「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

動画制作の費用相場はいくら?料金を抑えるコツも解説

最終更新日:2022年08月22日
SUGI WORK
監修者
代表 杉山茂幸
動画制作の費用相場はいくら?料金を抑えるコツも解説
この記事で解決できるお悩み
  • 動画制作の相場費用が知りたい
  • 動画制作の費用の抑え方のポイントとは
  • 動画制作の流れが知りたい

近年、企業は「動画で自社製品やサービスをアピールすること」が非常に重要視しするようになっています。動画というコンテンツは拡散力のあるSNSとの相性もいいため、マーケティング目的で動画制作する企業も急増中です。

ただ、実際に動画制作をしようと思っても、ノウハウがないため制作ができない!と悩んでいる企業は多いでしょう。この問題を解決する手段の1つして「外注する」ことが挙げられます。しかし、動画制作は費用相場がわかりにくいため、適正価格なのか?などの判断が難しいです。

本記事では、動画制作や映像撮影の費用相場を紹介するとともに、動画制作の相場感がわかりにくい理由や、制作費を適正な範囲に収める方法なども解説していきます。

動画制作の費用相場:目的や用途によって変わる

動画制作の費用相場は、30万円〜200万円ぐらいです。これはあくまでもざっくりとした数字で、企業や店舗が動画制作を検討する目的や用途によって、動画制作の費用相場は変わってきます。まずは、一般的な動画制作の費用相場がどの程度なのか?種類別に紹介しておきましょう。

動画の種類 動画制作の相場目安
会社紹介動画 30〜200万円
採用動画 50〜200万円
ブランディング動画 100〜300万円
商品・サービス紹介動画 30〜100万円
展示会動画 50〜200万円
マニュアル動画 30〜80万円
セミナー動画 20〜50万円
イベント動画 30〜80万円
CM動画 50〜300万円

オーダーメイドのため費用は大きく変動する

動画制作は、基本的に「クライアントごとのオーダーメイド」で行われます。どのくらいこだわるかで費用は大きく変動するので、特に影響を受けやすい以下の3つの要素を頭に入れておきましょう。

  • 制作に携わる人数
  • 制作に要する時間
  • 機材・諸経費

これを基本に、人件費や材料費や原価は動画制作会社によってそれぞれ異なります。より動画制作の費用相場が幅広くなってしまうため、相場観がわかりづらくなるのです。

動画制作の費用相場が高くなる3つの理由とは?

動画制作の費用を左右する人数・時間・機材などは、一般的に以下の3つのような要因で大きく変化します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 理由その1. 動画制作の依頼内容
  • 理由その2. 制作する動画の尺(長さ)
  • 理由その3. 制作する動画の表現方法

理由その1. 動画制作の依頼内容

動画制作にはさまざまな工程がありますが、大きく分けて2つのケースが考えられます。

  • 動画素材を制作会社に持ち込んで編集だけをしてもらうケース
  • 企画から撮影・編集までをすべて依頼するケース

この2つのケースでは、制作に携わる人数や時間が大きく異なってきます。さらには、俳優やモデルを動画に使いたい考えであれば人件費も増加するため、動画制作の相場も変わってきます。つまり、動画制作会社に依頼する要素が多くなればそれだけ費用相場は高くなるのです。

理由その2. 制作する動画の尺(長さ)

制作する動画の尺(長さ)が長くなればなるほど、制作費用は高くなります。尺以上の動画素材を確保するために撮影時間が長くなるため、編集時間や制作工程に携わるスタッフの拘束時間も同様に長くなってしまいます。その分の人件費が制作費用に反映されてしまうというわけです。

理由その3. 制作する動画の表現方法

動画制作というと「実写」を連想する方が多いかもしれませんが、近年ではアニメーション、2D / 3DCGなどの映像表現を使うことも珍しくなくなりました。テロップやモーショングラフィックなどの特殊効果も含め、制作する動画にどのような映像表現を盛り込みたいのかによっても制作費用は変動します。

一概にはいえませんが、アニメーションのみの動画であれば、実写動画よりも安価に制作できる一方、全編3DCGを活用した動画は実写よりも高額になる傾向があります。当然、実写中心の動画にアニメーション、CGを組み合わせれば、追加した表現の分だけ制作スタッフが必要になり、制作費用に反映されてしまいます。

マルチアングル(複数台のカメラ)で撮影したい場合

演出の自由度を上げることが可能ですが、さらに制作費用が高くなると考えていいでしょう。複数台のカメラ・機材が必要になるのはもちろん、オペレートするカメラマンも台数分の人数が必要になるからです。

動画の制作工程

費用相場が大きく変動する理由は、さまざまな要因で人数・時間・機材が変化するためだということがおわかりいただけたでしょう。しかし、依頼内容に応じてどの程度費用が変動するのか?具体的なイメージがわかないかもしれません。そこで以下からは、動画の制作工程を紹介しながら、各工程の一般的な費用相場を紹介していきます。

  1. 問い合わせ・見積もりの依頼
  2. 企画・シナリオ制作(プリプロダクション)
  3. 撮影(プロダクション)
  4. 編集(ポストプロダクション)
  5. 納品

〔笋す腓錣察Ω積もり

どのような動画を制作するのか、自社ニーズをまとめた上で動画制作会社に問い合わせ・見積もりを取るフェーズです。基本的には無料ですが、見積手数料を徴収されることもあるので注意してください。

複数の制作会社に同じ内容で相談し、相見積もりを取るのが鉄則です。問い合わせする候補としては以下の3つなどが考えられます。

  • 広告代理店
  • 動画制作会社
  • フリーランスクリエイター

業者の対応の良し悪しもチェックする

問い合わせや見積もりをしたときの対応が悪い(レスポンスが遅い、仕上げてきた見積書や資料の出来が悪い、そもそも態度が悪いなど)業者には気を付けましょう。動画制作の相場調査も重要ですが、業者自体もチェックするようにしましょう。

企画・シナリオ制作(プリプロダクション)

制作会社と完成系のイメージを共有しながら、動画のターゲット・方向性などを決定し、台本・絵コンテを制作して段取りを具体化していく、もっとも重要な企画フェーズです。この段階で撮影方法・方針・場所・日程・キャスティングはもちろん、機材調達やどのような映像表現を使うかまで決定します。

撮影(プロダクション)に入る前に(プリ)すべての準備を整えておくため、このフェーズをプリプロダクションと呼びます。ここで必要になるのは以下の2つの費用です。プロデューサー・ディレクターは企画段階だけで活躍するのではなく、制作工程のスケジュール・進捗管理も含む全フェーズに携わります。

  費用相場
企画構成費 5〜30万円
プロデューサー・ディレクター 10〜50万円
プリプロダクションでの準備で成否が左右される

動画制作の費用を抑えることができたとしても、完成度の低いものになってしまえば意味がありません。動画制作会社とイメージ共有がなかなかできず行き詰ってしまうこともあると思いますが、ここでどれだけ準備ができるかで本番の後工程の成否が左右されるため、絶対に妥協しないことが重要です。

撮影(プロダクション)

プリプロダクションで決定した段取りに従い、実際の映像撮影(プロダクション)を行うフェーズです。カメラ1台・カメラマン1人であれば費用は抑えられますが、マルチカメラ、キャスティング、ロケハンとなればそれだけ費用もかかります。このフェーズでは、以下のような費用が必要になる可能性があります。

  費用相場
カメラ・レンズ/1日 5〜25万円
照明機器/1日 3〜10万円
録音機器/1日 3〜10万円
カメラマン/1日 5〜10万円
ライトマン/1日 3〜10万円
キャスト/1日 10〜20万円
エキストラ/1日 1〜3万円
スタイリスト・ヘアメイク/1日 3〜5万円
スタジオレンタル/1日 15〜30万円
ロケ地レンタル/1日 10〜25万円
アニメーションやCGを活用する場合

実写のほかにアニメーションやCGを活用するのであれば、この段階で制作に入ります。制作に関する詳細は省略しますが、アニメーションであれば5〜50万円程度、3DCGであれば30〜150万円程度の費用がかかります。

な埆検淵櫂好肇廛蹈瀬ション)

動画を含むすべての素材が準備できたら、編集して1本の動画作品に仕上げていきます。ナレーション・BGMなどのMA作業を含め、プロダクション以降(ポスト)の作業すべてがポストプロダクションと呼ばれるフェーズです。このフェーズでは、以下のような費用が必要になる可能性があります。

  費用相場
動画編集 5〜25万円
カラーグレーディング 3〜10万円
MA 3〜10万円
ナレーション 3〜5万円
BGM・SE 5〜10万円

もちろん、編集の複雑度や動画の尺などによっても編集費用は大きく異なります。オリジナルの楽曲を作りたいということであれば、さらに費用がかかるでしょう。

イメージ共有した内容と違う場合は指摘する

編集1つで、出来上がる動画のイメージは大きく異なります。企画・シナリオ制作(プリプロダクション)でイメージ共有した内容と違っていた場合は、遠慮なく指摘をして完成度をあげていきましょう。

デ蕊

イベントの記念として配布するのでない限り、データ納品が一般的です。完成後の動画を効果的に活用するにはどうすべきか?納品後の運用面が重視される傾向にあります。

近年では制作だけではなく、動画のマーケティング活用・運用面もサポートしてくれる制作会社が増えており、セットで依頼するケースも少なくありません。もちろん、このようなサービスも求めるのであれば動画制作の費用は上がるので、相場を調べるときにはこちらも踏まえた上で調査・比較をしていくとよいでしょう。

動画制作の費用相場は依頼先によっても変動する

動画制作のスタンス、ビジネスモデルが異なるため、動画制作の依頼先によっても各項目、トータルの費用相場は変動します。以下の4つの依頼先から解説していきましょう。

  • 広告代理店
  • 動画制作会社
  • 外部映像クリエイターと提携する動画制作会社
  • フリーランス映像クリエイター

広告代理店

大手企業がテレビCMを制作する時などによく使われるのが「広告代理店」です。広告代理店の本業は、あくまでも「広告代理業(広告枠を販売する)」であるため、動画制作の機能・リソースを社内に持たない場合がほとんどです。

広告代理店ならではのプロモーション展開が期待できる一方、動画制作自体は提携する制作会社にアウトソーシングするため、制作費用はもっとも高くなります。

動画制作会社

動画制作を本業とし、依頼された動画を社内クリエイターが内製している制作会社です。自社内製することで知識・経験・スキルが蓄積されるため、クオリティの高い動画を制作してもらえる可能性が高いのが特徴。ただし、中小規模の制作会社だとスタッフ・機材などのリソースが限られているため、動画の分野によって得手・不得手がある傾向もあります。

外部映像クリエイターと提携する動画制作会社

近年多くなっているのが、外部映像クリエイターと提携する動画制作会社です。社内に在籍するディレクターが中心になり、案件ごとにクリエイターネットワークを活用して、最適な動画制作チームを結成しているのが特徴。

固定費を減らした会社運営が可能なため、動画制作会社よりも制作費を安価に抑えられるのが魅力です。一方、外部映像クリエイターは常駐ではないため、スキル・チームワーク面で不安を感じる方もいるかもしれません。

フリーランス映像クリエイター

動画制作をもっとも安価に依頼できるのが、フリーランスの映像クリエイターです。特に、仕事をこなして実績を積みたいクリエイターであれば、相場よりも低い費用で制作を請負ってくれるでしょう。ただし、スキル面で不安が残る、信頼感が乏しい、大掛かりな動画制作が難しいなど、不確定要素が少なくないのも事実です。

その見積書の料金は適正?

法外ではないとしても、見積書に記載された料金が適正であるとは限りません。なぜなら、営利企業である動画制作会社は、急な方針変更や修正が重なることで利益が圧迫されないよう、ある程度の利益率を確保できるようマージンに余裕を持たせているからです。

特に、相談時の内容が曖昧だったり、不確定要素が多かったりする場合は、見積書の金額が高くなる傾向にあります。適正かどうか判断するのに大切なポイントを以下の2つから見ていきましょう。

  • 最低限の知識を身に付ける
  • 相見積もりをする

最低限の知識を身に付ける

結局のところある程度の知識を持っていないと、提出された見積もりの費用が適正なのか判断することはできません。

また、提出された見積書に分からないことや気になる点がある場合は、きっちりと質問をしていくことも重要です。なかなか言いづらい部分があるかもしれませんが、動画制作会社側が「濁らせたい部分のため敢えてあやふやな回答をしている」ということも往々にしてあるのです。

相見積もりをする

見積書の金額が適正かを判断するためには、他の動画制作会社からも見積もりをしてもらうことが手っ取り早いです。動画制作会社によって得手不得手があるため単純な比較をすることは難しいですが、1つの目安になることは間違いありません。

また「なぜ、他社と価格がこんなにも違うのか?」という質問もできるため、必ず相見積もりを実施することを強くおすすめします。

動画制作の費用を少しでも低減するための7つの方法

では、クオリティとのバランスを考慮しながら、適正料金で動画制作するにはどうしたらいいのか?ヒントとなるポイントを以下の7つから解説していきます。

  1. 事前準備をしっかりと整える
  2. 目的に応じた動画制作会社を選定する
  3. 動画を自社で企画する
  4. 自社従業員をキャスティングする
  5. 撮影工程を効率化する
  6. フリー素材・自社素材を活用する
  7. SNSを意識して…とにかく短い動画にする

〇前準備をしっかりと整える

相談時の内容があやふやなままでは制作会社側に変更・修正リスクが生じるため、見積もり金額を多めに計算するしかなくなります。まずやるべきは「動画の目的・用途・イメージを固めて、できるだけ多くの情報を伝えられるよう事前準備する」ことです。具体的には以下の6つのような情報です。

  • 動画を制作する目的・用途・具体的なイメージ
  • 想定している動画の尺
  • 映像撮影の時間・カメラの台数
  • アニメーション・CGなどの有無
  • キャスティング・ロケハン・ナレーションの有無
  • 想定する納期

だいたいの予算感が知りたい場合でも、制作会社と共有する情報が多ければより適正な見積書を提出してもらえます。予算が限られている状況であっても具体的なイメージさえハッキリしていれば、どこをどう工夫すれば予算内に収められるか?制作会社からのアドバイスも得られるでしょう。

わからないことがあれば必ず質問する

何をどうすればきっちりとした事前準備になるのか?と具体的なイメージが湧かない人も多いでしょう。解決策は「質問すること」です。情報が明確であれば制作会社も仕事もしやすいはずなので、快く協力してくれることが多いです。有耶無耶にして費用が高くなってしまうことは避けたいので、積極的に質問することを強くおすすめします。

¬榲に応じた動画制作会社を選定する

冒頭でも触れたように、企業・店舗が動画を制作する目的・用途はさまざまであり、動画制作会社がすべての分野を得意としているわけでもありません。テレビCMなのか、Webを活用した動画マーケティングなのか、制作会社が得意としている分野を見極め、適切な候補をピックアップすることが重要です。

また、広告枠の確保を含め、マスメディアでの展開が必要でないのなら、動画制作を専業とする会社を選択するのがベターです。余分なマージンが発生しないため、比較的リーズナブルな動画制作を実現できるからです。もちろん、どうしても予算が厳しいということであれば、フリーランス映像クリエイターの起用も視野に入れるべきかもしれません。

F芦茲鮗社で企画する

動画制作費を抑える工夫としては、動画の企画・構成を自社で担当し、撮影・編集のみを制作会社に依頼するという方法もあります。制作した動画をどのように活用していくかを念頭に、絵コンテ(カットごとのイメージを絵で表現する)を用意してイメージを共有できれば、失敗の少ない動画を制作するのも可能です。

ただし、自社内にマーケティング・動画制作の知見を持つ人材がいないのであれば、あまりおすすめはできません。企画・構成を含むプリプロダクションは、動画制作の中でもっとも重要なフェーズであり、ここで失敗すると取り返しのつかない事態に陥ってしまうからです。

ぜ社従業員をキャスティングする

工程ごとの費用相場表でも紹介しましたが、俳優・モデルを含むキャスティングにはかなりの人件費がかかります。自社従業員を中心にキャスティングできれば、俳優・モデルなどの人件費を削減できます。

しかし、キャストが演技するような動画であれば、素直にプロを起用した方が得策です。演技のやり直しが続けば撮影時間が長くなってしまい、余分な出費につながってしまうからです。また、自社従業員の「肖像権」にも注意が必要です。本人に事前の了解を得るのはもちろん、出演する従業員が退職した場合の動画取扱も明確にしておく必要があります。

拘束時間も考慮した人件費を考える

例えば、撮影に5日間必要となったとき「8時間×5日=40時間」が拘束時間になります。自社の人件費が1時間5,000円とした場合、200,000円の金額になるわけです。俳優やモデルを同時間拘束した場合との費用比較をきっちりとすることが重要です。

似たりよったりの費用になるのであれば、当然、プロの俳優やモデルを使うことになるでしょう。アマチュアの方の場合1時間数千円で出演してくれるケースもあるため、「肖像権」のリスクも踏まえた天秤で「自社従業員のキャスティング」を熟考するようにしましょう。

セ1胴程を効率化する

実写動画の場合、原価の必要なスタッフをもっとも多く必要とするのが撮影工程です。カメラの台数を減らす、1日で映像撮影を終了できるように調整するなど、撮影工程を効率化することで動画制作費を抑えられます。

交通費はもちろん、場合によっては宿泊費がかかるロケハン、レンタル費用の必要なスタジオ撮影を避け、自社施設内で撮影するというのも方法でしょう。オフィス内の見栄えを気にする方がいるかもしれませんが、カメラアングルや照明など、プロフェッショナルのスキルである程度はカバーできます。

Ε侫蝓質悩燹自社素材を活用する

CGなどを活用しない実写動画であっても、BGM、写真、ロゴ、イラストなどの素材が活用されるのが一般的です。動画で使われるこれらの素材を新しく制作するのではなく、フリー素材や自社所有の素材を多用することで動画制作費を抑えられます。

特にBGMをオリジナルで制作しようとすれば、作曲・アレンジ・打ち込みなどの工程が必要であり、高額な料金がかかるだけでなく著作権の扱いも取り決めなければなりません。ブランディングムービーなどのように、自社のイメージを確立したい場合は除き、フリー素材を有効活用するのが賢明です。

人気のコンテンツは被る場合もある

動画制作費を低減するためにフリー素材を活用するのは常套手段であり、他社と被る可能性があります。被っても何の問題もないと判断できるのであれば良いのですが、オリジナリティを出すのは難しいでしょう。フリー素材を利用する場合は、人気度や「本当に被っても問題はないのか?」を熟考する必要があります。

Г箸砲く短い動画にする

商品のPRなど目的を選ぶ手法ではありますが、とにかく短い動画を意識して制作をしていくと、費用を抑えることができ、制作費を適正に収めることができるようになります。また、非常に高い効果を発揮するときもあるので、おすすめです。

昨今、SNSの普及により「サクッと見ることができる」が重要になっています。TikTokの広がり方を思えば、納得できる方も多いのではないでしょうか。このように時代のニーズにあっていて、制作期間が短いため相場も安くなるわけですから、一石二鳥です。

まとめ

なぜ動画制作の費用相場は不透明なのか?制作会社によって見積もり金額が異なるのはなぜなのか?クオリティを落とさず適正料金で動画制作するには?など、多くの企業・店舗担当者が抱える悩みに、少しは回答できたのではないでしょうか?目的・用途に応じてアピールできる動画を制作するために、制作会社の協力は欠かせません。

重要なのは、しっかりとした事前準備を整えた上で、複数の制作会社から見積もりを取ることです。しかし、多種多様な動画制作会社が存在する中、見積もり依頼の候補先を絞り込むことさえ難しいと感じる方も少なくないでしょう。

「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良な動画制作会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイントです。動画制作会社の選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

監修者の一言

これは知っているようで知らない豆知識なのではないでしょうか。お客様からもWEB制作、ホームページ制作、ウェブサイト制作など色々な言われ方をしていますが、いずれも問題なく伝わりあまり違いを意識することはないと思います。あくまで豆知識的な感覚で覚えておくと良いと思います。

SUGI WORK
代表 杉山茂幸
監修者

山形県出身。埼玉県越谷市と山形県上山市の2拠点で活動中のフリーランス。開業5年目でSUGI WORK代表。国内・海外法人から行政案件まで経験。WEB制作をはじめ、デザイナー・エンジニア・出張撮影・ドローン空撮・取材・自社メディア運営など幅広い分野で活動中。中小企業の課題解決が得意。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す