注文住宅を建てたい!ハウスメーカー選び方をチェック【メリットデメリットも紹介】

更新日:2020年05月25日 発注カテゴリ: 一戸建て・注文住宅
注文住宅を建てたい!ハウスメーカー選び方をチェック【メリットデメリットも紹介】

注文住宅を建てる場合、どこに設計・工事を依頼するかではいくつかの選択肢があります。そのうち、多くの人が選んでいるのはハウスメーカーです。他の選択肢よりもメリットが大きいからですが、たくさんのハウスメーカーがあり、その中でもどこにしたらいいかと悩んでしまうのも事実です。そこで本記事では、注文住宅を建てる際のハウスメーカーの選び方を解説していきます。「ハウスメーカーの選定で、何を決め手としたらいいかわからない」と不安を抱えている方、必見です。

関連する記事

ハウスメーカーの選び方のポイントと決め手

たくさんの会社があり、それぞれに異なる特徴を持っています。そこで、どんな基準で比較し選んだらいいかを確認することは大事です。実際にハウスメーカーで注文住宅を建てた人のコメントもチェックして、その傾向も確認しましょう。

住宅の構造や工法

注文住宅と一口に言っても、メーカーによって構造や工法が異なります。それぞれに建築費用や耐久性、家の中の暖かさなどが違うので、どこを選ぶかによって住み心地やメンテナンスのしやすさなどが変わってきます。

普通の住宅であれば木造であることが多いですが、メーカーによっては軽量鉄骨を用いていることもあります。軽量鉄骨だとより耐久性や耐震性が増しますが、建築費用が上がります。

また、伝統的な軸組工法というものもあります。和風建築の技術を持った職人さんの手によりますので、より丁寧で上質な仕上がりを期待できますが、やはりコストが高くなる傾向にあります。

間取りとデザイン

ハウスメーカーごとに独特のデザインや間取りのプランを持っています。分かりやすいところでは、洋風住宅と和風住宅という違いです。

メーカーの中でも異なるコンセプトラインがありますが、全体を貫くデザインや設計コンセプトというものがありますので、どことなく共通しているものがあるのです。間取りも、リビングを広く取るなど、それぞれに工夫があります。

どれが良いということではなく、自分の好みに合うか、家族構成を見て住みやすいかを考えることが大事です。

建築費用

どのメーカーも基本となる建築費用基準を持っています。多くの場合、坪単価で表記しています。

坪単価とは1坪当たりいくらで建築できるかという目安です。たとえば、坪単価60万円で40坪の住宅を建てるとしたら、総工費は2,400万円になるといった具合です。

ただし、これはあくまでも目安ですので、最終価格は見積もりを出してもらわないといけません。また、住宅本体だけの工費で、庭や塀などの外構工事は別ということもあるので注意が必要です。

メーカーとしての知名度

ハウスメーカーと言っても、全国的にサービスを展開した一部上場企業もあれば、一部地域だけで営業しているところもあります。知名度が高いとやはり安心感がありますし、保証体制などもしっかりとしていることが多いものです。

また、住宅展示場を持っているケースも多いので、完成イメージを実際に自分の目で確認できるのもメリットです。しかし、小さなメーカーが劣っているということでは決してありませんので、じっくりとメーカーのサービスを確認することが重要です。

担当者の対応

営業というのは、提供されるサービスそのものだけでなく、担当してくれる人の人柄や対応にもよります。いろいろな質問にしっかりと答えてくれて、要望にも応じてくれる担当者であれば、積極的に発注をしたくなるのも当然です。

担当者の雰囲気や対応の仕方というのは、会社としての方針も見えてくるものです。担当者の対応の仕方を見て、メーカーとしての姿勢を計るというのも一つの選定基準となります。

設置する設備

ハウスメーカーはそれぞれで、設置する設備のメーカーやモデル、価格帯を持っています。そのため、建物そのものだけでなく、キッチンやバス、建具などの設備を見て決めるというのも一つの手です。

実際に住む上では、使いやすさやデザインなどの点で、設備はかなり重要なポイントとなりますので、ハウスメーカーを決めるためにも考慮すべきです。

実際にハウスメーカーに発注した人のコメント

このように、いろいろな選定基準がありますが、実際に家を建てた人のコメントを見て何を重視したのかを考えるのも大事です。たとえば、次のような感想もあります。

「間取りも窓も大きくて明るく、開放感のある部屋が欲しいと思っていました。他にもいくつかのポイントがありましたが、結局はリビングの天井が高くて広々とした設計が特徴のメーカーを選びました。」

「特にデザインなどのこだわりはなかったので、二世帯で住むのに便利な間取りにしてくれるところを選びました。二世帯住宅の施工実績も高いということで、安心して頼めました。担当者の方も、私たちの細かな要望を丁寧に聞いて、設計の中に役立ててくれて良かったです。」

このように、まずはマイホームに期待したいこと、こだわりを自分たちの中で持つことが大事です。しっかりと自分たちなりの重視するポイントがあると、よりハウスメーカー選びがしやすくなります。

ハウスメーカーにするメリットとおすすめメーカー

このように、いろいろな選定基準がありますが、現実としてどのメーカーも良いように見えて、最終決定がしづらいということもあります。そこで、ハウスメーカーにするメリットを知り、その上でおすすめのメーカーをチェックしてみましょう。

ハウスメーカーのメリット

安定した品質の住宅建築をしているのが大きなメリットです。同じコンセプトによる設計と建設をしていますし、施工実績も高いので同じ工費でも良質の注文住宅を建てられます。

さらに、保証制度を含めアフターサービスがしっかりしているので安心というのもメリットです。

ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーは、一定のデザインコンセプトや工法を持っています。そのため、注文住宅と言えども、ある程度決まった形になってしまいます。

より個性的なデザインや、完全に自分の好きなようにしたいというケースではデメリットとなります。

おすすめのメーカー

ハウスメーカーでは最大手のダイワハウスは、使用している建材や設備の質がとても高く、コスパに優れています。また、デザインも落ち着いたもので誰からも好かれます。

住友林業も人気が高く、特に上質の木材を使った耐久性のある家を建てられるのが魅力です。施主に合わせた柔軟な設計と設備選びができます。

まとめ

ハウスメーカーは、それぞれ異なる特徴があります。そこで、まとめてメーカーを比較できる「比較ビズ」はとても役立ちます。

一括して見積もりを出すこともできて、効率よくメーカー選びができます。こうしたサービスを使って、理想のマイホームを建てましょう。

一戸建て・注文住宅を一括見積もりで発注先を楽に探す

一戸建て・注文住宅の案件一覧

一戸建て・注文住宅のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

一戸建て・注文住宅の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら