機能の設定
  • 在庫情報の更新:入庫や出庫などの情報を更新する機能を導入し、常に最新の情報で管理できるよう設定
  • 在庫情報の検索:部品番号や在庫場所などの情報を元に、在庫情報を検索する機能の設定
  • セキュリティの強化:ファイアウォールや暗号化などの技術を利用して、不正アクセスやデータ漏洩などのリスクを軽減する設定

部品在庫管理システムで参考になる費用相場は下記のとおりです。クラウド型を選択するかパッケージ型を選択するかで費用は異なります。

  費用項目 費用相場 備考
クラウド型 初期費用 0円から10万円 導入支援費用は別途必要(一般的に100万円程度)
ランニングコスト 月額3,000円から7万円 在庫の数や拠点数により変動
パッケージ型 初期費用 300万円から1,000万円 パッケージ購入費用・初期設定サポート費用・システム移行サポート費用・サーバー設置・構築費用が含まれる
ランニングコスト 月額0円から10万円 自社ですべてがまかなえる場合は0円

サーバー構築の費用面で失敗しない5つのポイント

pixta_75072298_M (1)

サーバー構築の費用面で失敗しないポイントを5つにまとめました。

  • 自社の規模感にあわせる
  • 目的・用途に応じたプラットフォームを選定する
  • 保守も任せられるシステム開発会社を選定する
  • サーバーを管理する人材をたてる
  • 試験的にサーバーを借りて運営する

失敗を避けるためには、自社の求めている内容に適したサーバーを構築することが大切です。具体的にどうすればいいか見ていきましょう。

1. 自社の規模感にあわせる

自社の規模感にあわせたサーバー構築をおこなうことで、必要以上のコストをかけずにすみます。自社に見合わない規模のサーバーを構築すると、機能や性能の過不足が生じ、必要以上のコストがかかります。運用に必要な人員やコストも増加するため、適切な規模感が重要です。

将来的な拡張性を考慮しても、規模感にあったサーバーを選択することが大切です。実際に拡張する際、必要な性能や機能の追加を容易にできます。

2. 目的・用途に応じたプラットフォームを選定する

目的・用途にあわせたプラットフォームを選定することで、不必要な機能やリソースを排除できます。サーバーの性能や安定性を向上させることができ、長期的な運用コスト削減も可能です。

サーバー構築費用を削減しつつ、性能や安定性を向上させ将来的な拡張や変更に対応するためには非常に重要なポイントです。

3. 保守も任せられるシステム開発会社を選定する

保守も任せられるシステム開発会社を選定することで、別途保守業者を雇う必要がなくなるりコストの節約につながります。サーバーの監視や障害対応などを迅速かつ適切にできます。

サーバーのトラブルやアップデートなど技術的な問題も迅速に対応できます。サーバーだけではなく、関連するシステムやアプリケーションの管理も可能です。

4. サーバーを管理する人材をたてる

サーバーを管理する人材を配置することで、サーバーの監視や障害対応などを適切に実施できます。適切な管理により、無駄なコストや時間を削減し、効率的なサーバー運用も可能です。

サーバーの監視や障害対応などを適切におこなうことで、サーバーの安定稼働を維持することができ、トラブルを未然に防止できます。

5. 試験的にサーバーを借りて運営する

試験的にサーバーを借りて運営すると、サーバーの性能や機能を最適化できます。必要な機能や設定を調整し最適な状態に設定でき、より自社向けに構築できます。

実際にサーバを運用できれば、必要なスペックや機能を正確に把握し、無駄なコストが削減できます。

サーバー構築費用で失敗しない外注先の選び方3選

pixta_75072298_M (1)

サーバー構築費用で失敗しない外注先の選び方は、必要な内容を提案してもらえる会社が最適です。費用を中心とした考え方では、欲しい機能やサービスがともなわない可能性があります。具体的には下記の3つのポイントがあります。

  • 保守も任せられる開発会社を選ぶ
  • 見積もり費用だけではなく提案力も重視する
  • 実績・事例がある開発会社を選定する

1. 保守も任せられる開発会社を選ぶ

保守も任せられる開発会社を選定することで、下記のメリットがあります。

  • 別途保守業者を雇う必要がなくなり、コストの節約ができる
  • サーバーの監視や障害対応など適切に実施することができる
  • 技術的なサポートを受けられるため、社内で無理に人員を配置する必要がなくなる
  • 将来的に規模を拡張したい場合には、継続的に開発会社に依頼することで準備につながる

保守も任せられる開発会社の選定により、サーバー構築に関する専門知識や技術を持ったエンジニアのサポートが常に受けられます。保守業務や技術的なサポートにかかるコストも削減可能です。サーバーの監視や障害対応など、適切な実施が可能になります。

高品質なサーバー構築が可能となり技術的なサポートも受けられるため、社内で無理に人員を配置する必要がなくなりコスト削減につながります。将来的に規模を拡張したい場合には、継続的に開発会社に依頼することで、スムーズな拡張が可能です。

2. 見積もり費用だけではなく提案力も重視する

提案力がある外注先を選ぶことで、自社のニーズにあわせた最適な提案が受けられます。外注先が、自社のビジネスやサービスを理解し、最適なサーバー構築プランが実現します。

外注先は、最新の技術やトレンドに精通しており、自社の内容と時代にあった最適なサーバー構築プランを提案してもらえるでしょう。現状利用しているサーバーの改善案も提案してもらえることが期待できます。

3. 実績・事例がある開発会社を選定する

過去の実績や事例から開発会社を選択することで、サーバー構築の品質や納期の予測、技術力や対応力について顧客からの信頼度の高さがわかります。サーバー構築に必要な専門的な知識や経験があり、技術力や対応力が高いことも期待できます。

外注先の技術力や対応力が不十分な場合、追加費用が発生する可能性やサーバーの品質やセキュリティに問題が生じることも否定できません。実績・事例がある開発会社の選択は、安心して外注を依頼できます。

サーバー構築費用に使用できる補助金3選

pixta_88519101_M

サーバー構築費用に使用できる補助金があります。すべてを自己資金でまかなうと高額になる可能性が高いため、補助金の活用は有益です。代表的な補助金は下記の3つが挙げられます。

  • IT導入補助金
  • ものづくり補助金
  • 小規模事業者持続化補助金

1. IT導入補助金

IT補助金とは、事業者が情報技術であるITを活用するための費用を補助する制度です。IT補助金を利用することで、サーバー構築費用の一部を補助しています。サーバー構築のすべての費用をまかなうことは難しいですが、新しいシステムの導入に使用可能です。

IT補助金は、ベンダーやサービス提供事業者と事業者が一緒に申請する必要があります。対象となるシステムも決まっているため、活用する場合は必ず確認しておきましょう。

2. ものづくり補助金

ものづくり補助金は、生産性を向上させるために必要な設備を導入する際に利用できる補助金です。審査を受けて採択できれば補助金が受けられます。

サーバー構築費用に関しては、情報システムの改善・強化に関する費用の一部を補助金として受け取ることが可能です。製造業が対象となっているため、事前に自社の業種が該当しているか確認しておきましょう。

3. 小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、IT導入補助金やものづくり補助金ではまかえない小規模なシステム構築の一部を補助できます。具体的にはホームページを作成する際の外注費用や、新たにパソコンを購入する場合に申請できます。

商工会と一緒に事業計画書を作成する必要があり、計画書の事前承認が商工会から得られなければ申請ができません。

サーバー構築に強いシステム開発会社

株式会社シスネクト

株式会社シスネクト

参照元:株式会社シスネクト

  • 顧客の目的に合ったソリューションを提案
  • 時代に合わせたサービスをお届け
  • クライアント企業の利益にしっかり貢献

東京都渋谷区に本社を構える株式会社シスネクトは、2009年に設立してから10年以上にわたって「システムを用いて人や企業の利益を生み出す」ことを経営理念において、頼れるシステム開発会社としてクライアントニーズにしっかりと応えてきました。常に新しい技術を取り入れられる体制を整えていて、時代に合わせたサービスを提供してもらうことができます。各種サービスを通じて、クライアント企業の利益にしっかり貢献してくれます。

オフショア開発-
運営・保守
ISO取得-
Pマーク取得-
得意業界流通・小売、美容、製造
得意なシステム開発予約管理システム、商品検索システム、生産管理システム、業務管理システム
企業情報

住所:東京都 渋谷区渋谷1-23-20 松本ビル8F

ピクセルソリューションズ株式会社

ピクセルソリューションズ株式会社

参照元:ピクセルソリューションズ株式会社

  • ITの力でクライアント企業に革命をお届け
  • 金融系に強い
  • 大手企業との取引も多く信頼度は抜群

ピクセルソリューションズ株式会社は東京都港区虎ノ門に拠点を構え、2007年よりコンピュータ利用に関するコンサルテーション業務、コンピュータシステムの開発・販売、インフラ環境の設計・構築などさまざまな業務を手がけてきました。あらゆる業界に対応していますが、金融系に強く、証券系や保険系、カード会社、ノンバンクなどの顧客も多数抱えています。大手企業との取引も多く信頼度は抜群です。

オフショア開発
運営・保守
ISO取得-
Pマーク取得
得意業界金融
得意なシステム開発C、C++、Java、Perl、Ruby、Php、.Net C#、VB、ASP、HTML、XML、ASSEMBLER、PL/I、COBOL
企業情報

