無料ホームページテンプレート8選を比較!特徴・選び方のポイントも解説!

更新日:2021年06月10日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
無料ホームページテンプレート8選を比較!特徴・選び方のポイントも解説!

ホームページにテンプレートがあるのをご存知ですか?ホームページの制作を任されてしまった、でも作り方もわからないし制作会社に依頼する予算もない、そんな方でもホームページテンプレートを活用すれば、簡単かつキレイにホームページを制作できるのです。ただし、ホームページの種類によってテンプレートの特徴や使い方は異なります。どのようにテンプレートを選べばいいのか迷ってしまう場合もあるでしょう。そんな悩みを持つ方に向け、本記事ではホームページテンプレートの種類や特徴を解説するとともに、おすすめのホームページテンプレートサイトを厳選して比較紹介!テンプレートを選ぶポイントやHTMLテンプレートの使い方も解説します。

ホームページテンプレートとは

ホームページテンプレートとは、ホームページを作るときのベースとなる「ひな形」のことです。ホームページをゼロから制作するには、レイアウトを含めたWebページをデザインし、ブラウザで表示できるように「HTML」「CSS」「JavaScript」などのプログラミング言語を使ってソースコードを記述(コーディング)していくことが一般的。

当然、ホームページを制作するにはWebデザインのスキル、コーディングの知識・スキルが必要です。一方、Webページのデザイン・レイアウトをそのままブラウザで表示できるよう、最初からソースコードの記述されているファイルがホームページテンプレート。

ホームページテンプレートを活用すれば、コンテンツを入れ替えるだけで、簡単に自社ホームページを制作できます。

ホームページテンプレートなら素早くキレイに制作!

ひな形としてのホームページテンプレートを活用するメリットは、なんといっても素早くキレイに自社ホームページを制作できること。ホームページテンプレートを活用すれば、一般的なホームページ制作で必要な「設計」「デザイン」「コーディング」という工程を省けるため、作業時間を大幅に短縮できます。

コンテンツ制作もテキストや画像を用意し、テンプレートと差し替えていくだけ。コーディングの知識・スキルも必要としません。また、配布されているホームページテンプレートのほとんどが、プロフェッショナルWebデザイナーによって高品位にデザインされているのもポイント。

外部制作会社に依頼すれば制作費用が発生しますが、本記事で紹介する無料サービスなら、高品位なホームページを無料で制作できます。

オリジナリティはアピールしにくい

高品位なデザインのホームページを、簡単かつ素早く制作できるメリットを持つホームページテンプレートですが、他社との差別化やオリジナリティをアピールしにくいという一面があります。

たとえば、自社と競合する企業であれば、ビジネスモデルが近くなるのは当然。ビジネスモデルが近いのであればホームページに求める要素も似てきます。自社と同じホームページテンプレートを競合他社が活用することになれば、どうしても差別化は難しくなります。

担当者が、HTML / CSS / JavaScriptを駆使した高度なコーディング技術を持つのであれば、ホームページテンプレートをカスタマイズし、オリジナリティをアピール可能かもしれませんが、そこまでのリソースを持つ企業・店舗は多くはないでしょう。ひな形であるが故に、自由度も高くはないのもホームページテンプレートの特徴です。

ホームページテンプレートには種類がある?

差別化・オリジナリティのアピールが難しいことを考慮に入れても、ホームページテンプレートを活用するメリットが大きいと判断できるなら、あとは最適なテンプレートを選んで作業するだけ!

・・・・といいたいところですが、その前に、ホームページを制作するにはいくつかの方法があること、制作方法によってテンプレートの種類・使い方がいくつかあることを知っておかなければなりません。以下から、代表的な種類を簡単に解説していきます。

HTMLテンプレート

もっともオーソドックスなホームページ制作方法としては、WebサーバにHTMLで記述されたWebページをアップロードする「HTMLサイト」が挙げられます。

HTMLサイトの特徴は、ユーザーのリクエストに応じて、適切なWebページをそのままブラウザに表示させる「静的サイト」であること。このHTMLサイトを作るためのホームページテンプレートが「HTMLテンプレート」です。

無料ホームページテンプレートを活用すれば、ホームページ自体の制作費はかかりませんが、ホームページのドメイン取得費用、公開するためのWebサーバ維持費用が必要。ドメイン取得・維持には年間数千円、レンタルサーバの維持費に月額数百円からの費用がかかります。

ASPテンプレート

近年、ホームページを制作する有力な方法のひとつとなっているのが、クラウド環境に用意されたホームページ制作サービスを利用する「ASPサイト」です。すべての環境がクラウドに用意されているため、Webブラウザさえあれば特別な知識やツールを持たなくても簡単にホームページを作れるのがASPサイトの特徴。

このASPサイトを作るためのホームページテンプレートが「ASPテンプレート」です。サービスにログインしてテンプレートを選んだら、ブラウザでパーツをドラッグ&ドロップして配置していくだけ。

もっとも簡単にホームページを制作できるテンプレートだといえるでしょう。ドメインやサーバを別途用意する必要もなく、月額利用料も高くないのがポイント。無料でホームページを制作できるサービスもあります。

CMSテーマ

HTMLサイトと並び、世界中で採用されるホームページの制作方法が、CMS(Contents Management System)を活用した「CMSサイト」です。

ユーザーリクエストに応じて、都度Webページを生成する「動的サイト」がほとんどのCMSサイトは、データベースを持つWebシステムであるのが特徴。WordPressに代表されるように、CMSで利用されるテンプレートは「CMSテーマ」と呼ばれます。

WebシステムであるCMSの場合、テーマはインストールしてカスタマイズすることが基本。ドメイン・サーバの用意が必要なほか、サーバにCMSシステムを構築する必要があるなど、やや制作のハードルが高くなりがちなため、CMSテーマに関しては別の機会に解説させていただきます。

おすすめホームページテンプレートサイト5選!HTMLテンプレート

ホームページの制作方法、テンプレートの種類が理解できたところで、早速、無料ホームページテンプレートを提供する、おすすめサービス・サイトを紹介していきましょう。まずはHTMLサイトを簡単に制作できる「HTMLテンプレート」からです。

TEMPLATE PARTY

「TEMPLATE PARTY」は、熊本県熊本市に拠点を構えるネット・オーク株式会社の無料ホームページテンプレートサイトです。商用にも利用できる高品位な、レスポンシブHTMLテンプレートを1,100点以上公開。

「ビジネス」「ショップ」「飲食店」「個人サイト」「クラブ・スナック」「初心者」向けなど、用途別に最適化されいるのも選びやすさのポイント。テンプレート下部に著作権のクレジットが入るものの、すべてを無料で利用できます。

クレジットを削除したい場合は、ライセンス契約することで対応可能。6サイトまでの「一般ライセンスコース」、7サイト以上の「永久ライセンスコード」が用意され、ニーズにあわせて選択できます。有償とはなりますが、テンプレートのカスタマイズにも対応できるため、オリジナリティを追求したい方は相談してみるのもひとつの方法です。

https://template-party.com/

  費用目安
一般ライセンスコース 3,190円
永久ライセンスコース 22,000円
テンプレートカスタマイズ 3,000〜10,000円

無料ホームページテンプレート.com

「無料ホームページテンプレート.com」は、福岡県福岡市のWebデザイン会社、株式会社クラウドナインが運営する無料ホームページテンプレートサイトです。約100種類ものレスポンシブHTMLテンプレートが公開されるほか、WordPress向けの無料テーマも配布。

ダウンロード後に自由にカスタマイズできるのはもちろん、商用を含めてすべて無料で利用できます。テンプレートには同社へのリンクを埋め込んだクレジットが表示されますが、シリアルキーを購入することでクレジットの削除が可能。

より高品質なHTMLテンプレート、WordPressテーマの入手できる有料ホームページテンプレートサイト「クラウドテンプレート」も、姉妹サイトして運営しています。

https://f-tpl.com

  費用目安
シリアルキー 2,980円(1サイトにシリアルキー1つが必要)

フリー素材屋Hoshino

「フリー素材屋Hoshino」は、フリーランスWebデザイナーの星野氏が運営する、フリー素材サービスサイトです。HTMLホームページテンプレートのほか、高品質な写真素材、イメージ素材、壁紙などを商用も含めてすべて無料で利用できます。

レスポンシブ対応を含め「歯科・医療系」「ショップ」「美容室」「カフェ」「ビジネス」「クール系」など、最適化されたHTMLテンプレートを多数公開。WordPressテーマも配布しています。

配布されるテンプレートは、PR枠さえ削除しなければ自由にカスタマイズ可能。有料コースを選択すれば、PR枠を外すことも可能です。姉妹サイトの「MegaPx(メガピクス)」では、3万円からのホームページ制作を請け負っているほか、HTMLテンプレートも無料配布しています。

https://www.s-hoshino.com

Seatl.net

「Seatl.net」は、著作権クレジットなし、商用利用可能のHTMLテンプレート約80種類を、無料で配布するホームページテンプレートサイトです。レスポンシブデザイン、リキッドデザインのほかに「1カラム」「2カラム」「3カラム」「メールフォームテンプレート」が用意されており、どれもスタイリッシュにデザインされているのが特徴です。

それぞれのテンプレートにはCSSコメントが付与されるなど、初心者でも使いやすいのがポイント。HTML / CSSの編集方法、JavaScriptの設定方法、SEOのやり方などのコンテンツも充実しており、基礎知識を学びながらホームページを進めていけます。リンク付きのCSS / JavaScriptサンプル集も用意されています。

http://saetl.net/index.html

WEB TEMPLATE Factory

「WEB TEMPLATE Factory」は、大阪府大阪市のWeb制作会社、有限会社ウェブ・ファクトリーが運営する無料ホームページテンプレートサイトです。ホームページ制作、SEOを中心に事業を展開する同社らしく、SEOを重視したHTMLテンプレートを厳選して無料配布しているのが特徴。プロのWebデザイナーの手による16種類が公開されています。

テンプレートに表示される著作権リンクは、有料カスタマイズによって削除することも可能。無料HTMLテンプレートを活用したホームページ制作を安価に請け負ってくれるほか、サーバへのアップロード代行も依頼可能。もちろん、初心者でも使えるように、簡単な使い方を紹介するコンテンツも用意されています。

https://template.jp.net

  費用目安
著作権リンク非表示 10,000円
無料テンプレートを使ったホームページ制作 50,000円
サーバアップロード代行 2,500円

おすすめホームページ制作サービス3選!ASPテンプレート

HTMLテンプレートに続いて、豊富なASPテンプレートを活用できる、おすすめのホームページ制作サービスを紹介していきます。いずれのサービスも無料でホームページを作成できるプランが用意されていますが、一部サービスに制限が設けられているケースも。有料プランも合わせて紹介していきます。

Wix

「Wix」は、世界190か国、1億6,000万人以上のユーザーが利用する、クラウドベースWeb制作プラットフォームです。ページ数の制限もなくだれでも無料でホームページを制作できるのが特徴。アカウントを作成したら、600種類以上が用意されたテンプレートを選び、ドラッグ&ドロップで編集するだけ。

AIを活用した初心でも扱いやすい制作ツール「Wix ADI」のほか、カスタマイズの自由度が高い「Wixエディタ」も用意され、ニーズにあわせて使い分け可能です。テンプレートは「ビジネス」「写真」「飲食店&グルメ」「ファッション・スタイル」などに細かくカテゴライズされているため選びやすいのもポイント。

無料プランの場合は独自ドメインが使えない、広告が表示される特徴がありますが、有料プランならビジネスサイトにも活用可能。本格的なネットショップも開設できます。

https://ja.wix.com

  費用目安
ベーシック $14 / 月
アドバンス $18 / 月
プロ $23 / 月
VIP $39 / 月

Jimdo

「Jimdo」は、世界中の200万ユーザーから利用される、ドイツ発祥のクラウドベースWeb制作システムです。コーディングの知識なしにホームページ制作できる「Jimdo AIビルダー」、自在にカスタマイズしたい方向けの「Jimdoクリエイター」の2つのプランが用意され、どちらも無料からスタート可能です。

総数は公開されていないものの、ネットショップを含むさまざまなホームページに活用できる豊富なテンプレートも用意。ドラッグ&ドロップでの編集が可能なほか、ギャラリーやフォームも簡単に設置できます。独自ドメインが使えない、5ページまでという制限を解除する各種有料プランも用意されています。

https://www.jimdo.com/jp

  費用目安
Jimdo AIビルダー START $9 / 月
Jimdo AIビルダー GROW $15 / 月
Jimdoクリエイター PRO $10 / 月
Jimdoクリエイター BUSINESS $20 / 月
Jimdoクリエイター SEO PRO $30 / 月
Jimdoクリエイター PLATINUM $40 / 月

Ameba Ownd

「Ameba Ownd」は、株式会社サイバーエージェントが運営するクラウドベースWeb制作サービスです。独自ドメインを利用したホームページを無料で制作できるのが特徴。BASEと連携したネットショップ構築や、SNSとの連携機能を持つなど、ホームページ制作するのに必要な機能が最初から搭載されています。

約20種類が用意されるホームページテンプレートは、キーカラーの変更、CSSの編集を含めたカスタマイズが可能。スマートフォンでも簡単にホームページ制作できる手軽さが魅力。一方、無料プランは10ページまで、画像用のストレージが1GBまでという制限が。プレミアムプランに加入すれば、これらの制限を解除できます。

https://www.amebaownd.com

  費用目安
プレミアムプラン 960円 / 月

ホームページテンプレート選び方のポイント

ここまでで、無料ホームページテンプレートを提供する、おすすめサービス・サイトを紹介してきました。しかし、なかには1,000種類を超えるホームページテンプレートを公開しているサイト・サービスも。

いったいどれを選べばいいのか?迷ってしまう方も少なくないでしょう。そんな方に向け、以下からはホームページテンプレートを選ぶポイントを簡単に紹介していきます。

自社業種向けのレイアウトを選ぶ

競合他社との差別化を考えれば、独自性の高いテンプレートを選びたいところではありますが、実際には自社業種・業態向けにレイアウト・デザインされたホームページテンプレートを選ぶべきでしょう。

これは、ある程度業種・業態による「ホームページのイメージ」というものが存在するため。あまりにもイメージとかけ離れたテンプレートを使うと、ひと目でどんな企業・店舗なのか?ユーザーを迷わせてしまうことになります。

ユーザビリティの優れたテンプレートを選ぶ

レイアウト・デザイン面だけでなく、ユーザーの使い勝手=ユーザービリティに優れたホームページテンプレートを選ぶのがおすすめ。いくらスタイリッシュなホームページでも、なにがどこにあるのか分からないのでは、ユーザーが早々に離脱してしまうでしょう。目的のページにキチンと誘導できる導線が考えられているか?重要なポイントです。

レスポンシブデザインのテンプレートを選ぶ

インターネットユーザーの約6割が、端末にモバイルデバイスを活用している現在、レスポンシブデザインのホームページが必須。ホームページ制作、更新の手間を省くためにも、デバイスに応じて表示の最適化できる、レスポンシブデザインのホームページテンプレートを選ぶべきでしょう。

HTMLホームページテンプレートの使い方は?

最後に、ホームページをHTMLサイトで作りたい、でもコーディングの知識やスキルはないという方に向け、HTMLホームページテンプレートの使い方を簡単に解説していきます。一般的に、HTMLテンプレートの中身は「index.html」「style.css(cssフォルダ)」「script.js(jsフォルダ)」「画像(imagesフォルダ)」の4つで構成されています。

このなかで、ホームページの本体といえるのは「index.html」。これをAdobe Dreamweaverやホームページビルダーといったツールで編集し、フォルダ構成を保ったまま「FTPソフトウェア」を使ってサーバにアップロードするのが基本です。

それぞれのファイルを理解しよう!

それぞれのファイルは、ブラウザでホームページを正しく表示させるため、それぞれ別の役割を担いながらリンクされています。

index.html ホームページの本体。テキスト・コンテンツ制作、ページ追加などはindex.htmlを編集する
style.css フォントや色・装飾、フッター・ヘッダーなど、ホームページのデザインに関するファイル
script.js マウスオーバーで色が変わるなど、ホームページの動きに関するファイル

当然のことですが、イメージフォルダにある画像は、テンプレートのイメージを表現するための仮画像です。これを自社独自のものに差し替えるだけで、ホームページの印象は大きく変わります。

まとめ

本記事では、おすすめのホームページテンプレートサイトを比較紹介するとともに、ホームページテンプレートの種類や特徴、テンプレートを選ぶポイントやHTMLテンプレートの使い方も解説してきました。シンプルなホームページであれば、テンプレートを活用して簡単に制作できることが理解できたのではないでしょうか?

しかし、ホームページを作ることはできても、効果的に集客できるかどうかは別問題。公開後の運用・更新も必要です。少しでも不安があるなら、ホームページ制作会社に相談してアドバイスを仰ぐのもひとつの方法です。「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良なホームページ制作会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイント。ホームページ制作会社の選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインの案件一覧

ホームページ制作・デザインのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す