【バイクの陸送費用解説】業者と自分でどっちが良いのか

更新日:2021年06月17日 発注カテゴリ: 運送・配送・輸送
【バイクの陸送費用解説】業者と自分でどっちが良いのか

引越しをするとなったら家財道具の移動は、たくさんの引っ越し業者がありますので、すぐに連絡を取って見積もりを出してもらい契約ができます。しかし、バイクとなるとどのように輸送したら良いか、あまりよく知られていません。そのため、まずはどんな輸送手段があるのか、どのくらいの陸送費がかかるのかをチェックして引っ越しに備えましょう。よりお得に陸送するための方法も見て、出費を抑えましょう。

バイクを陸送する方法と手順とは?

バイクを陸送する方法としては主に3つあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の場合どれが良いのかを考えてみましょう。また、それぞれの方法で行う場合、どのような流れとなるのかも確認しておきましょう。

引っ越し業者に一緒に依頼する

家具や家電の搬送を引っ越し業者に依頼するのであれば、まとめてバイクの陸送も依頼することができます。会社によっては対応していないこともありますが、たいていは提携の会社に陸送をしてもらうことになります。

引っ越し業者に依頼するのであれば、見積もりや打ち合わせ、契約などの手間がかからずに済みます。通常の引っ越しに関する手続きと一緒に行えるからです。引っ越し前は何かと忙しいので、手間を省けるのはかなり助かります。

一方で、提携業者に投げる形で陸送をするので、中間手数料がかかり通常よりも割高になることが多いです。陸送費の面ではデメリットとなります。

専門の運送業者に依頼する

バイクや自動車の輸送を専門とする業者、もしくはバイク販売店が輸送も行っているケースがあります。バイクに詳しいということもあって、より丁寧で安心の輸送をしてくれるのが最大のメリットです。

また、直接の契約となりますので、引っ越し業者に依頼するよりも安く済むことが多いです。一方で、家財道具の引っ越しとバイクの陸送を別に打ち合わせていくことになるので、手間がかかるのがデメリットです。

陸送の流れとしては、まずバイクの種類と目的を知らせて見積もりを出してもらいます。その上で、希望する日程で可能かどうかを打ち合わせて申し込みをします。

輸送の当日に自分でバイクをお店まで持ち込むか、自宅まで取りに来てもらいます。専用の車両で陸送をして、目的地で引き取りをすれば終了です。

自分で運転していく

業者に頼まず、自分で引っ越し先まで運転していくことも当然可能です。ガソリン代と高速代くらいのコストで済みますし、申し込み手続きや日程調整などをせず自由に移動できるのがメリットと言えます。

バイク運送をする場合の注意点

上記の方法を採る際には、いくつかの注意点がありますので思いに留めておきましょう。スムーズに引っ越しを完了するためにも、事前の準備が肝心です。

引っ越し業者の場合コストと輸送手段に注意

他の業者に陸送を投げる場合、前述の通り中間マージンの関係でコスト高となることが多いです。一方で、引っ越し業者がまとめて作業をすることもあります。その場合は、費用はオプションという形でかかり、それほど割高ではありません。

しかし、バイク陸送のための積載車を持っていないこともあり、通常の荷物と同じようなトラックで運送されるケースもあります。輸送による振動が大きくなるなどの心配事もありますので、輸送手段がどうなるかは事前に質問しましょう。

専門業者の場合は手間が増えるので早めに行動

引っ越し業者とは別に専門の業者に依頼する場合、手間が余計にかかりますので、できるだけ早めに見積もり依頼と打ち合わせをしてしまいましょう。引っ越しと一緒のタイミングで打ち合わせをすると、日程の調整などで混乱してしまうこともあるからです。

また、繁忙期は積載車の都合がつかずに対応できないこともあります。どちらにしても、早めに行動することでスムーズな引っ越しができます。

陸送費の相場

業者に依頼する場合の陸送費用の相場をチェックしてみましょう。いくつかの料金が変動する要素がありますので、それも同時に考慮していきます。

大まかな相場

輸送距離によって陸送費は変わってきます。小さめのバイクであれば、東京から大阪の区間だと2万円台で済むことが多いです。さらに遠くなれば料金が上がり、離島や山間部だとさらに割り増しとなります。

バイクの大きさによって料金が変わってくる

サイズと排気量によって料金は変動します。原付くらいのサイズと比較すると、750嫩度の大型バイクだと2割から3割くらい高くなる傾向にあります。

上記の東京と大阪の区間で言うと、25,000円から4万円くらいの料金が相場と言えるでしょう。サイズが大きくなるほど高くなりますし、サイズが同じでも重量があるもの、高級モデルだとさらに加算されることもあります。

シーズンによって加算されることもある

同じ条件でも時期によって高くなることもあります。引っ越しが多くなる2月から4月の繁忙期がその代表的な例です。会社によって違いますが、2割くらい上がる傾向が強いです。

また、地域によっては雪の降る時期には追加料金がかかるケースも見られます。日程も多少長く見積もっておくように言われることもありますので、事前にチェックしておきましょう。

安く抑えるコツとは?

バイク陸送は工夫すればいくらかお得にできるコツがあります。いくつかのポイントを押さえて、引っ越しの費用を安く済ませるようにしましょう。

できることはできるだけ自分でやる

バイクの引き渡しを自宅に来てもらってするのではなく、自分で店舗に持ち込むことができるのであればそうしましょう。それだけでも数千円安くなることがあります。

また、引っ越し先での住所移転手続きなどをセットにしてくれる業者もありますが、自分でやってみましょう。書類上の手続きは、引っ越しが完了してからしても問題ないので、自分でできることは自分でやってみましょう。

見積もりを3社くらいは取る

相見積もりを取るのもコツです。できれば3社くらいは見積もりを取りたいところです。それぞれに陸送費も保険の掛け金、サービス内容が異なるものです。

より安心できてお得に頼めるところを探しましょう。1社だけでは相場も分からないので、とりあえず相場を見るだけでも見積もりは複数取るべきです。

まとめ

バイクの輸送はサイズや距離によって陸送費が変わってきます。できるだけお得にするためにも、複数の会社で相見積もりを取ることが肝心です。

そのためにも、一括比較と見積もりができる「比較ビズ」を利用するのがおすすめです。サービス内容や費用のチェックが簡単ですし、申し込みまでスピーディーに行うことができます。

運送・配送・輸送を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

運送・配送・輸送の案件一覧

運送・配送・輸送のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

運送・配送・輸送の費用・相場に関連する記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す