ホームページリニューアルをお知らせする例文7つを紹介!文章構成やお知らせするタイミングも解説

最終更新日:2023年11月28日
株式会社セルリア
監修者
代表取締役 佐藤靖将
ホームページリニューアルをお知らせする例文7つを紹介!文章構成やお知らせするタイミングも解説
この記事で解決できるお悩み
  • ホームページリニューアルをお知らせする例文は?
  • ホームページリニューアルをお知らせする文章の構成は?
  • ホームページリニューアルをお知らせするタイミングは?

定期的にホームページをリニューアルし、各メディアでお知らせすることは新規顧客の獲得や売上拡大につながります。

この記事では、ホームページをリニューアルした際のお知らせに関する例文や文章構成のポイントを解説します。記事を読み終えるとホームページのリニューアルの効果的な告知方法がわかるでしょう。

そのまま使える例文も紹介するため、ホームページリニューアル後に各方面へのお知らせが必要な担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ホームページ更新・管理にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • サイトをリニューアルしたい
  • 定期的な更新が難しい
  • サイトへの流入が増えない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ更新・管理に対応できる業者を一覧から探す

ホームページのリニューアルをお知らせする7つの例文

pixta_60411395_M

ホームページをお知らせする際に使える例文を7つ紹介します。

  1. 機能拡充のお知らせ
  2. URL変更にともなうお知らせ
  3. ECサイト立ち上げのお知らせ
  4. 新規事業立ち上げにともなうリニューアルのお知らせ
  5. ホームページリニューアルの事前告知
  6. スマートフォン対応のお知らせ
  7. 社名・ロゴデザイン変更のお知らせ

1. 機能拡充のお知らせ

弊社のホームページをいつもご覧いただきありがとうございます。2022年4月1日より、ホームページのリニューアルを実施いたしました。

今回のリニューアルでは、操作性を高めるために内容の拡充や新規機能を追加しております。

追加機能

  • ○○検索
  • 対応決済方法の追加
  • 購入履歴からおすすめを紹介する「レコメンド機能」

サイト全体のデザインやレイアウトも一新しており、お求めの情報をより素早くご覧いただけます。

今後も皆様に有益な情報をお届けできるよう内容の充実に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

2. URL変更にともなうお知らせ

いつも大変お世話になっております。○○株式会社は○○年○月○日より、ホームページのリニューアルを実施いたしました。皆様にとってより使いやすいホームページを実現できるよう、デザイン・レイアウト・ページ構成を見直しています。

リニューアルに伴い、URLが一部変更になりました。

旧URL:https://www.○○.com

新URL:https://www.○○.com

弊社のホームページをブックマークやリーディングリストに入れて頂いている方はお手数ですが、新しいホームページのURL登録をお願いいたします。

今後も皆様に弊社のホームページを使っていただけるよう、機能性や内容の拡充に注力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

3. ECサイト立ち上げのお知らせ

いつも弊社のホームページをご覧頂きありがとうございます。○○年○月○日にホームページのリニューアルを行い、デザインやページレイアウトの刷新を図りました。

刷新に伴いましてECサイトを立ち上げました。自社製品を店舗だけではなくオンライン上でもご購入いただけます。

現在、会員登録をして頂いた方を限定にキャンペーンを開催しております。キャンペーンの利用もあわせてご検討ください。

今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

4. 新規事業立ち上げにともなうリニューアルのお知らせ

いつも大変お世話になっております。このたび、長年継続的な取引を行ってきた○○会社と業務提携を図り、○○事業を新規立ち上げすることが決定いたしました。

新規事業参入のタイミングを機にホームページのリニューアルも行いましたので、皆様にお知らせをいたします。

○○事業では店舗販売だけではなく、ECサイトを利用したオンラインでの商品販売も実施予定です。今後も皆様のご要望に応えられるよう品質の向上に努めてまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

5. ホームページリニューアルの事前告知

日頃から弊社のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。このたび、弊社ホームページを以下の日程でリニューアルすることが決定いたしました。

今回のリニューアルでは皆様により快適にご利用いただけるようシステムを新調いたしました。目的のページに素早く辿り着くことができ、シンプルかつ快適にご覧いただけるようになります。

「リニューアル実施予定日」
○○年○月○日○時よりリニューアルしたホームページを公開します。リニューアルに伴いまして、○月○日は既存ホームページが閲覧できません。

ご不便をおかけしますが、ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。

6. スマートフォン対応のお知らせ

日頃より○○株式会社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

このたび、お客様により快適にご利用いただけるように下記の内容をリニューアルいたしました。

リニューアル内容

  • スマートフォン、タブレット端末に対応
  • 詳細検索機能の追加
  • 内容の拡充

今後もより使いやすいサイトを目指してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

7. 社名・ロゴデザイン変更のお知らせ

日頃より○○株式会社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

このたび弊社は新たな企業イメージの構築と事業のさらなる飛躍を期すため、○○年○月○日付けで社名を「○○株式会社」に変更いたしました。

社名の変更に伴いホームページもリニューアルいたします。

旧会社名:○○株式会社

新会社名:○○株式会社
新URL:https://www.○○.com

○○年○月○日以降は、新しいURLへアクセスをお願いします。

これからも社員一同、サービスの向上に取り組んで参りますので引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

ホームページのリニューアルをお知らせする文章構成のポイント

oMcwnx2BkWAEYuF1686013600_1686013616

ホームページのリニューアルをお知らせする際は、以下の文章構成を使用します。

  1. 挨拶文
  2. リニューアルの目的
  3. リニューアルの内容や修正点
  4. 締めの挨拶

1. 挨拶文

最初に挨拶文を記載しましょう。挨拶文は以下のようなパターンがあります。

  • 平素よりホームページをご覧いただき誠にありがとうございます
  • 日頃より○○株式会社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます

挨拶文は送り先や自社のイメージによって変更することが必要です。リニューアルをお知らせする相手が取引先や外部の企業の場合はかしこまった挨拶文にします。一般ユーザーへ広くお知らせする場合には、やや距離を縮めて親近感を持たせた挨拶がいいでしょう。

挨拶文はお知らせの文章全体の印象を決定づけます。お知らせの送り先にあわせて伝え方を変えましょう。

2. リニューアルの目的

挨拶文のあとはリニューアルの目的やリニューアルに至った理由を記載します。例文に挙げている下記の部分がリニューアルの目的にあたります。

  • 皆様にとってより使いやすいホームページを実現できるよう
  • 目的のページに素早く辿り着くことができ、シンプルかつ快適にご覧いただけるよう
  • 新事業参入のタイミングを機に

目的を記載すると、リニューアルしたことでユーザーが得られるメリットが想像しやすくなります。

3. リニューアルの内容や修正点

リニューアルの目的にあわせて実際に追加された内容や修正点を記載しましょう。ホームページのURL変更や事前告知の日時なども忘れずに記載します。

社名の変更やECサイトの立ち上げ、URLの変更をお知らせする例文は以下の部分です。

  • ○○年○月○日付けで社名を「○○株式会社」に変更
  • 社名変更にあわせてECサイトを立ち上げました。自社製品を店舗だけではなくオンライン上でもご購入いただけます。
  • リニューアルに伴い、URLが一部変更になりました。弊社のホームページをブックマークやリーディングリストに入れて頂いている方はお手数をおかけしますが、新しいホームページのURL登録をお願いいたします。

ホームページリニューアルのお知らせで作成する文章には、必ずリニューアルの目的や修正された内容などを明記しましょう。URL変更やリニューアルの事前告知の場合は、変更後のURLや実施日時が一目でわかるよう箇条書きで記載すると伝わりやすくなります。

従来のホームページからデザインが大きく変更された場合は、使用方法に戸惑うユーザーも多くいます。追加でサポートの連絡先も記載しましょう。

4. 締めの挨拶

最後に締めの挨拶を記載します。締めの挨拶はユーザーへ引き続き利用してもらえることを目的に以下のような文章を掲載するといいでしょう。

  • これからも社員一同、サービスの向上に取り組んで参りますので引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。
  • 今後も皆様のご要望に応えられるよう品質の向上に努めてまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
  • 今後も皆様に弊社のホームページを使っていただけるよう、機能性や内容の拡充に注力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

締めの挨拶は、今後の方向性やユーザーに向けたメッセージを発信します。ユーザーに対する還元を今後も続けていく旨を記載すると、ユーザーにいいイメージを持ってもらいやすくです。

ホームページのリニューアルをお知らせする5つの方法

A29dkAZDYTqMihz1682665095_1682665111

顧客や取引先にリニューアルをお知らせする方法は以下の5つです。

  • SNS
  • プレスリリース
  • イベント開催
  • メール
  • チラシ

お知らせするメディアやお知らせ先の特性にあわせて使い分けましょう。

1. SNS

1つ目はSNSを活用する方法です。SNSは手軽に利用でき、拡散力に優れています。広告運用のライセンスを取得するために多少のコストは必要ですが、比較的低コストでお知らせすることが可能です。

SNSは大規模ブランディングや商品認知向上に向いており、手ごろにメッセージのやり取りが行える双方向性のサービスです。今後のリニューアルや機能拡充のヒントとなるユーザーの要望を入手できます。

SNSにはさまざまな種類があります。各SNSの使用用途や期待される効果を以下にまとめました。

  ツールの特徴 使用用途や期待される効果
LINE ・国内で最もユーザーが多い
・幅広い年齢層が利用
・多数の用途に活用可能
・クーポン発行
・予約受付
・商品やサービスの宣伝
・顧客との関係強化
Instagram ・写真や動画での情報がメイン
・チェック頻度の高さ
・10〜20代の女性が多数利用
・ハッシュタグを利用した検索
・ブランドイメージの確立
・ホームページのアピール
・インスタグラマーとのコラボで企業マーケティング
X(旧:Twitter) ・リアルタイムでの対応
・気軽に投稿可能
・優れた拡散能力
・ユーザーは20代〜40代
・ユーザーとの距離感が近い
・ユーザーへ親近感を与える
・公式アカウントでコラボキャンペーンやイベントの開催
YouTube ・幅広いジャンルに対応
・優れた影響力
・市場規模の大きさ
・情報をわかりやすく発信
・事業内容や商品の紹介
・商品レビュー
Facebook ・実名登録が必要
・名刺代わりにも活用可能
・シームレスな情報発信を実現
・自由が高く正確な情報発信
・ユーザーは30代〜40代
・公式性の高いSNS
・サブホームページにもなる
・イベント開催
・求人広告掲載
・クーポン発行

自社のイメージや事業内容、リニューアルの目的などにあわせて宣伝効果の高いSNSメディアを検討しましょう。投稿内容によっては表示できない場合もあるため、あらかじめガイドラインを確認してください。

2. プレスリリース

2つ目はプレスリリースする方法です。プレスリリースとは企業や組織が発表する公式文書のことです。新聞や雑誌など第三者を経由してお知らせを発信することで信頼性が高まります。

プレスリリースのメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット 広告の信頼性が高まり今後のビジネスにつながりやすい
デメリット ホームページのリニューアル以外に新商品販売やイベント告知を掲載していた場合、カットされる可能性がある

大手新聞社や権威ある雑誌などは関連企業がチェックしていることが多いです。新規取引や業務提携を打診され、今後のビジネスにつながる可能性もあります。

プレスリリースの掲載内容は発行元がコントロールしています。事業内容やリニューアルのお知らせの内容によってはカットされる場合もあるため注意しましょう。

3. イベント開催

3つ目はイベントを開催することです。ホームページのリニューアルと連動したキャンペーンやイベントを開催すると新規での集客も見込めます。

事前にSNSやメディアを活用してイベントの告知すると話題性も高まり、ターゲットユーザーの関心を惹き付けられます。対面型イベントとオンラインイベントの比較は以下のとおりです。

  メリット デメリット
対面型 ・短期間で多くの顧客と接触できる
・ターゲットを可視化できる
・話題性や拡散効果に優れている
・リアルタイムの声を聞ける
・成果がわかりやすい
・事前準備に手間がかかる
・集客数に応じてコストパフォーマンスが大きく変動する
・天候の影響を受けやすい
・想定外のハプニングの発生しやすい
オンライン ・1度に大人数を集客できる
・幅広い年齢層の参加の期待できる
・開催コストを削減できる
・準備の手間を軽減できる
・参加者が途中離脱しやすい
・参加者のインターネット環境に通信速度や安定性は依存する
・顧客との関係強化が難しい

対面型イベント

対面型イベントの場合は多くの方の目に留まりやすいレジ前・メニュー・出入り口にQRコードを掲載しましょう。イベントに訪れるユーザーは興味を持って参加している方が多いため、ホームページのアクセス数の向上やSNSでの拡散効果が期待できます。

リアルタイムでホームページリニューアルのお知らせができ、今後に活用できる情報収集が可能です。

イベント目的で来店した人にもホームページを知ってもらう機会ができ、より多くの人にホームページリニューアルのお知らせを届けられます。

オンラインイベント

近年ではオンラインイベントを開催する企業も増えています。対面型イベントと比較して大人数の参加実現やコスト削減など、特有のメリットも望めます。

インターネット上でのイベント開催はホームページのURLを掲載することで手軽にアクセスしてもらえることも大きな魅力です。

4. メール

4つ目はメールを利用する方法です。取引先やメールマガジン登録をしているユーザーにはメールを送りましょう。メールはコストがほぼかからず、1度に多くの人にお知らせができます。

通勤や移動中に内容を閲覧してもらえるため相手の時間も拘束しません。チェック頻度が高い月曜日の午前中や休日に内容を確認できる金曜日の夕方など、確認しやすい時間帯に送ると、高い閲覧率が期待できます。

メリット 低コストでできる
デメリット メールが開封されない可能性がある

5. チラシ

5つ目はチラシを配る方法です。たとえば、折り込みチラシなどは自社がターゲットにする地域の人にホームページリニューアルのお知らせを周知できます。

チラシでお知らせするメリットは手元に残ることです。何気なくテーブルの上においてもらえることで気が向いた際や隙間時間にホームページにアクセスしてもらえます。チラシに魅力的なリニューアルのお知らせを掲載できれば、ホームページへのアクセス数の増加も期待できます。

ホームページのリニューアルをお知らせするタイミング

pixta_92912485_M

ホームページのリニューアルをお知らせするタイミングは大きく分けて2つです。双方にメリット・デメリットが存在するため、状況によって使い分けましょう。

1. 事前告知

1つ目のタイミングはホームページのリニューアルを事前に告知するパターンです。あらかじめリニューアル内容を予告することでリニューアル後への期待が高まり、アクセス数の向上も見込めるでしょう。

デメリットは告知内容から外れた変更が難しい点と、リニューアルが期待外れな場合には顧客離れを引き起こしかねないことが挙げられます。

リニューアル内容を明確にし、事前に告知したほうがいいのかを十分に検討してから告知しましょう。

2. 事後告知

2つ目のタイミングはリニューアル後に告知するパターンです。事後告知はリニューアル内容を明確にお知らせできます。

既存のユーザーにはサプライズ感も演出でき、1度リニューアルされたホームページを見に行ってみたい好奇心につなげることも可能です。

デメリットはユーザーがアクセスできない時間が発生し、混乱を招くおそれがあることです。既存のホームページにあった機能がなくなる場合、利用していたユーザーからクレームが届くことも想定されます。

ホームページのリニューアルをお知らせする4つのメリット

u3BEFm2jS0OcGfq1683536146_1683536158

ホームページのリニューアルをお知らせすることで期待できるメリットは以下の4つです。

  1. 広告費の削減
  2. コンバージョンの獲得
  3. 企業ブランディングの変更
  4. 流入経路の増加

1. 広告費の削減

ホームページリニューアルのお知らせを前述のメディアで発信することで、広告費を削減する効果が期待できます。通常の広告とは異なり、改善点を前面に押し出しせるためユーザーの興味関心を引きやすいでしょう。

結果的にホームページへのアクセス数増加が見込まれ、企業や商品の宣伝が可能になります。ホームページリニューアルのお知らせは、広告費用を抑えながら多くの人に企業を宣伝できるタイミングといえます。

2. コンバージョンの獲得

ホームページリニューアルをお知らせすると、コンバージョンの獲得が期待できます。コンバージョンはホームページを運営するうえでゴールとなる最終的な成果のことを指します。

お知らせにより既存ユーザーの興味を引くことができ、アクセス数の増加が見込めます。ホームページを改良したことでターゲット層の再構築ができ、お知らせを見た新規ユーザーの獲得も期待できるでしょう。

リニューアルによってコンテンツの充実度は増しているため、アクセスが増えることでコンバージョンの獲得が期待できます。リニューアルされたことを多くの人にお知らせしましょう。

3. 企業ブランディングの変更

ホームページリニューアルをお知らせすることで企業ブランディングの変更も行えます。ホームページのリニューアルにより、刷新した企業イメージを大々的に周知できるためです。

ホームページはインターネット上での企業の顔です。ホームページをリニューアルしたことをお知らせし、多くの人にホームページにアクセスしてもらいましょう。アクセス数が増えるほど、リニューアル後のホームページをとおして新しい企業イメージを与えることが可能です。

閲覧するユーザーや新規ユーザーが増えることで企業ブランディングを変更できます。

4. 流入経路の増加

ホームページリニューアルをお知らせすることでホームページへの流入経路の増加が見込めます。対面型イベントやチラシなど新たな流入経路を増やすことで、新規の層にアプローチできるでしょう。

ホームページリニューアルをお知らせする方法によっては、従来まではリーチできていなかった顧客からのアクセスを獲得できるチャンスです。既存のユーザーにお知らせすることも重要ですが、可能であれば新規ユーザーへのリーチも検討しましょう。

まとめ

この記事ではホームページリニューアルのお知らせに使える例文を紹介しました。ホームページリニューアルを効果的に告知することで、新規顧客の獲得や売上拡大につながります。ホームページリニューアルの効果的なお知らせ方法に迷った場合は、マーケティング会社へ相談しましょう。

弊社が運営する「比較ビズ」では必要項目を入力するだけで、自社に適したマーケティング会社を探せます。ホームページリニューアルのお知らせ方法に悩んでいる方はぜひ利用してみてください。

監修者の一言

ホームページをリニューアルする目的は、その会社や事業の状況によって様々であると思います。なかなか、ホームページの情報を常に最新のものに整えておくのも大変な労力ですし、コストもかかることでしょう。

大切なのは、自分のホームページをみている「閲覧者」の方が一定数いるということを意識しておくことだと思います。閲覧している方は、新規のお客様になりえる方かもしれませんし、求人の応募を検討している方かもしれません。

こういった方に、古い情報を見せ続けて問題はないものなのか、新しくて興味が引かれる情報をお伝えした方がよいのではないか、こういった観点からリニューアルを検討されると、状況にフィットした新しいホームページの構想が見えてくると思います。

ホームページを閲覧される方が一定数いることを考えると、実際にWebサイトをリニューアルした際には、周囲にお知らせをしておいた方が親切と言えます。また、周囲の方からフィードバックをいただけるのも、間接的にビジネスによい影響を与えることと思います。

取引先の方々から「使いやすいホームページになりましたね。」とお声をいただくことができれば、関わる方にとって意味の深いことですし、大きな励みになるのではないでしょうか。

株式会社セルリア
代表取締役 佐藤靖将
監修者

大学卒業後、Webコンサルティング企業で2年ほどセールス兼コンサルタントに従事。その後フリーランスに転身し総合広告代理店、Webシステム開発会社、クリエイティブエージェンシーなどの企業で主にプロジェクトマネージャーとして顧客のデジタル関連プロジェクトを支援する。それらの経験から、総合的かつ一気通貫のデジタルソリューションを提供したいと考え株式会社セルリアを設立。以降、クライアントの課題解決に邁進する日々を送る。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
ホームページ更新・管理にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • サイトをリニューアルしたい
  • 定期的な更新が難しい
  • サイトへの流入が増えない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ更新・管理に対応できる業者を一覧から探す