展示会用の動画を制作する注意点4つとは?動画を制作会社へ依頼するメリット3つ

株式会社クラスターワン
監修者
株式会社クラスターワン 代表取締役 尾形隆幸
最終更新日:2024年04月22日
展示会用の動画を制作する注意点4つとは?動画を制作会社へ依頼するメリット3つ
この記事で解決できるお悩み
  • 展示会用の動画を制作する注意点は?
  • 展示会用の動画を制作会社へ依頼するメリットは?
  • 展示会用の動画を制作会社へ依頼する費用相場は?

「展示会用の動画を制作したいが、制作時の注意点がわからない…」という方必見!

この記事では展示会の自社ブースで商品・サービスの紹介動画を制作する方に向けて、展示会用の動画を制作する注意点について解説します。最後まで読めば、制作会社へ依頼するメリットや費用相場もわかります。

制作会社に依頼することで、独自の視点から展示会用の動画を制作し、競合他社と差別化できるでしょう。展示会動画の参考事例も紹介しているため、展示会へ出展する企業の担当者はぜひ参考にしてください。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

展示会用の動画を制作する注意点4つ

pixta_94700687_M

展示会では多くのブースやプレゼンテーションが競合します。注意点を守ることで、他の展示と比較して興味を引く魅力的な動画を制作でき、展示会での訴求力を高められるでしょう。

視聴者は専門性や信頼性を重視することが多いため、プロフェッショナルな動画制作は企業やブランドのイメージ向上に寄与します。ここからは、展示会用の動画を制作する注意点を4つ紹介します。

  1. ターゲットオーディエンスを明確にする
  2. 簡潔なメッセージを入れる
  3. ストーリーテリングを意識する
  4. プラットフォームの最適化をする

1. ターゲットオーディエンスを明確にする

展示会用の動画を制作する際、ターゲットオーディエンスを明確にすることは非常に重要です。ターゲットオーディエンスを正確に理解することで、内容やアプローチを最適化し、視聴者の興味を引きつけられます。

ターゲットオーディエンスを明確にするためには、市場調査やアンケート、既存の顧客データの分析などを活用しましょう。デモグラフィック情報(年齢や性別、地域)興味・ニーズ、購買行動などの情報を収集することが有効です。

ターゲットオーディエンスを明確にすることは、展示会用の動画の効果を最大限に引き出すための基本的なステップです。

2. 簡潔なメッセージを入れる

展示会用の動画に簡潔なメッセージを入れることは、視聴者の注意を引きつけ、効果的に情報を伝えるための要素です。簡潔なメッセージは、視聴者に効果的に情報を伝えるための鍵となります。

動画のメッセージは1つの主題やコンセプトに絞ることが大切です。複数のメッセージを詰め込みすぎないようにし、視聴者が明確に理解しやすい内容を選びましょう。要点を絞り込み、わかりやすい言葉で伝えることで、視聴者に強い印象を与えられます。

3. ストーリーテリングを意識する

ストーリーテリングを意識すると、視聴者の関心を引きつけ情報を魅力的に伝えられます。ストーリーテリングとは、体験談やエピソード、既存の物語などを用いて情報やアイデアを伝える手法です。

動画には基本的なストーリーの構造を持たせましょう。導入や展開、クライマックス、結末のフローを考えて、視聴者が情報に興味を持ち、引き込まれるストーリーを組み立てます。ストーリーテリングを通じて、展示会用の動画は視聴者に情報だけではなく、感情や体験を提供できます。

4. プラットフォームの最適化をする

展示会用の動画を作成する際に、動画を適切なプラットフォームに最適化しましょう。展示会で使用する動画は、最適な効果を得るために、フルHDサイズ(1920×1080)のものを用意します。

画面が大きなモニターに映し出される際に、低い解像度のデータを使用すると映像がぼやけてしまい、訴求力が低下する可能性があります。プラットフォームの最適化は、視聴者との効果的なコミュニケーションを確保するために欠かせない要素です。

展示会動画に利用される種類3つ

ここからは、展示会動画に利用される種類を3つ紹介します。

  1. ティーザー広告の動画
  2. 商品やサービスの紹介動画
  3. 会社紹介動画

1. ティーザー広告の動画

ティーザー動画は、特定の商品やサービスを紹介する際に、視聴者の興味を引き、関心を高めるために使用される動画です。短い時間内に情報を伝えることに焦点を当て、視聴者に「これから何が起こるのか」や「どの特徴があるか」などの好奇心を刺激します。

ティーザー動画は、展示会で来場者の関心を引き、自社の商品やサービスに注目を集めるための有効なツールとして活用されます。展示会前や会場内でのプレビューとして、視聴者の期待感を高める役割を果たすでしょう。

2. 商品やサービスの紹介動画

商品やサービスの紹介動画は、展示会の来場者に自社の提供しているものを説明し、特徴やメリットを伝える動画です。展示会ブース内でのプレゼンテーションや、視聴者への情報提供に役立つでしょう。

実際の顧客の声や成功事例を紹介することで、製品やサービスがどれだけ効果的であるかを証明し、信頼性を高めます。商品にバリエーションやカスタマイズオプションがある場合、それぞれ紹介することで視聴者に選択肢があることを主張します。

商品やサービスの紹介動画は、展示会の短い時間内で効果的に情報を伝える手段として重要です。

3. 会社紹介動画

会社紹介動画は、自社のビジョンやミッション、価値観、歴史、強みなどを伝え、来場者に企業全体のイメージや信頼性を提供するための動画です。展示会のブース内で自社を紹介する際や、来場者に会社の背後にあるストーリーや価値を伝えるために活用されます。

会社紹介動画は、展示会で出展者としての信頼性を高め、来場者に会社の全体像や価値観をわかりやすく伝えるためのツールになります。

展示会用の動画を制作会社へ依頼するメリット3つ

名称未設定のデザイン - 2023-09-13T152439.346

ここからは、展示会用の動画を制作会社へ依頼するメリットを3つ紹介します。

  1. 専門知識とスキルが豊富
  2. 効率的なプロセス
  3. 複数のプラットフォームへの対応

1. 専門知識とスキルが豊富

制作会社は映像制作のプロフェッショナルであり、撮影技術や照明設定、編集技術などを熟知しています。視聴者の心理や行動に関する洞察力を持っており、どの要素が視聴者の関心を引き、情報を記憶に残すかを理解しています。

ターゲットオーディエンスに基づいた動画をデザインし、効果的な展示会用の動画を制作してくれるでしょう。専門知識とスキルを持つ制作会社に依頼することで、展示会用の動画が専門的かつ効果的に制作され、来場者に強い印象を与えられます。

2. 効率的なプロセス

制作会社は動画制作のスケジュールや進捗状況を管理し、納期を守るために必要なタスクやステップを適切に計画します。進行中の制作過程で修正やフィードバックを受け入れる体制を持っているため、計画的に作業を進めてくれます。

展示会の準備期間が限られているなかで、専門的な制作会社に依頼することで、効果的な動画を効率的に制作できるでしょう。

3. 複数のプラットフォームへの対応

制作会社は異なるプラットフォームにあわせて、適切な動画フォーマットと解像度を調整できます。各プラットフォームが要求する仕様にあわせて動画を最適化し、画質の劣化や再生の問題を避けられます。

どのプラットフォームにどのコンテンツが適しているかのアドバイスや、推奨事項を提供してくれるでしょう。制作会社の専門知識と経験を活用して、展示会の目的を達成するために最適なプラットフォーム戦略を立案・実行することが可能です。

展示会用の動画を制作会社へ依頼する費用相場

展示会用の動画を制作会社に依頼する費用は、動画の長さや撮影や編集作業により異なります。プロジェクトの要件や制作会社のポリシーにより変動する可能性があるため、事前に相談と見積もりを行うと安心です。一般的に展示会用の動画を制作会社へ依頼する費用相場は、以下のとおりです。

動画の特徴 費用目安
簡易的なアニメーション 30〜100万円
高品質なアニメーション 100〜200万円
2カメラ・自社従業員出演の実写動画 30〜80万円
2カメラ・タレント出演の実写動画 80〜200万円

社員がキャストを務めると費用を抑えられる

プロの俳優やモデルをキャスティングすると、キャスティングに関連する費用がかかります。社員がキャストを務める場合は外部のキャストを雇う必要がなくなるため、キャスティング費用を削減できます。

さらに、社員は製品やサービスに関する深い知識があり、自然な言葉遣いや表情でメッセージを伝えられるでしょう。

展示会動画の参考事例3つ

ここからは、展示会動画の参考事例を3つ紹介します。制作する際や、制作会社へ依頼する際の参考にしてください。

  1. Sansan株式会社
  2. 株式会社NTT-ME
  3. 株式会社freee

1. Sansan株式会社

名称未設定のデザイン - 2023-09-13T152556.972

参照:Sansan株式会社

  • シンプルなデザインと余白の活用
  • 高品質なエフェクトとアニメーション

Sansan株式会社の展示会動画は、シンプルなデザインと高品質なエフェクトの組み合わせにより、効果的なメッセージ伝達を実現しています。シンプルなデザインは視聴者にとって理解しやすく、余白の活用は重要な情報を際立たせる役割を果たします。

高品質なエフェクトとアニメーションは、視覚的な深みと興味を引く要素を提供し、視聴者の注意を引きつけるでしょう。

2. 株式会社NTT-ME

名称未設定のデザイン - 2023-09-13T152701.121

参照:株式会社NTT-ME

  • キャストの起用とストーリー性の強化
  • CGやガジェットによる未来的な演出

株式会社NTT-MEの業務イメージ映像は、ストーリー性と未来的な演出の組み合わせにより、魅力的なコンテンツを提供しています。キャストを用いることで、リアルな人間の感情と反応を描写し、視聴者に共感を呼び起こせます。

CGや最新のガジェットを使用することで、視聴者に新しい技術や製品の魅力を直感的に伝え、興味を引きつけるでしょう。

3. 株式会社freee

名称未設定のデザイン - 2023-09-13T152835.391

参照:株式会社freee

  • やわらかいタッチのアニメーション
  • 効果音とテンポの工夫

株式会社freeeの人事労務フリー紹介映像は、やわらかいタッチのアニメーションと効果音の組み合わせが特徴的です。やわらかいタッチのアニメーションは、視聴者にとって親しみやすく、理解しやすい印象を与えます。

効果音とテンポの工夫は、視覚的な要素だけではなく、聴覚的な要素を取り入れることで、視聴者の感覚を刺激するでしょう。

展示会動画が得意な映像制作会社

社名 3つの特徴 住所
Crevo株式会社
  • 戦略的・リーズナブル・効率的な動画制作
  • 文字だけでは伝わりづらい部分を動画で表現
  • 海外展開に向けた多言語対応も可能
目黒区中目黒2-10-15フロンティア中目黒3F
株式会社 ジュリア ジャパン
  • 一貫性を保ちながらスピーディに対応
  • 来場者の目と足をとめる動画コンテンツ提案
  • 展示会・商談会動画制作実績が豊富
新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル29F
株式会社ボーダーレス
  • 動画制作の完全内製化という独自スタイル
  • 大規模案件から小規模案件まで幅広く対応
  • 目的に合わせた演出効果を提案
千代田区東神田2-6-5 東神田ビル6F
株式会社ヒューマンセントリックス
  • 動画を企画・提案・撮影・編集・配信
  • 価格・納期を考慮した最適な表現で制作
  • シンプルな料金体系で高品質な動画を提供
福岡市早良区百道浜2-1-22 福岡SRPセンタービル
株式会社 映像制作センター
  • 映像制作を専門としたスペシャリスト集団
  • 独自の展示会用レシピあり
  • 独自の4つの技術を保持
世田谷区下馬5-34-36-806

Crevo株式会社

Crevo株式会社

参照元:Crevo株式会社

  • 戦略的・リーズナブル・効率的な動画制作
  • 文字だけでは伝わりづらい部分を動画で表現
  • 海外展開に向けた多言語対応も可能

目黒区にあるCrevo株式会社は動画制作・映像制作を手掛ける会社です。どこよりも戦略的・リーズナブルで、効率的な動画制作をモットーにしています。展示会やイベント放映用の動画制作にも力を入れており、他社と差別化できる展示会・イベント用動画、イベント用映像を制作。企業が集まる展示会・イベントで自社の魅力を存分に伝えられる内容を提案。セミナーや講演会で、文字だけでは伝わりづらい部分を丁寧に動画で表現します。海外展開に向けた多言語対応も可能です。

企業情報

住所:東京都 目黒区中目黒2-10-15フロンティア中目黒3F

株式会社 ジュリア ジャパン

株式会社 ジュリア ジャパン

参照元:株式会社 ジュリア ジャパン

  • 一貫性を保ちながらスピーディに対応
  • 来場者の目と足をとめる動画コンテンツ提案
  • 展示会・商談会動画制作実績が豊富

新宿区にある株式会社 ジュリア ジャパンは映像、WEB、印刷物、アプリ、システム開発に至る様々な制作物をワンストップで提供する会社です。プロモーション活動の全体像を把握した上で、複数のメディアに関する制作を取りまとめるので、クリエイティブの一貫性を保ちながらスピーディに対応可能です。「展示会動画JP」という展示会動画制作・映像制作サービスの専門店を運営しており、来場者の目と足をとめる動画コンテンツを提案します。

企業情報

住所:東京都 新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル29F

株式会社ボーダーレス

株式会社ボーダーレス

参照元:株式会社ボーダーレス

  • 動画制作の完全内製化という独自スタイル
  • 大規模案件から小規模案件まで幅広く対応
  • 目的に合わせた演出効果を提案

千代田区にある株式会社ボーダーレスは商品・サービス紹介動画やプロモーション動画、アプリ・ゲーム紹介動画など様々な動画制作を手掛ける会社です。動画制作の完全内製化という独自スタイルを貫いており、幅広いジャンルの動画制作実績があります。大規模案件から大量生産が必要な小規模案件まで、お客様のニーズに合わせて丁寧にサポートが可能です。イベント・展示会動画では、目的に合わせた演出効果で来場者の目を引き、心をつかむ内容を提案します。

企業情報

住所:東京都 千代田区東神田2-6-5 東神田ビル6F

株式会社ヒューマンセントリックス

株式会社ヒューマンセントリックス

参照元:株式会社ヒューマンセントリックス

  • 動画を企画・提案・撮影・編集・配信
  • 価格・納期を考慮した最適な表現で制作
  • シンプルな料金体系で高品質な動画を提供

株式会社ヒューマンセントリックスは福岡と東京に本社を置く動画制作会社です。法人向け動画制作ビジネスに活用できる動画を企画・提案・撮影・編集・配信しています。企業が伝えたい事を利用シーンに合わせて、価格・納期を考慮した最適な表現で企画・制作。ホームページ上には料金体系も明記しており、シンプルな料金体系でハイクオリティな動画を提供できます。展示会動画制作では、目を引く動画で注目させ有意義な商談機会を創出します。

企業情報

住所:福岡県 福岡市早良区百道浜2-1-22 福岡SRPセンタービル

株式会社 映像制作センター

株式会社 映像制作センター

参照元:株式会社 映像制作センター

  • 映像制作を専門としたスペシャリスト集団
  • 独自の展示会用レシピあり
  • 独自の4つの技術を保持

世田谷区にある株式会社 映像制作センターは豊富な実績を誇る映像制作会社です。長い経験から映像を熟知しており、映像制作を専門としたスペシャリスト集団として、効果的な映像制作を提案します。展示会動画制作を数多く手掛けているので、他社の展示と差別化を図れる独自の展示会用レシピあり。社内制作が可能な3DCGや5Kドローン、グローバル対応、4K工場・研究所内撮影において独自の4つの技術を保持しており、強みでもあります。

企業情報

住所:東京都 世田谷区下馬5-34-36-806

まとめ

制作会社は展示会用動画の制作経験が豊富であるため、新鮮なアイディアを提供できます。独自の視点から展示会用の動画を制作し、競合他社と差別化できるでしょう。制作会社に依頼することで、映像制作に必要なリソースやスキルを外部から効率的に取得できます。

比較ビズを利用することで、全国の制作会社から自社のニーズに適した動画制作を依頼できます。複数の制作会社の見積もりを1度で取得できるため、まずは相談から始めてみてください。

監修者のコメント
株式会社クラスターワン
代表取締役 尾形隆幸

埼玉県さいたま市出身。動画・グラフィック・デザイン制作、WEBマーケティングをワンストップで行う。「UNCHAINS(アンチェインズ)」を運営する株式会社クラスターワン代表取締役。ホームページ制作会社、広告代理店、IT業界での営業・人材教育を経験。その後、東京の動画・映像制作会社に入社。ディレクション・撮影・編集等を学び、静岡にて起業。動画制作はこれまで県内・県外の企業を中心に商品紹介、サービス紹介、会社紹介、リクルート、イベント・展示会、テレビCM等、実写からアニメーションに至るまで企画・撮影・編集をワンストップにて対応。クライアントのビジネスでの目的・目標達成のために動画を中心としたクリエイティブとWEBマーケティングの力で成果を出すための取り組みに注力している。趣味はサッカー、映画鑑賞。

近年ではオンラインでの展示会も多くなってきています。参加者の方に自社のPR・製品・商品・サービス等の紹介を効果的に行うために動画を活用している企業がより増えています。

会場での展示会にしても、オンラインだとしても、展示会に出展する目的・目標、ターゲットをまず明確にすることが重要です。その部分が明確になっていないと動画の内容や構成も曖昧になってしまい、会場での展示会などでは結局ブースで動画が流れているだけで有効活用が出来ずに終わってしまうケースも珍しくありません。

商談まで持ち込むことがひとつの目的だとする場合、スタッフの数や役割、ブースの場所、大きさ、ブース内の作り方なども考慮した上で、来場者を呼び込み商談までの「動線」を動画を制作する前にイメージしてみて下さい。

そうすることで、アイキャッチで動画を使用するのが良いのか、ブース内で商品・製品・サービスを紹介するツールとして使用する方が良いのかなど、動画の活用価値を最大化するための道筋が見えてくるかと思います。

動画を何の目的で活用するのかが明確になれば、動画内容や構成も「誰に」「何を」「どのように」伝えるべきか答えを導き出すことができます。制作した動画は展示会が終わった後も、自社のホームページやYouTubeなどの動画プラットフォーム、オウンドメディアなどでも活用する事もできるかもしれません。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

アンケート募集中

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら