プロモーションサイトの制作目的を解説!ポイントや企業事例も紹介!

最終更新日:2023年09月19日
株式会社KOP
監修者
代表取締役 大石 和明
プロモーションサイトの制作目的を解説!ポイントや企業事例も紹介!
この記事で解決できるお悩み
  • プロモーションサイトを作る目的とは?
  • サイトを作成する上でのポイントとは?
  • プロモーションサイトの企業事例は?

プロモーションサイトとは認知度向上や新規顧客獲得に向け、特定の商品やサービスに関する情報をまとめたサイトです。多くの方に興味を持ってもらえるよう、動画や画像を効果的に織り交ぜて作成します。

マーケティング関連の仕事に携わっていない限り、プロモーションサイトに関してあまりよく知らない方も多いでしょう。今回の記事では、プロモーションサイトの企業事例を交えらながら、作成目的やポイントなどについて解説します。

ホームページ制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 名刺代わりにホームページがほしい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す

プロモーションサイトとは

プロモーションサイトとは、商品やサービスに関する情報をWeb上で発信し、認知度向上や販売促進につなげるサイトを指します。コーポレートサイトのページとは別のURLを取得し、プロモーションサイトを立ち上げるのが一般的な形です。

サイト上には、商品完成までの軌跡・特典・こだわりなど、商品に関する様々な情報を掲載します。また、動画・アニメーション・画像を交えて情報を発信していき、サイト閲覧者の購買意欲や関心を高めます。

対象となる商品やサービスに関して、既に市場で販売されているかどうかは問いません。既存商品を含めて企業がPRしたい商品やサービスを選び、プロモーションサイトで情報を発信します。

キャンペーンサイトとの違い

キャンペーンサイトとは、新商品・新サービスの認知度向上を目的に立ち上げるサイトです。商品やサービスを宣伝し、消費者の関心や購買意欲向上を目指す点はプロモーションサイトと変わりません。

プロモーションサイトとの大きな違いは、期限を限定している点です。宣伝や販促ができる期限が限られており、情報を上手く発信できないと消費者にインパクトを与えられません。

旬なタレントの起用やストーリー性に富んだ動画の作成など、サイト閲覧者の興味を惹き付ける試みが重要になります。

表:プロモーションサイトとキャンペーンサイトの比較

プロモーションサイトキャンペーンサイト
目的 ・売上拡大
・商品認知度向上
・ブランディング確立
・新商品の認知度向上
・不特定多数の方へ情報を発信
・購買意欲向上
実施期間 無制限 期間限定

ランディングページとの違い

ランディングページは、商品やサービスに関する情報を1ページにまとめたwebページです。スペック・問い合わせページ・購入方法など、商品に関する詳細な情報が縦長の1ページにまとめられています。

ランディングページの特徴は、サイト閲覧者の興味を惹き付けられる点です。縦長の構成と掲載する情報の範囲を絞ることで、訴求力の高い情報発信を実現します。

資料請求や注文確定など、コンバージョンに直結する行動のアイコンを大きくする設計も可能です。また、サイト訪問者の離脱を防ぐため、関連商品のページや自社サイトへのリンクは原則として配置しません。

表:プロモーションサイトとランディングページの比較

プロモーションサイトランディングページ
目的 ・売上拡大
・商品認知度向上
・ブランディング確立
・コンバージョン獲得率アップ
・マスメディアを利用しないユーザーとの接点獲得
ページ構成 ・横長
・動画やアニメーションを交えた構成
・縦長の1ページ
・デザインやアイコンを自由に設定可能
・内部リンクは極力排除
扱う商品数 複数商品やシリーズでのPRにも対応 一つ

プロモーションサイトを立ち上げる目的

プロモーションサイトを立ち上げる目的

プロモーションサイトを作る目的は、上記の4点です。一つずつ内容を解説します。

新商品・新サービスの認知度向上

プロモーションサイトを立ち上げる目的の一つに、新商品・新サービスの認知度向上が挙げられます。市場での競争が激化している背景もあり、売上拡大や商品認知度向上を実現するためには、インパクトを与える宣伝が重要です。

販売予定直前にプロモーションサイトを立ち上げ、新商品やサービスに関する情報を発信します。情報を正確にわかりやすく発信できるよう、テキスト・画像・動画をバランス良く交えたページ作りが重要です。

また、インフルエンサーやSNSと連動したプロモーションを展開すると、不特定多数の方へ短期間で情報を発信できます。

新規顧客獲得

プロモーションサイトを閲覧したユーザーの滞在時間やアクセス数などを解析すると、自社商品に関心の高い見込み顧客を可視化できます。購買意欲の高い顧客へ優先的に売り込みを掛けていき、営業活動の効率化と売上拡大を両立できます。

また、プロモーションサイトはSNSとの連動が可能です。Twitter・Instagram・Facebookなどにプロモーション動画を掲載すると、コストを掛けずに多くの方へ情報を発信できます。話題性が高まれば、スマートフォンやSNSを頻繁に利用する若年層を新規顧客として取り込めます。

既存顧客との関係強化に伴う売上拡大

既存商品のリニューアルやアップデートを告知する手段としても、プロモーションサイトを活用できます。品質改善や利便性向上に努めている姿勢をアピールでき、自社商品・サービスに愛着を抱いている既存顧客との関係強化を図れます。

既存顧客を重視したリテンションマーケティングは、企業にとって多くのメリットが見込めるマーケティング手法です。顧客ロイヤリティの高い優良顧客は、リピート率や購入単価が高く、安定した収益確保を見込めます。

また、自社商品やサービスの利用に特別な価値を見出しており、他社から魅力的な商品が発売されても、簡単に他社へ乗り換えません。

キャンペーンの告知

新商品販売や既存商品のリニューアルのキャンペーンを告知する際、プロモーションサイトが作られるケースがあります。顧客に商品に関する情報を発信し、購買意欲や関心を惹き付けることが目的です。

ポップなデザインにページを仕上げると、特別感やオリジナリティを演出できます。店舗や会場でイベントを開催する場合、プロモーションサイトで事前に告知をしておくと集客率アップにつなげられます。

プロモーションサイトを作る上でのポイント

プロモーションサイトを作る上でのポイント

プロモーションサイトを作る上で、意識すべきポイントは上記の4点です。ポイントの内容を一つひとつみていきましょう。

ユーザー視点でのサイト設計を徹底

自社商品・サービスへの知識の有無を問わず、サイト閲覧者が求めている情報の掲載を徹底しましょう。たとえば、アイスクリームメーカーが、20〜30代の独身男女をターゲットに、高級路線のフレーバーシリーズを販売したとしましょう。

商品や企業に関する知識は顧客によって異なります。自社の既存商品を購入した方や他社のアイスクリームしか買ったことのない方にも、商品の魅力が伝わるようにサイトを設計しましょう。味へのこだわり・品質管理・アレンジレシピなど、様々な情報を掲載し、購買意欲を高めましょう。

コンバージョンの明確化

商品やサービスへの興味喚起を目的とするのか、購買をゴールとするのか、コンバージョンの内容によってサイト設計やターゲット層は異なります。

商品やサービスへの興味喚起をゴールとする場合

これまで接点の薄かった10〜20代の男女をターゲット層とし、自社の商品認知度向上をゴールと仮定しましょう。動画を多く掲載したページ構築やSNSとの連動を図るなど、情報発信に重点を置いたサイト構成となります。

購買をゴールとする場合

既存顧客との関係を強化し、売上拡大を目指す場合は、イベントやキャンペーンと絡めた情報をプロモーションサイトで発信します。

コンバージョンを共有してから、サイト構築に着手しましょう。

ペルソナ設定

ペルソナ設定とは、勤務先・年収・家族構成など、ライフスタイルも含めた形で架空の人物像を設定することです。リアルな人物描写を描き、顧客ニーズの正確な把握や商品の訴求力向上に努めます。顧客視点に基づいた情報発信を徹底するためにも、ペルソナの設定が重要です。

また、プロモーションサイトだけでなく、商品開発やマーケティング戦略にも応用できます。新商品開発や新規顧客獲得を目指す場合は、商品の開発段階からペルソナを設定し、プロモーションサイト制作時にも反映しましょう。

表:ペルソナ設定の例(BtoCの場合)

氏名佐藤重弘
性別男性
年齢40歳
勤務先電子部品メーカー勤務
勤続年数17年
年収500万
家族構成独身
役職総務課長
居住地都内
趣味・草野球
・グルメ
・旅行
SNS・友人との連絡手段として、LINEを最も多く使用
・飲食店の情報収集を目的に、TwitterやFacebookも使用
最近の悩み・感染症の影響で、気軽に飲食店へ立ち寄れず、自炊を検討
・味に定評のあるお取り寄せグルメは価格が高く、購入意欲が減退

コンテンツ内容の整理

プロモーションサイトは、サイト訪問者に興味を持ってもらい、商品購入やサービスの利用につなげることが目的です。サイト訪問者が飽きないよう、テキスト・画像・動画をバランス良く交えてページを構成することが重要です。

テキストが多過ぎる場合や見にくいデザインを採用すると、サイトからの途中離脱を招き、商品やサービスの魅力を正しく伝えられません。一人でも多くの方に関心を持ってもらえるよう、ユーザーインターフェースに優れたサイト設計を心掛けましょう。

プロモーションサイトの制作を依頼できる外注先

プロモーションサイトの制作を依頼できる外注先

プロモーションサイトの制作を外注する場合、上記の3つが候補となります。

Web制作会社

Web制作会社にプロモーションサイトを依頼するメリットは、高品質な仕上がりが期待できる点です。実績が多い企業に制作を依頼すると、自社の要望を正確に反映したプロモーションサイトに仕上がります。

企業コンセプトや最新のトレンドを反映したデザインの導入も実現でき、自社のイメージアップにつなげられます。ただし、優秀なクリエイターが在籍する大手Web制作会社は、費用が高くなりがちです。

表:Web制作会社のメリットとデメリット

メリット・高品質な仕上がりが望める
・自社の要望を反映したプロモーションサイトに仕上がる
・ブランディング確立にもつなげられる
・要望を直接伝えられる
・幅広い対応が望める
デメリット・大手の制作会社に依頼すると、費用が高騰する
・低単価案件の場合、企業によっては断られる
・プロモーションサイト作成が不得意な場合もある

広告代理店

広告代理店を活用するメリットは、プロモーションサイトの制作実績が豊富な企業を紹介してもらえる点です。制作会社を探す手間やコミュニケーションコストを削減でき、コア業務にリソースを集中できます。

広告代理店経由でプロモーションサイトの制作を依頼した場合、20〜50%の手数料が発生します。

注意:制作を行うのはあくまでWeb制作会社

担当者のコミュニケーションスキルや調整能力が低いと、自社の要望を上手く汲み取ってもらえず、認識のズレが発生します。

表:広告代理店を活用するメリットとデメリット

メリット・制作会社を探す手間ややりとりを省ける
・実績が豊富な企業とコネクションを持つ
・本業にリソースを集中できる
デメリット・一定額の手数料が発生する
・担当者のスキルによっては、認識のズレが発生する
・広告代理店とのつながりがないと、依頼できない

フリーランスクリエイター

フリーランスクリエイターに依頼するメリットは、即戦力の人材に低コストで制作を依頼できる点です。フリーランスは専門的なスキルやノウハウを身に付けている方が多く、経験豊富な方に依頼すると、大手Web制作会社と同等の品質が期待できます。基本的には一人または少人数で仕上げていくため、人件費を大幅に削減できるのです。

ただし、どの程度のスキルを持っているのか、丁寧な仕事ぶりが期待できるかなど、品質担保の見極めが非常に困難です。

注意:ポートフォリオの提出や対面商談の場を設ける

スキルチェックのために、ポートフォリオの提出や対面商談の場を設けましょう。信頼関係が構築されるまでは、進捗状況の定期的な確認が必要です。

表:フリーランスクリエイターに依頼するメリットとデメリット

メリット・優れたスキルを持つクリエイターも多い
・低コストで高品質な仕上がりが望める
・契約締結からスピーディーな稼働が望める
デメリット・品質担保が難しい
・信頼関係が構築できるまで、進捗状況の確認が必要になる
・金額が大きい場合は任せづらい
・稼働できないリスクを抱えている

依頼先を選定する上での注意点

依頼先を選定する上での注意点

外注先のミスマッチやコスト増大を防ぐための注意点を、上記の3つからみていきましょう。

複数の企業やフリーランスから見積を取る

依頼先を選定する際は、複数のWeb制作会社や広告代理店へ見積を依頼しましょう。1社だけだと比較材料がないため、各社の提案内容のレベルや見積金額の相場が掴めません。

ミスマッチを避けるためにも、3〜5社から見積書をもらうとよいでしょう。事前にWeb制作会社のホームページから事例や実績を確認しておくと、プロモーションサイトの制作が得意かどうかを把握できます。

フリーランスクリエイターに依頼する場合も企業と同様に、複数の方へ見積を依頼しましょう。フリーランスの場合は品質担保が企業以上に難しく、慎重な見極めが求められます。体調不良や仕事量を理由にして途中で仕事を投げ出さないかといった点の見極めも必要です。

RFPを提出する

見積りを依頼する前に、候補となるWeb制作会社やフリーランスへRFPを提出しましょう。RFPはベンダーに対して、具体的な要望をまとめた提案書を指します。RFPにはプロモーションサイトの全体像が伝えられるよう、導入目的・予算・必要な機能などを記載します。

RFPのテンプレートやサンプルを無料で提供しているサイトも多数ありますので、自社に合ったフォーマットを活用しましょう。RFPを作成しておくと、自社の要望を正確に伝えられ、ベンダー側との認識のズレに伴う修正工数の増大を防げます。

プロモーションサイトに関する要望を細かい部分まで具体的に伝えられると、質の高い提案が期待できます。外注先の選定作業もスムーズに進むので、先にRFPの作成をすることを推奨します。

担当者との相性を確認する

プロモーションサイトの要望を伝える際や相手の提案を受ける時は、担当者とスムーズにコミュニケーションを交わせるかを確認しましょう。担当者とスムーズな意見交換が行えないと認識のズレを招き、追加費用や納期遅延が発生する場合もあります。

最悪の場合は想定していたようなサイトに仕上がらず、高い費用に見合った効果が得られません。プロモーションサイトの作成には、数十万〜数百万円規模の費用が発生します。納品物の品質低下やコスト増大を避けるためにも、担当者との相性を確認することが重要です。

プロモーションサイトの企業事例を紹介

高い商品認知度を誇る企業のプロモーションサイトの事例を6つ紹介します。

  • アサヒ飲料株式会社
  • サントリー食品インターナショナル株式会社
  • 株式会社マンダム
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 日清食品グループ
  • 武田薬品工業株式会社

アサヒ飲料株式会社(カルピス)

EUAnZYroPDKDdLL1663732872_1663732892

アサヒ飲料は炭酸飲料・缶コーヒー・スポーツ飲料など、幅広いジャンルの清涼飲料水を扱う企業です。同社の主力ブランドの一つであるカルピスのプロモーションサイトは、見やすさとインパクトを兼備している点が特徴です。

ページ全体を紺・白・水色で仕上げ、爽やかな印象を与えています。また、TVCMにも起用されている人気女優が、カルピスを手にして笑顔を浮かべる姿をスライドショー形式で紹介しており、サイト訪問者の興味と購買意欲を高めています。

シャーベットやゼリーなど、カルピスを使ったアレンジレシピも紹介されており、様々な楽しみ方をイメージできる点も、サイトの魅力の一つです。

参照元:アサヒ飲料株式会社(カルピス)

サントリー食品インターナショナル株式会社(オランジーナ)

dTytwlMzkyBrAZE1663732951_1663732967

サントリー食品インターナショナル株式会社は、水・果実飲料・缶コーヒーなど、様々なジャンルの飲料水を国内外で販売する企業です。同社の主力商品の一つであるオランジーナのプロモーションサイトは、爽やかなデザインが特徴です。

青と白のデザインがオレンジの商品パッケージとマッチし、爽快感を演出しています。テキストと画像のバランスが取れた見やすいサイト設計になっており、サイト訪問者を飽きさせません。InstagramやFacebookの公式アカウントも存在しており、キャンペーン情報やユーザーからの投稿写真を紹介しています。

参照元:サントリー食品インターナショナル株式会社(オランジーナ)

株式会社マンダム(GATSBY)

wRsXd3qqvh0TdJa1663733058_1663733079

株式会社マンダムは、男性向けのスタイリング剤やボディケア商品などを扱う企業です。同社が展開するGATSBYシリーズのプロモーションサイトは、視覚情報を重視している点が特徴です。

購入後に具体的なイメージを持てるよう、商品紹介の画像や動画を多くサイトに掲載しています。髪型やスキンケアに関する動画も掲載されており、顧客ロイヤリティ向上につなげています。

また、活字が苦手な方にもサイトに興味を持ってもらえるよう、テキストの量を最小現に留めている点も見逃せないポイントです。そして、商品紹介の動画に人気俳優を起用し、ブランドイメージアップや商品認知度向上につなげています。

参照元:株式会社マンダム(GATSBY)

明治安田生命保険相互会社(健活)

U76ThkuCqcKEgtG1663733141_1663733160

明治安田生命保険相互会社は、学費保険や医療保険を扱う企業です。同社のプロモーションサイトは、健活をテーマにしたサイトです。運動や健康への意識が高まるよう、ヨガや体操などを扱った動画を数多く掲載しています。

同社の取り組み内容を紹介しつつ、特定のターゲット層の関心を高める工夫を施している点も特徴です。Jリーガーと歩くウォーキングプロジェクトやフットサル大会の開催など、サッカーに関心の高い方へ有益な情報を発信しています。

一人でも多くのサッカー愛好者の役に立てるよう、怪我防止やスキルアップにつながる準備体操の動画を紹介しています。

参照元:明治安田生命保険相互会社(健活)

日清食品グループ(カップヌードル)

0pE1wcQfGUDEjnW1663733221_1663733230

日清食品グループは、インスタントラーメンやシリアルなどを販売している企業です。同グループのコアブランドの一つ、カップヌードルのプロモーションサイトは、ユーザーからの質問を交えたサイト設計が特徴です。

関東と関西での味の違い、保存料の使用有無、完成まで3分待つ理由など、気になる内容をクリックすると、回答が確認できる設計です。具材一つひとつに関する味への取り組みも、イラストを交えて丁寧に描かれており、購買意欲を掻き立てられます。

また、カップヌードルの製造工程や工場での品質管理を動画で紹介しており、顧客に安心感を与えています。

参照元:日清食品グループ(カップヌードル)

武田薬品工業株式会社(ベンザブロック)

goAu4zU635oGWh31663733281_1663733291

武田薬品工業株式会社は、医薬品の研究・製造・開発を行う企業です。同社が販売するベンザブロックシリーズのプロモーションサイトは、ユーザーインタフェースに優れたサイト設計が特徴です。

鼻水・喉の痛み・発熱に応じて薬を選べるよう、パッケージ別に対応する症状が記載されています。該当症状をクリックすると、サイト上で薬が購入できる仕組みとなっており、薬局に行く必要はありません。

また、サイト訪問者に余計な情報を与えないよう、風邪の症状以外にテキストは記載されていません。

参照元:武田薬品工業株式会社(ベンザブロック)

まとめ

今回の記事では以下の4点について解説してきました。

  • プロモーションサイトを作る目的
  • サイトを作る上でのポイント
  • サイト制作を依頼できる外注先
  • プロモーションサイトの企業事例

プロモーションサイトは、商品認知度向上や売上拡大を目的に作られます。多くの方に興味を持ってもらえるよう、テキスト・画像・動画をバランス良く交えた構成が重要です。また、SNSと連動すると、不特定多数の方へ効率的に情報を発信できます。テレビや新聞を見ない若年層の獲得が見込める点も、大きな魅力です。

ただし、プロモーションサイトの制作には、専門的なスキルや多くのリソースが必要です。ノウハウに乏しい企業も少なくないでしょう。

比較ビズ」を利用すれば、必要事項を入力する2分程度の手間で、作業実績が豊富なWeb制作会社やクリエイターを探し出せます。複数の会社に無料で相談できる点も嬉しいポイントです。

監修者の一言

商品やサービスの認知度向上を目的とするプロモーションサイト。単純に「認知度」を上げるだけではなく、商品やサービスに込めた「イメージ」や「世界観」を正しく認知してもらう必要があります。

その為には、閲覧者に対し商品やサービスの「イメージ」を抱かせる戦略が必要となり、そういう意味においては「プロモーションサイトの制作を依頼できる外注先」のトピックでも上がっている「広告代理店」が得意とする分野かもしれません。

また、制作の依頼に際しては「プロモーションサイト」「キャンペーンサイト」「ランディングページ」といった区分には縛られず、あくまでサイトを通して実現したい「目的」をベースに相談することをお勧めいたします。

株式会社KOP
代表取締役 大石 和明
監修者

1987年、東京都大田区生まれ。2010年、ソフトウェア開発会社に入社。業務用クラウドサービスの開発に従事。在籍中は、自社サービスの開発業務をはじめ、顧客企業でのユーザー向けデモンストレーションにも多く携わる。2012年に退社後、中期の海外生活での経験を活かし、帰国後に大田区羽田にて民泊を創設し運営。2013年にホームページ制作を行う個人事業主として創業。その後2017年、株式会社KOPを設立し、代表取締役(現在)に就任。新規事業の立上げ〜収益化のノウハウを活かし、「デザイン×集客」に特化したホームページ制作・Webマーケティングを主軸とした売上アップの仕組み作りを得意としている。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
ホームページ制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 名刺代わりにホームページがほしい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す