「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

seo対策に効果的な見出し作りのポイントとは?

公開日:2021年05月19日 最終更新日:2022年03月25日
株式会社WEBCOS
監修者
代表取締役 川浦 剛志
seo対策に効果的な見出し作りのポイントとは?

seo対策を効果的に進めていくためには、文章の質を高めることと同時に、Webを構成するタグを正確に付けていくことが欠かせません。この点で大きな影響力を持つのが見出しです。文章を読みやすくするという基本的な役割を果たすと共に、ページ構成という意味でも大事なタグとなります。そのため、見出しタグを上手に使えると、seo効果がぐっと上がるわけです。そこで、この要素のポイントを確認していきます。

見出しとは?

まず、そもそも見出しとは何を指すのか、どんな役割を担っているのかを考えることができます。ここでは、Webを構成するタグという観点だけでなく、一般的に文章の中で用いられる見出しについても考察します。

タグを使って小見出しを作る

ほとんどのサイトの記事は、文章を一つの塊にしているのではなく、いくつものブロックに分けて作られています。そのブロックを分ける標識とも言えるものが小見出しとなります。

それぞれのブロックの先頭に、大きめのフォントで独立して1行でまとめられていることが多いです。この小見出しは、Web上ではhタグを使って表示されます。hタグには数字が付けられていて、「h1」、「h2」、「h3」といった形で区別されることになります。

Webサイトではこのhタグを用いることによって、それが見出しとなり強調表示されます。そして、その次につながる文章は、小見出しに対応した説明が展開されるというわけです。通常見出しは複数設けられることが多く、内容が変わるところに設置されます。

文章の流れを示す

一般的な文章において見出しとは、主に文章の流れを示すために用いられます。起承転結の流れで作られている文章であれば、起のパートに一つの見出し、承のパートにもう一つの見出しというように、文の構成の中で流れが変わるところで見出しが付けられることになります。

そのため、文章の流れと見出しの付け方が良くできていると、見出しを見ていくだけで、その記事で何を言いたいのかの概要が分かります。こうしたことから、見出しをそのまま目次として使い、ページの上部に表示させているサイトも少なくありません。

こうした使い方にはメリットがあります。ユーザーがページを訪れた時に、すぐに目次を見て全体を把握できます。そして、目次のそれぞれの見出しをクリックすると、該当するパートに飛ぶことができて読みたい情報にすぐにアクセスできるわけです。

見出しにはこうした役割と使い方もありますので、ユーザーの利便性を高めることにつながります。パッとページ全体を見た時に、キレイに見出しで区切られていると見栄えも良いので、読みたいという思いを強める助けともなります。

強調したい点を取り上げる

見出しは多くの場合、文章の要点となるワードを盛り込んで作ります。そのため、記事の中で強調したいことを見出しで表現することができます。

それにより、ページを訪問したユーザーを惹きつけ、離脱を防ぐのに役立ちます。見出しを見ることで興味を惹かれるポイントを発見して、記事の中身をじっくりと読んでみようという気持ちになるからです。

こうした役割を上手に活用するためにも、見出しには要点をしっかりと盛り込むことが重要です。そして、単に事実を述べるだけでなく、分かりやすく目を惹く内容にするということもポイントとなります。

seo対策で見出しタグが重要な理由

文章として見出しが重要なことは理解できましたが、seo対策としても重要度が高いものであるという認識を持つ必要があります。それにより、seo対策として効果的な見出しの作り方、設置の仕方を習得できるからです。

検索エンジンが文章の流れを理解できる

検索エンジンがそれぞれのサイトの評価をする時、文章の内容と質をチェックして判定をします。とはいえ、すべてのテキストを読み込んでいくのは膨大な作業となってしまいます。

そこで、効率的にクロールをするために、タイトルと見出しタグが付いている部分を重点的にチェックすることから始めます。これにより、その記事で伝えたいことの大まかな流れと、要点となる考えを確認するのです。

いわば、見出しタグは検索アルゴリズムに対して、この記事ではこんなことを伝えていますということを、箇条書きにして提出しているようなものです。そのため、見出しタグが記事全体の流れとマッチしていて、正確に設置されていると、検索エンジンは優良なサイトであるという判定を下します。

ユーザーにとって読みやすいページとなる

seo対策ではユーザーにとって有益な情報を分かりやすく伝えるということが、とても大きなポイントになります。それが、検索アルゴリズムが重視してチェックしている点だからです。

その点で見出しは、長い記事を見やすく区切って、話の流れを明確にするために欠かせない役割を果たします。そのため、上手な見出し付けはユーザーが楽に記事を読み込んでいく助けとなるのです。

文章と文章のつながり方を理解するのにも役立ちますので、全体の中で読んでいる文章がどのように関係しているのかを把握できるからです。また、体裁という面でも役立ちます。

一般的にユーザーは文字が長々と羅列している状態だと、読む気を失ってサイトを離脱してしまいます。そこで、適切な間隔で見出しを設けることによって、スッキリと記事を構築することができ、読み進む意欲を持たせられるのです。

結果としてユーザーの利益となる作り方ができますので、検索エンジンとしても高評価を出します。そして、実際に訪問したユーザーの満足度も上がるというわけです。

意味のある見出しを作るためのポイント

見出しを付けること自体にもseo効果はありますが、やはり意味のある付け方をしないと、その効果は限定的です。そのため、seo対策として優れた見出しの作り方を知ることは、サイトをより魅力的にするために欠かせない要素となります。

伝えたいことがすぐに理解できる

今まで見てきたように、見出しは記事の中で伝えたいことを表現する機能を果たします。そのため、見出しを見るだけで文章全体の流れや、主な要点が分かるかをチェックしましょう。

前述したように、見出しをそのまま目次にするのは効果的なサイト構成の仕方です。作った見出しをそのまま目次として転用して、読者が惹きつけられるか、理解できるかということも考えると見出しの良し悪しが分かります。

シンプルで簡単なワードを選ぶ

伝えたいことを理解してもらうためには、シンプルなワードがカギとなります。いろいろな考えや単語を詰め込むのではなく、できるだけシンプルにまとめることによって瞬時の理解を促すことができるからです。

同時に、簡単なワードを選択するというのもポイントです。文章の中では専門用語を使って細かく説明しているとしても、見出しでは誰が見ても理解できる単語を選びましょう。

こうすることで、サイトを訪れたユーザーが理解しやすい記事だと感じることができて、そのまま読み進めてくれるようになります。読み手の考え方をイメージしながら、どんな言葉だとすぐに理解できて、読みたいと思うようになるのかを考えることがカギと言えます。

全体の流れに調和している

どのように文章の組み立てをするかによって異なりますが、見出しは文章全体の流れに沿うようにして作っていくのが一般的です。今まで述べてきた話と全く違うテーマを急に入れたり、逆のことを見出しとして取り上げたりするとユーザーは混乱します。

また、大見出しと小見出し、タグでは「h2」と「h3」を使う時には、必ず大見出しを置いてから小見出しを設置することになります。そして、小見出しは大見出しを補完したり、深掘りしたりする内容のものとすべきです。

全体の流れにマッチした見出しが付けられていると、ユーザーは記事を読んでいる時にスムーズに理解を深めていけます。また、記事制作を外注する際に見出しを指定する場合も、見出しによって全体の流れが分かりやすく作られていると、自然で無理のない記事構成に仕上げられます。

読み手を意識した見出しにする

同じ意味でも年齢やエリアによって使われるワードが異なることがあります。たとえば、年齢によって「パンツ」と「ズボン」の意味の捉え方が変わってくることがあります。また、地域によって「紫蘇」と「大葉」と呼び方が変わるものも多くあります。

サイトを作る際には、事前準備としてターゲティングをしているはずです。年齢や性別、場合によってはエリアを限定することもあるでしょう。こうした要素に合わせて、読み手がどんな言葉を用いるかを考えて見出し語として選ぶことが重要です。

また、表現の仕方にも注意します。少し硬めで専門的な説明を望んでいるユーザーが多いようであれば、端的に要点を伝える見出しにして論理的な順序で見出しを作っていくのが効果的です。

芸能ニュースといったトピックスをメインにしているのであれば、センセーショナルな話題を好むユーザーが多いので、PR効果の強めの表現を用います。このように、語調を変えることでも見出しによる効果にバリエーションを加えられるのです。

見出しタグについての注意点

見出しの中身とは別に、Web制作をする時のタグ付けでもいくつかの注意点があります。これを間違うと正しく表示されなかったり、seo対策がうまく行かなかったりします。そのため、ルールを正しく覚えて使うようにしましょう。

指定されたタグを使う

大原則として、見出しにはhタグが指定されていますので、見出しに当たる部分を使用しましょう。単に強調や文字を大きくするための別のタグを流用することがないようにします。

また、hタグはh1からh6までの階層が指定されています。h1はページ全体のタイトルもしくはテーマとなる大見出しで、数字が大きくなるにつれて見出しのカテゴリーが小さくなります。

主に使われるのはh2とh3です。記事内の章ごとに付けるのがh2タグとなり、そのまま目次を構成することができます。その下にh3タグが付き、上の階層の詳しい説明をしていくイメージで使います。

それぞれのタグに意味がありますので、正しく対応させて使うようにしましょう。単に文字の大きさによって決めるわけではなく、役割に応じて設置するという原則を外してはいけません。

順番も決まっている

上記のようにhタグには数字で割り振られた異なるタグが存在します。これらには使用する順番もありますので、適当に付けることがないようにしましょう。

たとえば、h2タグの下の階層としてh3タグを付けることになります。そのため、いきなりh3タグが出てくると、唐突な感じがして整合性が取れませんので避けるべきです。

大まかな考えを示して、その下にさらに詳細情報を加えるという時に、下の階層のタグを付けていくことになります。そのため、強調したい見出しだからと言って、h3タグの下にh2を持ってくるようなことはしない方が良いです。

こうしたタグの順番を適当に行うと、見た目上は目を惹くこともあるかもしれませんが、seo対策という面ではふさわしくありません。正しいタグ付けをしていないと、評価が下がる原因となりますのでやめた方が良いのです。

見出しの作り方で避けるべきこと

基本的なルールとは別に、見出しを作ったりタグを貼ったりする時に注意したいポイントがいくつかあります。下記のようなことをしてしまうと、読みづらい記事となってユーザーが苦労したり、seo効果が下がってしまったりする原因となります。

見出しタグの乱発

見出しは文章の要点となる考えを浮き上がらせる役割を果たします。しかし、だからといってやたらと見出しを作って、記事内に乱発するようなことはしない方が良いです。

見出しばかりが目立って、見出し下の文章が少なく貧弱な内容の記事となってしまうからです。本来の文章がしっかりと作られていない、情報量が少ないと判断されて検索エンジンからの評価が下げられてしまう原因となりえます。

さらに、ユーザーとしても見出しばかりがあって肝心の文章が少ないと、満足度が下がりますし読みづらい記事と見ます。いくつの見出しを入れるかということについて明確な基準はありませんが、しっかりとそれぞれの見出しで情報量を確保して、十分な説明ができるようにすることが重要です。

キーワードがいくつも入っている

seo対策においてはキーワードを選定して、それを適切に強調することがカギとなります。そのためキーワードは見出しやタイトルの中に必ず置くようにします。

しかし、だからといってキーワードを不自然なほどたくさん、また繰り返し見出しの中に入れるのはかえって逆効果です。不自然な表現となってしますので、読者が違和感を覚えることになります。

seoという観点からもキーワードの整理がしっかりとされておらず、見出しにいくつもの考えが入っているということで、評価を上げることにはつながりません。ユーザーの離脱が増える原因となり、サイトの質が低いと判断されてしまうことにつながるリスクもあります。

こうしたことから、各見出しにはキーワードは一つだけにして、せいぜい保管するためのサブワードを一緒に付けるくらいに留めておきましょう。こうすることで、そのパートで強調したい点がはっきりして理解度が深まります。

やたらと長い

見出しは一文もしくは要点のみの簡単で短いものにしましょう。長々と見出しを作ると、納まりが悪くなって見栄えが悪くなります。それだけでなく、読者が不必要に見出しを読むことになって、時間と手間が取られてしまいます。

こうした問題はユーザーに飽きを生んで、すぐにサイトから離脱するという行動につながることになります。ページの表示状況を見て、折り返しがなく1行で収まる程度にまとめるようにしましょう。

見出しをそのまま目次に使う場合には、余計に適度な長さを意識するようにしましょう。長々と目次が書かれていると見づらくなりますし、読者が読む気を失ってしまうからです。

もし見出しが長くなってしまうと感じるのであれば、それはその見出し下にいくつもの要点が含まれているからです。見出しの構成そのものをより短くして、一つの見出しではなく二つの見出しにして文章を分けると良いでしょう。

見出しを作る時に覚えておきたいこと

見出しを作る際の基本的なルールや避けるべきことを覚えれば、seo効果のある記事を作ることができます。こうしたポイントに加えて、実際にサイト制作をしていると生じやすい疑問点を考慮してみましょう。より実践的な記事作りをするのに役立ちます。

テキストではなく画像を見出しにするメリットデメリット

見出しのhタグの下にはテキストだけでなく、画像を置くこともできます。写真やイラストを入れることで、それぞれの文章パートに視覚効果を持たせるという役割があり、見栄えの良い記事に仕上がります。そのため、好んでこの方法を採る制作者もいます。

しかし、この画像を見出し代わりにするという方法は、少なくてもseo対策という観点からは良い策とは言えません。というのも、検索アルゴリズムでは見出しタグのテキストから、キーワードや記事の骨子を把握しているからです。

見出しタグの下にテキストがないと判断材料がなく、適切なクロールができなくなってしまいます。その結果せっかく選定したキーワードの効果が薄れてしまい、検索結果に反映させるのは難しくなります。

こうしたことから、seo対策を上手に行うためにはhタグの下にはテキストで見出しを作るのが最も効果的だと言えるでしょう。画像を置きたいのであれば、見出しをテキストで作って、その直下に文章の始まりとして画像を置くのが効果的です。

どうしてもhタグの中に画像を入れたいということもあるかもしれません。その場合は、必ず画像を貼るタグの中で「alt」タグを使って、画像の説明をテキストで加えるようにします。

こうすれば、ある程度見出しテキストと同じように、検索エンジンが内容を把握できるようになるからです。altタグで記述する説明は見出しと同じようにシンプルで、画像と文章の内容を的確に説明できるものとすべきです。

改行は入れない方が良い

文の見栄えを狙って見出しの中に改行を入れたいと思うことも出てくるかもしれません。seo対策という面で言うと、特に改行タグを入れたからといってペナルティーが与えられるということはありません。

そのため、改行を入れないと分かりづらいタイトルになってしまうとか、詩的な表現をするためにどうしても折り返さないといけないという場合には可能です。とはいえ、基本はシンプルな見出しにするのが一番です。

こうしたことから、できるだけ短い文に収めるようにして、そもそも改行を入れなくても済むように表現を考えるのがベストです。その方が、見出しで余計なスペースを取られませんし、見た目上もすっきりして体裁が良くなります。

h1は一回だけ

hタグは数字が高いものの方が重要度が高い考えであると判断されます。そのため、検索アルゴリズムでは、h3タグよりもh2タグに含まれているキーワードの方を重視し、記事の骨子となる表現が含まれていると判断しています。

そこで浮かんでくる疑問として、各章のテーマとなるタグとしてh1タグを使って、記事全体で繰り返したら良いのではないかということがあります。しかし、これは結論から言うとおすすめできません。

検索エンジンが定めるルールでは、h1タグがいくつも出てきたとしても問題となること自体はありません。しかし、そもそもh1タグというのは、記事全体のテーマとかタイトルとして使うためのものです。

こうしたことを考えると、h1タグは1ページで1個のみ使えると考える方が自然です。タグにはそれぞれの与えられた機能と役割というものがありますので、それをその通り用いることで見やすく自然な構成となるのです。

フォントサイズの変更には注意

見出しフォントのサイズを変えて、記事全体のバランスを良くする、見出しを強調したいという場合もあります。これは、特に問題ありません。

ただし、単に特定の分を強調したいという理由だけでフォント指定をした見出しタグを使わないようにしましょう。また、見出しタグでフォントサイズを指定したら、他の場所でも同じサイズにしてそれぞれのパートでフォントサイズを変えることはしません。

そして、見出し内のフォントサイズの指定はCSSを使って行うのが自然です。それにより不自然な表記がなくなりますし、検索アルゴリズムによるクロールにも問題が生じません。

見出しの流れの決め方

見出しの流れをどのように決めるか、というのは記事制作者の悩みどころです。というのも、Web記事の流れにはいくつものパターンがあるからです。

たとえば、一般的な文章でも多く用いられる「起承転結」です。多くの読者にとって慣れている構成で、読みやすく自然な感じがするというメリットがあります。

ネットユーザーはサイトで情報を集める時、すぐに結論を求める傾向が強いです。そのため、いきなり結論から入り、後にその結論に至る説明を加えていくという流れも考えられます。

両者のミックスで、よくある問題提起だけして、すぐに結論に行くという流れを取ることも可能です。その後、結論を裏付ける論理を展開していきます。

それぞれのサイトの特性やユーザーの傾向によって判断すると良いでしょう。どちらにしても、明確な文の流れがあると論理的で分かりやすい説明ができます。

まとめ

見出しというのはサイトの中で、文を読みやすくしたりWebの構成を正確にしたりするために役立ちます。seo対策という観点からも非常に重要な要素となります。上手に活用することで、ユーザーの満足度とアクセスを向上させるのに貢献してくれるのです。

そのため、見出しを作る時にはユーザーのことを強く意識して、シンプルで要点を突いた表現を用いるようにしましょう。そして、コーディング上のルールをきちんと理解して、正確にタグ付けをしていくことも必要です。丁寧に制作作業を行い、質の高いサイト作りを心がけましょう。

監修者の一言

見出し構成は基本的なSEO内部対策です。今回の記事のようにしっかりとした構造になっていなければマイナスになる、というものでもありません。しかしながら、仮に同じ記事コンテンツがあったとすると、構造が最適化されたコンテンツのほうが評価は上がると考えられます。

また、見出し構成の最適化はアクセスアップのための方法という側面もありますが、視覚障害を持った方が音声ブラウザを使用する場合や、ホームページの内容を音声で読み上げさせたい場合などでは、見出し部分が強調されゆっくりと読み上げたり、見出しリストだけを抜き出して読み上げたりとウェブアクセシビリティの面でもより親切になります。

ユーザビリティを意識したコンテンツづくりとそうでないコンテンツ、どちらが検索エンジンに評価をされやすいのかは一目瞭然。ひと手間をかけることで、ユーザーのためにもなるわかりやすいコンテンツづくりを心がけてみると良いでしょう。

株式会社WEBCOS
代表取締役 川浦 剛志
監修者

群馬県出身。Googleデジタルマーケティング認定資格保有。飲食業界の現場と役職経験を経て、2012年不動産業界に転身。東京都内の高級賃貸会社Modern Standard(現:RENOSY PLUS)にて、SEO対策を中心としたWEB集客・マーケティング・戦略構築の実務担当・責任者を経て、2019年にITの街東京都渋谷区にてWEBCOSを設立。これまで中小企業から上場会社まで幅広い規模のウェブサイトのサポートを行なってきた経験を通して、日本全国の中小企業を中心に再現性の高いSEO対策、ホームページ制作、システム開発からITツールを活用した業務効率化を支援している。

SEO対策(検索エンジン最適化)を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す