ホームページで集客を成功させるデザインテク【4選】

更新日:2020年03月13日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
ホームページで集客を成功させるデザインテク【4選】

中小企業や飲食店にとって、ホームページは集客ツールになりえます。しかしただ漠然とホームページを作っても効果はありません。どのようなデザインで制作するかがポイントです。そこでここでは、集客効果の見込めるホームページデザインのポイントについてまとめました。

関連する記事

ホームページのデザインをする前に準備するべきこと

いきなりホームページ作成に取り掛かるのではありません。まずは下準備が大事ですが、その中でも重要なポイントについて紹介します。

ペルソナの想定

まず重要なのは、誰に向けたホームページにするかです。Webの世界ではターゲットにするお客さん像のことをペルソナと言います。

具体的には自社商品やサービスを利用してくれそうなお客さんです。年齢や性別、職業などより具体的に想定すると、どのようなホームページを作成すればいいか、正確にシミュレーションできます。

自社の強みを考える

自社の強みがわかると、それを全面的に打ち出したホームページ作りができます。そのために大事なのは、競合他社のリサーチです。

競合他社の持ち味や特徴は何か考えてみましょう。比較対象を作ることで、自分たちの売りや強みがよりはっきりとわかってきます。

自分のことは自分が一番よくわからないといいます。会社についても同様で、企業の強みを実は経営者が気づいていないこともあり得ます。

もし自社の強みがわからなければ、友人や取引先などに相談しましょう。すると自分でも気づかなかった視点を提示されるかもしれません。

ホームページを見てみよう

ゼロからホームページを作るのは、なかなか難しいものがあります。もし具体的なWebサイトのイメージができなければ、ほかのサイトを見てみるといいです。

いろいろなサイトを見ることで「これはうちのホームページでも使えるな」とか「この部分をこう変えればより良くなるのでは?」といろいろアイデアが浮かんできます。同業種だけでなく、他業種のサイトデザインの中にヒントが隠されているかもしれません。

集客できるホームページデザインテク4選

集客力のあるホームページには、いくつかデザイン面でポイントがあります。ホームページ制作時に意識しておきたいポイントについて、以下で詳しく紹介します。ポイントとして、以下のようなことが考えられます。

  • 第一印象が重要
  • 1画面内に収める
  • 写真の活用
  • モバイルを意識

第一印象が重要

サイトを訪問する人は、ちょっと見ただけでじっくり見るか、ほかのサイトに移動するかを決めます。そこで重要なのはスクロールしないで見られるファーストビューで興味を持たせられるかどうかです。

そのためには以下のことを意識してファーストビューのデザイン制作するように努めましょう。

  • キャッチーなコピーを入れること
  • 画像などを積極的に取り入れる
  • 重要でアピールしたい情報を入れる

重要な情報ですが、例えばこれまでの実績が挙げられます。また問い合わせに誘導したければ、ファーストビューの中で電話番号やメールアドレスなど問い合わせ先を入れるのも重要です。

1画面内に収める

ホームページが縦にだらだらと続くデザインを見たら、皆さんはどう思いますか?「下まで読むのが面倒くさそう」という風に思いませんか?

これは先ほどの第一印象と同じです。1画面だけで必要な情報がわかれば、集客力は増します。

1画面に収まらなかったとしても、その枠内で絶対に伝えないといけない事柄をすべて含めるように努めましょう。1画面で、何を伝えたいのか?の疑問に答えられるようなレイアウトにすべきです。

写真の活用

文章だけのサイトと写真や画像の入ったサイトだと、どちらを見ようと思いますか?写真や画像の入ったサイトの方が見やすいと感じるはずです。

ですからサイト制作する際には、写真や画像を積極的に入れていきましょう。写真や画像がサイトのアクセントになって見やすいです。

写真を活用するにあたって大事なことは、なるべくオリジナルのものを使用することです。フリー素材から拾ってくるのもありですが、それだけだとオリジナリティが出てこないからです。

モバイルを意識

皆さんインターネットにアクセスする際、どのデバイスを使用していますか?結構スマホを使っている人が多いでしょう。

そこでスマホのようなモバイルを介してアクセスする人を意識して、サイト作りを進めるべきです。そのためにはどんなデバイスやブラウザでも無理なく閲覧できるようなデザインを意識しましょう。

モバイルの場合、あまり文章量が多すぎるとずっとスクロールしなければならず面倒です。パソコン対象よりもさらに伝えたい内容を簡潔にまとめるように意識しましょう。

デザインだけに注力しても集客は成功しない

ホームページ制作でデザインだけに意識している人は結構多いです。しかしデザイン以外にも注力すべき事柄があります。そこで集客効果の見込めるポイントとして、以下のことについて詳しく見ていきます。

  • 訪問者を増やす
  • アクションを起こさせる
  • 価値で選ばれる

訪問者を増やす

まずは訪問者数を増やさないことには売り上げにつながっていきません。そのためにまず大事なことはSEO対策です。

SEOとは検索エンジン最適化のことで、検索結果の上位に出現しやすくするためのテクニックです。検索結果が上位に来れば、アクセスしてもらいやすくなります。

メルマガ広告も有効です。メルマガで自社の紹介をすれば、配信者を対象に訪問者を伸ばせます。

この時ポイントになるのが、メルマガの読者とホームページのターゲットがマッチしているかです。この部分にずれがあると、いくら費用をかけても思ったような効果が期待できないからです。

最近ではSNSを活用するのも有効といわれています。SNSで自社サイトのことをアピールして、訪問者数を伸ばす手法で費用をあまりかけることなく活用できるのがメリットです。

アクションを起こさせる

ホームページから成約や資料請求を行わせる、行動を引き起こさせるためのテクニックも必要です。そのために欠かせない要素がキャッチコピーです。

ヘッドラインの良し悪しで広告の80〜90%以上が決まるといわれているほどです。注意を引くほかにもターゲットを明確にすることが大事です。

ターゲットを明確にすることで、該当する人は「自分のことを言っている!」と興味を引きます。ここでもう一つ大事なのは、商品説明はしないことです。商品を紹介するとそれ以上ページを見なくなってしまうからです。

チャットボットも有効なツールです。チャットする際にテキストだけでなく、音声でもコミュニケーションできるプログラムです。

価値で選ばれる

値段ではなく価値で選ばれるような施策を講じることも大事です。例えばホームページでよく見られるのが、お客様の声です。

自社サービスや商品を使った人の感想が出ていると、使用感がより見ている人に具体的に伝わってきます。そのほかには実績も価値を上げるために欠かせない要素です。

今までどれくらいの業歴があって、どれだけの件数を受注したかがわかれば、初めて依頼する際にも安心できます。企業相手の業務の場合、どんな取引先があるか記載するのも一つの方法です。

まとめ

ホームページを作成する際、見ている人がどう思うかを意識して制作することが大事です。独りよがりなホームページでは、集客効果が見込めません。

その上で、サイトに訪問した人にどういったアクションを起こさせたいかも検討しましょう。そのためにはただ単にデザインだけでなく、コンテンツやレイアウトなども意識して制作しましょう。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインに関連する記事

Web制作会社・システム開発会社に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら