ADR(裁判外紛争解決手続)に強いおすすめの社労士を比較、一括見積もりするなら「比較ビズ」

社会保険労務士

ADR(裁判外紛争解決手続)
一括見積もりで比較して探す

ADR(裁判外紛争解決手続)に強い社労士を一覧から比較・一括見積もりできます。ADRは日本語だと裁判外紛争解決手続で、訴訟にしない紛争解決方法のことですが、サービス残業や時間外の長時間労働による過労死などが問題になり、訴訟になると言ったニュースもよく見ます。大企業だけがニュースになっていますが、中小企業でもいつ訴訟を起こされてもおかしくありません。訴訟を起こされると費用も時間もかなりかかりますので、円満に解決するために専門家に依頼することをオススメします。同業界での裁判経験が豊富な社労士に依頼すれば心強いでしょう。

社会保険労務士

ADR(裁判外紛争解決手続)について

ADRは法的トラブルについて、裁判を起こすのではなく、当事者以外の第三者に関わってもらいながら解決を図るのがADRです。「未払残業」「サービス残業」などが取り沙汰される昨今、いつ社員の方が訴訟を起こすかはわかりません。ADRには手続きなども様々あり、費用もまちまちです。豊富な知識と経験がある「社会保険労務士」に相談をしておき、事例などを把握しておけば労使交渉なども怖くありません。是非ご相談ください。

ADR(裁判外紛争解決手続)に強い社労士探しで、こんな悩みはありませんか?

  • ADRに強い社労士を探している
  • 社員に訴訟を起こされたので一緒に対応してほしい
  • 社員と揉めてしまったので相談に乗ってほしい
  • 格安で裁判外紛争解決手続を行ってほしい
  • トラブルが発生したので円満に解決してほしい
  • 揉めた相手と顔を合わせないように解決したい

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

ADR(裁判外紛争解決手続)に強い社労士を一覧から比較して探す

ADR(裁判外紛争解決手続)をお考えの方へ!ADR(裁判外紛争解決手続)に強い社労士を一覧から得意業務や得意業界、費用や実績など様々な条件で比較して絞り込むことができます。一社一社直接お問い合せをしたり、選択した企業にまとめてお問い合せをすることができ、完全無料でご利用頂くことができます。

60件中1〜10件を表示中
あっせん手続き[被申請人]の料金例.(円)
あっせん手続きに関する相談料金例.(円)
事務所特色
開業年.(年)
得意業界
商品名・会社名 評価点数 関連コンテンツ あっせん手続き[被申請人]の料金例.(円)あっせん手続きに関する相談料金例.(円)事務所特色開業年.(年)得意業界 お問い合わせ
実績順  人気順  価格順 
ドラフト労務管理事務所

ADR(裁判外紛争解決手続)

裁判に頼らない解決方法。お気軽にご相談ください!

ドラフト労務管理事務所
大阪府大阪市東成区中道3丁目15番16号 毎日東ビル4階
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 問題を解決する設計図(ドラフト)を提案
  • 関西弁で親しみやすく丁寧に対応する事務所
  • yahoo知恵袋・教えて!goo 認定専門家などを歴任
  • こまめな対応
  • 製造業
  • 情報通信業
  • 金融・保険業
社会保険労務士杉原事務所

ADR(裁判外紛争解決手続)

労務トラブル対応の豊富な経験と実績があります。

社会保険労務士杉原事務所
岐阜県大垣市北方町1-1165-1
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
おすすめ
  • 社労士顧問先300社・人事コンサル10社の実績あり
  • 労務トラブルの円満解決や社員のモチベーションを高めるコンサルを行う
  • それぞれのお客様にあった最善策を提案
  • ノウハウが充実
  • 1994年
  • 全般
sh法務労務FPオフィス

ADR(裁判外紛争解決手続)

お互い納得した形での解決を、早期に実現することをサポートします。

sh法務労務FPオフィス
神奈川県横浜市港南区港南2-17-56-314
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 社会保険労務士・行政書士のダブルライセンスを生かして対応
  • 今以上の事業の発展を目指す経営者様のサポートを行う
  • 年金・ライフプラン等従業員様へのアドバイスも対応可能
  • こまめな対応
  • 運輸業
  • サービス業
  • 小売業
はるか社会保険労務士事務所

ADR(裁判外紛争解決手続)

個別労使トラブルが増加しています。早期解決のため尽力します。

はるか社会保険労務士事務所
神奈川県横浜市都筑区加賀原1丁目14-9
実績 ☆
人気 ☆
価格 20000円
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
おすすめ
  • 労務リスクを抑えて、事業に集中できる環境を提供します
  • きめ細かくスピーディーな案件対応が可能
  • 1000人規模の給与計算可能
  • 100000円
  • 20000円
  • こまめな対応
  • 製造業
  • 情報通信業
  • 全般
石野社会保険労務士事務所

ADR(裁判外紛争解決手続)に関する相談や対応(成立手数料は解決額の5%)

ご依頼主様のご要望を最大限に反映できるよう、責任感と誠意を持って業務に取り組み、柔軟かつスピーディーな対応を心掛けております。

石野社会保険労務士事務所
愛知県名古屋市港区小碓2丁目220番地
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
おすすめ
  • 業務内容や業務量に応じた報酬金額の設定
  • 様々な業務実績に基づいた丁寧・確実な各種実務手続き
  • 誠意と責任感を第一に柔軟かつスピーディーな業務対応
  • 若い先生
  • 対応が早い
  • 責任感が強い
  • 2012年
  • 全般
佐野社会保険労務士・行政書士事務所
東京都渋谷区渋谷 2-7-13 大一ビル2C 03-6892-1215
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 幅広い法律知識と実務経験に基づき問題に対処
  • 労使双方の立場から人の気持ちに配慮した血の通った解決策を提案
  • 社会保険労務士・行政書士・ビジネス法務エキスパートの資格を持つ
  • ノウハウが充実
  • 全般
社会保険労務士丹治事務所

労使トラブルあっせん代理

個別労使トラブルが増加しています

社会保険労務士丹治事務所
福島県福島市北五老内町1-3福島法曹ビル3F 024-535-7078
実績 ☆
人気 ☆
価格 20000円
おすすめ
  • 御社が働く人にも経営者にとってもよりよい環境であるよう尽力
  • 経営者のみなさまの身近なパートナーとしてフルサポート
  • 福島市を中心に約60社の顧問を行う
  • 50000円
  • 20000円
  • ノウハウが充実
  • 1977年
  • 全般
社会保険労務士法人ベスト・パートナーズ

労務トラブル事例紹介(労使トラブルあっせん代理)

労使トラブルが増加、これを防ぐにはまず事例を知ることが大切です。

社会保険労務士法人ベスト・パートナーズ
大阪府大阪市北区西天満5丁目10番17号 西天満パークビル4階 06-6367-7895
実績 ☆
人気 ☆
価格 20000円
おすすめ
  • 企業の皆様のニーズにいち早く的確に対応
  • 企業の更なる発展のため全力サポート
  • 全国どこへでも足を運びクライアントの要望に対応
  • 50000円
  • 20000円
  • ノウハウが充実
  • 2008年
  • サービス業
  • その他
  • 全般
東京法務会計センター 原総合経営事務所
東京都北区王子2-15-8MYSビル3階 03-5902-7716
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
おすすめ
  • 法務・総務・経理を含めた総合コンサル顧問としても尽力
  • 様々な起業形態・どのような法人設立にも対応
  • IT化に関するアウトソーシングを支援
  • ノウハウが充実
  • 2000年
  • 全般
ひらの社会保険労務士事務所

労使トラブルあっせん代理

個別労使トラブルが増加しています

ひらの社会保険労務士事務所
岡山県岡山市中区浜604-3トラストビル602
実績 ☆
人気 ☆
価格 20000円
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
  • 50000円
  • 20000円
  • ノウハウが充実
  • 2009年
  • 全般

ADR(裁判外紛争解決手続)とは

ADRとは、どのような意味の略でしょうか。日本語では裁判外紛争解決手続といい、英語でAlternative Dispute Resolutionの略のことを指します。これはなにかというと訴訟にしない紛争解決方法の事です。その概要を見ていくことにしましょう。

裁判外紛争解決手続(ADR;Alternative Dispute Resolution)とは、 訴訟に比べてどんなメリットあるのでしょうか。訴訟の場合は、長く期間もかかりますし費用も掛かります。少なくとも数か月から何年にもわたって訴訟を行わなくてはなりません。それに比べてこのADRは裁判所を介さないため短時間で解決することができ、弁護士を雇っての訴訟よりも費用が比較的安価な社会保険労務士でも対応できることでしょう。

またこれは一般に交渉、仲裁、調停ともいわれ訴訟にならなくてもここで決まったものは訴訟の判決と同じ効力を持つので、拘束力的にも有効です。例えば中小企業でも会社の経営側と従業員の間での賃金のもめ事や労働条件や解雇など、ADRで解決できる事柄は意外とあるものです。

当事者間でのもめ事でも話し合いや交渉で円満に解決が促進されるように特定社会保険労務士が世話をするのです。 労働については各都道府県にある労働局でもこのような調整委員会がありあっせんと呼ばれる解決の話し合いを行っています。 このあっせんは当日1日限りで非公開で行われるもので、費用も自分自身が参加する場合には無料ですが、このあっせんを社会保険労務士などに委託することも可能です。(代行の報酬は必要となります)

この方法は当事者たちを交互に部屋に呼んで、それぞれの事情を聴いて円満に解決しようとするもので双方が顔を合わせることはないように配慮されています。いわゆる調停のようなもので双方が納得すれば民事と同じ判決の効力をもつ解決文がなされますが、双方が納得しない場合にはまた訴訟などの次のステージに進むことになります。この前の段階で特定社会保険労務士はあっせんの代理人を務めることができますので、依頼すれば訴訟にならずに解決することもできるのです。

特定社会保険労務士は紛争解決手続代理の事務や紛争解決手続について相談にのれるほか、手続の開始から解決までの和解交渉の手続きまでを行うことができます。

一般的なADR(裁判外紛争解決手続)の流れ

  • ADRを利用したい人がADR指定機関に申し立て

    利用したい人はADR機関に申し立て(これは代理であれば特定社会保険労務士が 行います。)をし、ADR機関が相手方に連絡とります。相手方が受ければあっせんや調停が始まりますが、ADRで解決できそうにない案件や相手が拒否する場合には不成立となります。

  • あっせん人、仲裁人、調停委員などの決定と開始

    この場合では当事者同志が合意すれば成立ですが、拒否した場合は不成立となります。ただし不成立になったからといってがっかりすることはありません。専門家の意見としてはじっくりと様子を見て取り組んできているのでこの後、訴訟になったとしても裁判所は和解をメインに話を持っていくことも多く行われています。引き続き交渉などでお互いの代理人もしくは当人(相手方が)がそのような姿勢で何とか解決する気持ちがあれば、通常訴訟にならずに解決することもあります。

社会保険労務士の選び方

裁判外紛争解決手続を社会保険労務士へ依頼する場合の選択ポイントをお伝えします。会社と労働者の間で紛争が発生した場合、様々な解決方法があるのですができれば訴訟などは控えていきたいものです。ADR/裁判外紛争解決手続を社会保険労務士へ依頼するには、様々なポイントがあります。

  • あっせんや紛争の調整に慣れている特定社会保険労務士を選ぶ

    トラブルの当事者の会社と労働者の間に、特定社会保険労務士が紛争を収めてくれるためにも、経験や実績がものをいう紛争に慣れている社会保険労務士を選びましょう。

  • 企業イメージを損ねずに非公開でできることを活用

    企業イメージや時間を取られずに行われるのでプライバシーでも安心です。きちんと業務に支障なく進められる社会保険労務士を選びましょう。無料で自分で手続きできるということもあり、容易にやろうという人もいるかもしれませんが法律の知識があったほうが交渉はもちろん優位に進められます。相手が専門家であればなおさら太刀打ちできない不利な立場になってしまうこともあります。特定社会保険労務士の力を借りれば円満に内容によっては民法上の和解契約の効力を得ることができます。

    たとえ合意に至らずとも情報を得ることができる、次の作戦を考えられるという利点がありますので専門家に委託したほうがスムーズに進むのは間違いありません。専門家である特定社会保険労務士などはこのような労働紛争は多く経験していることが多いものです。時間を最小限に抑えて最大のメリットを生かすことも可能なのです。特に営業を営みながら紛争をするのはとても大変なものです。

  • 弁護士より社会保険労務士を選ぼう

    迅速、適正かつ3回以内の期日で迅速に進むことも当事者にとってはありがたいところです。合意に至らない場合には2週間以内に異議の申し立てをすれば訴訟へと移行することとなりますが、案件内容によっては相手も訴訟を避けたいこともあれば数回の話合いで済むことも少なくありません。職場のトラブルは、ADR/裁判外紛争解決手続でまずは社会保険労務士に依頼するのが近道かと思います。訴訟になる場合の費用も弁護士より安いので、中小企業や個人経営の場合には最適でしょう。中には訴訟走っているけれどADRの存在を知らない人が割と多いということで、実は訴訟しなくてもよかったのに無駄な時間とお金をかけてしまったということもあるようです。知っていると知らないでは大きく異なりますので、本当はもう少し早く解決できたのに、という事にならないように知識を学んでおくことはとても大切です。

ADR(裁判外紛争解決手続)の料金相場

報酬の平均的な額は着手金2〜3万円で、成功報酬は解決金額の数%と安価なのが特徴ですが、内容によって金額も変わります。目安をお伝えしておきましょう。 またADRは個別事案で金額は異なるため成功報酬の場合も着手金と両方流動的となります。解決した金額の何%かというのがスタンダードな感じです。

ADR(裁判外紛争解決手続)のよくある質問

  • ADRの種類にはあっせん、調停、仲裁があるようですがどう違うのですか

    ADRはそれぞれに呼び名が違っていますが仲介する立会人が調停人だったりあっせん人だったり、仲裁人だったりする形となり実質でやっている交渉はほとんど変わりがありません。しかしすべて特定社会保険労務士に任せれば大丈夫なので、一番コストパフォーマンスと成功しやすい方法を選んでもらえればよいと思います。ただし、仲裁判断は裁判の判決と同じになりここででたものを無視することができない違いはあります。調停の場合は調停人が示した解決案を拒否することができるのと異なる部分です。あっせんの場合もあっせん人が解決案を提示する事もあるが拒否することができる特徴もあります。機関によってADRの呼称は異なっていて「あっせん」であっても内容は「調停」なこともあるので社会保険労務士に確認したほうが良いでしょう。

  • ADRの代理人が認められている専門家はどんな人たちですか

    ADR機関に対する申立書類の作成を業として行えるのが弁護士や司法書士で、ほかにも弁理士、社会保険労務士、土地家屋調査士弁護士などが代理でADRを進められます。

  • 労働審判制度とはなんですか

    労働者と事業主との間に生じた「個別労働関係紛争」を労働審判委員会が、当事者の申し立てにより、調停の、労働審判を行うことです。

  • 国民生活センタ―からも紹介できると聞いたのですが

    国民生活センターの紛争解決委員会は重要な消費者紛争にかかわるものは和解や仲裁の業務紹介を行っています。これが労働問題と絡んでいる場合にはまた別ですので、注意してください。ただし従業員や経営者の関係であっても消費者生活上のトラブルに絡むものであれば申請できることもありますがまずは、代理人の社会保険労務士に相談するなり状況の確認をしてもらったうえで該当するかどうかを判断したほうが良いでしょう。

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら