プロモーション動画の制作で抑えたい3つのポイント【企業担当必見】

更新日:2019年12月23日 発注カテゴリ: 動画編集・映像
プロモーション動画の制作で抑えたい3つのポイント【企業担当必見】

映像が伝える力は静止画像とは比較になりません。百聞は一見にしかずという諺の通り、実際に目で動画を見ることで、印象がはるかに強くなるのです。近年SNSと連動して動画を利用したマーケティングを展開する企業が増加しています。それだけどの企業も動画の持つポテンシャルを認めているからです。動画を利用するメリットだけでなく、プロモーション動画を制作する際に抑えておきたいポイントを掴んでおくなら、より影響力の強い動画を配信することができるでしょう。

関連する記事

プロモーション動画を活用するメリット

企業がプロモーション動画を制作し、自社のアピールに加えて、製品情報を配信するケースが増加しています。自社のイメージを高め、より多くの人に自社の持つ強みや製品の価値を知ってもらうためにそうするのです。

プロモーション動画を作成することにはどんなメリットがあるのか、まずはその点を把握しておくことが大切です。

メリットその1:情報供給量の多さ

動画の保つ力は静止画像や文章とは比較になりません。目を通して脳に伝達される際、動画はより強い印象を与えます。わずか60秒のプロモーションビデオが何千ページにも渡る文章を遥かに凌ぐ力を持っているのです。

かつてはブログやWEBページよるマーケティングを中心に行っていた企業でさえ、You Tubeなどの動画配信サービスを利用して、プロモーション動画を配信するようになっています。

特に現代人は文章を読むのが苦手とされていて、文章だけのWEBサイトは訪れる人のわずか2割程度しか完読しないという統計結果が出ています。

それがプロモーション動画となると8割を超える人が最後まで動画を見るとさえ言われています。今ではユーチューバーが人気を博し、莫大な収益を上げていることを考えると、動画の持つ情報供給量は図りしれないことがわかります。

メリットその2:気軽に見ることができる

老若を問わず多くの人がスマートフォンなどの携帯端末を所有するようになり、動画をいつでも気軽に見ることができる環境が整っています。

かつてはPCからでしか見ることのできなかった動画でさえ、スマートフォンでいつでもどこでもネット環境さえあれば、気軽に高品質な動画を見ることができます。

今後5Gの普及により、さらに高画質の動画をいつでも気軽にモバイル端末上で見られる時代が来ます。その時にはプロモーション動画が主要なマーケティング材料となっていることでしょう。

メリットその3:与える印象の強さ

プロモーション動画はさまざまな画像効果を活用することで、より印象に残るコンテンツを提供することが可能です。

CGを活用した動画なら、これまでありえなかった仮想現実を実現することができます。

プロモーション動画の制作で抑えたい3つの制作ポイント

プロモーション動画の持つポテンシャルについてはすでに説明したとおりですが、プロモーション動画を制作する場合、見る人によりインパクトを与える動画を制作することが必要です。

動画制作をプロに依頼するとしても、広告などの動画のコンセプト、訴追ポイントなどはこちら側がある程度把握しておくことが大切になります。

製作ポイントを抑えることで、より印象に残るプロモ動画を送り出すことができます。ポイントになるのは次の3つです。

  • 目的を定める
  • 最初の10秒でインパクトを与える
  • 一貫性のある動画を作る

目的を定める

プロモーション動画の作り方で欠かせないのが、ターゲティングです。動画に視聴者を引き込むためには、プロモーションのコンセプトを明確にすることが大切です。

ターゲットを定めずに漠然とした動画を作成した場合、視聴者は何を訴えたいのかを把握できず、動画に引き込むことができなくなります。

ポイントはインパクトを与えたい年齢層、性別、社会的地位といったジャンルを意識して動画を制作することです。

例えば自社の商品をアピールする際、どのようなジャンルを好む人たちのニーズを満たせるかを分析します。

誰が見ても共感できるものを作るのは難しいですが、特定の人たちをターゲットにして、共感を得ることは決して難しくないはずです。

プロモーション動画と自社のサイトを連携させたい場合、動画の中で自社の魅力をできるだけアピールできるようにします。

サイトにアクセスするならどんなことが叶うのか、どのようなニーズを満たしてくれるのかといった点を強調するようにしましょう。

最初の10秒でインパクトを与える

売れる広告というのは最初の10秒以内で与えるインパクトが違います。目で見たものから直感的に自分に必要なものかを人は瞬時に判断します。この特性を利用して、最初の短い一コマでインパクトを与えることを意識しましょう。

30秒のコマーシャルであれば、最初の数秒間に人の心を掴むための情報を発信します。CGを駆使した映像を活用してインパクトを与えることができるかもしれません。

特にスマートフォン利用者をターゲットにプロモーション動画を配信する場合、音がなくてもインパクトを与えられるものを作成します。

ヘッドホンをせずにネットサーフィンをしている人は、音声をオフにしている場合が少なくありません。無声でも映像が与える影響を考えます。

SNSを活用してマーケティングを行う場合には特にそう言えます。You Tubeの場合、広告をスキップするまでにわずか5秒しか時間がありません。この間に必要なインパクトを与えることが大切です。

一貫性のある動画を作る

一貫性という言葉を使用すると堅いイメージがわきますが、言い換えるならストーリー性のあるプロモーション動画を作成することを目標にします。

自動車会社のコマーシャルの中には、ストーリー性をもたせた人間性あふれる広告を配信するものがあります。

これは視聴者に期待を抱かせ、一体この広告は何を訴えたいのだろうという好奇心を沸き立てるのです。

プロモーション動画にCGを駆使してインパクトを与えるという方法もありますが、やはりそのようなコンテンツだけでは飽きが来てしまいます。

これを回避するために大切なのが、ストーリー性をもたせることなのです。複数の場面から構成されるプロモーション動画は次の動画を見たいという気持ちにさせることが求められます。

物語のように起承転結のあるプロモ動画を作ることでより多くの視聴者の共感が得られるのです。

まとめ−プロモーション動画は収益アップにつながる

プロモーション動画が成功すると、自社の収益が格段に伸びる場合が少なくありません。たった15秒のコマーシャルが莫大な収益を上げることさえあります。

プロモ動画を自社で作成することもできますが、よりインパクトを与えるコンテンツを作成したいと思うなら、プロに頼むのを躊躇しないようにしましょう。

映像制作の専門業者であれば、様々な企業のプロモーション動画を手掛けています。「どんなターゲットになんの訴求を行うとマーケティング効果が高くなるのか」という点を心得ているでしょう。

自社と近しい商品・サービスのプロモーション動画を作ったことがあれば尚更です。動画制作のキホンを抑えた上でプロモーション効果の高い動画を作ってくれるはず。

なお、弊社が運営するビジネスマッチングサービス『比較ビズ』にはプロモーション動画の制作実績が豊富にある業者が多数登録しています。

「制作実績」「費用」「制作のクオリティ」などの観点で複数の業者を比較しながら外注先を決めることも可能です。

無料で利用でき上に一括で複数の業者に相談できるため、「プロの業者に依頼したい」という方でしたら、業者探しのツールとして一度使ってみてはいかがでしょうか。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す

動画編集・映像の案件一覧

動画編集・映像のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

動画編集・映像の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら