「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

MakeShopの特徴とは?手数料はお得なのか?

最終更新日:2022年06月14日
SUGI WORK
監修者
代表 杉山茂幸
MakeShopの特徴とは?手数料はお得なのか?

ECサイトを運営するためのプラットフォームは様々なものが出ていますが、MakeShopは豊富な機能と丁寧なサポートが特徴です。小規模から大企業まで対応できる懐の深さも支持を集める理由で、有名企業の導入実績も豊富です。そのMakeShopのサービスの概要と共に、料金についてチェックしてプラットフォーム選びの参考にすることができます。同時にプラン選びのポイントも確認してみましょう。

MakeShopのサービス

まずは、MakeShopの大まかな内容を調べてみましょう。このサービスの特徴と共に、どんな形でプランが作られているかをまずは見て、料金を確認する前の基本情報を得ることができます。

MakeShopの特徴

MakeShopは、標準的に機能やサービスがたくさん盛り込まれているのが特徴となっています。人気のあるECサイトプラットフォームは、標準はシンプルな作りとなっていて、ユーザーごとに必要に合わせて機能を連動させるという形が多いです。

しかし、MakeShopでは最初から集客やショップ管理、物流などの機能が充実していて、すぐに便利なサービスを利用できるのがメリットです。また、他のオンラインショッピングモールとの連携ができるなど、多方面にわたる集客をまとめて行えるのも強みです。

こうしたことから、管理画面の操作が他のプラットフォームに比べて多少複雑で、中級者や企業向けのサービスと言われることが多いです。しかし、慣れてしまえばさほど難しさはありませんし、丁寧なサポートがなされますので、初めてECサイトに取り組む事業者でも問題ありません。

MakeShopのプラン

MakeShopのプランは基本的に二つに分類されています。それぞれに料金も機能も異なりますので、ショップをオープンする際に比較して見ると良いでしょう。二つのプランとは、プレミアムプランとエンタープライズです。

プレミアムプランは、初期費用も月額料金もリーズナブルで個人ストアから中小企業まで対応しています。商品数は10,000点までとなっています。メルマガ配信機能も標準で付いていて、月に50万通まで連続配信ができます。

同時に管理をするアカウントは5人分までに制限があります。MakeShopならではの自由なデザイン設定など、魅力的な機能は十分に使えますので、一般的なECサイトであればとても使い勝手が良いです。

一方でエンタープライズは5万点まで取り扱うことができるため、大規模なショップに向いているプランです。プレミアムプランと比較すると、システムのカスタマイズができることや専用サーバーを構築できるなど、本格的な運用が可能となります。

他にも、メルマガの配信数は無制限で使えるというメリットもあります。さらに、副管理者のアカウントは10人分まで発行することが可能です。専任のカスタマーサポートを利用できるなど、よりサポート体制が充実しているのも特徴と言えます。

MakeShopの豊富な機能

上記のように、二つのプランの間にはいくつかの違いがありますが、どちらのプランでも使える機能がとても豊富で、人気を集める理由となっています。たとえば、クーボンやまとめ買い割引機能などは標準です。

他にも独自ドメイン設定が可能となっていることや、SEO対策などもあって運営を効率よく進められます。さらに、SNS連携やショッピングモール連携などもプランに関わりなく利用できて、集客力強化を目指すストアの強い味方となります。

このように、MakeShopではプランを選ぶポイントとしては、主にストアの規模を見ることが大事であることが分かります。取り扱い点数や管理者アカウントの数などの差ですので、機能面での違いは大きくありません。

MakeShopの費用

高機能が売りとなっているMakeShopですが、費用がリーズナブルであるというのも売りです。その料金体系をチェックして、他のプラットフォームと比較してみましょう。

初期費用

どちらのプランも初期費用がかかります。プレミアムプランは一律税込み11,000円となっています。エンタープライズは11万円から、サイト規模などに応じて変わってきます。

他のサービスだと初期費用が無料となっているところが多いので、MakeShopだと多少の初期投資が求められます。といっても、プレミアムプランであればかなり安いので、さほど大きな負担とはなりません。

また、タイミングによってはキャンペーンで初期費用が実質無料となることもあります。こうした時を活用してストアをスタートさせるというのも、コストを削減するための一つの方法です。

月額料金

プレミアムプランだと基本月額料金が11,000円で、エンタープライズは55,000円からに設定されています。やはり月額料金の額だけを比べると、他のプラットフォームよりも高めの設定となっています。

しかし、標準的にかなりたくさんの機能が付いていますので、オプションを付ける必要はほとんどありません。一方で、他のプラットフォームだと効率的な運営をするためには、オプションを申し込む必要があり、追加料金がかかります。

こうしたことから、どのくらいのランニングコストがかかるかは、基本料金だけでなく実際に利用するすべての機能の合計金額を見るべきです。そうしてみると、MakeShopの方が結果的に安くなるということもありますので、必ず比較計算しましょう。

月額料金をお得にするためには

MakeShopは、毎月払いから5年契約まで細かく契約方法が分かれています。その契約期間によって割引がなされますので、長くサービスを利用するつもりなら、最初から長期契約を結んだ方がお得になります。

具体的には、最大で30パーセントオフとなり、実質税込み7,700円の月額料金となります。ただし、支払いは前払いの一括となりますので、まとめての支出が大きくなります。契約期間途中の解約での返金がないという点にも注意して、慎重に決めることも大事です。

オプション機能料金

MakeShopは、プランに標準機能がたくさん付いていますので、あまりオプションで機能追加をする必要がありません。しかし、ショップの規模が大きくなってきたり、登録ユーザーが多くなったりした場合は、機能の拡張をするという意味でオプションを申し込む必要が出てきます。

たとえば、プレミアムプランでは無料メールサーバ―容量は100MBとなっています。これでは足りないという場合、追加料金を支払うことで10GBにすることができます。

他にも、メルマガの配信数拡大やカタログ注文機能といったオプションを入れることで、より利便性の高い運営が可能となります。BtoB取引をしたいというショップ向けに、卸売りや会員制のECサイト構築サービスもあります。

MakeShopの手数料

MakeShopは、初期費用・月額料金の他に手数料がかかります。他のプラットフォームとの手数料率の差を見て、お得に運営できるサービスはどれかを考えるための参考とすることができます。

売上手数料がかからない

まず、MakeShopの特徴として売上手数料という費用システムはないという点を覚えておきましょう。多くのプラットフォームでは、商品購入が発生する度に一定割合で手数料がかかるものです。しかし、MakeShopではそれがないのでお得です。

また、コストの計算が楽になるというのもメリットと言えます。後述する決済手数料がかかるだけですので、購入ごとにかかるコストを予測しやすく、販売価格を決定するのがシンプルになります。

決済手数料

クレジットカード決済をするたびに、決済手数料がかかります。プランによってその料率は変わります。プレミアムプランの場合は、3.19パーセントからとなっています。クレジットカードの種類や国によって利用率が変わってきますので、注意が必要です。

エンタープライズは一律で3.14パーセントと設定されています。この手数料率はかなり低いので、大規模ショップを構築する企業にとっては利益率を上げるのに役立ちます。月額料金の差も見て、どちらが合計でプラスとなるのかを検討しましょう。

MakeShopペイメントによる決済

MakeShopを利用するメリットの一つに、多彩な決済手段を選べるという点があります。その特徴的なものに、MakeShopペイメントというシステムがあります。どんな機能となっているのかをチェックしてみましょう。

使えるサービス

MakeShopペイメントは、クレジットカード決済の導入を簡単にしてくれるサービスです。初期費用とトランザクション費用を無料としていて、気軽に始められます。

月額料金はプラン料金とは別に1,100円かかります。固定費が上がりコスト高になるのではないかと思うかもしれませんが、決済手数料が安く設定されていますので、結果的にはお得になります。

最安値で3.14パーセントに設定されていて、業界内でも最安クラスとなっています。このペイメントシステムは、1営業日ですぐに導入できるので、最初は利用せずに売上高を見ながら導入を検討することも可能です。

クレジットカード決済手数料が安くなる

このMakeShopペイメントは、主要クレジットカードブランドが使えます。JCBとアメリカンエキスプレス、ダイナースが3.49パーセントの手数料率となっています。

VISAとMastercardは決済金額が月に50万円未満だと3.39パーセントです。この金額を超えると3.19パーセントとなります。そのため、特に売上50万円を超えるラインまで来たら、MakeShopペイメントの導入を検討した方が良いでしょう。

月額の固定費

前述の通り、ペイメントを使う場合月額料金として1,100円が固定費として上乗せされます。しかし、クレジットカード決済導入を考えると安いですし、率の低い手数料を考えるとお得感が強いです。

さらに、2021年12月16日までの新規申し込みであれば、この固定費が永年無料となります。そのため、ショップをオープンする際にすぐに申し込んで、便利なペイメントサービスを導入してしまいましょう。

プランと機能の選び方

MakeShopはプラン体系がシンプルですので、選びやすいという特徴もあります。どのような点を押さえて基本プラン、そして機能を選んでいったら良いかを考えていきましょう。

商品点数によるプランの選択

プレミアムプランもエンタープライズプランも、標準的な機能にさほど大きな違いはありません。そのため、商品点数に応じてプランを選ぶというのが基本となります。

プレミアムプランは1万点、エンタープライズは5万点の制限がありますので、おおよそ8,000点くらいの商品取り扱いになったら上位プランを考えると良いでしょう。また、アカウントID発行数の違いもありますが、商品点数と管理者の数は比例するところもありますので、商品点数を主に考える方が分かりやすいです。

決済手段をどこまで増やすか

MakeShopは、かなり幅広い種類の決済手段を選べます。基本となるのはMakeShopペイメントですが、これだとクレジットカード決済を導入できるだけです。

最近は電子マネーを利用する人も多くなっていますので、利便性向上のためには導入したいところです。MakeShopでは、多くの決済手段が初期費用無料で使えます。かかるのは決済手数料だけとなります。

たとえば、LINE Payは初期費用も月額料金も無料です。決済手数料は3.45パーセントと設定されています。クレジットカード決済よりも多少高い料率ですが、メリットの大きい手段です。

というのも、LINE Payを使った場合、ユーザーに0.5パーセントから2パーセントのポイントが付与されるからです。LINE Payユーザーを引き込める大きな魅力となりますので、集客力アップのために有効です。

他のPayPayや楽天ペイなども当然使えますし、キャリア決済も可能です。さらには、コンビニ決済なども簡単な申請作業で始められるので、利便性が高いです。どれも手数料が低めで、メリットが大きい機能と言えます。

オプション機能を追加するかどうか

MakeShopの良いところは、ECサイト運営に必要な機能はほぼすべて揃っているということです。オプションとして追加するのは、機能そのものというよりも容量アップなどの機能拡充になります。

たとえば、前述しているようにメールサーバーの容量アップや、メルマガ配信数の増加などです。そのため、ストアオープン時にはオプションの選択については考える必要はなく、利用をしているうちに拡充の必要性が出てきたら申し込めばよいだけです。

まとめ

MakeShopは、初期費用も月額料金も他のサービスよりも多少高めに設定されています。しかし、その分かなりの高機能でとても使い勝手が良いことや、集客力が強いというメリットを持っています。また、決済手段が豊富でユーザーにとってありがたいストア運営ができます。

さらに、決済手数料が安くて済みますので、売上高によっては合計で見るとお得になることもあります。こうした点も考えて、売上予想やコストを比較しながら、より効率よくECサイトを運営できるサービスとプランを選ぶようにしましょう。

監修者の一言

MakeShopは本格的なECサイトを手軽に構築することができるサービスです。初期費用・月額料がそれぞれ掛かるほか、カード決済手数料(商品が売れるごとに課金)があるため、数万円規模の売上目標で立ち上げるにはやや難易度が高いサービスかなと思う反面、月間100万円以上の売上を目指すショップや、実店舗でそれなりに知名度があり集客見込みができる方であれば総合的なコストパフォーマンスは良くなるのでおすすめしたいサービスの1つだと言えます。

中大規模で企業として出店して恥ずかしくないレベルのECサイトを作っていきたい方はぜひMakeShopのサービス導入について前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。プランも2つあるので、まずは安い方からお試しで始めてみるのもおすすめです。

SUGI WORK
代表 杉山茂幸
監修者

山形県出身。埼玉県越谷市と山形県上山市の2拠点で活動中のフリーランス。開業5年目でSUGI WORK代表。国内・海外法人から行政案件まで経験。WEB制作をはじめ、デザイナー・エンジニア・出張撮影・ドローン空撮・取材・自社メディア運営など幅広い分野で活動中。中小企業の課題解決が得意。

ホームページ更新・管理を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す