ホームページ制作をフリーランスに依頼する前に!メリットとデメリットを解説

更新日:2018年12月26日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
ホームページ制作をフリーランスに依頼する前に!メリットとデメリットを解説

最近では、制作会社から独立しフリーランスとなってホームページの制作に携わっている人も多くいます。それで、ホームページ制作するときには、大手あるいは中堅の制作会社に頼むのがいいか、フリーランスに頼むのがいいか迷うことがあるでしょう。フリーランスに依頼する前にフリーランスいついて理解し、依頼するメリットとデメリットについて慎重に検討する必要があります。ここでは、ホームページの依頼先としてフリーランスを検討している方に役立つ情報をお伝えします。

関連する記事

フリーランスとは

フリーランスは企業に所属せずに、自分自身で直接クライアントと契約をして仕事をする労働形態のことです。フリーランスとして働いている人はフリーランサーと呼ばれています。フリーランスの場合は取引先とは雇用関係はなく、契約した案件を完成させ納品すると報酬を受け取ることができます。

また、会社員のように就労規則に縛られることなく、働く時間や場所を自分で決めることができるという自由度の高い働き方です。働いた分の報酬を受け取ることができるので、依頼が多くあればそれだけ収入が増えますし、逆に契約数が少なければそれだけ収入は減ってしまいます。ですから、企業で働く場合のような安定した収入は期待できません。そのため、就業規則に抵触しなければ、会社を辞めずに副業としてフリーランスを始める人もいます。

会社を辞めてフリーランスに転向する人の場合は、自分の納得する仕事がしたいからという理由の方も少なくありません。うつ病等の病気が原因で勤務が難しくなり、仕事量を自分でコントロールでき、人間関係のストレスが少ない環境で働くためにフリーランスという働き方を選択した人もいます。

また、フリーランサーに転向した多くの人は、税法上のメリットを考えて、開業届を税務署に提出して、個人事業主として仕事をしています。

フリーランスの形で仕事をするのが多い職種はプログラマー、Webデザイナー、ライター、カメラマン、イラストレーターなどです。IT関係の仕事の場合は、一人で黙々と作業をこなすことが多く、切磋琢磨する機会が少ないのが実情です。

ですから、人によってはスキルアップを目指したりモチベーションを保ったりするのが難しい場合もあります。また、フリーランスは社会的信用度が低いので、クレジットカードなどの審査に通りにくいという傾向もあります。

フリーランスに依頼するメリット

フリーランスにホームページ制作を依頼するメリットの1つは制作コストを低く抑えられるということです。フリーランスの場合は、シェアオフィスや自宅で仕事をしていることが多いので、人件費や設備費が少なくてすみます。また、中間マージンもかかりません。そのため、大きな制作会社よりも安い価格でホームページ制作の依頼を受けることができます。

たとえば、中小規模の制作会社に依頼した場合にはページ数や仕様、システム導入の有無等により異なりますが、30万円〜100万円という費用がかかります。大手の制作会社に依頼した場合には100万円以上はかかることが多いです。一方、フリーランスなら15万円前後ですみます。ホームページのページ数が少なければ5万円前後で制作できることも少なくありません。

単発で修正点などを依頼する場合は、5,000円程度でしてくれることもあります。納期や制作費用に融通をきかせてもらえるというのも、フリーランスに依頼するメリットの1つです。

また、制作会社の場合はディレクターや設計担当者、デザイナーなど多くの人がかかわるので完成までに時間がかかります。一方、制作を自分だけで行っているフリーランサーの場合はスピーディーに制作が進みます。制作会社の場合は決定事項があっても打ち合わせの段階では決定ができないことがありますし、質問に対する回答もすぐには得られない場合もあります。

フリーランスの場合はその人に決裁権があるので、制作会社の場合のように持ち帰って改めて回答したり決定を伝えたりといった工程を省くことができます。そのため、どのようなホームページを制作したいか具体的なプランがあれば、比較的早くホームページを完成させることができます。また、フリーランスに依頼した場合は発注者と受注側のコミュニケーションがシンプルになるというメリットもあります。

フリーランスに依頼するデメリット

フリーランスに依頼するデメリットの1つは、ホームページを公開してからのアフターサポートを得られなくなる可能性があるということです。複数のスタッフが働く会社では、担当者が退職したり休職したりしても他の人が引き継いでサポートすることができます。

一方、フリーランスに依頼した場合は、廃業する可能性も高いのでサポートを受けられなくなることがあります。また、廃業しないとしても病気や事故で仕事ができなくなってしまうと、やはり継続的なサポートを受けることが難しくなります。ですから、ホームページ完成後のサポートについてまた、長くお願いできるのかどうかなどを確認しておく必要があります。

また、制作会社であれば就業時間内ならいつでも連絡がつきますが、フリーランスの場合連絡が取れる時間帯はまちまちです。ですから、連絡が取りやすい時間帯はいつなのかあらかじめ確認しておく必要があります。また、コミュニケーションを頻繁に取れるか、対面での打ち合わせにも対応してくれるのかなど、細かな点の確認も大切です。

フリーランスの形で働いている人の中には制作会社に勤務していたことがあり、高い技術を持っている人もいるものの、フリーランサーの技術に関してはばらつきがあるというデメリットがあります。また、得意分野に関してもデザインは得意でも、コーディングやシステム開発は不得手という人もあります。ですから、ホームページで過去の実績を確認するようにしましょう。

また、大手企業のホームページの開発に携わった経験があるなら信頼度が高いといえますが、その場合でもデザインのみを行ったのか、コーディングまで手掛けたのかといった点を確認する必要があります。

フリーランスは自分の好きな時間に働けるので融通をきかせてもらえることがメリットの1つですが、その反面時間にルーズになったりする場合もあります。また、多くの案件を抱えこみすぎて納期に間に合わなかったりするケースもあります。さらには突然連絡が取れなくなるといったトラブルも起きています。ですから、自己マネージメントが良くできているか、信頼できるフリーランサーかどうかを見極めることも大切です。

まとめ

フリーランスにホームページの依頼をすることには費用面でのメリットがあり、やり取りもシンプルにできるという良さがあります。また、大きな制作会社と異なり融通もきかせてもらいやすいのもメリットです。ただ、技術面や得意分野で差があり、アフターサポートが得られなくなる可能性があるというデメリットもあります。

費用面だけなく様々な点を考慮した上で、ホームページの制作をフリーランスに依頼することを決めた場合は、信頼できるフリーランサーを探しましょう。比較ビズをはじめとするマッチングサイトなどで探すこともできますし、SNSや知り合いを通して紹介してもらうこともできます。ホームページの出来次第で集客が左右されますので、依頼先は慎重に選択するようにしましょう。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら