CMS構築の費用・料金相場を徹底解説

更新日:2019年01月30日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
CMS構築の費用・料金相場を徹底解説

自社でホームページを作成して多くのユーザーに訪問してもらうというのは、いまや多くの企業が行っているアピール手法となりました。ホームページを魅力的にすればより多くのユーザーが訪問してくれ、自社の製品を多く買ってくれる可能性が高ります。しかしホームページを作った後には、定期的に更新をしたり適切な運営をしたりしなければなりません。そんな時に役立つのがcms構築です。ではcms構築を外部委託した時の費用・相場について考えてみましょう。

関連する記事

そもそもcms構築とは何?

cms構築の費用・相場について知るためには、まずcms構築とはいったい何かを知らなければならないでしょう。cmsとはホームページを作る際の専門的な知識を必要とせず、誰でも自由にホームページを構築、更新、運営ができるシステムのことです。

コンテンツ・マネジメント・システムの略で、簡単に短時間でウェブサイトやホームページの運営や更新が行える人気のシステムとなっています。これまでホームページの構築や運営にはHTMLなどの専門的な知識を習得する必要があったため、多くの労力と費用がかかってきました。

しかしcmsを利用すればこうした労力も費用も格段に削減することが可能なのです。現在では多くの人はインターネットを通して情報収集を行っているので、自社の製品やサービスをより多くの人にアピールするためにはcms構築が不可欠と言っても過言ではありません。

今後起業を考えているという方、より一層業績を伸ばしたいと考えている方は自社で、もしくは外部に委託することでcms構築することを検討する必要があるかもしれません。

cms構築の費用・相場はまちまち

多くの方はcms構築にどのくらいの費用がかかるのか、費用・相場はどのくらいなのかを知りたいと思うことでしょう。しかしcms構築の費用・相場を正確に知ることはなかなか難しいものです。というのは、cms構築といってもウェブサイトが持つ機能や規模、委託される業務が様々だからです。

例えばホームページのデザインは自社で準備して、機能のプログラムを委託するという場合と、デザインなどすべてを丸投げしてしまう場合とでは費用は大きく変わってきます。またどのような機能を実装するかという点でも費用・相場が変わります。

例えばブログの更新だけをするのであればそれほど費用はかからないかもしれませんが、デザインを考えたうえで固定ページを20ページ作成となればかなりの費用がかかることは予想できます。これは家を建てることに似ていると言えます。

ある人は大きくて部屋がたくさんあり、大きな庭のある家を建てたいと思うことでしょう。一方でこじんまりとした温かみのある家が欲しい人は大きさや部屋数よりも内装にこだわるかもしれません。当然希望する機能によって価格が変わってくるため、一概にどのくらいの費用がかかるとは言えないのです。

この場合「家はいくらですか?」と尋ねられても誰も明確な答えは出せません。その家の詳細を決めて初めて費用・相場がある程度わかるということになります。cms構築もどうように、どのような機能を付与したいかによって費用・相場は大きく変わるのです。

cms構築の費用・相場の例

ではcms構築の具体的な費用・相場の例について見ていきましょう。まずは比較的小さな飲食店などを紹介するホームページを作る場合です。その店舗の概要やメニュー、サービスなどを紹介する固定のページを5ページ、ブログの更新、最初のページには顧客が撮影した写真をスライドショーで流すとします。

パソコン、タブレット、スマホのすべてでそのページを閲覧でき、固定ページやブログの原稿は顧客が作ると仮定すると、初期費用の相場は50万円から100万円といったところでしょう。個人が経営する制作会社や小規模の制作会社であればこの相場よりもやや低くなる可能性もあります。

もしホームページの運営がうまくいって、さらに多くのコンテンツを追加したいとなった場合には10万円前後の費用がかかります。さらに忘れがちなのがホームページの保守の費用です。ランニングコストですが、これも1万円前後かかると考えておいた方がいいでしょう。

ホームページを適切にトラブルなく運営するためには保守が必要になるからです。最初にcms構築を委託する際にはこのランニングコストも計算に入れておくようにしましょう。一方で中小企業のcms構築についてはどうでしょうか。

こちらは先ほどの飲食店のホームページとは異なり、固定ページが多くなっていきます。会社の概要の説明だけでなく、更新すべきページも増える傾向があるからです。

例えば固定ページの作成が20ページ、写真は委託先の会社が撮影してページ内に組み込むという場合、cms構築の初期費用は200万円前後かかります。もし大規模な制作会社や首都圏の制作会社であればこれよりも高くなる傾向があります。

写真撮影はプロのカメラマンが行うため、その部分の人件費もかかることでしょう。更新系のページはデザインの設計などが含まれるので、費用が高くなってしまいます。こうして見ていくと固定ページの多さがcms構築の費用・相場に大きく影響していることがわかります。

もしcms構築の費用を抑えたいのであれば、固定ページの量を抑えることがポイントになりそうです。さらにcms構築の費用・相場は一般的に見て高く思えるものです。小さな飲食店でさえ初期費用に50万円ほどはかかります。

委託先の会社が渡してきた見積もりを見てびっくりする人も少なくありません。かなり大きな出費となりますが、ウェブサイトがそれ以後にもたらす効果を考えれば決して高くない投資です。cms構築の費用・相場について詳しく知っておいて、見積書を見ても驚かないようにしましょう。

オプションを賢く使う

cms構築はただホームページを構築するだけでなく、いろいろなオプションを使うことができます。より効率的にcms構築を行うためのオプションです。例えば企業のロゴや写真が切り替わるフラッシュ制作であれば安いもので5万円ほど、複雑なものでは20万円前後の費用です。

飲食店などには必須の地図ですが、オリジナルデザインの地図作成になると3万円ほどで作ってくれます。さらにどんな人がどのくらいホームページを訪問しているのか、通り過ぎているだけなのか、それともホームページに長くとどまってくれているのかなどを解析するアクセス解析も1万円程度のオプションとなっています。

その他にもイラスト政策や外国語への翻訳などのオプションもあります。こうしたオプションを賢く使ってより魅力的なcms構築をしてもらうようにしたいものです。

まとめ

cms構築は会社の業績を左右する非常に重要なものの一つです。魅力のあるホームページやウェブサイトを作るためにはある程度の費用を覚悟しておく必要があります。一般的に小さな会社のウェブサイトであれば50万円から100万円、大きな会社になると200万円程度の初期費用がかかります。

これはあくまで初期費用であって、この他にランニングコストがかかります。またオプションを利用すればさらに費用がかかることでしょう。しかし初期投資が大きければ大きいほど効果的なウェブサイトやホームページを作成することが可能です。

その後会社にもたらす多くの利益を考えて、cms構築への出費を惜しまないようにしましょう。

比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインに関する特集記事一覧

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら