かっこいいバナーデザインを制作するポイントとは?参考事例5つとともに紹介

最終更新日:2023年06月20日
Tech School for Change Makers
監修者
仲条高幸
かっこいいバナーデザインを制作するポイントとは?参考事例5つとともに紹介
この記事で解決できるお悩み
  • かっこいいバナーデザインを制作するポイントとは?
  • かっこいいバナーデザインはどのようなものか?
  • かっこいいバナーデザインの制作を依頼できる外注先とは?

かっこいいバナーデザインは、消費者の関心を引き付け、自社商品の認知度向上やイメージアップにつながります。

この記事では、かっこいいバナーデザインを制作するポイントや企業事例、外注先を解説します。

「バナーデザインの制作に行き詰っている」「バナー広告の掲載効果が出ていない」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 名刺代わりにホームページがほしい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す

かっこいいバナーデザインを制作する8つのポイント

pixta_62910363_M

かっこいいバナーデザインを制作するためには、以下の8つのポイントを意識することが重要です。

  1. 情報に優先度を付ける
  2. 文字のフォントはわかりやすさを重視する
  3. キャッチコピーを簡潔にまとめる
  4. 余白を埋めない
  5. 商品やサービスと関連する画像を掲載する
  6. 目的に合う色を選択する
  7. 関連する情報はまとめる
  8. 外注先へバナー広告作成を依頼する

ポイントの内容を1つひとつ解説します。

ポイント1. 情報に優先度を付ける

情報の優先順位を付けず、伝えたい情報をすべてバナー広告へ掲載すると、消費者にインパクトを与えられません。自社が広告で伝えたいメッセージ性やバナーデザインのかっこよさも薄れます。

創業10周年の記念に豪華特典付きのキャンペーンを例にします。バナーデザインに掲載する情報は、キャンペーン期間や特典内容、対象者など最低限の項目に絞り、スッキリとした印象を演出しましょう。

特典内容の文字を大きく強調すると、関心や購入意欲を高められます。どの情報を掲載するか、事前に決めることが重要です。

ポイント2. 文字のフォントはわかりやすさを重視する

文字のフォントやサイズ、色はシンプルなタイプを選びましょう。多数のフォントやサイズが混在していると、消費者が広告を閲覧しても情報を正確に把握できないためです。

バナー広告を掲載しても消費者の関心を高められなければ、想定していたような効果は得られません。伝えたい情報を正確に理解してもらうためにも、フォントの組み合わせはシンプルなタイプに統一しましょう

重要な情報は他のテキストと異なる大きさや色にすると、内容を強調できます。

ポイント3. キャッチコピーを簡潔にまとめる

キャッチコピーはわかりやすく簡潔な言葉でまとめましょう。バナー広告は表示できるスペースが限られており、文字が長すぎるとインパクトが薄れます。

詳細な情報はクリックすると表示されるため、消費者の関心を惹き付けるキャッチコピーの考案が重要です。

ビジネスマン向けのオーダーメイドスーツ販売の広告では「スーツの割引キャンペーン中」と記載するよりも「オーダーメイドスーツの割引キャンペーン中」と記載する方が、広告のクリック率を高められます。

消費者にインパクトを残すためにも、キャッチコピーに使う言葉選びが重要です。

ポイント4. 余白を埋めない

余白を無理に埋める必要はありません。広告に掲載するテキストやイラストを絞ると、スッキリとしたレイアウトに仕上がり、消費者に重要な情報を分かりやすく伝えられます。余白を残すことで、キャッチコピーやデザインを際立たせる効果も期待できます。

ポイント5. 商品やサービスと関連する画像を掲載する

自社で扱う商品やサービスと関連性の高い画像を掲載しましょう。消費者は広告の画像を見て「自身にとって必要な情報が掲載されているか」を判断しており、画像と商品の関連性がないと広告をクリックしない傾向があります。

女性向け化粧品のバナー作成を例にします。化粧品ボトルやメイクをしている女性の画像を掲載すると、女性の関心を惹き付けられるでしょう。

ターゲット層に合わせて、年齢や性別、イメージを基にモデルを選定することも重要です。広告や保険などの無形商材を扱っている場合は、テキストやキャッチコピーで広告の訴求力を高めましょう。

ポイント6. 目的に合う色を選択する

かっこいいバナーデザインを作成するためには、色の心理効果を重視しましょう。広告を掲載する目的や扱う商品により、選択するべき色は異なります。扱う商品によってはブランドイメージを損ねる可能性があるため、慎重な判断が必要です。

黄色には元気や希望というイメージがあり、イベントや新商品販売などの告知をする際に適しています。青色や紫色を使うと、洗練された印象を演出できます。

ポイント7. 関連する情報はまとめる

ハートや星など、同じ情報は1つにまとめ、整列して配置するデザインを心掛けることが重要です。人間は関連性の高い情報をまとめて判断する傾向があり、情報がまとめられていると広告掲載の効果を高められます

デザインの統一性やかっこよさを高めるためにも、情報の関連性を意識しましょう。

ポイント8. 外注先へバナー広告作成を依頼する

デザインや広告作成に精通した人材が社内に不在の場合、バナー広告作成を外注しましょう。バナー広告作成を手掛ける制作会社には、専門的な知識やスキルを持つデザイナーが多数在籍しています。

自社で対応するよりも、かっこいいバナーデザインを素早く入手可能です。ブランドイメージや商品の世界観を反映したバナーデザインを作成でき、自社のイメージアップを図れます。

デザインに精通した人材がいる場合でも外注を利用すれば、従業員に過度な負担がかかることを防げます。

かっこいいバナーデザインを簡単に探せる参考サイト3選

かっこいいバナーデザインを多数取り扱うサイトを3つ紹介します。

  • BANNER LIBRARY
  • バナー広場
  • FACEBOOK広告集めました。

用途に応じて参考にするサイトを使い分けましょう。

BANNER LIBRARY

「BANNER LIBRARY」は2023年5月時点で合計5,113件のバナー広告をまとめたサイトです。かっこいいバナーデザインやおしゃれなデザインなど、高品質なバナー広告を多数掲載している点が特徴です

絞り込み機能も豊富で、テーマに合うバナー広告をすぐに見つけられます。絞り込み機能の主な内訳を下記にまとめました。

Category ・ファッション・アパレル
・美容・コスメ
・インテリア・雑貨
・飲料・飲食
・イベント・メディア
・アウトドア・スポーツ
・旅行・観光
Taste ・かわいい
・かっこいい
・シンプル
・スタイリッシュ・おしゃれ
・高級感・きれいめ
・ナチュラル・爽やか
・カジュアル
Topic ・季節感
・春
・夏
・秋
・冬
Shape ・横長
・縦長
・正方形
Color ・ホワイト
・ブラック
・ブラウン
・レッド
・ピンク
・ベージュ
・カラフル

各バナー広告に付いているハッシュタグを利用して検索することもできます。

参照:BANNER LIBRARY

バナー広場

「バナー広場」は掲載数14,313件を誇るサイトです。ランキング機能が搭載されており、最新のトレンドを素早く把握できます。更新頻度も高く、バナー広告のサンプルを数多く見たい方へおすすめのサイトです。

参照:バナー広場

FACEBOOK広告集めました。

「FACEBOOK広告集めました。」は、Facebook広告のみを紹介するサイトです。Facebook上でバナー広告を掲載している様子を具体的にイメージできます。

同じサイトからInstagram広告の閲覧もできるため、Facebook広告やInstagram広告の出稿を検討している方におすすめです。

参照:FACEBOOK広告集めました。

かっこいいバナーデザインの事例5選

はじめてバナー広告を作成する場合、デザインのイメージが湧かない方もいるでしょう。かっこいいバナーデザインの事例を5つ紹介します。バナー広告作成をする際の参考としてご活用ください。

  • 世界一周旅行
  • クーリッシュ
  • マジックナンバー
  • スニーカーダンク
  • NONIO

世界一周旅行【ピースボート】

船旅で国際交流の促進を目指すピースボートが作成したバナー広告です。

uf9SJpIRCoZw3Tn1687226398_1687226409

参照:バナー広場

広告全体が青と白でデザインされており、爽やかな印象を演出しています。海の青さと手前の建物の白さが鮮やかなコントラストとなり、消費者の視線を逃しません。

広告中央には「憧れの世界一周クルーズ」の文字が大きく配置され、旅行への意欲を高めています。広告全体に余白が多く残されているため、海と空の鮮明さを際立たせている点も魅力的なポイントです。

公式サイト:ビースボート

クーリッシュ【株式会社ロッテホールディングス】

株式会社ロッテホールディングスが販売する人気シリーズ商品「クーリッシュ」に関するバナー広告です。

nzmYirYYmSPylgR1687226513_1687226534 (1)

参照:バナー広場

広告全体はイチョウ色と紫色でデザインされており、高級感を演出しています。消費者が店舗で商品をすぐに見つけられるよう、画面中央には商品パッケージが大きく掲載されているのが特徴です。

ラムレーズンサンドの画像が広告全体に散りばめられ、消費者の購買意欲や関心を高めます。広告下部にはキャンペーンの概要や商品発売日が簡潔にまとめられているため、消費者が情報不足に悩む心配はいりません。

公式サイト:「クーリッシュ」ブランドサイト

マジックナンバー【株式会社Onesky】

プロサーファー兼俳優として活躍する中村竜氏が、ディレクターを務めるファッションブランド「マジックナンバー」のバナー広告です。

2RH64EIK4Gh6JmN1687164332_1687164351

参照:BANNER LIBRARY

男性モデルを映した大小異なる2つの画像を掲載した広告です。長袖のトレーナーを着たモデルの画像では海をバックに撮影しており、大人の休日を演出しています。

広告上部にはブランドコンセプトである「SEE YOU IN THE WATER」を配置するかたちです。インパクトを与えている一方、全体的に余白を多く残しているため、消費者に雑多な印象を与えていません。

広告左下には背中にコンセプトが書かれたグリーンの長袖Tシャツをモデルが着ており、消費者は着用時のイメージを具体的に描けます。

公式サイト:MAGIC NUMBER

スニーカーダンク【株式会社SODA】

株式会社SODAは、スニーカーやストリートファッションを扱うフリーマーケットサイトを展開しています。同社のバナーデザインは、商品画像とキャンペーン情報を掲載したシンプルな構成です。

AteABMrQVDBAdWV1687226915_1687226947

参照:バナー広場

広告中央には、ナイキの人気シリーズ「エアジョーダン」の商品画像とクーポン情報を並べて掲載し、ファンの購買意欲を高めます。バナーデザイン全体がシューズと同じ白色と灰色で構成されており、スッキリとした印象を与えているのも特徴です。

公式サイト:株式会社SODA

NONIO【ライオン株式会社】

NONIOは歯磨き粉やホワイトニングなど、口臭ケア商品を展開しています。NONIOシリーズの一種であるマウスウォッシュに関するバナー広告です。

vFdpB7Nto5ZLHcr1687227056_1687227071

参照:BANNER LIBRARY

広告中央には、カラフルな配色でデザインされたボトル型のマウスウォッシュが3つ並んでいます。普段マウスウォッシュ製品を購入しない方も惹かれるデザインです。

広告右側には応募期間や特典など、キャンペーンに関する情報が掲載されています。余白を残しながらテキストが書かれているため、消費者に情報過多の印象を与えません。

SNSと連動した特典も用意しており、不特定多数の方へ効果的な情報発信を実現できます。

参照:ライオン株式会社

かっこいいバナーデザインの制作を依頼できる4つの外注先

pixta_48377990_M

自社でかっこいいバナーデザインを作成すると、特定の従業員に過度な負担をかけるおそれがあります。バナー広告作成は外注先へ依頼するのがおすすめです。

バナー広告作成を依頼できる外注先は以下の4つです。

  • ホームページ制作会社
  • デザイン事務所
  • 広告代理店
  • フリーランスデザイナー

ホームページ制作会社

ホームページ制作会社は、ヒアリングから実物制作まで一貫して依頼できます。ホームページ制作会社に依頼するメリットは、対応力に優れている点です。

豊富なノウハウや実務経験を兼ね備えたクリエイターが、ホームページ制作会社には多数在籍しています。バナー広告作成に加え、ホームページのリニューアルやランディングページ作成など、自社の要望に対して柔軟な対応が望める点が魅力です

ホームページの作成やチラシのデザインなど、特定の分野に特化している企業も少なくありません。ホームページ上での確認や問い合わせをおこない、バナー広告作成可否を必ず確認しましょう。

デザイン事務所

デザイン事務所に依頼するメリットは、かっこいいバナーデザインを入手できる確率が高い点です。デザイン事務所には、優れたスキルを持つデザイナーが多数在籍しており、自社の要望を反映したバナー広告の制作が望めます

予算内や納期内でのバナー広告作成を望めるため、追加費用の発生を心配がありません。ブランドイメージに沿うバナー広告の作成により、商品認知度向上や収益拡大など、多くのメリットをもたらします。

すべてのデザイン事務所がバナー広告の作成を得意としているわけではありません。ホームページから導入事例を閲覧し、作業実績が豊富な企業に依頼しましょう。

広告代理店

広告代理店は、実際にバナー広告を作成するわけではなく、広告代理店がホームページ制作会社やデザイン事務所を利用者へ紹介し、仲介手数料を得るかたちです。

広告代理店に依頼するメリットは、バナー広告の作成実績が豊富な企業を紹介してもらえる点です。希望納期や予算、バナーイメージなど自社の要望を正確に把握したうえで、依頼先の候補となる企業の提案を受けられます。

広告代理店利用のデメリットは、コストがかかることです。広告代理店への手数料と外注先への費用を払わなければならないためです。認識のズレが生じると手戻りによって、追加費用や納期遅延が起きる可能性が高まるため、注意しましょう。

フリーランスデザイナー

ホームページ制作会社やデザイン事務所が見つからない場合、フリーランスデザイナーへ依頼するのも1つの選択肢です。

フリーランスへ依頼するメリットは、コストを削減できる点です。フリーランスは1人または少人数のチームで作業を進めていくため、法人ほどディレクション費用がかかりません

作業実績が豊富な方に依頼すれば、相場以下の価格でかっこいいバナーデザインを入手できます。法人と異なり、日々の稼働時間は一定ではありません。

互いに信頼関係が構築されるまでは、週数回作業の進捗状況を確認する必要があります。ミスマッチを防ぐため、スキルチェックの場を設けましょう。

バナー広告作成を依頼する前に整理すること6つ

e78lg52E68Klf2G1682665145_1682665153

外注先へバナー広告作成を依頼する前に、以下の6つを整理しましょう。

  • バナー広告の種類
  • 課金方式
  • バナー広告の作成目的
  • ペルソナ
  • 掲載するメディア
  • RFPの作成

ポイントを1つひとつ解説します。

バナー広告の種類

バナー広告は「純広告型」と「運用型」に分けられます。

純広告型はWebサイト上部や下部など、高いクリック率が期待できる広告枠を買い取り、一定期間バナー広告を掲載できます。運用型に比べて優先的に広告が表示されるため、露出量増加による企業認知度向上やイメージアップが期待できます。

運用型は1日に割ける最大予算額を設定し、予算を超えないよう広告の出稿や表示停止を調整できます。消費者が広告をクリックして初めて費用が発生する仕組みです。

消費者に応じてバナー広告の掲載内容を変化させられるため、詳細なターゲティングに沿う広告運用が可能です。どちらが自社に合っているか、慎重に見極めましょう。

  純広告型 運用型
特徴 ・特定のメディアの広告枠を買い取り、一定期間広告を表示する
・Webサイトの右上やサイト上部など視認性が高い箇所に掲載する
・予算に合わせて広告の出稿や停止を調整できる
・消費者の属性に応じて配信内容を自由に設定できる
・消費者が広告をクリックして初めて費用が発生する
メリット ・費用を支払えば必ずバナー広告を掲載できる
・運用の手間がかからない
・企業認知度や商品認知度が高まる
・ブランディング確立につながる
・ランニングコストがかからない
・低予算からでも始められる
・特定のターゲットに向けた情報発信ができる
・効果測定をおこないやすい
デメリット ・まとまった費用が必要になる
・出向後に広告の内容を変更できない
・特定のニーズを狙った情報発信には向いていない
・予算の管理能力が求められる
・広告運用の経験や知識が求められる
・クリエイティブ制作に手間がかかる

課金方式

バナー広告の課金方式は以下4つに分けられます。

  • クリック課金方式
  • 成果報酬式
  • インプレッション課金方式
  • 期間保証方式

各課金方式により、料金相場や費用の発生形態などが異なるため、正確に理解することが重要です。各課金方式の特徴を下記の表にまとめました。

特徴料金相場
クリック課金方式 ・広告がクリックされると費用が発生
・広告に関心が高いユーザーを獲得
・一定数のコンバージョンとPV数を獲得可能
・費用の増大を避けるためクリック数の上限を設定
・広告が掲載されないリスクを考慮しており、比較的高めの単価設定
・競争相手が多いと、広告単価も高騰
10〜100円/1クリック
成果報酬方式 ・商品の購入やサービスの契約など、コンバージョン獲得時に費用が発生
・広告掲載には費用が発生しない仕組み
・コストパフォーマンスが比較的高い課金方式
・商品価格の20〜40%
・サブスクリプションサービスの場合、月額料金の3〜4カ月分
インプレッション課金方式 ・広告が表示されると費用が発生
・費用の増大を避けるため、インプレッション数の上限を設定
・広告掲載の時期や広告内容、入札額によっても単価は変動
・商品に興味のないユーザーに対しても費用が発生
0.5〜100円/1クリック
期間保証方式 ・一定期間広告掲載を保証してもらう代わりに、出稿前に料金を一括で支払う仕組み
・予算不足や広告の非表示への心配は不要
・クリック数やインプレッション数による価格変動も無し
・掲載期間が長くなるほど、費用は高騰
数十万円〜数千万円/1枠

バナー広告の作成目的

企業認知度向上やリピート率改善など、バナー広告の作成で達成したい目的を明確にすることが重要です。広告の作成目的が曖昧だと、広告の種類や課金方式でミスマッチが起きる可能性が高まります

新商品販売にあわせたバナー広告作成の検討を例にします。商品購入への意欲が高い消費者を多数獲得する目的を掲げた場合、純広告型の選択が一般的です。期間保証方式での支払いを選ぶと、予算不足や広告の非表示を心配する必要はありません。

年齢層や性別、行動特性など特定のターゲット層が決まっている場合は、運用型広告がおすすめです。目的を明確にすると、バナー広告の種類や課金方式が自然と絞られます。

ペルソナ

ペルソナとは、商品やサービスを販売したい架空の対象人物を設定することです。ターゲット層と異なり、居住地や年収、趣味など、ライフスタイルに関する内容まで決めます。ペルソナの設定例を以下にまとめました。

氏名 佐藤翔平
性別 男性
年齢 28歳
勤務先 電気部品を扱う専門商社
職業 ルートセールス
年収 400万円
居住地 千葉
家族構成 独身
休日の過ごし方 ・フットサル
・ゲーム
・旅行
・友人との会食
利用しているメディア ・LINE
・Twitter
・Instagram

ペルソナを設定するメリットは、ユーザー目線でニーズを把握できる点です。「どのような商品やサービスを求めているか」を常に考えながら開発を進めるため、訴求力の高い商品やサービスを開発できます

プロジェクトに携わるメンバーのイメージも共有でき、認識のズレによる手戻りを最小化できる点もプラスです。顧客ニーズを正確に汲み取った商品を販売できるよう、身近にいる人物をペルソナに設定しましょう。

掲載するメディア

純広告型のバナー広告の場合、以下4種類のメディアにバナー広告を出稿できます。各メディアの特徴を理解し、出稿先を決めましょう。

  • Google広告
  • Yahoo!広告
  • LINE広告
  • Facebook・Instagram広告

Google広告はGmailやYouTube、個人ブログなどへ掲載できます、バナーサイズが豊富な点、効果的な集客ができる点がメリットとして挙げられます。

Yahoo!広告はYahoo!ニュースや食べログなど、大手ポータルサイトへの掲載できます。Google広告とメリットは似ているため、併用は避けましょう。

LINE広告はLINEの画面内に広告を掲載するかたちです。LINEは月間9,400万人が利用しており、幅広い世代への情報発信を期待できます。

Facebook・Instagram広告は、1日100円から出稿できます。同じ管理画面からの出稿にも対応しています。

RFPの作成

バナー広告の作成を外注先へ依頼する前にRFPを作成しましょう。RFP(Request for Proposal)とは、自社の要望をまとめた提案書です。RFPに記載する主な内容を下記にまとめました。

  • バナー広告作成に至った背景
  • デザインに関する要望
  • スケジュール
  • 予算
  • バナー広告の運用体制

RFPを提出するメリットは、外注先の候補となる企業とイメージの共有が図れる点です。自社の要望を正確に伝えられるため、認識のズレが原因によるトラブルの発生を防げます

外注先の候補となる企業から良質な提案が受けられる点も魅力です。RFPの完成度が高まるほど受けられる提案のレベルも高まるため、RFP作成に十分な時間を割きましょう。

まとめ

今回の記事では、かっこいいバナーデザインを制作するポイントや事例などを解説しました。

かっこいいバナーデザインを制作したいけど、自社にバナー作成のノウハウがない場合、外注がおすすめです。豊富なノウハウや実務経験を持つクリエイターに依頼すれば、自社の要望を正確に汲み取ったバナー広告の制作が望めます。

比較ビズを利用すると、必要事項を入力する2分程度でホームページ制作会社やデザイン事務所を探し出せます。資料請求や見積取得を無料でおこなえる点も魅力です。

バナー広告作成の依頼先を探している方は、外注先の検索に比較ビズをぜひご利用ください。

監修者の一言

バナーは、ウェブサイトやSNSページなどに訪問したユーザーに対して、そのサイトやページの特徴を印象付けたり、内容を端的に伝えるためにとても重要です。

「デザイン」は日々進化していますが、常に新しいことを学びながらも、基本的にはしっかり記事にも書かれている4つのコツを踏まえて、バナーをデザインすることで、よりかっこいいバナーを作ることができると思います。

サイトやページの特徴や内容を意識し、見やすい色、使用する写真、フォント、文字のサイズなどを的確に選択し、より印象的なデザインになるように目指して作っていきましょう。

また、真ん中よせや、幅を揃えてくれる機能がデフォルトで備わっているソフトウェアがありますが、実際に真ん中に見えるかどうかは別なので、最終的には自分の目とセンスを頼りにデザインすることも大切です。

Tech School for Change Makers
仲条高幸
監修者

ドイツのベルリン在住。『なかじょのプログラミング|メタバース入門』という登録者数2250人以上のYouTubeチャンネルを運営。Udemy講師としてプログラミングやメタバースに関する講座を出しており、受講生4000人以上。LINE API Expert としても月に一度活動中。TSfCM (Tech School for Change Makers)という社会変革をテクノロジーで起こすスクールも運営。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
ホームページ制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 名刺代わりにホームページがほしい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す