決算・確定申告の料金相場と、税理士・会計士の選び方のポイント「比較ビズ」

決算・確定申告の料金相場と、税理士・会計士の選び方のポイント

決算・確定申告の料金相場と、税理士・会計士の選び方のポイント

決算・確定申告の相場情報をまとめました。税理士・会計士に依頼した際の費用を知りたい、現在契約中の税理士・会計士の費用が適正か知りたい、という方は必見です。また無料で多くのに見積もりを取ることで、より正確な料金体系を把握することができます。

決算とは期間を決め、その時期の収益と費用を算定し(損益計算書)、会社の財務状況を明らかにする事(貸借対照表)この損益計算書と貸借対照表は一般的に「決算書」と呼ばれています。

所得税の確定申告については毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算し、申告・納税しなければなりません。この手続きのことを確定申告といいます。
確定申告では1年間に得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。したがって、確定申告は税金を計算し払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

個人事業主の場合はこの確定申告を2月16日〜3月15日までの期間に申告する必要があります。個人の方の確定申告に関しては「確定申告の料金相場と税理士の選び方とは」をご覧ください。

企業の現状把握が出来る

決算とは言わば企業の現状把握。企業の正確な業績や財務状況を知らなければ、舵取りは出来ません。 正しい決算に基づいた計画的な経営を進めていくことが、企業を発展させる鍵なのです。
また、経営者自身が決算書を読める、理解できるようになると、経営にとって大きなプラスになるのです。

変化の兆候を素早くつかめるようになる

決算数値は人間でいえば健康診断のようなものです。
決算数値を見ることで、会社が病気になりそうかどうかの兆候が見えるのです。
会社を発展させるためには、会社の状況を把握したうえで、状況に応じた手を打っていく必要があります。そして、状況を把握するためには月次決算は最高の武器になるのです。
月次決算で利益の状況がわかれば、期末までに様々な対策がとれます。

企業の信用力の掲示

例えば金融機関から借入をしたい場合、当然「決算書」が必要となります。
金融機関はこの「決算書」を見てこの会社の収益はいくらか、借入金返済能力があるか等を判断する借入の重要な資料にしているのです。
また既に借入れをしている場合、借入先の金融機関へ提出する場合もあります。

確定申告のメリット

所得税の申告対象期間は1月1日から12月31日までの1年間です。また、自分で申告した方は良くわかると思いますが、申告書は1年間の収入と様々な支出金額を集計し、そこから税金を算出して作成します。つまり、確定申告書はいわばその年、その年の「自分の決算書」にもなるのです。
申告書を毎年作成すれば、あたかも企業が決算をして、今期の成績はどうだったかを省みたり、それを基に次期の計画を立てるように、過去・現在・未来のファイナンシャルマネジメントに役立てることができます。

残高の確認

総勘定元帳より勘定科目の残高を確認する。

試算表の作成

残高より試算表を作成し、記帳ミスがないか確認する。

商品の棚卸

商品の棚卸、有価証券の評価替え、財産や債務の確認を行います。

減価償却、引当金、売上原価の算出

決算整理事項として、減価償却、引当金の設定、売上原価の算出等を行います。

清算表の作成

決算整理事項に基づいて、精算表を作成します。

貸借対照表、損益計算書を作成

貸借対照表、損益計算書を作成します。

決算報告

税務署に決算報告・確定申告を行います。

納税

確定した税金を納税します。

税理士を選ぶには「御社が何を重要とされているか?」で選ぶポイントが変わってきます。

税金や経理知識に関するノウハウや実績

決算が翌期以降の会社経営や資金繰りに及ぼす影響は決して小さいものではありません。
そして決算書は作っただけでは意味がありません。導き出した数値によって会社の状況を把握し今後の対策を練るといった用に活用できて初めて効果を発揮できるのです。
「決算書を作って終わり」とならないよう、なるべく豊富なノウハウや実績を持った税理士に依頼するのが決算活用の鍵と言えます。

信頼性や税理士の先生の人となり

決算・確定申告代行を依頼する際には、何よりも「間違いがなく、安心して任せられる」という点が非常に重要です。
決算・確定申告ではなどの多くの書類を扱い、会社の状況を逐一把握して書類を作成する必要があり、申告期限があったりと留意すべき事が多くあるため、これを「漏れなく確実に」行えるだけの信頼性、正確性は重要な要素になります。「安かろう悪かろう」では元も子もありません。

費用

「税理士にどこまで望むか?」と「いくらまでなら払えるか?」のバランスで決める必要があります。

その他の条件

「対応している会計ソフト」など条件によって出来る出来ないがありますので、事前に「これは必ずやって欲しい」という条件を決めておきましょう。

売上 従業員 参考相場 備考
年間売上3,000万円以下の企業 5人以下 18万円
年間売上7,000万円以下の企業 10人以下 25万円
年間売上1億円以下の企業 20人以下 30万円
年間売上3億円以下の企業 50人以下 36万円

必要事項に入力するだけですぐに終わる、簡単2分の無料一括問い合わせができます。
御社の条件にピッタリの税理士・会計士が見つかり、これでどの税理士・会計士にしようか迷うこともありません!

税理士・会計士の相場情報

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営11年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら