PR動画は制作会社に依頼できる?おすすめ制作会社5選や依頼手順を徹底解説

最終更新日:2023年08月17日
KM7Production
監修者
代表者 村田 圭輔
PR動画は制作会社に依頼できる?おすすめ制作会社5選や依頼手順を徹底解説
この記事で解決できるお悩み
  • PR動画は制作会社に依頼できるのか?
  • PR動画を依頼できるおすすめ制作会社は?
  • PR動画を制作会社へ依頼する手順は?

「PR動画を外部へ依頼したいが、おすすめ制作会社がわからない…」という方必見!

この記事では新しいPR動画を制作したいと考えている方に向けて、PR動画を依頼できるおすすめ制作会社や依頼の手順について解説します。最後まで読めば、制作会社を選ぶ際のポイントもわかります。

PR動画制作を外注するメリットも紹介しているため、製品やサービスの認知度を上げるPR動画を検討している方もぜひ参考にしてください。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

PR動画は制作会社に依頼できる

名称未設定のデザイン - 2023-08-17T143557.739

PR動画は制作会社に依頼できます。実際に多くの企業や組織が、専門的なスキルを持つ外部の制作会社にPR動画の制作を委託しています。

適切な外注制作会社を選ぶことで、プロフェッショナルなPR動画を制作し、企業やブランドの認知度向上や宣伝効果を高められるでしょう。

PR動画制作を外注するメリット2つ

ここからは、PR動画制作を外注するメリットを2つ紹介します。

  1. 高品質なPR動画を制作してくれる
  2. リソースの節約につながる

1. 高品質なPR動画を制作してくれる

PR動画制作を外注する最大のメリットは、専門的なスキルと経験を持つプロフェッショナルが高品質なPR動画を制作してくれることです。外部の制作会社は映像制作における知識や技術に長けており、豊富な経験を活かしてクリエイティブなアイデアを提供します。

高度な編集技術や視覚効果の導入、洗練されたストーリーテリングなど、プロの手によるPR動画は視聴者に強いインパクトを与えられるでしょう。外部の制作会社に依頼することで、企業はプロフェッショナルなクオリティのPR動画を得られます。

2. リソースの節約につながる

PR動画制作を外注することで、企業はリソースの節約に大きく貢献します。自社内で映像制作を行う場合は、専門的なスキルを持ったスタッフの雇用や映像制作に必要な機材の調達が必要です。多額の費用がかかるうえ、制作スタッフの人件費や設備の保守・管理などのコストを考慮しなければなりません。

外注会社にPR動画制作を依頼することで、これらのコストを抑えられます。外注制作により企業は自社リソースを節約し、予算の効率的な活用が可能となります。

PR動画を制作会社へ依頼する手順

名称未設定のデザイン - 2023-08-17T143758.225

製品やサービスの魅力を効果的に伝える手段として、PR動画の制作は欠かせない要素です。PR動画を制作会社へ依頼する手順は、以下のとおりです。

1. 目標と要件の明確化 ・制作したいPR動画の目的や目標を明確にし、どのような要件があるかを詳細に整理する
・ターゲットオーディエンスや動画の長さ、伝えたいメッセージ、制作予算など
2. 制作会社の選定 複数の制作会社をリサーチして、過去の制作実績や評判、価格、スタッフの経験などを比較検討する
3. 企画書の提出 ・選定した制作会社に対して、目標や要件を詳細にまとめた企画書を提出する
・プロジェクトの概要やスケジュール、予算、コンセプト、スタッフの役割などを記載する
4. 提案の受け入れと契約 ・双方が納得した提案内容で契約を結ぶ
・契約書には納品物の詳細や支払い条件、著作権などが含まれる
5. プリプロダクション ・制作が始まる前に、企画書を基により詳細なプランを立てるプリプロダクションが行われる
・スクリプトの作成やキャスティング、撮影場所の選定、スケジュールの確認などが含まれる
6. プロダクション ・実際に撮影や制作が行われるプロダクションフェーズに入る
・制作会社はプロのスタッフを派遣し、撮影やアニメーションなどを行う
7. レビューと修正 制作された動画をチェックし、必要に応じて修正を依頼する
8. 納品と配信 ・最終的なPR動画が完成したら、制作会社から動画ファイルを受け取る
・その後、必要に応じて動画を配信するプラットフォームやメディアにアップロードする

PR動画の制作会社を選ぶ際のポイント2つ

ここでは、PR動画の制作会社を選ぶ際のポイントを2つ紹介します。

  1. ポートフォリオと実績を確認する
  2. 価格と予算が見合っているかを確認する

1. ポートフォリオと実績を確認する

PR動画の制作会社を選ぶ際、ポートフォリオと実績の確認は非常に重要です。制作会社のポートフォリオを見ることで、過去の制作実績や得意なジャンル、クオリティを把握できます。多様なプロジェクトに取り組んできた実績は、その制作会社の信頼性と実力を示す指標となります。

他のクライアントの成功事例や顧客の声をチェックすることで、制作会社がどれだけ効果的なPR動画を提供できるかを把握することが可能です。ポートフォリオと実績の確認は、適切な制作会社を選び、効果的なPR動画を制作するために欠かせないステップです。

2. 価格と予算が見合っているかを確認する

PR動画の制作会社を選ぶ際は、価格と予算が見合っているかを確認することが重要です。安価な制作会社は品質や創造性に欠ける場合がありますが、逆に高価すぎる制作会社は予算オーバーになる可能性があります。

適切な価格を提示してくれる制作会社は、コストと品質のバランスを考慮したプランを提供してくれます。見積もりの際に、料金に含まれるサービス内容やオプション、制作スケジュールなどを詳細に確認しましょう。

PR動画を依頼できるおすすめ制作会社5選

ここからは、PR動画を依頼できるおすすめ制作会社5選を紹介します。

  1. Crevo株式会社
  2. 株式会社プルークス
  3. 株式会社LOCUS
  4. 株式会社アーツテック
  5. 株式会社思創堂

1. Crevo株式会社

名称未設定のデザイン - 2023-08-17T143910.355

参照:Crevo株式会社

  • 業界No.1のアニメーション動画制作
  • 実写動画制作が可能
  • 低価格で高品質

Crevo株式会社は、動画制作を専業として10年以上の経験があり、アニメーション・実写動画を制作しています。業界No.1のアニメーション動画制作の実績を持ち、無形のサービスや商品を視覚的に伝えることが可能です。

実写動画制作では、360度動画やドローン撮影を取り扱っており、多様なニーズに応えられます。低価格で高品質な動画制作をモットーとしており、顧客のビジネス課題の解決に全力で取り組んでいます。

2. 株式会社プルークス

名称未設定のデザイン - 2023-08-17T144026.642

参照:株式会社プルークス

  • 動画制作や動画広告運用、動画を活用した企業のDX推進が得意
  • CGや実写、アニメーションなどの多様な表現手法
  • CMや企業紹介、採用、商品紹介動画などに対応

株式会社プルークスは、動画マーケティングの専門家として、2,000社以上かつ6,000本以上の動画制作実績を誇る制作会社です。動画制作だけではなく、動画広告運用や動画を活用した企業のDX推進を得意としています。CGや実写、アニメーションなどの多様な表現手法を駆使して、顧客の課題解決にあわせた動画を制作します。

動画マーケティング全般をサポートし、高品質な動画を最適な価格で提供してくれるでしょう。CMや企業紹介、採用、商品紹介動画など、さまざまなジャンルの動画制作に対応しており、多くの企業からの信頼を得ています。

3. 株式会社LOCUS

名称未設定のデザイン - 2023-08-17T144138.376

参照:株式会社LOCUS

  • 動画制作のみならず、動画活用コンサルティングやテレビCM制作などが可能
  • 800名以上の厳選されたクリエイターネットワーク
  • リピート率70%以上の高い顧客満足度

株式会社LOCUSは、2,000社以上の取引実績と20,000本以上の動画制作実績を持つ、信頼のおける動画制作会社です。動画制作だけではなく、動画活用やYouTubeコンサルティング、テレビCM制作など、幅広いサービスを提供しています。

800名以上の厳選されたクリエイターネットワークを持ち、高品質な映像を制作してくれるでしょう。業界のパイオニアとしての信頼と実績を持ち、リピート率は70%以上と高い顧客満足度を誇ります。

4. 株式会社アーツテック

名称未設定のデザイン - 2023-08-17T144246.422

参照:株式会社アーツテック

  • 動画戦略のパイオニアとしての実績
  • 戦略的な動画制作・映像制作の企画を提供
  • 高品質でセンスのいい映像制作

株式会社アーツテックの取引実績は1,000社を超え、3,000タイトル以上の作品を世に送り出しています。動画制作だけではなく、動画戦略のパイオニアとして実績を持ちます。

戦略的な動画制作・映像制作の企画や撮影・編集、動画マーケティングをトータルで提供してくれるでしょう。高品質でセンスのいい映像制作を得意とし、多くのヒット作を手掛けています。

5. 株式会社思創堂

名称未設定のデザイン - 2023-08-17T144348.120

参照:株式会社思創堂

  • 納得と成果につながる作品を提供
  • 古典的な映像手法から最新の映像演出手法まで幅広く対応
  • 動画制作やWeb制作、グラフィックデザイン制作に対応

株式会社思創堂は、全国で映像や動画制作サービスを提供しています。クライアントの「思い」を具体的な形にし、納得と成果につながる作品を提供してくれるでしょう。

古典的な映像手法から最新の映像演出手法まで幅広く対応し、動画制作だけではなく、Web制作やグラフィックデザイン制作も手がけます。全国各地の案件に対応しており、豊富な実績と経験を持つプロフェッショナルなチームが、高品質な映像を提供しています。

まとめ

外部の制作会社は、多様なプロジェクトに取り組んできた経験があります。新鮮で創造的なアイデアを提供してくれる可能性が高く、視聴者の心を捉える魅力的なコンテンツを創り出してくれるでしょう。

比較ビズには、数多くの経験豊富なPR動画の制作会社から一括見積が可能です。比較ビズの利用は完全無料であるため、PR動画の理想や予算などを相談してみてください。

監修者の一言

5秒の法則という言葉があります。人間は最初の5秒で、その動画を見るか飛ばすかを決めます。インパクトをあたえる10秒の中でも最も大切になってくる最初の5秒。どれだけ興味を引くスタートダッシュを切れるかが大事になります。

・最も伝えたい要素を入れる作り方
・あえて入れないで興味を引く作り方
・詰め込めるだけ詰め込んで一気に全部見せる作り方

上記以外にも、さまざまな魅力的な見せ方があります。

ただターゲット(視聴者)の年齢を考え作らないと意味がありません。例えば…シニア層なら「自分のこと」として受け止められる内容を意識した動画。 若年層ならスマートフォンやタブレットなどでの視聴を意識した動画。動画は作成すれば終わりではありません。

いかにターゲット(視聴者)に見続けてもらうかということが重要なポイントの一つです。最初の5秒を大事にし、商品やサービスの魅力が一番伝わりやすい手法を選び動画を作成しましょう。

KM7Production
代表者 村田 圭輔
監修者

動画コンサルティング KM7Production代表 村田 圭輔(むらた けいすけ)。映像・音楽制作会社10数年。ジョン・レノンの奥様オノ・ヨーコ様の弟様、小野啓輔様のご紹介で、株式会社MUSIC POCKET入社。イベント運営・舞台制作・音響設置を担当。株式会社雄進印刷/株式会社雄進プラス入社後は、新規営業プロデューサー・制作・撮影などを担当。現在はフリーランスとして2014年01月から活動。2020年9月にはPR動画制作5430万件中24位を取得。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す