住所:東京都 港区虎ノ門4-1-40 江戸見坂森ビル5F

株式会社コアソフト

株式会社コアソフト

参照元:株式会社コアソフト

  • クライアントが抱えるITの悩みを解消
  • 業務の効率化を実現
  • コスト削減や売上アップに貢献

東京都台東区浅草橋にある株式会社コアソフトは、広島県にも支店構え、2000年より20年以上にわたってシステムの受託開発、ホームページの制作、バーチャルコンテンツ制作、パッケージソフトウェアの販売、システム開発支援サービス、レンタルサーバ事業など幅広いサービスを提供してきました。コンサルティングにも対応していて、クライアントが抱えるITの悩みを解消。業務の効率化を実現してくれます。コスト削減や売上アップにもしっかり貢献してもらうことができます。

オフショア開発-
運営・保守
ISO取得-
Pマーク取得
得意業界IT・インターネット、医療・福祉、アミューズメント・レジャー
得意なシステム開発企業内文書管理システム、飲食店売上管理システム、企業内ワークフローシステム、イベントアンケート結果分析システム、コンビニ収納代行システム、手術室管理システム、カテ室管理システム
企業情報

住所:東京都 台東区浅草橋5-2-3 鈴和ビル6F

株式会社ワンズパワー

株式会社ワンズパワー

参照元:株式会社ワンズパワー

  • 顧客に最適なソリューションを提案
  • 大手金融機関のシステム開発の実績あり
  • クライアントにあらゆるニーズに対応

株式会社ワンズパワーは、東京都国立市に本社を置いて、2008年から10年以上にわたりシステムインフラの企画・設計、金融系アプリケーション設計・開発、プロジェクトマネジメント業務、クラウド環境を利用したシステムインフラの提案・設計、ホームページの企画・作成などを手がけています。クライアントが抱えるお悩みや課題にしっかり寄り添い、最適なソリューションを提案してくれます。大手金融機関のシステム開発の実績があり、さまざまなニーズに応えてくれます。

企業情報

住所:東京都 国立市富士見台1-48-25

株式会社ユービー

株式会社ユービー

参照元:株式会社ユービー

  • 昭和60年設立の信頼と実績
  • 人間力と高いIT技術が魅力
  • クライアント企業のニーズにしっかり対応

株式会社ユービーは神奈川県横浜市西区に拠点を構え、1985年から約40年にわたりCAD関連業務、ITインフラ業務、WEBサイト・システム制作業務、業務システム開発業務、OAオペレーション業務などの幅広いサービスを提供しています。「成長・スマイルコミュニケーション・信頼」を経営理念として、クライアント企業のニーズにしっかり応えてきました。人間力とIT技術をフルに活かして、今後も企業の発展にしっかり貢献してくれます。

オフショア開発-
運営・保守
ISO取得-
Pマーク取得
得意業界建設・建築、製造
得意なシステム開発業務システム
企業情報

住所:神奈川県 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル12F

まとめ

サーバー構築費用の決定には、システム開発にかかる工程数や内容が大きく関わります。自社の目的や使用用途に応じたものを導入することでコスト削減につながります。

外注先選びも、ランニングコストを抑えるために必要な検討事項です。サーバー構築には保守をうまく利用することで、トラブルを未然に防ぐ効果があります。

サーバー構築の詳しい情報が知りたい方には、比較ビズがおすすめです。比較ビズは、仕事を「依頼したい人」と「請けたい人」をつなげるマッチングサービスです。

これまでWEBシステム、スマホアプリ、業務システムの開発など多くの相談をもらい1万社以上もの企業の発注をサポートしています。

費用相場がわからない方や、発注先選びに悩んでいる方は、気軽に相談してください。

監修者の一言

サーバ構築の前に、以下の5つのポイントを押さえる必要があります。まず、「目的」を明確にし、適切なサーバを選定することが重要です。

コストだけでなく、性能も考慮し、将来の事業拡大に備える必要があります。セキュリティ性も重要な要素で、サイバー攻撃への対策が必要です。サーバ提供会社のサポート内容も確認し、信頼性の高い業者を選ぶことが大切となります。

また、容量や性能を適切に確保することで、サーバの安定性を保ち、クライアントの信頼を損なわずに済みます。以上のポイントを考慮して、計画的にサーバ構築に臨みましょう。

株式会社GeNEE
代表取締役 日向野卓也
監修者

東京工業大学環境・社会理工学院卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。MBA(経営学修士)取得。国内最大手SIerの株式会社NTTデータで大手法人領域(大手流通企業、大手小売企業)の事業開発、事業企画等の業務に従事。米国スタンフォード大学への研修留学を経て、システム/モバイルアプリ開発会社の株式会社GeNEEを創業。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
レンタルサーバー(ホスティング)にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの開発会社に依頼したらいいかわからない
  • プランによっての費用相場が知りたい
  • 追加オプションの費用

比較ビズではシステム開発会社の登録に力を入れており、小規模〜大規模と幅広いシステム開発会社を掲載しております。価格重視、機能重視、セキュリティ重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりがもらえ、適切な費用相場が分かります。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。

システム開発会社を一覧から探す