「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

【完全保存版】税理士の4つの探し方 | 税理士選びで失敗しないために

公開日:2019年05月23日 最終更新日:2022年05月12日
【完全保存版】税理士の4つの探し方 | 税理士選びで失敗しないために
この記事で解決できるお悩み
  • 税理士はどうやって探すの?
  • 税理士の探し方のメリット・デメリットは?
  • 良い税理士にはどんな特徴がある?

税理士は、企業の経営者や個人事業主にとって心強い味方です。税務処理や節税についてのアドバイスを求めることができ、経営について助けてもらうこともできます。これから顧問税理士を見つけたいという方のために、税理士を探す7つの方法についてご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットについて、さらに税理士を探す前に行うべき準備についても見ていきましょう。

おすすめの税理士の探し方7つ

税理士の探し方にはさまざまな方法があるので、自分にとって取りかかりやすいものを選ぶのがよいでしょう。では、おすすめの税理士の探し方を7つご紹介します。

  • 自力で探す
  • 知人の紹介で探す
  • インターネットで検索して探す
  • 税理士紹介会社を利用して探す
  • 税理士会や商工会議所を通じて探す
  • セミナーに参加して探す
  • 異業種交流会に参加して探す

自力で探す

税理士の探し方の探し方でもっとも手っ取り早いのは、自分で探す方法です。とにかく税理士を手近なところで探してみる方法となります。少し前までは多くの人がこの方法で税理士を探していたので、良い税理士が見つかる可能性は十分あるでしょう。

たとえば、自分の家の近くや職場の近くに税理士事務所があれば、そこを訪ねて話を聞いてみるのがよいかもしれません。さらに、電話帳で税理士を探す、広告を出している税理士に電話してみるなどの方法も考えられます。

知人の紹介で探す

税理士を利用したことがある人が身近にいれば、その知人や友人に税理士を紹介してもらえます。もしくは、知人本人が税理士なのであれば、そのまま依頼してしまってもよいでしょう。

インターネットで検索して探す

税理士の探し方でもっともポピュラーになっているのが、インターネットを使った方法です。いまや、パソコンやスマートフォンを持っていれば、いつでもどこでも税理士について検索できるようになりました。

「税理士」と検索すれば、現在地の近くにある税理士事務所をすぐに探せます。

税理士紹介会社を利用して探す

税理士を探す方法には、税理士紹介会社を介する方法もあります。税理士の情報を専門に扱っている会社で、自分の条件に合った税理士事務所を紹介してくれるでしょう。

税理士事務所について多くの情報を持っているので、選択肢が大きく広がるのがポイントです。

税理士会や商工会議所を通じて探す

税理士会や商工会議所を使って税理士を見つける探し方もあります。税理士会は税理士によって構成されている組織で、すべての税理士が地域ごとの税理士会に登録しています。特定の地域に所属している税理士を見つけたいなどの要望がある場合にはとても便利です。

また、すでに会社を経営している方は商工会議所の会員になっていることもあるので、商工会議所から税理士を紹介してもらうという方法もあります。

セミナーに参加して探す

税理士は、セミナーなどに参加して探すことも可能です。セミナーといっても色々ありますが、税理士を探すのであれば確定申告セミナーに参加してみるとよいでしょう。

確定申告の時期になると数多くのセミナーが開催されるので、自分がよいと思ったものに参加でできます。場合によってはとても有名な税理士に会えたり、大規模事務所のセミナーを見つけられたりする場合もあるでしょう。

異業種交流会に参加して探す

経営者として人脈やネットワークを広げたいと思っているのであれば、「異業種交流会」に参加するのも一つです。異業種交流会とは、その名の通りさまざまな業種の人が集まって情報を交換するイベントのことです。自分が普段関わらない業種の人や資格保有者と交流することで刺激を受けたり、まったく異なった視点からのアドバイスを受けたりできます。

異業種交流会には、税理士が参加している場合も少なくないので、この人なら任せられると感じる税理士を見つけられる可能性があるのです。

異業種交流会についてもっと詳しく知りたい方は下記リンクをご覧ください。

それぞれの税理士の探し方のメリットとデメリット

税理士のおすすめの探し方には主に7つありますが、それぞれのメリット・デメリットを知っておくことは重要です。すべての方法を実践することはできないので、メリットとデメリットを見極めたうえでどの方法を採用するか決めましょう。

では、税理士の探し方7つそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

自力で探すメリット・デメリット

メリット

税理士を自力で探すメリットの一つはコストがかからないことです。誰にも頼らず、自分が実際に動いて税理士を探すので、費用をかけずにすみます。

さらに、自分なりの条件の優先順位を決めてそれを確実に実現できます。たとえば、自宅から近い、とにかく安い、自分と年齢が近い、経験豊富といった自分なりの条件を決め、実際に税理士に会ってその条件を満たしているかを見極められるでしょう。

デメリット

一方、デメリットとして挙げられるのが、多くの時間を取られる点です。自分で税理士事務所を探し、電話をかけたり実際に会ったりしなければなりません。すでに経営者として会社を切り盛りしている場合、それだけの時間が取れない場合もあります。

さらに、自分で数多くの税理士を比較しなければならないので労力もかかります。主観ですべてを判断することになり、正確な比較ができないこともあるでしょう。

知人の紹介で探すメリット・デメリット

メリット

税理士を知人に紹介してもらう探し方の場合、客観的な評価を聞けるのが大きなメリットです。知人はすでにその税理士に業務を依頼しているはずなので、優秀かどうか、頼りになるかなどを確認できます。

さらに、自分で探すよりも時間や労力を節約できます。とくに、知人が自分と同業であったり経営者であったりする場合には、紹介してもらった税理士が自分に合っている可能性は高くなるでしょう。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、他の税理士に乗り換えにくい点です。知人に紹介してもらっている手前、税理士を変えたいと思っても難しいかもしれません。知人にとっては「良い税理士」でも、自分にとって「良い税理士」とは限らないのが難しいところです。

インターネットで検索して探すメリット・デメリット

メリット

税理士をインターネットで探す場合、メリットとなるのが効率のよさです。自宅にいながら、税理士についての情報をすぐに手に入れられます。時間も労力も最小限ですむでしょう。

インターネットで税理士を探せば、税理士のプロフィールや得意分野、提供しているサービス、費用など細かい情報も閲覧できます。加えて、自宅の近くにあって顧客から高評価を得ている税理士を探すことも可能です。

デメリット

デメリットは、情報の正確性です。インターネットの情報がすべて信頼できるわけではありません。税理士の公式サイトであっても、実際に契約してみたら話が違うことはあるものです。また、口コミサイトは個人の主観が大きく反映されるので、嘘や間違った情報が掲載されているかもしれません。

さらに、インターネットだけでは税理士の人となりはわからないでしょう。完全に自分の主観だけで税理士を選ばなければならないので、本当に良い税理士が選べるのか不安になる方もいます。

税理士紹介会社を利用して探すメリット・デメリット

メリット

税理士紹介会社を利用すると、コストをかけず、非常に多くの選択肢の中から自分の希望に合った税理士を紹介してもらえます。多くの税理士を紹介してきた実績をもとに、プロの視点から税理士選びのアドバイスをしてくれるでしょう。

自分で探す手間が省けるのもうれしいポイントですが、自分で「断る」手間が省けるのもメリットです。税理士を紹介してもらい、実際に会ってみた結果、やっぱり契約しないと決めた場合も、自分で連絡を取る必要がありません。税理士紹介会社を通して断れるので、気まずい思いをせずにすみます。

デメリット

税理士紹介会社を利用するデメリットはそれほどありませんが、紹介会社が多くありすぎてどこを利用するか迷う方もいます。可能であれば複数の税理士紹介会社を利用して、比較するのがよいでしょう。

税理士会や商工会議所を通じて探すメリット・デメリット

メリット

税理士会や商工会議所を通じて税理士を探すと、信頼性の高い情報を得られるのがメリットといえます。税理士会は税理士が所属している組織なので、間違った情報や嘘の情報を登録できません。住んでいる地域や得意とする分野などの条件で絞り込んで検索できるというメリットもあります。

商工会議所を通じて税理士を探すと、自分と似た案件を扱ったことのある税理士を紹介してもらえる可能性が高いでしょう。節税、資金繰り、確定申告、経営のアドバイスなど、税理士に求めるものは異なるので、経験豊富な税理士を見つけられるのは大きなメリットといえます。

デメリット

ただし、税理士会や商工会議所で税理士を紹介してもらっても、税理士本人の性格や事務所の雰囲気を知ることはできません。やはり最終的には税理士事務所に行ってじかに会う必要があります。

セミナーに参加して探すメリット・デメリット

メリット

税理士の探し方としてセミナーに参加する方法がありますが、仕事を断られにくいのがメリットです。確定申告セミナーを開催している税理士は、多くの場合営業を目的としています。いわば仕事を獲得するためにセミナーを行っているので、たいていの仕事は受けてくれるはずです。

デメリット

ただし、大きな事務所のセミナーや有名な税理士のセミナーの場合、セミナーを開催した本人に業務を担当してもらえるかわからないデメリットがあります。もしかすると、より経験の浅い別の税理士が業務を担当することになるかもしれません。

異業種交流会に参加して探すメリット・デメリット

メリット

異業種交流会に参加して税理士を探す場合、知り合いが増えたり人脈が広がったりするのが大きなメリットです。税理士だけでなく、他の士業、弁護士や司法書士といった経営のサポートをしてくれる人を見つけられる可能性があります。

デメリット

しかし、異業種交流会を営業の場としてとらえている人も大勢いるので、多少煩わしく感じることもあるでしょう。さらにコストがかかること、業務についての深い話し合いが難しいことなどがデメリットです。

役割ごとに意識すべき税理士の探し方

税理士の探し方はさまざまですが、どんな役割を期待するかによって意識すべきポイントが変わります。一時的に業務を任せるか、それとも長期にわたって付き合いを続けるかによって求めるものが変わるのは当然といえるでしょう。

では、以下の3つの役割ごとに意識すべき税理士の探し方をご紹介します。

  • 顧問税理士の場合
  • 確定申告の税理士の場合
  • 相続関係の税理士の場合

顧問税理士の場合

顧問税理士を探す場合、意識すべきなのは以下の3つです。それぞれ解説していきましょう。

  • 人間性と専門性
  • 対応できる業務内容
  • リスクについての説明

人間性と専門性

顧問税理士は、経営者にとってパートナーであり、長期にわたって関係を続けていく間柄です。したがって、人間性が非常に重要なポイントといえます。人間的に信頼できるか、しっかりとコミュニケーションを取れるか、一緒に仕事をする際にストレスを感じないかなどをチェックしましょう。

対応できる業務内容

さらに、どの程度の業務に対応してくれるのかを確認します。記帳代行や税務申告はどの税理士でも行えますが、それ以上の業務を行ってくれるか知る必要があるのです。場合によっては資金繰りの相談や補助金申請なども任せることになるかもしれません。経験豊富かどうか、自分が依頼したい業務すべてを任せられるのかを確認しましょう。

リスクについての説明

加えて、顧問税理士はリスクについてもはっきり説明してくれる人であるべきです。とくに経営についての相談する場合、このまま事業を続けた場合のリスクや、融資を受けた場合のリスクを示す税理士は信頼できます。いわば、引き際を教えてくれる人を顧問税理士にすべきなのです。

確定申告の税理士の場合

税理士に確定申告についての業務だけを依頼しようと思っている場合、重視すべきポイントは次の3つのポイントです。それぞれ解説していきましょう。

  • 節税に通じている
  • 密なコミュニケーションを取る
  • 期限を守る

節税に通じている

確定申告は個人事業主や経営者にとって非常に重要です。税法の範囲内に法人税額をできるだけ下げるため、税理士には節税の知識が求められます。税法は頻繁に改正されるので、確定申告を担当する税理士は最新の節税の方法に通じているべきです。

密なコミュニケーションを取る

さらに、確定申告に必要な書類や領収書の提出を経営者に求めたり、税務署とのやり取りをしたりするのも税理士の仕事なので、顧客との密なコミュニケーションを大事にしていることが重要。

期限を守る

加えて、当然ですが、期限内に確定申告を終え、修正があっても期限を過ぎることがないようにするため、十分余裕をもって業務にあたる税理士を選びましょう。期限を過ぎると延滞税や無申告加算税などが科される恐れがあるので注意が必要です。

相続関係の税理士の場合

相続関係の業務を依頼する税理士を選ぶ際に意識すべきなのは次の3つのポイントです。それぞれ解説していきましょう。

  • 相族の実績
  • 費用
  • 税務調査率

相族の実績

相続は税理士の中でも経験が物を言う業務です。したがって、豊富な実績を持つ税理士を探すのがベストでしょう。これまで何件の相続業務を担当してきたのか、どの規模の相続を処理した実績があるのかをチェックします。

とくに納税額が大きくなる2億円以上の相続が関係している場合には、慎重に税理士を選ぶ必要があるでしょう。

費用

相続関係の業務では、税理士にかかる費用も確認すべきです。相続業務自体の費用は少なくても、業務が正確に行われなければ相続税の納めすぎやペナルティによって余計な費用がかかることも考えられます。加えて、ホームページで費用を細かく開示している税理士の方が一般的に信頼できるといえるでしょう。

税務調査率

税務調査率は、担当した業務のうちどの程度税務調査が入ったかを示す数字です。税務調査率が低ければ、それだけ仕事が正確で、税務署から信頼されていることを示しています。単に相続業務をこなすだけでなく、税務調査に入られにくい仕事をする税理士を選ぶと、よけいなストレスを抱えずに済むでしょう。

良い税理士の探し方とは?7つのポイント

税理士の探し方も重要ですが、良い税理士を見つけるポイントを知っておくことも必要です。企業の経営者と税理士は長く付き合っていかなければならないので、少しでも能力が高く、自分に合った税理士を見つけたいと思うでしょう。

では、良い税理士を探す7つのポイントをご紹介します。それぞれ解説していきましょう。

  • レスポンスが速いか
  • 高圧的でないか
  • 料金体系についてわかりやすく説明してくれるか
  • 資金調達に強いか
  • 経営についてのアドバイスができるか
  • 経営者の味方でいてくれるか
  • 節税のテクニックがあるか

レスポンスが速いか

良い税理士を探す1つ目のポイントは、レスポンスの速さです。質問や相談にすぐに答えてくれる、もしくはその日のうちに回答をくれる税理士は信頼できます。

税務処理で税理士の意見を求めたい時や、税務調査で職員からの質問に答えたい時など、税理士のレスポンスの速さがカギを握ることもあるのです。税理士を探す段階から、レスポンスの速さに注目しましょう。

高圧的でないか

良い税理士は高圧的になりません。残念ながら高圧的で上から目線の税理士もいますが、良い税理士は経営者と同じ目線で経営や資金繰りの相談にのってくれます。

さらに専門用語をあまり使わず、税務の知識があまりない経営者にもわかるように節税の方法を解説してくれるでしょう。親身になって話を聞いてくれる、アドバイスをしてくれる相談相手がよい税理士なのです。

料金体系についてわかりやすく説明してくれるか

料金体系について明確に説明してくれるのであれば、良い税理士といえます。税理士の業務は幅広いので、それぞれの業務にいくらかかるのか、合計の費用はいくらなのかをあらかじめ提示してくれる税理士を選びましょう。逆に、「業務代行費用」などあいまいな名目があったり、業務が終わった後に料金について知らせてきたりする税理士は避けるべきです。

税理士の費用相場についてもっと詳しく知りたい方は下記リンクをご覧ください。

資金調達に強いか

税理士は税務のプロフェッショナルですが、資金調達に強い人もいます。経営者にとっては非常に重要な仕事なので、資金調達に強い税理士を選ぶと心強い味方となるでしょう。

税理士の中には、より賢い資金調達方法について知っていたり、懇意にしている金融機関を持っていたりする人もいます。良い税理士を選ぶと、資金繰りを効果的に行えるのです。

経営についてのアドバイスができるか

資金繰りと同様、経営に強い税理士もいます。当然、経営の方向性を決めるのは経営者の仕事ですが、税理士は効果的なアドバイスをしてくれるかもしれません。

とくに経営コンサルタントとして仕事をしている税理士の場合、中小企業診断士の資格を持っていたりMBAの学位を取得していたりするので、頼りになる存在になります。

経営者の味方でいてくれるか

良い税理士はいつも経営者の味方です。経営者の味方であることは、経営者の意見をすべて尊重することとは違います。必要な時には厳しい意見を述べ、事業のリスクについても説明するでしょう。

税務調査の際には、できるだけ経営者に有利になるよう努力します。さらに、税務署の職員と戦う準備もできていて、裁判所の判例などを用いて、交渉できるだけの知識を身に着けているのです。

節税のテクニックがあるか

税理士の本分は節税です。したがって、節税の知識、テクニックがあるかも重要なポイントといえるでしょう。税法は頻繁に改正されるので、最新の情報や節税の方法に通じている税理士を選ばなければなりません。

税理士の探し方を考える前に行うべき準備4つ

税理士の探し方はさまざまで、好きな方法を選べますが、その前に経営者がやっておくべきことがあります。それは、良い税理士を選ぶための準備です。

ただやみくもに探しても、良い税理士は見つかりません。では、経営者が行うべき4つの準備についてご紹介します。

  • 税理士に何を求めるかを決める
  • 予算を決める
  • 事務所の規模とそれぞれのメリットを知る
  • 今の顧問税理士に不満はあるか考える

税理士に何を求めるかを決める

最初の準備は、税理士に求めるものを決めることです。つまり、依頼する業務内容を決めなければなりません。どんな業務を頼みたいのか、どんなニーズがあるのかを明確にすることで良い税理士を選ぶためのポイントが分かります。

税務処理全般を依頼するのか、特定の業務だけを頼みたいのかによって選ぶべき税理士は変わるでしょう。顧問税理士を探すのか、確定申告だけ行ってくれる税理士を選ぶのかによっても、条件は変わってくるはずです。

予算を決める

税理士の料金設定はさまざまなので、予算を決めておくことも重要です。顧問料であればいくら、確定申告の代行であればいくらまで用意できるといった具合に決めましょう。

税理士のホームページでは予算に収まらなくても、交渉で少し値下げしてくれる場合もあります。予算について率直に税理士に話し、交渉の余地があるかを確かめることも重要です。

事務所の規模とそれぞれのメリットを知る

意外と知られていませんが、税理士の事務所の規模によって業務内容やメリットが異なります。したがって、どのような規模の税理士事務所に業務を依頼したいかを考えておくとよいでしょう。ここでは以下の通り大きく3つに分けて説明します。

  • 小規模の税理士事務所

    税理士である所長自身が対応してくれることが多く、得意分野が決まっています。アットホームな関係を築きやすく、経営者と税理士という関係を超えた友情を持てるかもしれません。

  • 中規模の税理士事務所

    さらに幅広い業務を請け負っており、リカバリー体制が整っているのがメリットです。専門の部門を設けているところもあり、組織だって業務を行ってくれる安心感があります。

  • 大規模な税理士事務所

    どのような案件でも対応してもらえる安心感があります。突発的な出来事にもすぐに対応し、手厚いサポートが受けられるでしょう。高い顧問料が支払えるのであれば、大規模な事務所に依頼するのがよいと感じる経営者も少なくありません。

今の顧問税理士に不満はあるか考える

すでに税理士を契約しているのであれば、顧問税理士を変える必要があるかどうかを考えましょう。税理士を変えるためにはかなりのエネルギーが必要です。

今の顧問税理士に大きな不満がある場合には税理士を変えるのが賢明ですが、本当にメリットがあるのか慎重に検討しなければなりません。

まとめ:複数の方法を組み合わせてよい税理士を見つけよう

税理士の探し方にはさまざまな方法があります。どれか1つを選ばなければならないわけではないので、使えそうな方法を組み合わせて実践してみるのがおすすめです。

自分のニーズを把握し、良い準備をすることで、長く付き合っていける良い税理士を見つけるようにしましょう。

税理士・公認会計士を一括見積もりで発注先を楽に探す
税理士・公認会計士を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す