税理士に不満を感じるのはどういう時?不満点をまとめてみた

更新日:2018年07月27日 発注カテゴリ: 顧問税理士
税理士に不満を感じるのはどういう時?不満点をまとめてみた

顧問契約を結んでいる税理士に、不満を感じている経営者は多いようで、比較ビズでも日々たくさんの相談をいただいています。変更する理由は会社によって多少の違いはあるものの、ほとんど共通しています。 今回はそんな税理士へ不満に感じることをまとめてみました!経営者の方には共感するような不満もあるのではないかと思います。

関連する記事

税理士へ不満を感じること

  • 提案がない

    比較ビズのお問合せで最も多いのが「言われたことしかやらないから税理士を変更したい」といった内容でした。 記帳や申告の代理といった定型的な業務しか行わず、節税対策や経営のアドバイス、融資に有利な申告書類の作成など提案がなく、自分から質問しないと答えてくれないといった不満が多いようです。

  • 顧問料が高い

    相場を知らないまま契約して、あとあと調べてみると平均より顧問料が高くて、もっと安い事務所にお願いしたいといった場合が多いです。税理士報酬というのは明確な料金体系がないので「言い値」で顧問料を提示されてしまう場合があります。こういった問題を未然に防ぐためにも、どうしてその料金になるのかを詳細に聞いておく必要がありそうです。

  • 訪問が少ない

    通常は契約時に訪問回数などを決めておきますが、訪問をお願いしたら別途料金を徴収されたり、訪問があっても無資格の担当者が来るといった場合があります。契約前にしっかりと確認しておく必要がありそうですね。

  • 人柄が合わない

    人柄が合わないとは主に「高齢で話しかけづらい」「態度が高圧的で横柄」「説明が難しくわかりづらい」などの不満です。税理士の業界は平均年齢が高く60代が中心なので、若い経営者だと価値観が合わなかったり、コミュニケーションが上手く取れなかったりといった問題が起こる場合があります。

  • 仕事が遅い、ミスがある

    申告書類の作成が遅い、経費で計上できるのにミスがあり税金を余分に払うことになった等、仕事の質に不満を感じる人が多くいます。特に格安税理士と言われる、料金体系が相場より安い事務所では、こういったトラブルがあったりするので注意が必要です。

  • IT知識に疎い

    会社のIT化を積極的に提案してくれない、ITに関する質問をしても回答に時間が掛かるなどの不満があります。 最近ではブログでアフィリエイトやアドセンスを貼り付け副業をする方が多く、どこからどこまでが経費なのかは税理士によって解釈の仕方が分かれたりします。時代の流れと共に変化するIT分野では、比較的若い税理士事務所の方が知識があったりします。

まとめ

こういった不満や悩みを抱えないためにも、税理士と契約する前に時間をかけて色々比較する必要があります。比較ビズでは、年齢層や性別、得意業界など、様々な条件で税理士の先生を無料で比較できます。

比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら