助成金申請の料金相場と、社会保険労務士の選び方のポイント「比較ビズ」

助成金申請の料金相場と、社会保険労務士の選び方のポイント

助成金申請の相場情報をまとめました。社会保険労務士に依頼した際の費用を知りたい、現在契約中の社会保険労務士の費用が適正か知りたい、という方は必見です。また無料で多くのに見積もりを取ることで、より正確な料金体系を把握することができます。

助成金について最も多いご質問が、 「○○○万円ももらえるのに本当に返さなくていいの?」です。 確かに何百万円もの大金がもらえるなんて、そんなおいしい話はないと思われる気持ちも分かります。でも、これはちゃんとした権利なのです。返済する必要は全くありません 。

では、そんな助成金の財源は何でしょうか?答えは、会社が国に支払う「雇用保険料」です。雇用保険料と言うと、仕事を辞めたときにもらえる失業保険に使われていると思われがちですが、実はその一部は、この助成金にも使われているのです。

その額は、年間で約2,000億円〜3,000億円です。 雇用保険料を財源としているため、多くの助成金が人を雇い入れて雇用保険(労働保険)に加入することが条件になっています。 起業時(会社設立時)にもらえる助成金も労働保険に加入することを条件に支給されものがほとんどです。

起業される方もこれから国に雇用保険料を納めていくわけですから、 助成金をもらうことについて何も遠慮することはありません。 国としても起業する方を応援しているのです!起業する方が増えれば、その分雇用が増え、最終的には失業者の低下に繋がっていくわけですから・・・

助成金と似た制度で「補助金」というものがあります。基本的に助成金と補助金で大きな違いはありませんが、補助金は審査があり、認められないと受給することができません。詳しくは「助成金と補助金の違いを徹底解説」をご覧ください。

助成金は補助金と違い、受給条件に合致しているのであれば、必ず受給できるので、御社が対象に当てはまるのであれば、漏れなく申請しておくべきでしょう。

返金不要で返さなくても良い

もちろん、返済不要で資金がもらえるというのが一番に思い浮かぶでしょう。 助成金は公的融資と違い返済義務がないため、リスクを背負うことなく経営に必要な資金が得られ、社員教育や研究開発などの事業を推進することができます。

国からお墨付きをもらえ信用度UP

助成金の審査を通過すると言うことは、国の審査に通過したということであり、対外的な信用度が高まります。 他の助成金制度の審査のみならず、公的融資制度を利用する際にも有利になることがあります。
助成金をもらうためにある制度を導入したことが、従業員の福利厚生の向上や進んだ制度を取り入れた企業として、国からお墨つきをもらったということでもあるのです。

直接利益になるので数千万の売上に匹敵する

仮に200万円の助成金をもらったとします。 この200万円、よく考えてみると、“タダ”で貰ったお金=利益率100%の売上利益と見ることができます。
実際、経理処理でも収益として計上することから助成金は立派な利益なのです。 たとえば 200万円の助成金は売上利益(売上−売上原価)200万円で見ると、どれほど凄いものなのかお分かりいただけると思います。

・利益率50%の会社の場合、売上400万円必要
・利益率30%の会社の場合、売上670万円必要
・利益率20%の会社の場合、売上1,000万円必要

このように本来数百から数千万、人件費なども考えれば数千万の売上をあげる必要がある200万円という利益をノーリスクでもうらうことができます。

会社を見直す良い機会に

助成金を申請する際に、資金の使途や事業の方向性等の様々な書類を作成するので、あらためて会社の現状を把握したり、見直したり、よりよい事業計画を確立することができます。

子育て支援の充実など福利厚生を充実させて従業員満足UP

雇用系の助成金の多くは雇用支援や子育て支援など、従業員がより働きやすい環境を用意するための助成金が多く用意されています。これらを活用することで従業員満足度の高い職場を作ることが出来ます。

「じゃあ、助成金にはどんな種類があるの?」 助成金にはさまざまな種類があり、日々新しい助成金が始まったり、終ったりしており、大体3000以上の助成金が存在ます。その中で自社にあった助成金を探すのは至難の業ですが、そのうちの一部をご紹介します。

雇用系の助成金例

助成金の種類 助成金額例
特定求職困難者雇用開発助成金 90 万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
緊急就職支援者雇用開発助成金 45 万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
高年齢者雇用開発特別奨励金 90 万円(中小企業・所定労働時間30時間以上/週)など
試行雇用奨励金 試行雇用期間中、4万円/月
派遣労働者雇用安定化特別奨励金 100万円/人(中小企業) 50万円/人(大企業)など
若年者等正規雇用化特別奨励金 100万円/人(中小企業) 50万円/人(大企業)
受給資格者創業支援助成金 設立後3ヶ月以内に支払った経費の1/3(上限有り)
介護基盤人材確保助成金 1人当たり6ヶ月70万円(最大3人まで)
難治性疾患患者雇用開発助成金 135万円(中小企業・短時間労働者以外) など

雇用助成金は数ある助成金の中でも一番メジャーな助成金です。雇用助成金に関しての詳しいことは「新たに人を雇うともらえる雇用助成金とは?」でまとめていますので、こちらもチェックするようにしましょう。

創業系の助成金例

助成金の種類 助成金額例
受給資格者創業支援助成金 設立後3ヶ月以内に支払った経費の1/3(上限有り)
地域再生中小企業創業助成金 創業経費の1/3〜、30万円〜/人(最大100人まで)
介護基盤人材確保助成金 1人当たり6ヶ月70万円(最大3人まで)

雇用維持系の助成金例

助成金の種類 助成金額例
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金 休業した場合、休業手当相当額の4/5など
育児休業取得促進等助成金 経済的支援の額の3/4
障害者作業施設等助成金 支給対象費用 x2/3など
子育て期の短時間勤務支援コース 初めて支給対象労働者が生じた場合、〜100万円など

制度導入系の助成金例

助成金の種類 助成金額例
正社員転換制度奨励金 1人目40万円、2人目以降20万円/人 (最大10人まで)
中小企業定年引上げ等奨励金 企業規模、導入制度により10万円〜160万円
訓練等支援給付金・職業能力評価推進給付金 訓練実施費用の1/3〜、訓練期間中の賃金の1/3〜など
育児休業取得促進措置 経済的支援の額の3/4
中小企業子育て支援助成金 1人目:100万円、2人目から5人目まで:80万円

中高齢者系の助成金例

助成金の種類 助成金額例
特定求職困難者雇用開発助成金 90万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
緊急就職支援者雇用開発助成金 45万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
高年齢者雇用開発特別奨励金 90万円(中小企業・所定労働時間30時間以上/週)など
中小企業定年引上げ等奨励金 経済的支援の額の3/4
高年齢者等共同就業機会創出助成金 対象経費の1/2〜(最大500万円)

※これらの情報は常時変更される可能性があり、あくまで参考としてください。
助成金内容に付きまして詳しくは本サイト掲載社労士事務所までお問合せください。

助成金に該当しているかどうかの診断

助成金をもらうためには会社がどの助成金に該当しているかどうか確認しなければなりません。その中でお客様がどの助成金に該当しているかどうか助成金の専門社労士が丁寧にアドバイスをします。

どんな助成金がもらえるか相談・診断してみる

選ぶ基準を決める

お客様にとって負担となる助成金作成など面倒な手続きは一切ございません。 担当社労士事務所が助成金の申請に必要な書類の作成して所定の行政関係窓口に申請の代行をします。 お客様は助成金の申請をすることはなくなるため本業に集中してください。

助成金の審査

申請書類と添付書類を提出すると今度はその申請書類に間違いがないかどうか添付書類に漏れがないかどうか行政機関で審査に入ります。申請書類に間違いがあると訂正があったり添付書類に漏れがあると提出するように言われます。また提出した書類だけでは分からない場合には追加の添付資料を要求される場合もあります。

審査通過

申請書類に間違いがなく添付書類にも漏れがなく何も問題がない場合には助成金をもらうことができます。 そのときに支給決定通知書というのが会社宛に送られてきます。 逆に審査が通らなかったら不支給決定通知書が会社宛に送られます。

助成金の振込

支給決定通知書が届いた後から1週間から2週間以内にお客様が指定した口座に助成金が振り込まれます。なお助成金が振り込まれていても不正受給したと判明した場合には助成金の返還をするのはもちろん悪質ならば逮捕されるということもあるので注意してください。

助成金に関するノウハウや実績

御社にどの助成金があっているのか?を考えるには助成金について詳しくなくてはいけません。なるべく豊富なノウハウや実績を持った社労士事務所に依頼するのが助成金申請の鍵と言えます。

信頼性や先生の人となり

良くわからない助成金をお願いするには、「ちゃんと教えてくれるか?」「きっちり動いてくれるか?」「信頼できるか?」などの信頼性・先生の人となりが大事です。 ネットの情報や一回あった程度で 信頼性や人となりを見極めるのは大変難しいですが、「この先生は信頼できる!」と思える先生を選びたいものです。

得意分野

助成金の分野の中でも、「創業・新規事業系」が得意、「育児・介護系」が得意、など社労士の背院生によって得意分野がある場合があります、自社が今たのみたい分野に合わせて社労士を選びましょう。

助成金申請代行は大体、初期費用+成功報酬(助成金でもらえる額の○%)か成果報酬のみの形式が多いようです。

内容 着手金 成功報酬
着手金+成功報酬の相場 2万〜5万円 助成金入金額の10〜15%
成功報酬のみの相場 なし 助成金入金額の15〜25%

必要事項に入力するだけですぐに終わる、簡単2分の無料一括問い合わせができます。
御社の条件にピッタリの社会保険労務士が見つかり、これでどの社会保険労務士にしようか迷うこともありません!

助成金申請代行のまとめ記事

助成金申請代行の相場情報

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら