行政書士を一括見積もり、比較して探すなら「比較ビズ」

行政書士
一括見積もりで比較して探す

行政書士の主な業務には、経営顧問業務、会計業務、経営事項審査業務、建設業許可、入管手続・各種営業許可手続業務、相続手続、国際法務業務等があります。もちろん、このほかの業務を専門としている行政書士もいます。行政書士の中にも深いところまで対応する人もいます。たとえば契約代理権による、遺産相続、離婚、債務整理などに関わる場合もあるようです。これは行政書士や司法書士の中間の仕事をしているようなイメージですが、行政書士と司法書士の両方の資格を保持している場合もあります。フレキシブルに対応でき、スペシャリストとしての活躍が期待され、なおかつ私たちの身近な相談相手として対応してくれるのが行政書士なのです。

行政書士
完全無料
比較ビズの3つのポイント

行政書士の分野の一覧

  • 法務相談は「企業の活動に伴い発生する法的な業務」を指し、具体的な業務として「契約業務」「法務問題の対応」「コンプライアンスなど内部統制の事務局」「M&A」「知的財産権の保護」などが挙げられます。法律問題や紛争に …

  • きちんとした契約書を交わさなければ、会社が思わぬ被害を受けることがあります。個人間においても後々争いが起こり、つまらない思い違いで大変な騒ぎに発展することも。欠陥のある契約書で思いもよらない金銭的被害を受けな …

  • 新規事業の立ち上げに必須となる許認可の取得。しかし、許認可には数え切れないほどの種類があり、申請に必要な書類の独自性などから、素人がたやすく行えない側面もあります。そこで行政書士に申請代行依頼をすることによっ …

  • 行政書士は登記を行うことはできませんが、登記に必要な添付書類である「定款」や「議事録」や「承諾書」を作成することができます。そのため、ご自分で登記を行う場合は、行政書士に必要書類の作成だけを依頼すると、起業・ …

  • 遺言状・遺言書の作成について、みなさまどの専門家に相談して依頼したら良いのか迷うことと思います。作成のみで費用がもっとも安価である行政書士か、相続人調査・確定が専門の司法書士か、執行・調停・審判のすべてが対応 …

  • 外国人を受け入れたい、日本へ来ている留学生を雇いたい、ちょっと待ってください。雇用前に本人は入国・在留資格を手に入れていますか?基本的には労働者自ら入国管理局に出頭して書類の提出をしないといけませんが、言語問 …

  • 売掛金回収・債権回収は、企業や事業者にとってもっとも身近な問題です。自社の事務員だけでは連絡が取れない、自分で連絡してもいつも結局お金が支払われないなど、会社を経営するにあたり大きく足を引っ張ります。比較ビズ …

行政書士を都道府県から探す

行政書士を一部ご紹介

比較ビズに掲載されている行政書士を一部ご紹介

  • 朝尾行政書士・マンション管理士事務所

    朝尾行政書士・マンション管理士事務所
    代表者 朝尾 利彦 (あさお としひこ) ・登録番号 12080486 ・東京都行政書士会 ・首都圏マンション管理士会 ・行政書士 ・入国管理局承認申請取次者(東)行12第218号 ・マンション管理士 ・管理業務主任者 ・不当要求防止責任者 営業時間 9:30〜17:30 …

    東京都台東区台東三丁目44番6号 スカイノブレ御徒町ビル302号

  • 株式会社コアネットサービス

    株式会社コアネットサービス
    北海道札幌市の経営コンサルタント会社代表。会社設立、独立開業の手続きから日々の業務に至るまで専門家のネットワークの中で、多岐にわたる事務業務を代行しております。部分的なアウトソーシングからフルアウトソーシングまで、お客様のご要望に応じて「 …

    北海道札幌市厚別区厚別南1丁目8番28号

  • 守屋行政書士事務所

    守屋行政書士事務所
    生年月日 1966年10月6日 出身地  東京 行政書士の職歴 平成17年に東京で開業6年間営業。         その後しばらく休業して、神奈川で、飲食業を開業。         平成27年9月に閉店。         平成28年2月15日、神奈川県行政 …

    神奈川県相模原市中央区緑が丘2丁目10番6号

  • 大和行政書士事務所

    大和行政書士事務所
    国際業務を専門にしている行政書士事務所です。 国際業務を専門にしているため、確かな知識と経験で、外国人の呼寄せ、雇用のほか、外国人の起業などフルサポートいたします。 また、国際結婚、永住許可、帰化申請、特別許可なども得意としている事務所です。

    東京都新宿区高田馬場1丁目27ー3ニュー竹宝ビル603

  • 市民法務行政書士事務所

    市民法務行政書士事務所
    ・中央大学法学部法律学科卒業 ・所持資格  (特定)行政書士、消費生活アドバイザー、宅地建物取引主任者  ファイナンシャルプランナー他 ・宅建合格WebCD講座 主宰&講師 ・主な著書  全国初、実用新案取得「宅建ハンティング」1〜3巻 (三修社) …

    三重県三重郡菰野町大字下村1004番地12

  • 美之行政書士事務所

    美之行政書士事務所
    女性行政書士の事務所です。 弊所は「親切・丁寧・わかりやすく」をモットーに対応させていただきます。 建設業許可申請、遺言書作成・相続手続、離婚協議書や契約書の作成、お墓に関するご相談等お困りごとがあれば、ぜひご相談ください。 提携しており …

    大分県佐伯市長島町2-1-1 千栄ビル2階

行政書士について

行政書士の仕事内容・独占業務

行政書士というとどんな仕事をしているとイメージしますでしょうか?実は企業にとってはとても身近な存在です。中小企業のビジネスモデル策定もしますし、経営・行政・法のバランスを取るような幅広い仕事もこなします。特に中小企業や個人事業のパートナーとして行政書士が存在していることも多いのです。

行政書士をその名称通りに解釈すれば、行政に関する書類の仕事かなと思われてしまいますが、実は司法書士や弁護士、社会保険労務士というような専業のイメージよりも幅が広く扱えることがうかがえるのです。実は、経営法務やITコンサルも請け負うことがあるのです。例えば、税金や会計は税理士・公認会計士と思うことが多いでしょうが行政書士も税金の事や会計には詳しいのです。会社決算や会計帳簿などの財務処理も詳しいのです。行政書士業務は一般的には次のように定義されています。

  • 1.官公署に提出する書類を代理作成・申請する
  • 2.権利義務に関する書類を代理作成・申請する
  • 3.事実証明に関する書類を代行作成・提出する
  • 4.契約その他に関する書類を代行作成する
  • 5.その他当該書類作成
  • 6.官公署への書類提出手続を代行する

書類の作成・提出が中心ですが、業務範囲がかなり広いことが解かります。税理士はキャリアの長い人ですと、経理や税務の相談はできても、ITなどにあまり詳しくないこともあります。その点、税務やITと経営に詳しいのが行政書士です。もっとも年齢というよりもその人の得意不得意である分野であることが最もポイントになりますので、ITや財務に詳しい行政書士はストライクゾーンが広いと思っていいでしょう。その他の士業よりも柔軟性があり、行政書士は様々なニーズに迅速に対応していこうという場合が多いようです。

行政書士の実情・年収

行政書士の年収は平均どれくらいなのでしょうか。一般サラリーマンと変わらずというのが多い意見で、一説には400万〜500万円である、と言われています。全国行政書士登録者数は平成19年5月時点で39,219名いて、4,477人の行政書士がアンケートに答えており7割以上が、500万円未満がと最も多く、1割が1000万未満、残りが2000万以上となっています。年収500万にはならないという実状が全体の7割以上という事になります。都市部か地方なのかによって、収入や仕事の内容も違ってきますので、あくまで目安として捉えた方が良いでしょう。

良い行政書士の特徴

行政書士は、行政書士法第12条において、「正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。」という法的な決まりがあります。このような決まりを守る行政書士はもちろんのこと、どちらにしても「なんでも相談できる」といった雰囲気があるほうが、中小企業や個人事業の人には使いやすいと思います。それに加えて知識が広範囲に豊富な事も重要です。

会社で組織人として働くのと、行政書士など独立開業者として働く場合でも異なってきます。開業の行政書士であれば、サラリーマン行政書士と比較すると、報酬がまるまる自分に入るため、よりクライアントに満足してもらえるよう、サービスの質が高い印象があります。

行政書士のよくある質問

建設関係の書類も行政書士に頼めると聞きました

建設工事会社が、建築や道路、トンネルなどの工事を請け負う時には建築許可が必要になります。その時の申請書類代行も行政書士が行います。

外国人の日本居住の査証も代行してくれますか

外国人の方が日本の学校に通う、居住する、日本で仕事をするにはVISA(査証)の認定が必要です。この代行も行政書士が行います。

法人の設立などにも行政書士が関わると聞きました

会社設立、NPO法人設立、相続、飲食店の許可なども行政書士が申請を行います。その種類は多く、新規設立や申請のエキスパートと言われるゆえんかもしれません。

個人開業の行政書士と大所帯の事務所の行政書士どちらに依頼するほうがいいの?

会社の規模や依頼する内容によって異なりますが、個人経営や中小企業の場合なら小回りの利く開業している行政書士のほうが相談しやすいかもしれません。所長独自のルールで回すことが出来ますので、いろいろな範囲で相談が出来ると思います。

得意な分野がある行政書士さんはどのように見分ければよいのでしょうか?

ホームページや実績などで確認が出来ますし、経歴やいままでの業務内容を確認すれば得意分野の内容がわかります。また面談や相談の時に、ダイレクトに聞いてもかまわないと思います。自分がやってほしい分野にマッチしているのか?それともかけ離れているのかなどを判断して依頼するほうが良いでしょう。このように行政書士は業務範囲が広い、力量に個人差がある場合も多いです。上手くマッチする様に選択する必要がありますね。

行政書士を探すなら

比較ビズでは行政書士を 法務相談契約書・書類作成許認可申請代行起業・開業支援遺言状作成(遺産分割協議書作成)入国在留許可関連債権回収、 など様々な分野から絞り込んで、比較・一括見積もりをして探すことができます。行政書士を探すなら日本最大級のビジネスマッチングサイト「比較ビズ」で。

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営11年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら